<<次のマスはイベントなので強制停止>>

京太郎「…」

美穂子「…」

智葉「…」

…今、俺達の周りには重苦しい雰囲気が渦巻いていた。
それも仕方のない事だろう。
何せ、俺と智葉さんは福路さんの目の前でオーラルセックスをやらかしたのだから。
色々と致し方のない状況だったとはいえ、彼女に迷惑を掛けてしまったのは変わらない。

京太郎「(…どうするかなぁ…)」

流石に今の状態であまり深くまで潜るのは危険だ。
今、どれくらい踏破出来ているのかは分からないが、今日はそろそろ戻るのも良いかもしれない。
美穂子さんのレベルも順調にあがっている訳だから、ここで無理をする必要は…  ――

京太郎「…あ」

菫「…」フルフル

そう思った瞬間、俺の目の前に弘世さんが現れた。
その下半身は人間の女性のものである辺り、恐らく本体の方なのだろう。
念のため、周りを見渡してみたが、ケンタウロスの方の弘世さんは見当たらない。
…どうやら今は一人のようだ。

智葉「…どうする?」

智葉さんが聞くのは彼女に対してどうアクションをとるかという事だろう。
もし、この場で弘世さんに接触すれば、またケンタウロスの方の弘世さんが出てくるかもしれない。
だが、俺たちはまだ彼女と戦うのには不安がある状態なのだ。
こんな場所で鉢合わせにはなりたくない。

京太郎「…行きましょう」

だが、それ以上に俺は弘世さんのことを放ってはいけなかった。
あんな風に自分を傷つけて、追い込みつづけている人を放っておけるはずがない。
例え、この場で強敵と鉢合わせをする事になっても、何か言わなければ。
魔物と化した分身を倒すだけでは何の解決にもならないのだから。

京太郎「……こんにちは」

菫「ひっ」

そう思って挨拶をした俺に弘世さんは相変わらず怯えた顔を見せた。
そのまま一歩二歩を下がった足は裸足で、なおかつ震えていた。
…それはきっと目の前に現れた俺たちを怖がっている…というだけではないのだろう。
こんな広い草原の中、彼女はひたすら一人で逃げ続けているのだから。
足が疲労で棒のようになるのも当然の事だ。

京太郎「あ、えっと…覚えてます?以前にも会った須賀京太郎というんですが…」

菫「…あ…う…」コクン

良かった、どうやら俺の事を覚えておいてくれたらしい。
…まぁ、多分、その印象は最悪だろうけどな。
未だ彼女の目から怯えの色が消える事はないし。
恐らく未だ弘世さんを責めに来たんだと勘違いしているのだろう。

京太郎「(そんな彼女に一体、どうやったら信頼して貰えるか…)」

そう思った俺の目に菫さんの足が映る。
裸足の所為で傷だらけになったそれはとても痛々しいものだった。
少なくとも血が大きなかさぶたとなって足に張り付いているその様は年f頃の女の子の足だとは思えない。

京太郎「あの…その怪我…」

菫「け、怪我…?」

京太郎「はい。治療…させて貰えませんか?」

京太郎「え、えっと…一応、救急箱持っているんで…」

京太郎「その…ダメですかね?」

菫「……」

その足を治療すれば少しは弘世さんからも信用して貰えるかもしれない。
そう思った俺の前で彼女は初めて考えこむような仕草を見せた。
今まで怯えるところしか見せなかった彼女の新しい姿に俺は若干、前進したことを感じる。

菫「…………」コクン

京太郎「~~~!良かった…!」

たっぷり数十秒掛けて悩んだ彼女は俺の前で小さく頷いてくれた。
勿論、その顔は未だ俺たちに対する疑念で彩られている。
けれど、それは俺たちが敵ではないのかもしれないと信じ始めている証だ。
俺だってすぐさま信頼してもらえるとは思っていないし、その辺は後々、俺達が勝ち取っていけば良い。

