ネリー「勿論、酷い事なんてしないよ…♪」

ネリー「今までどおり…一生一生…大事に、宝物のように愛してあげる…?」

ネリー「……でも、遠慮なんて要らないよね…♪」

ネリー「レイプしようとしてる私に…オネダリなんてしちゃった淫乱チンポには…?」

ネリー「一生、私に調教されて…アヘアヘにさせられちゃっても…?」

ネリー「文句なんて…言えるはずないよねぇ…♪」

京太郎「…っ」ゴク

ネリー「…さぁ、どうするの…?」

ネリー「ゲームに乗る…?」

ネリー「それとも…このまま強引に犯されちゃう方が良い…?」

ネリー「私は…どっちでも良いよ…?」

ネリー「どっちであっても…お兄ちゃんの事を手に入れるつもりだから…?」

京太郎「(…ネリーの奴…マジだ)」

京太郎「(シャンプーの所為で目を開けられないけど…)」

京太郎「(今のは完全に…マジの声音だ…)」

京太郎「(コイツ…本気で俺の事を堕とそうとしている)」

京太郎「(俺を…奴隷にしようとしているんだ…)」

京太郎「(勿論、そんなの嫌だ)」

京太郎「(そんな巫山戯た二択なんて選びたくはない)」

京太郎「(でも…っ)」グッ

ネリー「ふふ、だぁめ…♪」ガシ

ネリー「…男のコが女に力で勝てるはずないでしょ…?」

ネリー「大人しくしてないと…このまま挿入れちゃうよ…♪」

京太郎「(…やっぱりか)」

京太郎「(悔しいけど…俺の力じゃネリーには勝てない)」

京太郎「(あの小さい身体とは思えないほどの力で身体を抑えこまれてる)」

京太郎「(そんなネリーを力づくでどうこうするのは無理だろう)」

京太郎「(…だったら、俺に選べる選択肢なんて一つしかない)」

京太郎「…分かった。乗るよ」

京太郎「でも、せめて制限時間はつけてくれ」

ネリー「良いよ、じゃあ、二十分ね?」

京太郎「それくらいなら…」

ネリー「…ふふ。それじゃあ…はじめようか…♪」クチュ

京太郎「うあ…ぁっ」

ネリー「あは…♪もう声出しちゃって…?」

ネリー「さっきまで止めてたオチンポいじりを再開しただけだよ…♪」

ネリー「それなのにそんな可愛い声出してちゃ…二十分も持たないと思うんだけどなぁ…?」

京太郎「そ、そう簡単に負けるかよ…」

ネリー「ふふ…強がっちゃって…?」

ネリー「まぁ…そういうお兄ちゃんも可愛いから良いけどね…♪」

ネリー「でも、早めにギブアップしちゃった方が良いと思うな…?」

ネリー「お兄ちゃんは絶対に私には勝てないんだから…ね♪」クチュクチュ

京太郎「ふ…う…っ」

ネリー「って言った途端に声を我慢しちゃって…?」

ネリー「幾ら声を我慢したところで…お兄ちゃんは気持ち良いのには勝てないよ…?」

ネリー「だって、お兄ちゃんの本性は淫乱なんだもん…♪」

ネリー「こんなエロいオチンポ持ってる人が…普通なはずないでしょ…♪」

ネリー「その声だって…すぐに出ちゃうんだからね…♪」カリ

京太郎「~~~っ!」

ネリー「どーぉ…?」

ネリー「オチンポの先っぽ、カリカリって指先でひっかかれるの良いでしょぉ…♪」

ネリー「もうローションとカウパーでグチョグチョのドロドロになってるもんね…?」

ネリー「今すぐにでもオマンコに挿入れちゃえそうな…グチョドロの勃起チンポぉ…?」

ネリー「もう熱くて熱くて堪らないオスチンポには…キくよね…ぇ♪」カリ

京太郎「は…ぁ…っ」

ネリー「…勿論、先っぽだけじゃないよ…?」

ネリー「ちゃぁんと…根本の方も可愛がってあげるね…♪」

ネリー「ほら…カリカリに合わせて…♪」

ネリー「こっちも…シコシコ…ぉ?」グチュグチュ

ネリー「あはぁ…♪これじゃもうシコシコじゃないね…♪」

ネリー「ローションまみれになって…もうグチュグチュって音しか聞こえない…?」

ネリー「すっごいやらしい音だよねぇ…♪」

ネリー「まるで…エッチしてるみたいな音…鳴らしちゃってるよぉ…?」

京太郎「ちょ…お、おま…」

ネリー「ん?なぁに?」

京太郎「何処で…こんな…っ」

ネリー「あはぁ…♪ホント…お兄ちゃんの心は初心なんだね…?」

ネリー「今時、これくらいネットのハウツーサイトに載ってるよ…♪」

ネリー「それに…言ったでしょ…?」

ネリー「私も…お兄ちゃんの事欲しかったって…?」

ネリー「だから…何時お兄ちゃんとそういう事になっても言いように…♪」

ネリー「ずっとイメージトレーニングと練習は欠かさなかったんだよ…ぉ♪」

京太郎「熱意の方向性が…間違って…っ」

ネリー「私は間違ってるとは思わないけどなぁ…♪」

ネリー「だって、そのお陰で…今、お兄ちゃんは気持ち良くなってくれているんだし…?」

ネリー「処女の拙い技術で、こんなにエロくなってるのはお兄ちゃんの素質だけど…?」

ネリー「でも、少しくらいは…私の頑張りもあるよね…♪」チュ

京太郎「くひ…ぃっ」

ネリー「お兄ちゃんの乳首も…淫乱の素質バッチリだね…♪」レロォ

ネリー「まるで女の子みたいに…ビンビンになってるよぉ…♪」チュゥ

京太郎「す、吸うな…ぁっ」

ネリー「やーだよぉ…♪」

ネリー「それに…元々、そういう約束れしょぉ…?」クニクニ

ネリー「本番しない代わりに何をしても良いって…♪」

京太郎「そ、れは…」

ネリー「…だから、お兄ちゃんは大人しく私に乳首ペロペロされなきゃらめぇ…♪」チュゥ

京太郎「う…うぅぅぅ…」

ネリー「んふぅ…♪お兄ちゃんの乳首美味しいぃ…?」

ネリー「ほんのり…ミルクの味がする…ぅ♪」

京太郎「する訳ないだろ…!」

ネリー「分からないよ…ぉ♪」

ネリー「こうして一杯一杯ペロペロしてぇ…?」

ネリー「乳首だけでイけるようになっちゃったらぁ…♪」

ネリー「もしかしたら…びゅーびゅーってミルク出ちゃうかも…ぉ♪」

京太郎「ほ、保健体育の授業からやり直せ…よ…」

ネリー「ふふ…♪じゃあ…お兄ちゃんの身体で保健体育の授業しないと…ね…?」クリ

京太郎「うあぁっ」

ネリー「えーっと…ここは鈴口…だったかなぁ…♪」

ネリー「それで…この辺りは亀頭で…ぇ?」グリグリ

ネリー「ここは…カリ首で良い…よねぇ…?」クルクル

京太郎「っ!」ビクン

ネリー「ねぇ…お兄ちゃん合ってる…?」

ネリー「今、私の指がクリクリしてるのが鈴口で…ぇ♪」

ネリー「私の右手が覆いかぶさってるのが亀頭でぇ…♪」

ネリー「私の左手が締め付けてるのが…カリ首でいーぃ…?」

京太郎「あ、合ってる!合ってるから…っ!」

ネリー「そっかぁ…♪合ってるんだぁ…?」

ネリー「…でも、折角だから、もっともっと…勉強しないとね…♪」

ネリー「お兄ちゃんのオチンポは私のモノになるんだから…?」

ネリー「隅々までちゃんとチェックしてあげないと…ぉ?」ペロ

京太郎「うあぁあ…っ♪」

ネリー「まずは味のチェックからだね…?」

ネリー「もうローションでベトベトだけど…でも、少しくらいはお兄ちゃんの味も混ざってるだろう…ひぃ…♪」チュル

京太郎「(くぅ…な、なんだ…コレは…)」

京太郎「(雅枝さんのよりも遥かに拙いはずなのに…すっげぇビリビリ来る…!)」

京太郎「(本当にただ舐めてるだけなのが…余計に興奮するっていうか…)」

京太郎「(味わわれてるのが…気持ち良い…っ)」

京太郎「(雅枝さんの時とはまた違った気持ち良さに…もう頭の中が一杯で…)」

京太郎「(俺…もう追いつめられてる…!)」

