全国大会終了後、京太郎には大会で知り合った女の子から電話が頻繁にかかってくるようになり……


prrrr……

京太郎「あっ、もしもし。……あぁ、――」

咲「……」イライラ

優希「咲ちゃん、さっきからずっとあの調子だじぇ」

和「無理もないですよ。あれだけひっきりなしに電話がかかってくるんですから。しかも」

まこ「相手は見事に全部女子、とくればのぅ……」


京太郎「――わかった、それじゃあまた」ピッ

咲「……今の電話、誰から?」

京太郎「へっ? あぁ、姫松の末原さんから」

咲「ふぅん。何か用事?」

京太郎「いや、別に用事ってわけでもないんだけど……。まぁ、ちょっと雑談したくらい」

咲「へぇ。その前は阿知賀の松実さん、だっけ。その人からも電話があったよね。あれも雑談ってわけ?」

京太郎「あ、あぁ。まぁそんな感じだけど……どうした咲?」

咲「……別に」イライラ


って感じで不機嫌オーラ出しまくりの咲ちゃんも見てみたい気がする