ドサッ

京太郎「いってぇ…」

部長め…また何の警告もなしに外に放り出しやがった…。
くそ…覚えてろよ…。
次はロッカーの中に連れ込んでやるからな!!
…って最初っから部長、ロッカーの中に住んでるじゃん。
くそっ!なんて時代だ!!

憧「なっ!ななななななななな!!」

京太郎「ん??」

ってあれ?なんで憧が顔を真っ赤にしてるんだ?
しかも、視線がさっきから俺の下半身に向いて…てあ…。

憧「なんで裸なのよ!!この変態!変態変態変態ぃいい!」ブンッ

京太郎「ちょっ!ま、待て!カップを投げるな!!」

憧「うっさい!死ね死ね死ね死ね死ねえええ!!!」

京太郎「うぉあ!!」

手当たり次第に物を投げるんじゃない!!
一応、迷宮に潜るにあたって頑丈なものを用意してるが、それでもお前は魔物なんだぞ!!
幾ら下半身露出した俺がいきなり出てきたからって言っても、そうモノをポンポン投げたら壊れかねない…!!
ってやば…直撃コース…!?

京太郎「げふぅっ!!」

憧「この!!変態!巨根色情魔!!下半身露出男ォ!!」ブンブンッ

美穂子「はいはい。新子さん。そこまでにしておいてくださいね」

憧「ふーふーっ!!」

うぅ…美穂子がいてくれて本当に助かった…。
彼女が止めてくれなかったら憧の追撃はいつまでも止まらなかっただろうしな…。
流石にズボンをずりおろした状態でいつまでも回避し続ける事なんて出来なかったし…。
今の憧の様子から察するに近くにモノがなくなったら足蹴にされる可能性だってあった訳だしな…。

美穂子「ご主人様もあんまり下半身を露出させて人前に出てくるものじゃありませんよ」

美穂子「あ、私達の前では大歓迎ですけど…」ポッ

京太郎「ごめん…でも、好きで出てきた訳じゃなくって…」

美穂子「大丈夫です。なんとなく事情は分かっていますから」ナデナデ

京太郎「ありがとう…美穂子…」

主人の気持ちを察するに長けるキキーモラだからだろうか。
俺の頭を撫でる美穂子の手は優しく、俺の事を慈しむようなものだった。
状況があまりにも俺に対して不利なだけに分かってくれる彼女の存在が本当に有難い。
これが迷宮の中じゃなければ、そのまま美穂子に思いっきり甘えたくなるくらいだ。


美穂子「ただ…その…分かっているのは私だけなので…」

智葉「……」プルプルフルフル

美穂子「…あそこで喜んで良いのか悲しんで良いのか分からない顔をしてる智葉さんにはちゃんとフォローしてあげてくださいね?」

京太郎「あー…」

やべぇ、智葉が目尻に涙を浮かべてる。
首がついてる状態だって言うのに今にも泣きそうな顔をしてるんだ。
憧の方はまだ痛いで済んだが、智葉の方は痛い以上に辛い。
そんな風に彼女を泣かしているのが自分だと思うと今すぐ崖から飛び降りたくなるくらいだ。

京太郎「さ、智葉…?」

智葉「な…何だ…?」

京太郎「あ、あのさ。俺…」

智葉「べ、別に君が何をしてこようが私には関係ない」

智葉「私は…そ、そういう事を全部受け入れると決めた訳だからな」

智葉「だ、だから…早く先に進もう」

京太郎「いや、でも…」

智葉「…進ませてくれ。今は…何も考えたくない…」

京太郎「…はい……」

しかも、言い訳すら許してくれない…!!
…そりゃそうか。
美穂子の時はなんだかんだ言って許してくれたが…今回は智葉にとってまったく得体のしれない相手なんだ。
そんな相手と恋人がセックスしたかもしれないと思えば、誰だって心穏やかではいられない。
本当は今すぐ言い訳したいけど…今の智葉にとってそれは逆に酷かもしれないな…。

美穂子「じゃあ、私は片付けに入りますから…」

憧「…私も手伝います」

美穂子「良いんですか?」

憧「えぇ。あんなに皆が心配してる間、やらしい事してた奴と一緒に居たくないんで」ジトー

京太郎「ぐ…」

智葉が悲しむ姿だけでもキツイのに憧から軽蔑混じりの視線と刺のある言葉がガンガン飛んでくる。
今までに少なからず築き上げてきた信頼が根本から崩れているのを感じさせるそれに俺は何の反論も出来ない。
殆ど逆レイプのような形だったとは言え、俺が部長の身体で射精したのは事実なんだ。
そういう事に対して強い拒否反応を示す憧が俺を軽蔑するのも当然の事だろう。