京太郎「(ネリーの手にシコシコされながら…先っぽ舐められて…)」

京太郎「(もう…イきそうに…なってしまってる…っ)」

京太郎「(ま、まだ数分も経ってないのに…イきそうになるなんて…)」

京太郎「(雅枝さんの時は…まだテクが凄かったからって良い訳が出来たけど…)」

京太郎「(でも…今回はそんなのまったく関係なくて…っ)」

京太郎「(俺、自分じゃ早漏じゃないつもり…だったけど…)」

京太郎「(こんなに早くイきそうになるって事は…もしかして…マジなのか…?)」

京太郎「(本気でこのローションに媚薬成分混じってて…)」

京太郎「(それで…)」

ネリー「…じゅるぅうっ♪」

京太郎「ああぁあっ」

京太郎「(き、亀頭がネリーの口に…っ!)」

京太郎「(先っぽそのままペロペロして…!)」

京太郎「(ダメだ…これ…もうイく…!)」

京太郎「(ネリーにイかされて……)」

ネリー「…んふ♪」パッ

京太郎「……え?」

ネリー「…どうしたの、お兄ちゃん…?」

ネリー「まるでお預け喰らったような顔をしちゃって…?」

京太郎「あ…ぅ…」

ネリー「…もしかして、もうちょっとでイくところだった…?」

ネリー「ふふ…♪でも、ごめんね…?」

ネリー「私、お兄ちゃんのオチンポが大きすぎて…手と口が疲れちゃったから…♪」

ネリー「だから…ちょっと休憩させて…ね…♪」

京太郎「っ!」グッ

京太郎「(そ、そういう事かよ…)」

京太郎「(俺を徹底的に焦らして…それで本番させようって腹だったんだな…)」

京太郎「(くっそ…古典的な手を…)」

京太郎「(…だが、呆れるほど優秀な戦術だ…)」

京太郎「(男である俺は一回射精しなきゃ発散出来ないんだから…)」

京太郎「(このまま焦らされたら…間違いなく陥落してしまう…!)」

京太郎「(で、でも…希望はある)」

京太郎「(二十分だ)」

京太郎「(それだけ経てば…俺は解放される)」

京太郎「(そういう…そういう約束なんだ)」

京太郎「(だから、例え辛くてもココは耐えなきゃ…)」

京太郎「(これ以上…過ちを犯さない為にも…)」

ネリー「…でも、お兄ちゃん、つらそうだよね…?」

ネリー「私、お兄ちゃんが辛いの嫌だなぁ…?」

ネリー「…だから、代わりに…ココ可愛がってあげるね…♪」ムニ

京太郎「~~っ」

ネリー「あはぁ…?もうキュンキュンしてるぅ…♪」

ネリー「お兄ちゃんの金玉…すっごい興奮してるよ…?」

ネリー「この中に一杯泳いでるのが分かるよぉ…?」

ネリー「私を孕ませてくれる精子ぃ…?」

ネリー「私に初めての膣内射精教えてくれる精液がたぁっぷり詰まってるの…?」モミモミ

京太郎「く…ぁ…」

ネリー「ふふ…♪頑張れー金玉さーん…?」

ネリー「もっともっと…頑張って精子作ってね…♪」

ネリー「私の卵子に届くような…とっても元気な精子を…?」

ネリー「お兄ちゃんのココがはちきれそうになるくらい…いぃぃっぱい…?」サワサワ

京太郎「は…あぁ…」

ネリー「もう…お兄ちゃん敏感過ぎるよ…♪」

ネリー「ちょっとオチンポの根本なでただけじゃないの…?」

ネリー「それなのにそんなやらしい声出してちゃ…後が保たないよ…?」

ネリー「まだ始まってから三分しか経ってないんだからね…♪」

京太郎「(さ、三分…!?)」

京太郎「(まだ…それだけなのか!?)」

京太郎「(って事は最低でもこの七倍…)」

京太郎「(いや、後になればなるほど辛くなる事を考えればもっと…)」

京太郎「(だ、ダメだ、かんがえるな!)」

京太郎「(今はとりあえず先の事よりも…)」

京太郎「(目の前のネリーの愛撫にどう耐えるかを考えるんだ…!!)」

ネリー「お兄ちゃん頑張ってる…ぅ♪」

ネリー「でも、金玉さんはもっともっと頑張ってるよねぇ…?」モミモミ

ネリー「私はそんな金玉さんの事が大好きだからぁ…♪」

ネリー「こうしてたっぷり揉みほぐして…応援したげる…ぅ?」

ネリー「頑張れぇ?頑張れっ?頑張れぇ…??」

ネリー「お兄ちゃんの理性になんて…負けるなぁ…♪」

ネリー「そんな窮屈なところよりも私の子宮の方が絶対に居心地が良いよ…?」

ネリー「だって、私の子宮は…お兄ちゃん専用なんだから…♪」

ネリー「お兄ちゃんの精子しか入っちゃいけないって…?」

ネリー「これまでずぅっと守ってた場所なんだもん…?」

ネリー「きっと…最高に幸せな場所だと思うなぁ…♪」

京太郎「…っ!」ビクン

ネリー「…んふ♪そろそろオチンポの方も落ち着いたみたいだし…?」

ネリー「私の手もまた動くようになってきたから…♪」

ネリー「また…オチンポの方も可愛がってあげるね?」グチュグチュ

京太郎「くぁあ…っ」

ネリー「やっぱりオチンポの方が反応が良いね…♪」

ネリー「金玉さんは…まだあんまり気持ち良くないのかな…?」

ネリー「…まぁ、でも、それは大した問題じゃないよね…♪」

ネリー「私の奴隷になったら…こっちでもオチンポビクビクさせちゃうような淫乱オス奴隷に開発するんだから…?」

ネリー「今はその初々しい反応を楽しむとして…ぇ♪」レロォ

京太郎「ひあっ」

ネリー「ちゅる…♪もぉ…?」

ネリー「まだ裏筋をちょこっと舐めただけだよぉ…♪」

ネリー「それなのに可愛い声あげすぎ…ぃ?」

ネリー「そんな声出されたら約束とか関係なく犯したくなっちゃうよぉ…?」ハム

京太郎「んっひぃっ」

ネリー「はむ…♪皮も敏感にゃんら…♪」

ネリー「ちょっとアマガミしゃれただけでカウパートロって出らよぉ…?」

ネリー「ホント…淫乱チンポなんらからぁ…♪」

ネリー「焦らしゅのも…たいへんらよぉ…?」ハムハム

京太郎「(あぁぁ…ダメだ…)」

京太郎「(ネリーの手も舌も…気持ち良い…)」

京太郎「(ついさっき絶頂からようやく遠ざかったばっかりなのに…)」

京太郎「(また…俺イきそうになってる…)」

京太郎「(ローションでグチョグチョになった手で亀頭を撫で回されて…)」

京太郎「(裏筋を悪戯するように舐めたりアマガミされて…)」

京太郎「(気持ち良いのが…もう溜まってる…!)」

京太郎「(ダメだ…!)」

京太郎「(そんな風に気持ち良くなっちゃ…ダメなんだ…!)」

京太郎「(イきそうになればなるほど…後が辛くなる…!)」

京太郎「(ネリーの思う壺だって分かってるのに…!!)」

京太郎「(俺…俺…っ)」ビクン

ネリー「はーい…♪」パッ

京太郎「あ…あぁぁ…っ」

ネリー「そんな寂しそうな顔をしないで…♪」

ネリー「…お兄ちゃんだって分かってるんでしょ…?」

ネリー「…たった一言だよ…♪」

ネリー「たった一言…私とエッチしたいって言ってくれれば…?」

ネリー「私と生セックスするって言ってくれれば…それで良いんだから…♪」

ネリー「そうしたら…私、たっくさんイかせてあげるよ…?」

ネリー「今まで焦らしてた分、気が狂うまで気持ち良くしてあげる…?」

ネリー「…だから、言って…♪」

ネリー「私としたいって…?」

ネリー「エッチしたいって…そう言って…?」

京太郎「~~~っ!」

京太郎「し…し……」

ネリー「そうだよ…?もうちょっと…?」

京太郎「したく…ない…っ」

ネリー「…もぉ?お兄ちゃんの頑固者…?」

ネリー「まぁ良いよ…♪それならそれで…私も頑張るだけだから…?」チュル

京太郎「ひうぅぅう」