京太郎「じゃあ、福路さん、頼みます」

美穂子「え?私?」

京太郎「えぇ。だって、この場で一番、手当が上手なのは福路さんですし」

さっきの休憩で福路さんから手当のやり方を教わっていたらよかったんだが…結局、色々あって出来なかったからな。
何より治療のためとは言え、女性の足に男が触るのはちょっと宜しくはないだろう。
こうして俺が提案した事の尻拭いを彼女にやってもらうのは申し訳ないが、ここは適材適所といこうか。

美穂子「じゃあ…失礼しますね」スッ

菫「あ…ぅ」ニゲッ

美穂子「…ダメ…みたいね」

京太郎「あー…」

そう言えば俺達も最初に会った時は恐ろしいくらいに警戒されてたっけ。
弘世さんにとって初めて会う福路さんはまだまだ怖さが勝る相手なのかもしれない。
…となると…ここでの適材適所は…俺って事になるのか…?


智葉「…」ジィィィィ

京太郎「だ、大丈夫ですって。何もしませんし」

京太郎「それより…弘世さん、ちょっと失礼しますね」スッ

菫「…ん…」

彼女の足元に跪いた俺を彼女は拒まなかった。
未だ微かに震えるその足を俺へと差し出し、少し顔を背ける。
それは異性である俺に足を触られるのが恥ずかしいのか、或いは俺の事が未だに怖いのか。
…半々な気がするな。

京太郎「(ま、それよりも…だ)」

弘世さんの足は思っていた以上に軽い怪我しかなかった。
あるのはここ最近ついた切り傷や擦り傷ばかりで大きなものはない。
肌も汚れてはいるものの、決してその輝きを失ってはいなかった。
数年間、この場所で逃げ続けたにしては綺麗なその足に俺は内心、首を傾げる。

京太郎「…よし。出来ましたよ」

菫「あ…」

そんな風に疑問を抱いていても、慣れた治療に手は進んでいく。
数分もした頃には彼女の足は包帯に巻かれていた。
とりあえず消毒その他くらいしかやっていないが、今はこれで十分だろう。

菫「あ、あり…がとう…」ポソポソ

京太郎「…いえいえ。どういたしまして」

その声のトーンは低いものの、彼女は俺たちにお礼を言ってくれる。
それが心から嬉しく思えるのは、その声の中に微かな信用の芽生えを感じるからだろう。
この調子ならばこの弘世さんからの信頼を勝ち取れるのはそう遠くない日かもしれない。

「ひぃぃぃぃろせええええええ」

菫「ひっ…!」

「こんなところで…何をやっているんだ?」

「お前がそんな風に安らいで良いと思っているのか?」

「弘世…お前は責任を取らなきゃいけないんだ…ずっと…ずっと!!」

菫「あ…あ…っ」

京太郎「っ!」

そう思ったのもつかの間。
またあの幽霊のような大人たちが俺たちの周りに現れる。
その口から漏れる弘世さんを責める言葉に彼女は身震いし、怯えを顔に浮かべた。
このままじゃいけない。
そう思う俺の前に智葉さんと…そして福路さんが立った。

智葉「…相変わらず胸糞悪い事だな」

美穂子「えぇ。本当に」

京太郎「…二人とも…」

俺の前に立つ二人の身体からは少なくない怒気を感じられた。
特に福路さんの方はその手が震えるくらいに強く拳を握りしめている。
後悔と悔しさ混じりのそれが何なのかは俺には分からなかった。
だが、彼女は…或いは彼女の友人は、もしかしたら似たような事を言われたのかもしれない。

智葉「…京太郎、彼らは魔力で出来ている」

智葉「この階層に救う敵と変わらない」

智葉「ただ弘世菫を責めるというルーチンを繰り返すだけだ」

智葉「そんな相手に四の五の言っても始まらない。私達の手で退散させるぞ」

京太郎「…分かりました」

俺自身、こうまで自分勝手な事を言われて苛ついていたところだ。
智葉さんの提案に断る理由などあるはずもない。
どうせ、相手は弘世さんが作った幻影なんだ。
遠慮無くぶっ倒させて貰おう。

京太郎「…行くぞ!」

「ひぃいいろせええええええええ」



モンスターきょうしがしょうぶをしかけてきた!!