京太郎「(…これからどうしよう…?)」

痛々しいくらいに落ち込んでいる智葉と俺に対して目に見えるほどの軽蔑を見せている憧。
手に入れたアイテムは強力ではあるが、それの代償に俺に振りかかる困難は決して小さいものではなかった。
潤滑油として美穂子がいてくれているが、今すぐこのギクシャクした雰囲気は消えないだろう。
迷宮の中をパーティで進むのには致命的なこの空気に俺は一つ内心でため息を吐いた。



宝箱だ!


中身は…

System
ミックスオレを手に入れた
Lミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売値:175円

久「…………」イソイソ@4

何処かで久が頑張っている気配を感じる…

※次のマスがイベントなので強制的にイベント突入

―― 俺達が踏み込んだその場所にはまたポツンと扉が立っていた。

だが、それは以前見たものとは色も形も大きさもぜんぜん違う。
以前に見たそれが学校のものだとすれば、今回のは映画館のようにどっしりしっかりとした扉だ。
防音も完璧であろうその分厚い扉を俺は見た記憶があった。

京太郎「アレは…インターハイ会場の…」

美穂子「対局室の扉ですね」

京太郎「やっぱり…そうだよな」

美穂子の言葉に俺も頷く。
俺にとっては数年前だが、美穂子にとってはつい最近の記憶だ。
俺は朧気ながらの記憶ではあるが、美穂子がそう言うのであれば間違いはない。
やはりアレはインターハイ会場のものなのだろう。

美穂子「…とりあえずまた触れてみますか?」

京太郎「そうだな…」

今までの傾向からしてアレが大星さんの過去を再生する為のものだっていうのは分かってるんだ。
これまでも大分、彼女の気持ちは分かってきたが、まだまだ肝心な部分は分かっていないままである。
どうして大星さんがこんな薄暗い洞窟を作り上げたのか。
彼女があんなにも激しく人を拒絶しているのはどうしてなのか。
それを知る為にも俺は… ――

京太郎「…」スッ

―― ザワザワガヤガヤ

そう思って触れた瞬間、周囲にざわめきが広がっていく。
まるで雑踏の中のような無意味な言葉の群れ。
その一つ一つを聞き取るのも困難なその雑音の中にボワと大星さんの姿が浮かび上がる。

美穂子「…なんだか元気が無いですね」

京太郎「あぁ」

美穂子の言葉通り、彼女の表情には活力がなかった。
まるでしおれた花のようにトボトボと歩いている。
以前のような間違った活力で輝いているのも不健全だと思うが、今の彼女は痛々しい。
自分が信じていた全てに裏切られた子どもを彷彿とさせるくらいに。

京太郎「一体、何が…」

美穂子「…恐らくインターハイ団体決勝直後なのでしょう」

京太郎「決勝……あ」

…確かにそれなら今の大星さんの姿も説明がつく。
何せ、彼女はインターハイ決勝で咲に敗れてしまったのだから。
まるで全身から沸き上がるような自信が消えているのも、三連覇という偉業を自身が逃してしまったからなのだろう。


京太郎「(…そう思うとなんだか申し訳ない事をしてしまった気がするな…)」

勿論、俺自身が大星さんに勝った訳じゃない。
この時点での俺はただの雑用でしかなく、彼女との接点はないに等しいのだから。
だが、俺があれほど望み、そして手に入れた瞬間に心から喜んだ勝利の影でこんなにも気落ちしている人がいる。
そう思うと心から清澄の勝利を喜んでいた事が申し訳なくなった。

美穂子「…仕方ないですよ、これも勝負の常ですから」

京太郎「…ありがとうな」

そんな俺の気持ちを汲み取ってくれたのだろう。
俺にそっと手を差し伸べる彼女の優しさに少しだけ救われた気持ちになった。
だが、俺達の勝利の裏で大星さんが傷ついていた事実を忘れる事は出来ない。
その償いになるかは分からないが…必ず彼女のことを助け出そう。
そう決意を新たにする俺の前で大星さんの足が止まった。