京太郎「あ…ああぁぁ…っ」

京太郎「(アレから…何分経った…?)」

京太郎「(分からない…)」

京太郎「(相変わらず俺の頭は泡まみれで目を開けられないし…)」

京太郎「(それに…俺はもうずっと耐え続けていて…)」

ネリー「…はい♪ここまでぇ?」

京太郎「う…ぐ…ぐ……うぅぅ…」

ネリー「今のはちょっと危なかったなぁ…♪」

ネリー「まさか自分で腰動かしながら…イこうとするなんて思ってなかったよ…?」

ネリー「そんなに私の手でイきたかったの…?」

ネリー「…でも、だーめ?」ピン

京太郎「ひぃいんっ」

ネリー「お兄ちゃんがイくのは…私のオマンコだって決まってるの…?」

ネリー「私が…そう決めたんだよ…♪」

ネリー「それに逆らうなんて許さない…?」

ネリー「絶対に絶対に…私としたいって言うまで射精させてあげないんだから…?」

ネリー「…でも、これで十三回目だよ…♪」

ネリー「もう…お兄ちゃんの理性はボロボロでしょ?」

ネリー「さっきなんてなりふり構わずイこうとしてたし…♪」

ネリー「本当はもうイきたくてイきたくて堪らないんでしょ…?」

京太郎「う…うぅうぅぅ…」ブル

ネリー「…意地張っても、何の良い事ないよ…♪」

ネリー「お兄ちゃんには勝ち目なんてないんだから…?」

ネリー「もう…負けちゃおう?」

ネリー「欲望に負けて…私と愛のあるエッチしよぉ…?」

ネリー「私…絶対に気持ち良いよ…♪」

ネリー「この真っ赤に腫れ上がったオチンチンをキュンキュン締め付けてぇ…?」

ネリー「さいっこうに気持ち良い種付けさせてあげられるんだよぉ…?」クリクリ

京太郎「い…ひぃ…っ」

京太郎「い、今…何…分…」

ネリー「え?」

京太郎「今、何分なんだ…?」

京太郎「もう…二十分経ったんじゃ…」

ネリー「んー…♪そうだねぇ…?」

ネリー「……………まだ五分かな?」

京太郎「そ、そんな馬鹿な…!」

ネリー「ふふ…♪でも、確かに五分だよ…♪」

ネリー「お兄ちゃんには確認なんて出来ないけど…お風呂場の時計はまだ五分しか経ってない…?」

ネリー「…この意味、分かるよね…?」

京太郎「(…じゃあ、何か)」

京太郎「(最初からネリーは時間をカウントするつもりなんてなくって…)」

京太郎「(時間制限なんて関係なく…俺の事を追い詰めるつもりだったって事か…?)」

京太郎「(じゃあ…俺が…)」

京太郎「(俺が今まで耐えてきた意味って一体…)」

ネリー「あは…♪じゃあ…そろそろトドメにいこっか…?」スッ

ネリー「おじゃましまーぁす…?」ストン

京太郎「うぁ…っ」

ネリー「えへへ…♪お兄ちゃん…分かる…?」

ネリー「今ね、お兄ちゃんの上に…ネリーのオマンコがあるんだよ…?」

ネリー「もうずっとずっと焦らされ続けて…ぇ♪」

ネリー「子宮の奥まで…もうキュンキュンで…アヘアヘ目前のオマンコ…ぉ?」

京太郎「おま…んこ…」ゴクッ

ネリー「そうだよ…♪」

ネリー「お兄ちゃん専用で…お兄ちゃんが欲しくて…?」

ネリー「もう限界だよーって泣いてる…寂しがり屋のオマンコなんだから…♪」

ネリー「それを…ほぉら…こうするとぉ…?」グチュ

京太郎「くううぅうっ!」

ネリー「んあぁぁ…っ♪」

ネリー「やだ…っ?これ私もすっごい…ぃっ♪」

ネリー「お兄ちゃんのオチンポにオマンコこするとすっごいクるううっ?」

ネリー「すご…いぃっ?」

ネリー「これオナニーと全然違うぅっ♪」

ネリー「オナニーよりもずっとずっと気持ち良くて…幸せで…っ♪」

ネリー「もう…これダメだよぉっ?」

ネリー「これ欲しいっ♪これ欲しいっ?お兄ちゃんが欲しいぃいっ?」

ネリー「エッチしたいよぉっ♪」

ネリー「ナマエッチぃっ?種付けセックスぅうっ??」

ネリー「このオチンポでイかされたいのっ♪」

ネリー「子宮の奥までメスにされたいのにぃっ♪」グリグリ

ネリー「お兄ちゃんが良いって言ってくれなきゃ…出来ないぃっ♪」

ネリー「もう子宮限界なのに…まだ我慢しなきゃいけないなんてやだあっ♪」

ネリー「早く…言ってよぉおっ?」

ネリー「オマンコ…もう分かってるでしょぉっ♪」

ネリー「素股しながらキュンキュンして…っ?」

ネリー「オチンポ欲しがりながら吸い付いてるのお兄ちゃんだって分かってる癖に…ぃいっ♪」

ネリー「これ以上、意地悪しないでえっ?」

ネリー「もう…私、限界だからぁっ♪」

ネリー「こ、このまま…イっちゃうぅっ?」

ネリー「素股でイかされちゃううっ♪♪」

ネリー「エッチしたいのにっ?オマンコハメハメ楽しみにしてるのにいっ♪♪」

ネリー「あ、アクメ…抑えられなくて…ええっ??」

ネリー「イくぅうっ♪もう本気でイっくぅうううっ♪♪」

ネリー「本気アクメしちゃああぁあああああっ??」プッシャア

ネリー「あ…あぁぁ…♪あぁあぁぁ…??」ブル

京太郎「(イ、イッてる・・・)」

京太郎「(ネリーが…俺のチンポの上で…)」

京太郎「(俺の上で何か暖かいもの漏らしながら…思いっきりイキ声あげてる…)」

京太郎「(なんて…エロい…)」

京太郎「(そして何より…)」

京太郎「(羨ましい…)」

京太郎「(俺も…我慢してるのに…)」

京太郎「(もう理性が限界だってのに…)」

京太郎「(こんな…こんな声見せられちゃ…)」

京太郎「(もう意味のない我慢なんて…出来ない…!)」

京太郎「(俺も…俺も…イきたい…!)」

京太郎「(ネリーみたいに…ネリーの中で…)」

京太郎「(射精して…種付けしたい…っ!)」グッ

ネリー「…私、イっちゃった…よぉ…♪」

ネリー「我慢しなきゃいけないのに…マジイキ…しちゃったぁ…♪♪」

ネリー「潮まで吹いて…一人でイッっちゃって…?」

ネリー「ごめんね♪お兄ちゃん…?」

ネリー「我慢出来ない妹で…ごめんぅ…♪」

ネリー「でも…でも…まだ耐えるならぁ…?」

ネリー「お兄ちゃんが我慢するって言うのならぁ…♪」

ネリー「私…いくらでも…一人でイくよ…ぉ?」

ネリー「寂しいけど…ぉ?」

ネリー「本当は一緒にイきたいけど…ぉ♪」

ネリー「でも…それじゃお兄ちゃんが手に入らない…からぁ…??」

ネリー「だから…何度でも…焦らしちゃう…よぉ♪」グチュ

ネリー「お兄ちゃんが良いって言ってくれるまで…ずっと素股で…ぇ♪」

京太郎「…っ」ガシ

ネリー「ふぇ…」

京太郎「…おぉおおっ」ズプゥウゥ

ネリー「お゛ほおぉおおぉおおおぉおお゛っ???」

京太郎「(挿入った…あぁあっ)」

京太郎「(ネリーの…オマンコ…っ!)」

京太郎「(キツキツで…ヌルヌルのマンコに…!)」

京太郎「(俺の先っぽが…グチュって…っ!!)」

京太郎「(気持ち…良い…)」

京太郎「(ネリーのマンコ…キツイくらい締め付けてきて…)」

京太郎「(これ…すぐにイける…!)」

京太郎「(絶対にすぐイくから…ぁ!)」

京太郎「ふ…ぅ…」グッ

ネリー「だぁ…めぇ…?」ガシ

京太郎「あ…あぁあぁっ」

ネリー「もう…♪お兄ちゃんったら…ホント、油断も隙もないんだから…ぁ?」

ネリー「ちょっと気を抜いた瞬間にオチンポ挿入れるなんて…卑怯過ぎるよ…ぉ♪♪」

ネリー「お陰で…私、イっちゃったぁ…??」

ネリー「オチンポにグチョマン広げられて…一瞬でアクメさせられたよぉ…♪♪」

京太郎「う…うぅぅぅ」ジタバタ

