淡「ん~…」

随分と暇な時間出来ちゃったなー…
なーんかやることは…

「コルァッ!」

淡「?」クルッ

京太郎「随分と暇そうだなぁ、白糸台百年生の大星さんよぉ」

淡「百年生は余計だって言ってんでしょ。で、何の用?スカ」

京太郎「スカじゃねえ須賀だ!別に用なんてねえよ。暇そうにしてたから声掛けただけだ」

淡「ふーん…」ジー

京太郎「…何見てんだ?」

淡「別にー…あ、アンタ今暇でしょ?暇よね?暇って言え」

京太郎「そりゃ暇だが…」

淡「ちょっと付き合ってよ、暇潰し」


………
……

淡「全然潰れてないじゃない!暇!」ウガー

京太郎「そりゃ歩いてるだけで潰れるなら誰も苦労せんわな」

淡「何とかしなさいよ!男でしょ!」

京太郎「普通は地元のお前が何とかする側だと思うんだがな…喫茶店にでも入るか?」

淡「んー…あ、あそこ雀荘あるじゃん。あそこ行こうよ」

京太郎「えぇ…」

淡「文句あんの?」

京太郎「それはないが…休みなのにやるのか?」

淡「何しても良いんだから麻雀しても問題ないでしょ。大体アンタってただでさえよわよわなんだからもっと練習しなよ」

京太郎「へーへー、大星大将閣下の仰せの通りにさせていただきますよ」

淡「なんかとげのある言い方…」

京太郎「深い意味はねぇよ。おら、行くんならさっさと行くぞ」

淡「あっ、待ちなさいよ!私が入るって言ったんだからね!」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

淡「あー、勝った勝った」

京太郎「はー、負けた負けた」

淡「相変わらず弱いよねーアンタ」

京太郎「ほっとけ」

淡「あははは、でも私の教えたこと守ったら強くなれたでしょ?」

京太郎「誤差の範囲内だけどな」

淡「誤差を誤差じゃなくしてくのが普段の練習なんだってば」

京太郎「わーってるよ。でも驚いたわ」

淡「何が?」

京太郎「お前は感覚派だと思ってたけど案外基礎も重視してんのな」

淡「あったり前でしょ。点を稼いでもその分取られたら台無しじゃない」

京太郎「だからほら、回避するのも感覚でさ」

淡「何でも感覚で済ませられるならこの世にデジタルなんてないよ。判断材料は多いほど良いんだから。直感ってのは持ってるもの全部使って初めて役に立つの」

京太郎「…いや、真面目に驚いたわ」

淡「…暗に馬鹿にしてんだね?」ジトー

京太郎「い、いや、ははは…でもすげーなお前。オカルトもデジタルも使えるって」

淡「デジタルって言っても初心者に毛が生えたくらいだけどね。大体そんな私に負けるぐらいのアンタがおかしい」

京太郎「グサッとくる言い方しやがる…」

淡「ふんだ。…良い感じに暇も潰れたし帰るね。バイバイ」

京太郎「あ、ちょっと待て大星」

淡「なに?」


京太郎「いいからいいから…おっ、あった」タッタッタッ

ピッ、ピッ…ガコン

タッタッタッ

京太郎「…っとと、ほれっ」スッ

淡「…なにこれ?」

京太郎「何って、おしるこ缶」

淡「だから、何でってこと」

京太郎「あん?何だかんだでためになったからな。礼代わりだ」カシュッ

淡「…」

京太郎「飲まねーの?おしるこは嫌いか?」

淡「そうじゃないけど…いつも最後に粒が残るからあんまり好きでもない」

京太郎「ほーん…ちょい貸せ」

淡「? はい」

京太郎「こういう粒入りの飲み物はな、飲み口のちょい下んところを…っと」メキッ

   「こうやってへこませると残らないように飲めるんだとよ。何かで見た。ほれ」

淡「ん、ありがと」

京太郎「んじゃ俺はこっちだから。またな」スタスタ

淡「ん。…須賀!」

京太郎「ん?」クルッ

淡「私もけっこー楽しかったし…麻雀でわかんないとこあった時メールしてくれたら教えるから」

京太郎「おう」

淡「別にただ暇だからでも良いけどね。そんだけ。じゃね」

京太郎「またなー!白糸台の淡さんよぉー!」

淡「!…だから白糸台も余計だっつってんでしょー!キョータローのアホー!」

カンッ