System
という訳で中ボス戦です
中ボス戦はボス戦と殆ど同じだと思ってくれて構いません

また中ボス戦とボス戦は雑魚戦とは交代の仕様が違います
雑魚戦は交代する前のパートナーに攻撃があたってから交代でしたが
ボス戦は本家ポケモンと同じく攻撃を受けるのは交代後の相手です

以上の事に気をつけながら指示をどうぞ



モンスターきょうしはスライムLv12を繰り出した!!

L●●●○○○


【メインパートナー】


【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   4
種族  ???
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)

HP60/81
M8/8

こうげき20
ぼうぎょ110
とくこう20
とくぼう110
すばやさ30

技1 おてあて 消費1 ノーマル 素早く応急手当をし、控えにいる味方のHPをLv+20回復する
技2 しっぽをふる 消費0 ノーマル 相手の防御力を一段階下げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる

交代する
  L辻垣内智葉 キラキラ@3 15/16 あく/はがね MPLv12 ひっかく/にらみつける/メタルクロー/れんぞくぎり

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


福路美穂子と辻垣内智葉は交代した


スライムのみずでっぽう


辻垣内智葉に1のダメージ


辻垣内智葉のひっかく


スライムに13のダメージ
HP【――――――    】


【パートナー】
名前  辻垣内智葉
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP120/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)


辻垣内智葉のひっかく


スライムに13のダメージ
HP【――――       】


スライムのみずでっぽう


辻垣内智葉に1のダメージ


【パートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP118/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


スライムに13のダメージ
HP【―          】


スライムのみずでっぽう


辻垣内智葉に1のダメージ


【パートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP117/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく



スライムに13のダメージ
HP【          】


スライムを倒した



L●●X○○○

モンスターきょうしはバブルスライムLv12(みず/どく)をくりだした


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP117/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


バブルスライムに13のダメージ
HP【――――――   】


バブルスライムのばぶるこうせん


辻垣内智葉に10のダメージ


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP107/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


バブルスライムに13のダメージ
HP【――――――   】


バブルスライムのバブルこうせん


辻垣内智葉に10のダメージ


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP107/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


バブルスライムに13のダメージ
HP【          】


バブルスライムのバブルこうせん


辻垣内智葉に10のダメージ


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP87/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


バブルスライムに13のダメージ
HP【          】


バブルスライムを倒した

L●XX○○○



モンスターきょうしはジャイアントアントLv13(むし/じめん)をくりだした



【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP87/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のひっかく


ジャイアントアントに15のダメージ
HP【――――――   】


ジャイアントアントのすなじごく(命中85)直下コンマ


こうかはばつぐんだ!


辻垣内智葉に12のダメージ!


辻垣内智葉はすなじごくにとらわれてしまった!


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP87/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ
 ※すなじごく中なので交代出来ません

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円


辻垣内智葉のれんぞくぎり


ジャイアントアントに15のダメージ
HP【――       】


ジャイアントアントのすなじごく(命中85)直下コンマ


こうかはばつぐんだ!


辻垣内智葉に12のダメージ!


辻垣内智葉はすなじごくによって15のダメージ


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   12
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP48/120
MP16/16
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)

交代する
  L福路美穂子 MP8/8 ノーマル/ひこう Lv4 おてあて/しっぽをふる/なきごえ
 ※すなじごく中なので交代出来ません


辻垣内智葉のれんぞくぎり


ジャイアントアントに45のダメージ
HP【          】


ジャイアントアントを倒した


モンスターきょうしとのバトルに勝った!!