淡「あ…」

「どういう事だ、弘世!」

「大丈夫だって弘世がそう言ったんだろう!」

「三連覇の夢をどうしてくれるんだ!!」

菫「…すみません」

瞬間、聞こえてくる声と共にぼんやりと弘世さんの姿が浮かび上がる。
ペコペコと頭を下げる彼女の周りには、今、ぼんやりとした無数の影があった。
その輪郭すら白く染めるその人影の正体は俺には分からない。
だが、恐らくその正体はまったく重要なものではないのだろう。

「なんでもっと大星の手綱を握っておかなかったのよ!」

「あの子が気分屋なんて事、弘世だって知ってるでしょう!」

菫「はい…」

淡「あ…あ…」

弘世さんを責める無数の声。
敗北の責任全てを彼女に押し付ける無責任なそれに大星さんの足が震えた。
カタカタとまるで見たくもないものを直視してしまったように。
幼い頃の彼女よりももっと辛そうに。
大星さんはその場で震えていた。

「なんで宮永さんと大星が居て負けるのよ…!」

「今年は歴代でも最強の白糸台だったんじゃないの!?」

菫「すみません…すみません…」

「弘世がもっとしっかりしてればこんなことにはならなかったんだ!」

淡「あ…あ…」

その言葉に大星さんは首を左右に振る。
まるで違うのだと、弘世さんに責任はないのだと、そう訴えるように。
だが、そんな彼女の仕草には何の意味はない。
彼女がいるのは廊下の曲がり角で、そして弘世さんが責められているのはその先なのだから。
幾ら大星さんがその場で否定しても、その意図を理解する人はその場にいない。

「って言うか大星が実は大したことなかったんじゃないの?」

「だよねー。結局、逆転されちゃってるしさー」

「宮永先輩があんなにリード作ってくれたのに負けるとか信じらんない」

「普段、私達の事弱いだの雑魚だの言いながら、結局、自分が雑魚なんじゃん」

「あんだけ自分がいれば三連覇余裕だーなんて言いながらこれだもんねー」

「ホント、弱い癖に大口叩くのだけは得意だったって事だよね」

淡「う…うぅ…」

しかし、そうしている間にも話の矛先は変わっていく。
それは恐らく普段、大星さんがそれだけ他の部員から嫌われていた証なのだろう。
何時もは強さによって抑えられていたそれが、しかし、彼女の敗北によって噴き出している。
まるで容赦のないその嘲りに、大星さんは涙を漏らす。
それが悔しいからなのか、それとも悲しいからなのかは俺には分からない。

「これもう土下座だよね、土下座」

「そうそう。帰ってきたら皆の前で土下座させないとさー」

「三連覇目指してたうちらの気持ちが済まないし?」

「それに土下座させたら少しはあの大星もおとなしくなるっしょ」

「改めて上下関係叩き込んでやらないとねー」

淡「…っ!」

ケラケラと楽しそうに自分を虐める言葉を放つ先輩の姿。
それに今の大星さんが耐え切れるはずがなかった。
浮かぶ涙をそのままに彼女はゆっくりとその場を離れる。
いや、それは逃げると言った方が適切なのだろう。
震える足で…プライドも何もかもが崩れた顔で。
大星さんはその場から逃げ出したんだ。

京太郎「あ…」

まるで戦争に焼け出された子どものようなフラフラとした足取り。
行き場所もないまま、ただただ逃げる為だけに進む彼女は本当に痛々しい。
今にもその場に崩れ落ちそうな彼女を俺はどうしても放っておけなかった。
俺達の脇をそのまま通りすぎようとする彼女を呼び止めようと、反射的に手を伸ばして… ――

美穂子「ご主人様!」

京太郎「っ!」

瞬間、そんな俺を阻むように無数の人影が現れる。
白くフワフワとしたその無数の集団は俺に対して強い敵意を向けていた。
俺の無神経さに大星さん自身が腹を立てているのか、或いは弘世さんの時と同じく彼女が慰められる事を望んでいないのか。
どちらにせよ…ここを突破するのには実力行使が必要だろう。

京太郎「…やるぞ」

信頼関係がボロボロになった今のパーティで出来るかどうかは分からない。
だが、相手はもうこっちを逃がすつもりはないようだ。
既に周囲にはモンスターの姿が浮かび上がり、こっちを包囲しようとしている。
どの道、戦うしかない。
その事実に手を握りしめた瞬間、モンスターたちが襲いかかってきた…!!!!



