和「(――団体戦も終わり、これでやっと憧達とゆっくりお話しできます)」

和「(――咲さん達も紹介しようと思っていたら、「私達が邪魔したら悪い」と言うことで今回は遠慮するということでした)」

和「(――さすがに私一人で集合場所に行くのは危ないということで須賀君についてきてもらいましたが)」

和「なんで」

穏乃「どうしたの和?」

京太郎「そうだぞ、大丈夫か?」

京穏『?』肩車状態

和「なんでそんな仲良いんですか二人とも!!??」

和「と、言うか私達を見たとき穏乃はなぜか須賀君の方に飛びついてましたよね?」

和「想像していたドラマのような感動の再開ってやつはどこに行ったんだですか!」

和「これでも昨日は楽しみで寝れなかったのに・・・」グスン

他『・・・ゴメンナサイ』

京太郎「まぁ俺も驚いたんだよ、穏乃達が和と知り合いだなんて」

穏乃「私も、まさかこんな偶然があるだなんて」

京穏『ね~』

和「・・・」イラッ

和「ま、まぁいいでしょ、で、どういう経緯なんです?」

京太郎「ん?あぁそれは去年の夏休み頃にな」

穏乃「京太郎がこっちに遊びに来ていたんだよ」

和「旅行ですか?」

京太郎「あぁ部活も引退したし気分転換に一人で山でも登ろうかと思ってな、そこで会ったんだよ」

穏乃「それで色々あって意気投合してね」

和「その色々が結構大事な気がしますが、まぁいいでしょう」

和「で」

他『!?』ビクン

和「他の方も須賀君のこと知ってますよね?」

憧「の、和なんかこわ・・」

和「あ?」ゴッ

憧「ごめんなさい、知り合いです」ガクブル

和「・・・一応聞きます、どういう経緯で?」

穏乃「京太郎が受験の為にお参りしたいって言ったんだよ」

京太郎「そうそう、一応受験だし二人で合格祈願しようって話になってなぁ」

憧「そ、そうシズが男連れていたから少しだけ気になって話しただけだって」アセアセ

穏乃「え? 後でメアド聞き忘れたって嘆いていたじゃん」

和「・・・」ジトー

憧「ソウダッケカナ」ピュ~

和「で、玄さんたちは?」

玄「きょ、京太郎君の宿泊場所が私達の家だったから」

宥「う、うん、偶然ね」

玄「穏乃ちゃんと知り合いだったから色々お話ししてね」

宥「あったっかい人だったから・・」

玄「あ、それとお姉ちゃん達と一緒に麻雀したよ、京太郎君に教えながらだけど」

和「なるほど・・・須賀君が麻雀入ったのって」

京太郎「はは、ばれちまったかな」

和「まぁ、この際いいでしょ、小さいことです」

宥「でも、京太郎君また会えて嬉しいよ」

玄「おもち同盟の再結成ですのだ」

和「へぇ・・・仲がよろしいようで」

京太郎「ゴメンナサイ」

灼「京太郎も見境ないね」

京太郎「そんなつもりないんですけどね」

灼「まぁ、いいけど…」

和「あの・・・もしかしてボウリング場の」

灼「そっ・・・知っていたんだ?」

和「何度か遊んだことがあったので」

灼「そ・・・京太郎とは穏乃達と遊びに来て会っただけだから」

和「・・・その割に名前呼びですね」

灼「・・・」プイッ

和「須賀君」ニッコリ

京太郎「え・・・最初従業員とは思わなくてさ」

灼「京太郎が暇なら一緒に遊ぼうって誘ってね」

和「ほぉ~」

和「つまり・・・阿知賀のメンバーとは全員知り合いだと」

和「そういうことですか・・・へぇ」

京太郎「和さん?なんか怖くないですかね」

和「あ?」ゴッ

京太郎「スイマセン感動の再開ぶち壊してゴメンナサイ」

和「はぁ・・まぁいいですどうせこれから少し遊びに行く予定でしたので」

京太郎「え?俺も一緒でいいのか?せっかくの機会なのに・・・」

和「ここで帰したら私が悪者になっちゃいますよ、それにみんなもその方がいいでしょうし」

京太郎「なんか、悪いな和」

和「貸しにしておきますね」ニコッ

穏乃「よっしゃぁぁ、遊ぶぞ~~!」

和「ふふっ、・・・あっそういえば赤土先生は?」

憧「少し遅れてくるって言ってたよ・・・・って言ってたら来たわね」

晴絵「お~い、遅れてごめんね、和も綺麗になっちゃって」

和「いえ、先生こそ・・・お久ぶ・・」

京太郎「あれ?」

晴絵「ん?」

京晴『あっ!!』

カンッ