「ひろせええええええええええええ」



<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円



辻垣内智葉のレベルが3あがった


【メインパートナー】
名前  辻垣内智葉  キラキラ@3
Lv   15
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP63/135
MP14/19
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
にらみつける 消費0 命中100 相手一体の防御力を一段階下げる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)


辻垣内智葉はつめとぎを覚えたい…
Lつめとぎ 消費2 はがね 自身の攻撃と命中を一段階あげる


しかし、辻垣内智葉は技がいっぱいだ!


何を忘れますか?


1、2…ポカン


辻垣内智葉はにらみつけるを忘れて、つめとぎを覚えた!


名前  辻垣内智葉  キラキラ@2
Lv   15
種族  デュラハン
タイプ あく/はがね
特性1 せいしんりょく(相手の攻撃で怯まない)
特性2 めいこうのやいば(武器を使った攻撃の威力が1.2倍になる)

HP63/135
MP14/19
こうげき100
ぼうぎょ80
とくこう45
とくぼう50
すばやさ80

ひっかく 消費0 ノーマル 物理 威力40/命中100 敵一体を爪で攻撃する
つめとぎ 消費2 はがね 自分の攻撃と命中を一段階あげる 
メタルクロー 消費2 はがね 物理 威力50/命中95 攻撃が当たった時50%の確率で自分のこうげきを一段階あげる
れんぞくぎり 消費2 むし 物理 威力40/命中100 連続で使用すると威力が倍増する(最大160まで)連続使用毎に消費MP1増加(最大3まで)



福路美穂子のレベルが3あがった!


名前  福路美穂子
Lv   7
種族  ???
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)

HP81/102
M11/11

こうげき20
ぼうぎょ110
とくこう20
とくぼう110
すばやさ30

技1 おてあて 消費1 ノーマル 素早く応急手当をし、控えにいる味方のHPをLv+20回復する
技2 しっぽをふる 消費0 ノーマル 相手の防御力を一段階下げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる


………



……





その勝利は決して容易く手に入れられたものじゃなかった。
相手は智葉さんにとって決して相性が良いと言えるようなものではなかったのだから。
三連戦を乗り切った智葉さんの身体はボロボロで、息も荒い。

京太郎「…智葉さん」

智葉「大丈夫だ…。これくらい…なんともない…」

智葉さんはそういうものの彼女のHPゲージは既に黄色く染まっている。
最高の状態から半分を切った事を示すその色を俺は見た事がない。
間違いなく、今の智葉さんは消耗している。
このまま先に進むのは厳しいだろう。

京太郎「(何より…)」

チラリと後ろを見た俺に弘世さんの姿は見えなかった。
恐らく俺達が戦っている間に逃げ出したのだろう。
あの野郎、消える寸前まで弘世さんに対する恨み事を漏らしていたからな…。

京太郎「(…コレ以上、この場にいても何のメリットもない)」

京太郎「(寧ろ…長いすればするほど彼女に見つかる可能性が高まるだけだ)」

その下半身を馬のものへと変えたもう一人の弘世さん。
今の消耗しきった状態で彼女に勝てるとは到底、思えなかった。
ここまで来て引き返すのは悔しいが、一旦、撤退するのがベストだろう。

智葉「…ダメだ」

京太郎「…智葉さん」

そんな俺の考えに否と答えたのは智葉さんだった。
その肩を大きく揺らしながらも、彼女は俺の方をしっかりと見据える。
力強いその瞳から察するにきっと何の根拠もなしにそう言っている訳ではないのだろう。

智葉「彼女は君に心を開きかけていた」

智葉「少なくとも治療しても良いと思うくらいには」

智葉「ならば…今がチャンスだ」

智葉「今の間に…彼女の心に近づいて…もう一度、君が説得する」

智葉「そうすれば…この迷宮は崩れ落ちるはずだ」

京太郎「でも…!」

それをするにはリスクが高すぎる。
少なくとも智葉さんの消耗は最早、軽視出来るレベルじゃなくなっているのだから。
このまま先に進んだら、本当に死の危険性がある。
前回のようにケンタウロスの方の弘世さんが見逃してくれるとは限らないのだから。