―― しらいとだいまーじゃんぶが しょうぶを しかけてきた !!


しらいとだいまーじゃんぶはアルラウネLv20(くさ/どく)をくりだした!!
L●●●○○○


名前 新子憧
Lv14 
種族 デミエルフ
タイプ くさ/エスパー
特性1 かちき(ステータス低下を受けた時、とくこうが二段階あがる)

HP 87/87
MP 25/25

こうげき40
ぼうぎょ30
とくこう80
とくぼう70
すばやさ80

技1 マジカルリーフ 消費3 くさ 威力60 相手に必ず命中する草で攻撃する
技2 ねんりき 消費1 エスパー 威力50/命中100 念力を送って敵を攻撃する 相手を混乱させる事がある(10%)
技3 せいちょう 消費2 ノーマル 自分のとくこうとこうげきを一段階あげる ひざしが強い状態だと二段階あがる

交代する
  L辻垣内智葉 HP128/150 MP18/22 あく/はがね Lv18 ひっかく/つめとぎ/メタルクロー/れんぞくぎり @オッカの実
  L福路美穂子 HP206/.206 MP23/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


新子憧と辻垣内智葉は交代した


アルラウネのはっぱカッター(命中95)直下


こうかはいまひとつのようだ…


辻垣内智葉に1のダメージ


名前  辻垣内智葉
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実


HP128/150
MP18/22
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


辻垣内智葉のひっかく


アルラウネに2のダメージ
HP【――――――――――】


アルラウネのしびれごな(命中75)直下


辻垣内智葉にはあたらなかった


名前  辻垣内智葉
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)

HP127/150  ※さっき減らし忘れてた分こっそり修正
MP18/22
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう
  L福路美穂子 HP206/.206 MP23/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


辻垣内智葉にはあたらなかった


辻垣内智葉のメタルクロー


アルラウネに73のダメージ
HP【―         】



アルラウネのしびれごな(命中75)直下


辻垣内智葉はまひになった


名前  辻垣内智葉 攻撃1 命中1 まひ
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)

HP127/150  
MP14/22   ※さっきのつめとぎ分も一緒に減らしました…ごめんなさい
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう
  L福路美穂子 HP206/.206 MP23/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


辻垣内智葉と福路美穂子は交代した


しらいとだいまーじゃんぶはアルラウネをさげ デビルバグLv20(むし/どく)をくりだした
L●●●○○○

【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   19
種族  キキーモラ
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)
特性2 ほうしのこころ(交代時、自身のランクが+へと変動していた場合、その半分を交代先の味方に与える 瀕死時無効 バトンと重複可

HP206/206
MP23/23

こうげき20
ぼうぎょ120
とくこう20
とくぼう120
すばやさ60

技1 ひかりのかべ 消費5 エスパー 味方の場に特殊ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く
技2 ふるいたてる 消費2 ノーマル 自分のこうげきとぼうぎょを一段階上げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる
技4 リフレクター 消費5 エスパー 味方の場に物理ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く

交代する
  L辻垣内智葉 HP127/150 MP14/22 あく/はがね@まひ Lv18 ひっかく/つめとぎ/メタルクロー/れんぞくぎり @オッカの実
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


福路美穂子のいやしのこころ発動


辻垣内智葉のまひが治った


デビルバグのダブルアタック(命中90)直下 ↓2


福路美穂子に1のダメージ


こうげきははずれた


福路美穂子のふるいたてる


福路美穂子の攻撃と防御があがった


【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   19
種族  キキーモラ
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)
特性2 ほうしのこころ(交代時、自身のランクが+へと変動していた場合、その半分を交代先の味方に与える 瀕死時無効 バトンと重複可

HP205/206
MP21/23

こうげき20
ぼうぎょ120
とくこう20
とくぼう120
すばやさ60

技1 ひかりのかべ 消費5 エスパー 味方の場に特殊ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く
技2 ふるいたてる 消費2 ノーマル 自分のこうげきとぼうぎょを一段階上げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる
技4 リフレクター 消費5 エスパー 味方の場に物理ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く

  L辻垣内智葉 HP127/150 MP14/22 あく/はがね Lv18 ひっかく/つめとぎ/メタルクロー/れんぞくぎり @オッカの実
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