ネリー「あはぁ…♪暴れてもだーめ…?」

ネリー「ちゃんと言う事言わなきゃ…これ以上挿入させたげないよ…ぉ♪♪」

ネリー「んーん…?」

ネリー「寧ろ、今すぐ抜かなきゃいけないよね…♪♪」

ネリー「本番しないって約束なんだもん…?」

ネリー「オチンポ挿入れちゃ…約束違反になっちゃうよ…ぉ♪」

京太郎「うあ…あぁぁ…っ」

ネリー「それが嫌なら…分かるよねぇ…?」

ネリー「…言って…♪たった一言だけ…口にして…?」

ネリー「私とエッチしたいって…そう言ってよ…ぉ♪」

京太郎「(もう…無理だ…)」

京太郎「(理性とか…もう完全にぶっ飛んじゃってる…!)」

京太郎「(俺はもう…ネリーとエッチする事しか考えられない…!)」

京太郎「(ネリーのキツキツマンコでイかされる事しか考えてない…)」

京太郎「(ゴメン…ゴメン、皆…)」

京太郎「(俺…俺、もう…)」

京太郎「し…した…ぃ…」

ネリー「~っ?」ゾクゥ

ネリー「何を…?」

ネリー「何をしたいの…?」

京太郎「ネリーとエッチしたい!」

京太郎「思いっきり膣内射精して孕ませたい!」

京太郎「生セックスで一杯一杯気持ち良くなりたい!!」

京太郎「だ、だから…っ」

ネリー「…はい♪」

ネリー「良く出来まし…たぁぁああぁあああんっ??」

京太郎「うああぁあああっ」ビクン

京太郎「(い、一気に奥まで…っ!)」

京太郎「(ネリーの身体に…根本までえ…!!)」

京太郎「(これ…ヤバイ…ぃいっ!)」

京太郎「(先っぽだけの時よりもずっとずっと気持ち良くって…)」

京太郎「(あっちこっちからキュンキュンって締め付けられるのを…感じる…!)」

京太郎「(ネリーのグルグルでアツアツのロリマンコに包まれてるのが…ぁ)」

京太郎「(こ、こんなの…すぐ…すぐイく…!)」

京太郎「(まだ挿入しただけなのに…お、俺もう頭、真っ白になって…)」

京太郎「(チンポからすごいの来る…!)」

京太郎「(き…ちまう…ぅぅ!!)」

京太郎「(今までの分の精液がっ!絶頂が…!)」

京太郎「(一気にチンポの中を駆け上がっていって…えぇえっ!!)」

京太郎「ひぃっぐうぅううううっ」ビクン

ネリー「きゅぅうぅうううっ♪♪♪」プシャア

ネリー「あはぁ…♪すっご…おぉぉ…?」

ネリー「お兄ちゃんの射精…ぃ?勢い凄すぎる…よおぉぉ…♪♪」

ネリー「私…ま、またイっちゃった…あぁ…??」

ネリー「お兄ちゃんの精液…?子宮にぶっかけられてぇ…♪♪」

ネリー「ナマ射精の…メスハメされてぇえ…??」

ネリー「またマジイキして…お潮拭いちゃった…よぉ…♪♪」

京太郎「はー…はー…あぁぁ…」グリィ

ネリー「んひゅぅうっ♪♪」

ネリー「なのに…まだ続いてる…ぅうぅ♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんの射精…まだまだビュルビュルって射精てるのぉ…??」

ネリー「オチンポさんも金玉さんも…?一杯一杯頑張ってくれて…ぇ♪♪」

ネリー「ネリーの中をグリグリしながら…オチンポ汁出しまくりだよぉぉ…??」トローン

ネリー「しあわ…せぇえ…??」

ネリー「こんな…ぁ♪こんなに幸せなの…私、始めて…だよ…おぉ…??」

ネリー「お兄ちゃんに抱っこされるよりも幸せなもの…あるなんて…ぇ♪♪」

ネリー「想像もしてなかった…くらい…なのにぃ…♪♪♪」

ネリー「これ…ぇ?これ…現実…うぅぅっ??」

ネリー「頭の中、おかしくなっちゃいそうなほど現実なのぉっ♪♪♪」

ネリー「も…もう私…これ忘れられないぃ…♪♪」

ネリー「絶対に…サルに…?サルになっちゃうぅ…??」

ネリー「お兄ちゃんのオチンポの虜になって…毎日、これ欲しがっちゃうよぉ…♪♪」

ネリー「処女明け特有の…メスサル堕ちぃぃぃ…??」

ネリー「ナマ射精アクメすごすぎて…抗えないぃ…っ♪♪」

ネリー「私…私…もぉぉ…??」

ネリー「完全に…お兄ちゃんのメスに…なったよぉぉ…???」ウットリ

京太郎「う…く…うぅぅ…」

ネリー「あぁぁ…♪だめぇえ?」

ネリー「弱くなっちゃ…ダメだよぉおっ♪♪」

ネリー「もっと射精してぇっ??」

ネリー「オチンポ射精してええっ???」

ネリー「お兄ちゃんの精液頂戴ぃっ♪♪♪」

ネリー「孕んでなくてもお腹ぽっこりするまでえっ♪♪」

ネリー「子宮が妊娠確実な精液プールになるまでピュッピュしてええっ???」グッチュグチュ

京太郎「ま、待って…!い、今動かれたら…ぁあ」

ネリー「敏感なんでしょぉおっ♪」

ネリー「そんなの…私だって知ってるよぉおっ??」

ネリー「でも…それなら射精せるよね…っ???」

ネリー「お兄ちゃんの幸せザーメンぅうっ♪♪♪」

ネリー「またすぐ私の中でドピュドピュってくれるよねぇえっ♪♪♪」ズッチュゥウ

京太郎「(あぁあぁ…っ!)」

京太郎「(ネリーの中…キツイのに…!)」

京太郎「(まるで無理矢理、挿入してるようなキツマンなのに…!)」

京太郎「(そんな風に激しく動かれると…やばい…ぃ!)」

京太郎「(雅枝さんの熟練したマンコとは違って…力で搾り取られる…)」

京太郎「(まるで抵抗とか無理だって言うみたいに…)」

京太郎「(無理矢理…イったばかりのチンポを絶頂に近づけられていって…ぇ)」

ネリー「んっくぅううぅっ♪♪♪」

ネリー「オチンポジュポジュポするの凄いぃいっ??」

ネリー「射精も気持ち良いけど…私、こっちも好きいぃぃっ??」

ネリー「お兄ちゃんに…一杯愛して貰ってるぅうっ???」

ネリー「ラブラブセックスしてるの…アソコ一杯で分かるからぁ…っ♪♪」ジュルル

京太郎「うあぁああっ」

ネリー「もう…お兄ちゃん…ったらぁあっ♪♪」

ネリー「オチンポジュポジュポされるのぉ…♪そんなに良いんだぁ…??」

ネリー「私のオマンコハメハメされるの…??そんなに気に入ったぁぁ?」

ネリー「嬉しい…なぁ…♪♪」

ネリー「お兄ちゃんに…そんなにエロい顔されてぇ…??」

ネリー「子宮疼くくらいのエロ声あげられると…ぉっ♪♪」

ネリー「私も…ぉっ?とってもとっても…嬉しくなっちゃうぅ…??」

ネリー「嬉しすぎて…腰…がぁっ♪♪」ジュルルル

ネリー「もっともっと激しくなってぇっ??」スパン

京太郎「うひぃいいっ」

ネリー「お兄ちゃんの事をぉ…っ??」

ネリー「もっと愛して…ぇっ?搾ってぇえっ??弄んでぇえっ???」

ネリー「私の虜に…してあげたく…なっちゃうぅうう…♪♪♪」パンパンパン

ネリー「んあ゛あぁああぁあっ♪♪♪」

ネリー「これ…私もすっごいキちゃうう…??」

ネリー「身体全部使ったエロピストンだから…ぁ♪♪」

ネリー「子宮にゴチュンって来る度にイっちゃうぅうっ???」

ネリー「もぉ…♪もう何度イったか分かんないぃ…??」

ネリー「アクメしっぱなしで…?子宮トロントロンになってるよぉ…ぉ♪♪♪」

ネリー「思ってたよりも…ずっとずっとダメになってるぅう??」

ネリー「私のオマンコはもうお兄ちゃんの虜だよぉ…おっ♪♪♪」

ネリー「女殺しのオチンポに…完全敗北しちゃったからぁあっ??」

ネリー「だから…私、もうこれから離れられないぃいっ♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのオチンポ大好きなのぉっ??」