智葉「大丈夫だ。君の恋人を信じろ」

智葉「私は…絶対に負けない」

智葉「君の目の前で…二度と負けたりするものか」

京太郎「…………」

力強い智葉さんの言葉に迷いを覚えた。
勿論、俺だって彼女が強い事を知っている。
その強さに俺は何度となく救われたのだから。
けれど、ここで智葉さんの言葉を信じて本当に良いのだろうか。

京太郎「……福路さん」

美穂子「え…………?」

そこで俺の言葉に福路さんがゆっくりと顔をあげた。
まるで自分に声を掛けられるとは思っていなかったそれは、さっきの戦いでもあまり活躍出来なかった所為か。
だが、彼女は決して何も出来ない訳じゃない。
少なくとも今の俺にとって福路さんの能力は得難いものだった。

京太郎「智葉さんの治療をお願いします」

智葉「京太郎…」

京太郎「…少しだけです」

京太郎「もし、またさっきのような相手が出てきたら引き返しますから」

智葉「…十分だ」

俺の言葉に智葉さんは嬉しそうに笑った。
まるで子どものように屈託のないそれに思わず頬が赤くなるのを感じる。
まったく…本当に俺は恋人に甘いらしい。
そんな自分に自嘲を浮かべながら、俺は… ――

智葉「…すまないな」

美穂子「いえ…」

その場に座り、私に包帯を巻かれながら智葉さんは小さく謝罪の言葉を口にしました。
それが一体、何なのかは私にはわかりません。
本心では弘世さんの事を追いかけたかった須賀くんの背中を押した事なのか。
或いは、今、こうして彼女を治療する為に私の手をとっている事なのか。
…ですが、どちらにせよ、私には彼女に謝ってもらう資格などないのです。

美穂子「私の方こそ…ごめんなさい…」

智葉「美穂子…」

彼女が負った傷の半分は私が負うべきだったものなのです。
私だってそれを覚悟してこの場所にいるのですから。
しかし、現実、私には戦う為の力がないままでした。
おかげで…智葉さんの盾になる事すら出来ません。

智葉「美穂子は良くやってくれているよ」

智葉「実際、こうして私の傷を癒してくれているじゃないか」

美穂子「それは…」

ですが、それはあくまでも必要最低限の事なのです。
私がこのパーティに加入する為の一つの売りだったのですから。
それまで役に立てないともなれば、それこそ私がここにいる意味はなくなってしまうでしょう。

美穂子「(でも…私は…)」

こうして二人と一緒に迷宮を探索して…少し我儘になってしまったのでしょう。
須賀くんから無類の信頼を寄せられる智葉さんの事が羨ましくなってきていました。
勿論、私だって昨日今日のいきなりで彼から信頼して貰えるとは思っていません。
少なくとも私はそれを了承して、この場にいるのですから。

美穂子「(でも…もし、私がちゃんと彼からの信頼を寄せられていれば…)」

さっきのジャイアントアントを前にして私に交代させてくれたでしょう。
私にはあの厄介なすなじごくは意味がなく、またもう一つの技もタイプで半減出来るのですから。
私が前に立って、相手の能力をちゃんと落とせば、智葉さんがこれほど傷つく事はなかったでしょう。
きっと須賀くんだってあんなに悩む事はなかったはずです。

美穂子「(…もっと…強くならなきゃ…)」

今のままじゃ彼の信頼を勝ち取るには足りません。
もっともっと強くなって、彼に頼ってもらえるようにならなければ。
そうしなければ…私がここにいる意味がなくなってしまいます。
それに…何より… ――