デビルバグの小さくなる


デビルバグの回避が2あがった


福路美穂子のふるいたてる


福路美穂子の攻撃と防御があがった


デビルバグの小さくなる


デビルバグの回避が2あがった


福路美穂子のふるいたてる


福路美穂子の攻撃と防御があがった



デビルバグの小さくなる


デビルバグの回避が2あがった(MAX)


福路美穂子のふるいたてる


福路美穂子の攻撃と防御があがった


福路美穂子と辻垣内智葉は交代した


福路美穂子のほうしのこころ発動


辻垣内智葉のこうげきとぼうぎょが2あがった


デビルバグのダブルアタック(命中90)直下 ↓2


こうかはいまひとつのようだ…


辻垣内智葉に1のダメージ


名前  辻垣内智葉 攻撃2 防御2
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)


HP125/150  
MP14/22 
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80



ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう
  L福路美穂子 HP205/.206 MP15/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


デビルバグのむしくい


辻垣内智葉に1のダメージ


辻垣内智葉のオッカの実がこの戦闘中使用不能になった!


辻垣内智葉のひっかく!(命中33)直下


辻垣内智葉の攻撃はあたらなかった…


デビルバグのダブルアタック(命中90)直下 ↓2


デビルバグに57のダメージ
HP【          】


デビルバグを倒した


しらいとだいまーじゃんぶはつぎのまものをくりだそうとしている


こちらも交代しますか?


しらいとだいまーじゃんぶはアルラウネを繰り出した
L●●X○○○


名前  辻垣内智葉 攻撃2 防御2
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)※使用不能

HP122/150  
MP14/22 
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう
  L福路美穂子 HP205/.206 MP15/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


辻垣内智葉のひっかく


アルラウネに41のダメージ
HP【          】


アルラウネを倒した


しらいとだいまーじゃんぶは最後の魔物をくりだそうとしている…


こちらも交代しますか?


しらいとだいまーじゃんぶはゴーレムLv20をくりだした
L●XX○○○

名前  辻垣内智葉 攻撃2 防御2
Lv   18
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)※使用不能

HP122/150  
MP14/22 
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L新子憧 HP87/87 MP25/25 くさ/エスパー Lv14 マジカルリーフ/ねんりき/せいちょう
  L福路美穂子 HP205/.206 MP15/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


辻垣内智葉のメタルクロー


ゴーレムに217のダメージ
HP【          】


ゴーレムの特性:がんじょう発動


HPを1で食いしばった


ゴーレムのからてチョップ(急所30)直下


きゅうしょにあたった!


辻垣内智葉に260のダメージ


辻垣内智葉は倒れた


どちらに交代しますか?


新子憧が辻垣内智葉の代わりに立ちふさがった


名前 新子憧
Lv14 
種族 デミエルフ
タイプ くさ/エスパー
特性1 かちき(ステータス低下を受けた時、とくこうが二段階あがる)

HP 87/87
MP 25/25

こうげき40
ぼうぎょ30
とくこう80
とくぼう70
すばやさ80

技1 マジカルリーフ 消費3 くさ 威力60 相手に必ず命中する草で攻撃する
技2 ねんりき 消費1 エスパー 威力50/命中100 念力を送って敵を攻撃する 相手を混乱させる事がある(10%)
技3 せいちょう 消費2 ノーマル 自分のとくこうとこうげきを一段階あげる ひざしが強い状態だと二段階あがる

交代する
  L辻垣内智葉 HP00/150 MP12/22 @瀕死 あく/はがね Lv18 ひっかく/つめとぎ/メタルクロー/れんぞくぎり @オッカの実
  L福路美穂子 HP205/.206 MP15/23 ノーマル/ひこう Lv19 ひかりのかべ/ふるいたてる/なきごえ/リフレクター @学習装置

<<アイテム>>
きずぐすり 7/9   一体のHPを20回復する   売価150円
いいきずぐすり 4/6 一体のHPを50回復する  売価350円
どくけし 7/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
まひなおし 1/9 一体のまひを治療する 売価50円
おいしいみず 4/5 一体のHPを50回復する※戦闘中使用不可 売価50円
ミックスオレ 1/5 一体のHPを80回復する※戦闘中使用不可 売価175円
げんきのかけら 1/3 一体の戦闘不能状態を回復する(HP50%回復) 売価750円


新子憧のマジカルリーフ


こうかはばつぐんだ!