ネリー「ずっとずっとハメハメしてたいぃっ♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんとナマセックスしっぱなしが良いのぉっ??」

ネリー「このオチンポ手放すなんて…絶対にやなのぉおっ???」

京太郎「せ、せめてきゅうけ…休憩…っ!」

ネリー「ダメだよぉおっ♪♪」

ネリー「休憩なんかしたら…私狂っちゃうううぅ??」

ネリー「こんなに興奮した身体そのままなんて…ぇっ♪♪」

ネリー「私、絶対におかしくなって…っ??」

ネリー「お兄ちゃんの事犯しちゃう…うぅっ???」

ネリー「子宮にお兄ちゃんとの愛の証が生まれるまで…ぇ???」

ネリー「絶対に止まれなくなっちゃうよぉおっ♪♪♪」

京太郎「だ、だからって…こ、このまま…じゃあ…っ」

京太郎「気持ち良すぎて…俺が…つら…いぃ…っ」

ネリー「嘘つきぃいっ♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのオチンポ、ガチガチだよおぉっ??」

ネリー「射精した時から全然、萎えてないぃいっ♪♪♪」

ネリー「何時も通りの…ガチガチエロチンポなんだよぉっ♪♪」

ネリー「本当は…良いんでしょぉっ??」

ネリー「こうやって犯されるのが大好きなんでしょぉっ???」パンパンパンパン

京太郎「ち、違…ぁあっ」

ネリー「何を言っても説得力ないよぉっ♪♪」

ネリー「だって…お兄ちゃんもうイきそうなんだもん…??」

ネリー「カリ首ビックンしながら大きくなってえぇ…♪♪」

ネリー「メスの中で射精する準備始めてるの分かるんだもんっ♪♪♪」

京太郎「う…うぅぅ…」

ネリー「ほんっと…♪♪お兄ちゃんって救えないよね…ぇっ??」

ネリー「淫乱で、堪え性がなくて、その上…マゾだなんて…ぇ♪♪」

ネリー「そんなの…皆が知ったら幻滅じゃすまないよぉ…??」

ネリー「絶対に…肉便器にされちゃうぅうっ♪♪♪」

ネリー「愛なんてないただの搾精セックスばっかりされてぇ…??」

ネリー「飽きたらそのままポイされちゃうようなぁ???」

ネリー「そんな…ダメチンポなんだからぁあっ♪♪♪」

ネリー「絶対に結婚なんてして貰えないよぉっ??」

ネリー「だって、こんなマゾチンポ…?誰にとられるか分からないもん…っ??」

ネリー「誰にでもすぐ勃起しちゃって♪♪屈服しちゃってぇえっ??」

ネリー「気持ち良い幸せザーメンをぉっ♪♪」

ネリー「他のメスにもあげちゃう浮気症チンポだって丸わかりなんだからぁ…???」

ネリー「こんなの…好きになったら辛いだけぇ…♪♪」

ネリー「尻軽マゾチンポなんて…誰も見向きしないよぉ…っ???」グチュゥウ

京太郎「うあ…あぁああっ」

ネリー「…で、もぉ…??」チュゥ

ネリー「…私は違うよ…♪♪」

ネリー「私だけはお兄ちゃんの事愛してあげる…???」

ネリー「お兄ちゃんの本当の姿を知っても…?かわらず好きでいてあげるぅ…??」

ネリー「だから…このまま射精してぇ…♪♪♪」チュゥ

ネリー「今…お兄ちゃんのオチンポと熱烈キスしてる子宮にぃ…??」

ネリー「お兄ちゃんの愛を…思いっきり注いでぇ…???」キュゥゥゥン

京太郎「っくぅううぅううっ」ビュルルルルル

ネリー「ん゛あぁあぁああぁあああっ♪♪♪」

ネリー「やっぱりコレ…すっごいぃいいっ??」

ネリー「ゼロ距離射精ぃいっ???」

ネリー「逃げ場のない…ナマ射精ぃいっ♪♪♪」

ネリー「子宮から…イかされれるのがハッキリ分かる…うぅうっ??」

ネリー「射精の度に…私、メスイキしてえっ♪♪♪」

ネリー「堪らないいいっ??」

ネリー「これ…ホント、気持ち良すぎるよおぉおっ♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのラブラブ射精…?ホント最高ぉおおぉっ???」グリングリン

京太郎「ネリー…こ、腰…ぃいっ」

ネリー「うんぅっ♪動かしてあげるううっ??」

ネリー「お兄ちゃんが気持ちよく射精出来るように…グリングリンってえっ♪♪♪」

ネリー「先っぽだけは子宮と密着しながら腰グラインドさせてぇ…??」

ネリー「幸せザーメンいっぱいいぃぃっぱい貰っちゃうから…ねぇ…???」

京太郎「あ…うぁああぁ…」フル

ネリー「んふぅ…うぅ♪♪♪」

ネリー「二回目の射精も…♪♪とっても凄かったよぉ…???」

ネリー「もうお腹全部、アクメしちゃうくらい幸せだったぁ…♪♪」

京太郎「じゃあ…も、もう…」

ネリー「終わりになんてしないよ…??」

京太郎「い、いや、でも…」

ネリー「確かに幸せだったけどぉ…??」

ネリー「でも、私、まだまだ満足出来てないもん…♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんの精液…?もっともっと欲しい…ぃっ♪♪」