美穂子「(…命令…されたい…)」

そうやって彼に命じられる智葉さんを見る度に。
強いきずなで繋がっている二人を見る度に。
胸の奥が疼き…はしたない羨望が顔を出してしまうのです。
私も…あんな風に命令されたいって…。
私もあんな風に須賀くんの為に戦いたいって…。
私も…智葉さんみたいにあの大きくて美味しそうなオチンポにご奉仕したいって…。
胸の奥から浮かび上がるそれは…もうとても無視出来るものではなくって… ――

智葉「…美穂子?」

美穂子「ひゃうっ!」ビクッ

智葉「どうした?心ここにあらずといった感じだったが…」

美穂子「い、いえ、なんでもありません!」フルフル

智葉「そう…か?」

けれど…その想いは抑えこまなければいけません。
だって、須賀くんは既に智葉さんと心を通わせているのですから。
お互いにお互いを愛し合っている二人の間に、私が入る隙間などありません。
だから…こんな想いは気の迷いだと忘れてしまうのが一番。

美穂子「(…だけど…)」

京太郎「……」

草原の向こうを見る須賀くんの表情はとても凛々しいものでした。
私の知らない数年間を経て、いつの間にか年上になっていた彼。
かつて会った頃よりも男らしく、また逞しくなったその姿を見る度に、私は…。

京太郎「そろそろ出発しましょうか」

美穂子「え、えぇ。そうですね」

京太郎「…え?」

美穂子「あ、う、ううん。そうね。そうしましょうか」


―― 彼への隷属を求める心を抑えこみながら、私はそう頷きました。



宝箱だ!!!


中身は…?


System
いいきずぐすりを手に入れた!



敵だ!!


バブルスライムLv10(みず/どく)があらわれた


【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   7
種族  ???
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)

HP81/102
MP8/11

こうげき20
ぼうぎょ110
とくこう20
とくぼう110
すばやさ30

技1 おてあて 消費1 ノーマル 素早く応急手当をし、控えにいる味方のHPをLv+20回復する
技2 しっぽをふる 消費0 ノーマル 相手の防御力を一段階下げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる

交代する
  L辻垣内智葉 キラキラ@2 MP14/19 あく/はがね Lv15 ひっかく/つめとぎ/メタルクロー/れんぞくぎり

<<アイテム>>
きずぐすり 5/9   一体のHPを20回復する   売価150円
どくけし 4/9  一体のどく・もうどくを治療する  売価50円
いいきずぐすり 1/6 一体のHPを50回復する  売価350円


バブルスライムのバブルこうせん


福路美穂子に5のダメージ


福路美穂子と辻垣内智葉は交代した


辻垣内智葉のひっかく


バブルスライムに21のダメージ


【リザルト】
バブルスライム5
福路美穂子21

福路美穂子の勝利です!


福路美穂子はレベルアップ


【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   8
種族  ???
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)

HP85/109
MP9/12

こうげき20
ぼうぎょ110
とくこう20
とくぼう110
すばやさ30

技1 おてあて 消費1 ノーマル 素早く応急手当をし、控えにいる味方のHPをLv+20回復する
技2 しっぽをふる 消費0 ノーマル 相手の防御力を一段階下げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる

【メインパートナー】
名前  福路美穂子
Lv   9
種族  ???
タイプ ノーマル/ひこう
特性1 いやしのこころ(ターン終了時、控えにいる仲間の状態異常を三割の確率で回復する)

HP92/116
MP10/13

こうげき20
ぼうぎょ110
とくこう20
とくぼう110
すばやさ30

技1 おてあて 消費1 ノーマル 素早く応急手当をし、控えにいる味方のHPをLv+20回復する
技2 しっぽをふる 消費0 ノーマル 相手の防御力を一段階下げる
技3 なきごえ 消費0 ノーマル 相手の攻撃力を一段階下げる


福路美穂子は新しくリフレクターを覚えた
リフレクター 消費5 エスパー 味方の場に物理ダメージを半減する壁を張る。交代しても5ターンは効果が続く