ゴーレムに79のダメージ
HP【          】


ゴーレムを倒した



しらいとだいまーじゃんぶとの勝負に勝った!



新子憧、辻垣内智葉、福路美穂子はレベルアップ



名前 新子憧
Lv17 
種族 デミエルフ
タイプ くさ/エスパー
特性1 かちき(ステータス低下を受けた時、とくこうが二段階あがる)

HP 99/99
MP 26/29

こうげき40
ぼうぎょ30
とくこう80
とくぼう70
すばやさ80

技1 マジカルリーフ 消費3 くさ 威力60 相手に必ず命中する草で攻撃する
技2 ねんりき 消費1 エスパー 威力50/命中100 念力を送って敵を攻撃する 相手を混乱させる事がある(10%)
技3 せいちょう 消費2 ノーマル 自分のとくこうとこうげきを一段階あげる ひざしが強い状態だと二段階あがる

新子憧は新しくしびれごなを覚えた
L しびれごな 消費3 くさ 命中75 相手をまひ状態にする。相手がくさや電気タイプの場合は効果がない



名前  辻垣内智葉
Lv   21
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

装備 オッカの実(こうかばつぐんのほのお技を受けた時、一度だけ半減する)

HP0/165  
MP15/25 
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

辻垣内智葉は新しくだましうちをおぼえたい…
Lだましうち 消費3 物理 威力60 てきをゆだんさせて近づき絶対に避けられない一撃を放つ

しかし技がいっぱいだ

どれを忘れますか?


1…2…ポカン


辻垣内智葉はつめとぎを忘れた


そして…


新しくだましうちを覚えた



名前  福路美穂子
Lv   22
種族  キキーモラ
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)
特性2 ほうしのこころ(交代時、自身のランクが+へと変動していた場合、その半分を交代先の味方に与える 瀕死時無効 バトンと重複可

HP223/224
MP18/26

こうげき20
ぼうぎょ120
とくこう20
とくぼう120
すばやさ60

技1 ひかりのかべ 消費5 エスパー 味方の場に特殊ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く
技2 ふるいたてる 消費2 ノーマル 自分のこうげきとぼうぎょを一段階上げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる
技4 リフレクター 消費5 エスパー 味方の場に物理ダメージを半減する壁を張る(最終ダメージを半減する)交代しても5ターンは効果が続く

福路美穂子は新しくバトンタッチを覚えたい…
Lバトンタッチ 消費4 ノーマル 他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ

しかし、福路美穂子の技はいっぱいだ

何を忘れますか?

1…2…ポカン

福路美穂子はなきごえを忘れた

そして…

新しくバトンタッチを覚えた


智葉の蘇生にげんきのかけらを使いますか?


→使う


―― 俺達が得たのは薄氷の勝利だった。

最後に出てきた魔物。
岩のような手足を身につけたその相手を俺はいわタイプだと判断した。
実際、智葉の一撃が容易くその身体を砕いた辺り、間違いなくいわタイプだったのだろう。
だが、自身の能力によって死を免れた相手は踏み込んだ智葉に手刀を放った。
鈍重そうな見た目からは考えられないくらいに鋭いその一撃。
それに勝利を確信していたはずの智葉が跳ね飛ばされ…意識を失った。

京太郎「(憧がいてくれなかったら…本当に危なかった…)」

智葉のお陰で瀕死寸前まで追い込んだとはいえ、相手は魔物だ。
並の攻撃ではびくともしない。
少なくとも俺は攻撃を不得手とする美穂子ではその瀕死寸前の相手すら倒す事が出来なかっただろう。
だが、憧のお陰で相手にトドメを指し、俺達は勝利を掴む事が出来た。

京太郎「(…だけど…代償は大きい)」

俺の膝の上に頭を置いた智葉の意識はまだ戻らなかった。
瀕死を回復するアイテムを使ったとは言え、すぐさま目を覚ます訳ではない。
そんな事は俺も分かっている。
分かっていて尚…もう二度と智葉が目を覚まさないのではないかと不安で不安で仕方がなかった。