ネリー「それに…ぃいっ♪♪♪」キュ

京太郎「ふぁあっ」ビククン

ネリー「もうギブアップみたいな事言いながら…オチンポはまだまだやる気十分だよ…??」

ネリー「ザーメンオネダリしてる子宮に吸い付かれながらピクンピクンってしてるし…♪♪」

ネリー「まだ幸せザーメン隠してるの・・分かってるんだよぉ…???」ペロ

ネリー「……でも、ずっと腰フリっぱなしって言うのも芸がないよねぇ…♪♪」

ネリー「マゾのお兄ちゃんとしても…新しい刺激が欲しいだろうし…??」レロォ

京太郎「ナ、何をするつもりなんだ…?」

ネリー「んふ…♪大丈夫…?」

ネリー「最初はちょっと痛いかもしれないけど…?すぐ慣れるから…??」

ネリー「とぉっても気持ちよくなれるらしいし…期待してね…♪♪」

京太郎「ま、まさか…」

ネリー「えい…っ??」ツプ

京太郎「ふぉおおっ」ビックン

京太郎「(こ、肛門から何か細長いものが入って…来る…)」

京太郎「(これ…もしかして…いや、もしかしなくても…)」

京太郎「(ネリーの指が…お、俺の中に入ってきて…)」

京太郎「(異物感が…ハンパじゃない…)」

京太郎「(みぞおちの辺りまで拒否反応でグルグルするみたいだ…)」

ネリー「あは…♪お兄ちゃんのお尻…ぃ??」

ネリー「私の指を痛いくらい締め付けてきてる…ぅ♪♪」

ネリー「そんなにキュッキュって締めたら…お兄ちゃんが辛いだけだよぉ…??」

京太郎「んな事言われても…っ」

京太郎「つか…指…抜いて…っ」

ネリー「んふふ…♪♪やーだ…?」

ネリー「私、次はこっちでお兄ちゃんをイかせるって決めたんだから…♪♪」

京太郎「き、気持ち悪いだけだから…!」

ネリー「今はそうでも…後は違うよ…ぉ♪♪」

ネリー「ちゃんとこっちのやり方も勉強してきたから…ぁ??」グチュゥ

京太郎「お…おぉおっ」

ネリー「ふふ…♪オマンコで犯されるのとはまたちょっと違う声…??」

ネリー「でも…私、その声も好きだよ…♪♪」

ネリー「とっても無様で…ゾクゾクしちゃうぅ…??」

ネリー「私、あんまりSのつもりなかったんだけどなぁ…??」

ネリー「お兄ちゃんの所為で…イケナイ性癖に目覚めちゃってくよ…ぉ???」

ネリー「その責任はちゃんとお兄ちゃんの身体でとってもらわなきゃ…ね…♪♪」コリ

京太郎「んああっ」ビク

京太郎「(い、今のなんだ…)」

京太郎「(ネリーの指が触れた瞬間、快感よりもずっと強い電気がチンポに走って…)」

京太郎「(こ、これが…もしかして前立腺の刺激って奴なのか…?)」

京太郎「(で、でも、ただ強いって感じで、気持ち良いって訳ではなかったんだけれど…)」

ネリー「ふふ♪みーつけたぁ…??」

ネリー「ここが…お兄ちゃんのウィークスポットなんだね…♪♪」

ネリー「お兄ちゃんの前立腺…ぅ???」

ネリー「オチンポをダメにしちゃうスイッチ…見つけちゃったぁ…♪♪♪」スリスリ

京太郎「は…あぁぁ…っ」

京太郎「(な、なのに、どうしてだ…?)」

京太郎「(ネリーの指が動く度に…俺のチンポがビクンって反応して…)」

京太郎「(そこを擦られる度に声が出てしまう…)」

京太郎「(それに…少しずつ刺激に慣れてきたのか…)」

京太郎「(突き刺さるようなビリビリ感が…快感のように思えてきて…)」

ネリー「やっぱりお兄ちゃんの声は…感じてる声の方が良いよね…??」

ネリー「無様な声もクるけれど…ソレ以上に子宮と胸がキュンってしちゃうの…???」

ネリー「まぁ…どっちでも滅茶苦茶にしてあげたくなるから…ぁ??」

ネリー「結果は変わらないんだけどね…♪♪♪」

京太郎「お、俺は別に感じてなんかいないひぃいっ」

ネリー「ふふ…♪嘘ばっかりぃ…??」

ネリー「さっきから声がドンドン色っぽくなってるし…ぃ♪♪」

ネリー「それに…オチンポ駄々漏れだよぉ…??」

ネリー「私の指が前立腺スリスリする度に…ぃ♪♪♪」

ネリー「精液混じりのあまーいカウパーとろとろさせてるぅ…??」

京太郎「そ、それはただの生理的な反応で…っ」

ネリー「じゃあ…試してみる…?」

京太郎「た、試すって何を…?」

ネリー「ふふ…♪えいっ??」グイ

京太郎「うあぁあああああっ」ビックン

ネリー「んあぁああっ♪♪」

ネリー「すっごぉおっ♪♪♪」

ネリー「前立腺押し込んだ瞬間、腰がビックンって跳ねたよぉ…っ??」

ネリー「私の身体…浮いちゃったぁ…♪♪」

ネリー「オチンポが子宮の中に入っちゃいそうなくらい…ズシンって来たよぉっ♪♪♪」スリスリ

京太郎「ひぃ…いぃいいっ」

ネリー「あっは…♪今のでもう目覚めちゃったかなぁ…??」

ネリー「さっきよりもさらに輪をかけて反応すごくなってるぅ…っ???」

ネリー「お兄ちゃんの腰がクイクイってエッチな動きしちゃってるよぉ…♪♪♪」

ネリー「これ…絶対、誘ってるよねぇ??」

ネリー「メスを誘って…ぇ♪♪射精させてくださーいって言ってるんだよねぇ…っ??」

ネリー「もう身体が負けちゃいましたーって…♪♪白旗あげてる無様な腰振りダンスなんだよねぇ…???」

ネリー「でーも…ぉ♪まだオチンポはお預けぇっ…♪♪」スリスリ

京太郎「ふぉおぉおおっ」

ネリー「お兄ちゃんが認めるまで…ずぅっとこのままだよぉ…♪♪」

ネリー「自分は前立腺責めで…ううん…??」

ネリー「ケツマンコで感じちゃう変態だって認めるまではぁ…???」

ネリー「オチンポはずぅぅぅっと私の子宮とチューしたままぁ…♪♪♪」ガシ

ネリー「ピストンなんてさせてあげないし…抜く事なんてもっての他…??」

ネリー「それが嫌なら…ちゃぁんと自己申告しないと…ダメだよ…ぉ♪♪」

京太郎「か、感じてなんか…ない…!」

京太郎「誰が、アナルでなんか感じるもんか…!」

ネリー「うんうん…??」

ネリー「お兄ちゃんはそう言ってくれるって信じてたよ…♪♪♪」

ネリー「…だから、認めるまで…前立腺でイかせてあげるね…??」

ネリー「ケツマンコ負けちゃったエロダンスをどれだけ踊っても…ぉ♪♪」

ネリー「お兄ちゃんが認めるまでは…前立腺でアヘらせ続けちゃうからぁ…???」ヌッポヌッポ

京太郎「お…お゛ぉおっ」

ネリー「お兄ちゃん…さっきと声の感じがちがうよぉ…♪♪」

ネリー「挿入れた時と違って…色っぽいエロ声になっちゃってるじゃない…??」

ネリー「そんなにケツマンコジュポジュポしながら前立腺押されるのが良いの…?」

ネリー「前立腺からオチンポにビクビク来て…?」

ネリー「アナルがケツマンコに…なっちゃってるのかなぁ…???」グリン

京太郎「ひぐぅうううぅううっ」

ネリー「あっはぁっ♪♪すっごい反応…っ??」

ネリー「今、カウパーが射精みたいにビュルゥって来たよぉ…♪♪♪」

ネリー「何時ものトロォって感じじゃなくてすっごい勢いだったぁ…???」

ネリー「アレって…もしかして男の潮吹き…なのかなぁ…♪♪」

ネリー「ふふ…??オマンコに挿入っぱなしじゃそれも分からないや…???」

ネリー「また今度…それも見せてね…♪♪」

ネリー「今はそれよりもぉ…???」クリンクリン

京太郎「うあぁっ…あ…ふ…うぅぅうっ」

ネリー「んふ…♪分かるよ…??」

ネリー「お兄ちゃんのお尻、どんどん弱くなってる…♪♪」

ネリー「もう私がジュポジュポするのにも殆ど抵抗なくなってるよ…??」

ネリー「前立腺責め始めてから…まだ数分も経ってないのに…ぃ♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのお尻はもうアヘアヘになっちゃってるじゃない…???」