憧「…京太郎」

京太郎「…悪い。もうちょっとこのままで…」

憧「別にそれは良いけど…でも…そこ危ないよ」

憧「またいわが落ちてくるかもしれないし…」

京太郎「…そうだな」

俺達が今、いる場所は戦闘していた部分よりもさらに深部だった。
最後の魔物を倒したのと同時に、再び洞窟が崩落を起こし始めたのである。
ガラガラと岩が雪崩を起こすようなそれに意識を失った智葉が避けられるはずがない。
そんな彼女を助けようと考えなしに前に出た結果、俺達は退路を塞がれてしまった。
迷宮から帰るにはただひたすらに進むしかない。

京太郎「…ごめんな」

憧「何が?」

京太郎「俺が智葉を助けに行った所為で…こんな事になって…」

憧はまだ迷宮に対するトラウマを完全に克服出来ちゃいない。
それはさっきの戦いを見ればすぐに分かった。
自身が得意なはずのアルラウネと対峙していても、その身体から震えが消えていなかったのだから。
すぐさま智葉に交代を命じたのもそれが原因である。

京太郎「(…そんな憧にこれから負担を掛ける事になる)」

智葉の意識が戻っていない今、魔物に襲われたら矢面に立つのは憧だ。
まだ迷宮に慣れたとは到底言えない彼女が俺たちの盾にならなければいけないのである。
それは彼女にとってとてつもないプレッシャーだろう。
少なくとも普段は強気な憧がその言葉を微かに震わせるくらいには。

憧「なーに言ってんのよ」ペシ

京太郎「いてっ…」

憧「…さっきのアンタは…ちょっとだけ…本当にちょっこっとだけ…もしかしたら気のせいレベルかもしれないけど…格好良かったわ」

憧「そんなアンタだからこそ・・・あたしも後をついてきたんだから」

憧「てか…あそこで後先考えず、辻垣内さんを助けに行かなきゃ、あたしは本気でアンタのことを幻滅してたわよ、きっと」フゥ

京太郎「憧…」

憧「だから…コレで良いのよ、これで」

憧「あたしもアンタも後悔してないんだから。…ね?」

京太郎「…あぁ。そうだな」

それでも憧は俺の事を励まそうとしてくれている。
本当は怖いだろうに、恐ろしいだろうに。
俺の事を責めたりせず、後悔しないとそう言ってくれているんだ。
そんな彼女を前にしていつまでもウジウジとしていられない。
いい加減…俺も前を向かないとな。


智葉「う…」

京太郎「智葉…!?」

智葉「ここは…」

京太郎「迷宮の中だ。大丈夫か?」

智葉「少し身体が重いが…少し休めばマシになると思う…」

智葉「それより…状況は…?」

京太郎「あまり良くない。退路を絶たれた」

智葉「…迂回路は…?」

京太郎「美穂子が周りの様子を見に行ってくれたがないようだ」

京太郎「相変わらずの一本道だし…帰るには先に進むしかない」

智葉「そう…か」

そこで智葉が目を閉じる。
疲れて眠りに落ちるような、物思いに耽るような…なんとも言えない表情。
それに俺も心配になってから智葉は再び目を見開いた。

智葉「…じゃあ、こうしてのんびりしている暇はないな…」

京太郎「智葉…でも…」

智葉「もう大丈夫だ。次は不覚を取らない」

智葉「だから、先に進もう」

智葉「退路を絶たれた状態で同じ場所にとどまり続けるのは危険だ」

京太郎「……分かった」

本当は否と言いたい。
恋人としては一時は意識を失うほど傷ついた智葉にゆっくりと休んで欲しいんだ。
だが、彼女の言葉は決して間違いではない。
今のままここに留まり続けていても危険が増すだけだ。


京太郎「(……それに…)」

いつの間にか俺達の前から消えていた大星さんも放ってはおけない。
さっきの彼女の姿はそれくらい苦しくて、そして悲しそうなものだったのだから。
そんな彼女に言いたい事は山ほどある。

京太郎「(…何より、ここじゃマトモに休めない…)」

一時は意識すら失った智葉をそのままにはしておけない。
こうして意識を取り戻したとは言え、出来ればすぐさま検査をした方が良いだろう。
だが、そんな検査をしようと思ったら拠点に戻る必要がある。
そのために智葉の力を借りなければいけないのは本末転倒だとそう思うが… ――

京太郎「行こう。大星さんのところへ」

だが、俺には他に方法がない。
悩む自分の心にそう言い聞かせて、俺はそう宣言したのだった。