京太郎「(違うって…そう言いたい…)」

京太郎「(肛門で感じるほど変態じゃないって言いたい…)」

京太郎「(でも…もう無理なんだ…)」

京太郎「(ネリーの手が…俺の前立腺をこする度に…)」

京太郎「(射精寸前のような気持ち良さが…チンポに伝わってくる…)」

京太郎「(しかも、それは…射精とは違ってずっと続いて…)」

京太郎「(もう…気持ち悪さとか殆どない)」

京太郎「(最初はただの刺激だったそれは…もう完全に快楽になってしまって…)」

京太郎「(声もチンポも…もう抑えられない…)」

京太郎「(このままじゃ…本当にイかされる…!)」

京太郎「(ネリーにアナルでイかされて…)」

京太郎「(本当に取り返しのつかないところにまで…調教されて…しまう…)」

京太郎「わ、分かった…」

京太郎「み、認める…!認めるから…!」

ネリー「…ふふ?何を…?」

京太郎「お、俺は…感じてる…」

京太郎「肛門で…確かに感じている…」

ネリー「…それだけ?」

京太郎「…あう……く…」

京太郎「へ、変態……だ」カァァァ

京太郎「確かに…俺は変態……なのかもしれない…」

ネリー「…それじゃあ…まだだーめっ♪♪」グリ

京太郎「うひぃいいっ」

京太郎「へ、変態だ!俺はアナルで…ケツマンコで感じる変態で…っ!!」

ネリー「…変態だ?」

京太郎「変態です…っ!」

ネリー「あはぁああ…???」ウットリ

ネリー「…じゃあ、そんな変態なお兄ちゃんは…誰のモノ…?」

京太郎「ね、ネリーです…」

ネリー「そうだよ…??お兄ちゃんはネリーのモノなの…♪♪♪」

ネリー「だから、ちゃんとした言葉遣いを…しなきゃダメだよね…ぇ??」クリクリ

京太郎「ね…リー…様…っ」

ネリー「うんうん…?良く出来ましたぁ…♪♪」

ネリー「じゃーぁ…ご褒美に…ぃ??」スッ

ネリー「……えいぃっ♪♪♪」ジュポジュポジュポ

京太郎「お゛ほぉおおぉおおっ」

ネリー「やだもぉ…♪♪」

ネリー「お兄ちゃんってば…もうココ本当にとろとろぉ…??」

ネリー「ケツマンコって認めて…もう身体も完全に堕ちちゃったのかなぁ…???」

ネリー「前立腺だけじゃなくて肛門で指が動く度にカウパーとエロ声出ちゃってるよぉ…♪♪♪」クスクス

京太郎「な、なん…でええっ」

京太郎「俺、言ったああっ!」

京太郎「ちゃんと言ったのにいいっ」

ネリー「えー…♪♪でも、私、言ったら止めるなんて言ってないよぉ…??」

ネリー「ただ、それまでオマンコの方はお預けって…そう言っただけだもん…ねっ♪♪♪」グチュゥ

京太郎「ん゛ああぁあああぁああっ」

ネリー「は…あぁあっ♪♪♪」

ネリー「やっぱり…お尻を虐めてあげるのも良いけどぉ…っ??」

ネリー「こっちのほうが…私は好み…かなぁ…っ♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのデカマゾチンポでオマンコグリグリグチョグチョするのぉっ♪♪」

ネリー「これが…やっぱりいちばん、子宮にクるぅうっ???」

ネリー「やっぱり、ナマセックスが一番だよぉおっ♪♪♪」

ネリー「も…ちろん…ぅうっ♪♪」グリィ

京太郎「い゛ううぅううぅううっ」

ネリー「オマンコだけじゃ…ないよぉ…??」

ネリー「ちゃんと言えたご褒美に…ぃ♪♪」

ネリー「お兄ちゃんのケツマンコもいぃっぱい可愛がってあげるぅ…う??」

ネリー「お兄ちゃんも…そっちの方が嬉しい…でしょぉっ♪♪」

ネリー「イキマンコでマゾチンポしごいて貰えてぇっ??」

ネリー「開発されたケツマンコもグチュグチュして貰えてぇっ♪♪♪」

ネリー「それで壊れるくらいイっちゃうのが…良いんだよねぇ…っ???」

京太郎「あ゛おぉおっふお゛ぉおおっ」

ネリー「あはぁ…っ♪♪もう何言ってるか全然、わっかんなーい…??」

ネリー「…まぁ、どっちにしても…私、壊しちゃうつもりだった…けどねぇ…♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんもマゾだから…そっちの方が嬉しいと思うし…ぃ??」

ネリー「それに何より…そうすれば…他の女なんて目に入らなく…なるでしょぉ…???」

ネリー「好きだよぉ…?お兄ちゃん…っ??」

ネリー「本当に…本当に心から愛してるぅううぅっ???」

ネリー「例え、ケツマンコでアヘる変態マゾでも…♪♪」

ネリー「私、お兄ちゃんの事、大好きだよぉっ???」

ネリー「私だけが…お兄ちゃんの事を愛してるんだよぉおっ???」

ネリー「だから…このままイってぇっ♪♪♪」

ネリー「ケツマンコと…マゾチンポでぇっ??」

ネリー「私の中で…ダメになってぇっ???」

ネリー「もう元に戻れないくらい壊れてえええっ???」

ネリー「私、一生大事にするからあっ??」

ネリー「壊れちゃったお兄ちゃんの事、絶対に幸せにするからぁっ???」

ネリー「だから…このまま射精…してよぉおっ♪♪♪」

ネリー「私の子宮にぃっ??お兄ちゃんの赤ちゃん用の子袋にぃっ♪♪♪」

ネリー「特濃ザーメンぅっ??幸せ汁ぅうっ♪♪♪」

ネリー「理性と一緒に全部全部…ぅっ??吐き出していってえええええっ???」

京太郎「(イきたくない…っ)」

京太郎「(こんなイかされ方なんてしたくないいいっ)」

京太郎「(これがいやだから…あんな屈辱的なセリフまで口にしたのに…っ)」

京太郎「(イかされるなんて絶対に…嫌だあああっ)」

京太郎「(でも…お、俺の身体…もうダメになって…)」

京太郎「(ネリーに犯されながら…アナル出し入れされるの気持よくって…)」

京太郎「(いやなのに…!)」

京太郎「(こんなの…考えうる限り最悪のイき方なのに…っ)」

京太郎「(たえられ…ないぃ…)」

京太郎「(また…イくう…っ!)」

京太郎「(ネリーに…イかされる…!)」

京太郎「(いやだなんて気持ちごと吸い尽くすような腰使いに…っ)」ブルル

京太郎「(も…おぉぉお…)」ドプウウゥゥウウウ

ネリー「あ…っ??あ゛ひぃいぃいぃいいぃいいいっ♪♪♪」

京太郎「(なん…だよ、コレ…)」

京太郎「(さっきまでよりも…射精の勢い強くて…)」

京太郎「(本気で何もかも搾り取られるような…絶頂…にぃい…)」

京太郎「(やば…い…)」

京太郎「(これ頭が真っ白に…染まって…)」

京太郎「(本気で…おかしく…なるぅう…)」

京太郎「(ネリーに犯される気持ち良さ…完全に覚えて…)」

京太郎「(ネリーに逆らえなく…なって…しまう…)」

京太郎「(いや…だ…)」

京太郎「(奴隷になんて…なりたくない…)」

京太郎「(こんな形で…俺の人生…決まって欲しくない…のに…)」

京太郎「(もう……俺、心の奥が…ドロドロになって…)」

京太郎「(ネリーに…勝てないってそう…思…って……)」ビクンビクン

ネリー「ん…ふあぁあぁ…♪♪♪」

京太郎「あ…うあ…あぁぁああぁ…」ピクンピクン

ネリー「ふふ…?さっきのよっぽど凄かったんだぁ…??」

ネリー「お兄ちゃん…涙まで漏らしちゃってるよぉ…♪♪」

ネリー「その上、白目向いて、唇も半開きでぇ…??」

ネリー「もう完全にレイプされた後って顔だよぉ…???」

ネリー「顔面崩壊…ぃ♪♪」

ネリー「そんな顔流出しちゃったら…もう生きてけないよ…??」

ネリー「どんなところに行っても…必ずうわさがつきまとっちゃう…???」

ネリー「レイプされてアヘ顔晒す淫乱だってそう決めつけられちゃうよぉ…♪♪♪」

京太郎「あ…゛お…おぉぉ…」

ネリー「…あは…♪もう完全にトんじゃってるんだぁ…??」

ネリー「マゾのお兄ちゃんには…ちょっと刺激が強かったのかなぁ…???」

ネリー「…でも、これだけヤれば…きっと私の勝ちだよね…♪♪♪」

ネリー「お兄ちゃんの初体験より…私の方がずっとずっと良かったでしょぉ…???」

ネリー「……それとも」

ネリー「それとも…あっちの方が良かった?」

ネリー「お兄ちゃんの初めての方が…特別だった?」

京太郎「う……うひ…いぃ…」

ネリー「……初めての人にもそんな顔見せたの?」

ネリー「もうアヘアヘになってわけわかんなくなってるイキ顔…」

ネリー「…それって私だけのモノじゃない?」

ネリー「…他の女にも…見せちゃうモノなの…?」ギュゥ

ネリー「…………いやだよ」

ネリー「私…そんなのいや…」

ネリー「お兄ちゃんがそんな顔してるところ…他の女に見せたくない…」

ネリー「こんなにエロくてダメなお兄ちゃんを…独り占めしたい…」

ネリー「他の女にそんなところ見せてるお兄ちゃんなんて……私…私…っ」ギュゥ

ネリー「……ごめんね、お兄ちゃん」

ネリー「私…やっぱりダメみたい」

ネリー「お兄ちゃんの事好き過ぎて…やっぱり我慢出来ないの」

ネリー「他の女のところになんて戻したくない…」

ネリー「他の女のところに行ったお兄ちゃんを…信じる事が出来ない」

ネリー「だって…処女の私でも…こんなにアヘアヘにできちゃうんだよ?」

ネリー「こんなにエッチな身体…調教されたら絶対に寝取られちゃう…」

ネリー「それを防ぐためには…お兄ちゃんを手元に置いておくしかない」

ネリー「……勿論、そんなのお兄ちゃんも望んでないよね」

ネリー「今日の朝、言われた事…私忘れてないよ」

ネリー「…でも、それでも私は…」

ネリー「…お兄ちゃんの事が欲しい」

ネリー「監禁しても…何をしてでも良い…」

ネリー「こうして身体を合わせて…余計にそう思ったから…」

ネリー「だから…」

京太郎「う…うぅぅ…」

京太郎「……アレ?ここは…」

ネリー「…お兄ちゃん、おはよう」

京太郎「ネリー…?…ってあれ?」チャラ

京太郎「(こ、これ…手錠!?)」

京太郎「お、おい、ネリー…これは…」

ネリー「……ごめんね」

ネリー「私…やっぱりダメだったよ」

ネリー「お兄ちゃんとエッチしたら落ち着くかと思ったけど…」

ネリー「余計にお兄ちゃんの事好きになって…おかしくなっちゃった…」

ネリー「朝、あんなに嬉しい事言われたのも忘れて…こんな事しちゃって…」

ネリー「本当に…ごめんね」シュン

京太郎「……ぅ」

ネリー「…でも、その分、私、お兄ちゃんの事幸せにする」

ネリー「エッチの時に言った言葉は…全部、嘘じゃないよ」

ネリー「私の人生を掛けて…お兄ちゃんに必要以上の不自由はさせないから」

京太郎「…って言っても、お前…どうするんだよ」

京太郎「このままずっとラブホの中で生活って訳にもいかないだろ」

京太郎「俺だって何時までも帰らなきゃ…捜索届けだって出される」

京太郎「何時か必ず見つかる事になるんだぞ」

ネリー「それなら」

ネリー「…それなら私、それまでで良い」

ネリー「その僅かな時間でも…私はお兄ちゃんの事独占したい…」

ネリー「あんな危険な女達のいるところにお兄ちゃんを返したくないよ…」ギュゥ

京太郎「……ネリー」

京太郎「……分かった」

ネリー「え?」

京太郎「…監禁でも何でも好きにしろよ」

京太郎「俺はネリーの好きなようにやらせてやるから」

ネリー「…………お兄ちゃん?」

京太郎「…朝も言ったけどさ」

京太郎「これでも結構、責任を感じてるんだぜ」

京太郎「ネリーがおかしくなったのは…俺の所為だってさ」

京太郎「だから…そんなお前が、そこまで俺の事を求めてくれるのなら」

京太郎「俺も…それに応える」

京太郎「お前のそのおかしくなりそうな気持ちを全部、受け止めてやるよ」

ネリー「………っ」グス

ネリー「お兄ちゃんっ」ダキッ

京太郎「って…飛びつくなって」

京太郎「今、完全に大の字状態でベッドに縛られてるから受け身も何もとれないんだぞ」

ネリー「ごめん。でも…私、嬉しい…っ」ギュゥゥ

京太郎「…………まぁ、そう簡単に堕ちると思うなよ」

京太郎「俺はネリーとエッチする事になったけど…別に安い男って訳じゃないんだからな」

京太郎「ネリーの事はその…まぁ、友達って訳じゃないけれど」

京太郎「でも、まだ好きになった訳じゃないし」

ネリー「…それでも良いよっ」スリスリ

ネリー「私…絶対にお兄ちゃんの事、好きにさせてみせるから…」

ネリー「心も身体も…私がいなきゃダメなくらいに…」

ネリー「私と同じように…してあげるから…!」

京太郎「ネリーと同じかぁ…」

ネリー「いや?」

京太郎「…どっちかってーと怖い…かな」

ネリー「…大丈夫だよ」

ネリー「お兄ちゃんは一人じゃないから」

ネリー「お兄ちゃんがそうしてくれたように…私がお兄ちゃんの事受け止めてあげる」

ネリー「お兄ちゃんの壊れそうな気持ちも欲情も…」

ネリー「全部全部…私が独り占めするから…っ!」ギュー









京太郎「(…それから俺は数日、ラブホで監禁生活を送った訳だけれど)」

京太郎「(少ししてから以前、監禁された部屋に戻った)」

京太郎「(まぁ、流石にあのままラブホの一部屋専有し続けるのはコストパフォーマンスが悪いしな)」

京太郎「(俺が監禁されてる間にプレイ用のとはまた別の手錠を仕入れたとかで、ラブホにこだわる理由もなくなったし)」

京太郎「(俺としてもアナルパールやローションその他で色々と開発される事がなくなったのは有り難いのだけれど)」

京太郎「(その監禁部屋での生活もそれほど長くは続かなかった)」

京太郎「(インハイで思いっきり無双して、全世界にその実力を知らしめたネリーが…)」

京太郎「(そのまま自分の故国へ帰るとそう言い出したからだ)」

京太郎「(一応、雑誌では日本じゃなくても麻雀は出来ると気づいたって…そんならしい事言っていたけれど)」

京太郎「(実際は、俺の家族や友人たちから俺を引き離す為なんだと知っているのは、きっと俺しかいないだろう)」

京太郎「(まぁ…そんなネリーの気持ちを受け止めるといった以上、俺が逆らえるはずもなく)」

京太郎「(俺は密入国のような形でネリーの故郷へとやってきた訳だけれど…)」

「おにーちゃん、遊んでー!」

京太郎「今、掃除中だから大人しくしてろって」

「やだー!」ダキッ

「私も私もーっ」ダキッ

京太郎「だー…っ!くっそ…!」

京太郎「掃除の邪魔だからはーなーれーろー」ブンブン

「キャー!」

「お兄ちゃんたくましーっ」

京太郎「おのれ…元気が有り余ってるちみっこどもめ…!!」

京太郎「(…今の俺はこうしてネリーがいた孤児院を手伝ってる)」

京太郎「(故郷に来てネリーも落ち着いたのか、俺が外に出るのを許してくれたけれど…)」

京太郎「(でも、完全に密入国で就労ビザもない俺が、マトモな場所で働けるはずもなく)」

京太郎「(こうしてガキどもの面倒を見るのが日課になっていた)」

ネリー「こーら、お兄ちゃんから離れなさーい!」

「あ、お姉ちゃんだー!」

「おかえりー。もう帰って来たの?」

ネリー「当然でしょ。世界戦なんて今の私にかかればチョチョイのチョイよ」

ネリー「バッチリ優勝して賞金持ち帰ってきたからね」

「じゃあ、お菓子はー?」

「お菓子お菓子ー!」

ネリー「ほーれ、お菓子あげるからお兄ちゃんから離れなさい」ポイッ

ワーワーキャーキャー

京太郎「よう。おかえり」

ネリー「…おにいちゃーんっ?」ダキッ

京太郎「うぉ!?」

ネリー「はむ…?ちゅるぅ…♪」ムッチュウ

ネリー「れろ…ぉ♪ん…ふぁぁあ…??」レロレロ

京太郎「~~~~~っ!?」

京太郎「~~~!」タップタップ

ネリー「ふぅん…♪」チュル

京太郎「~~~!!」フルフル

ネリー「ん…ちゅぅぅ…?」ギュゥゥ

京太郎「~~!!!」グイグイ

ネリー「ちゅぷ…♪ふぁむぅぅ…?」

京太郎「~~~っ!!!」グググググ

ネリー「ん…っくぅぅ♪♪♪」

京太郎「…………」アキラメタ

ネリー「~~~っ??」キュゥゥン

ネリー「ちゅぅ…♪ちゅるるぅぅう?」

ネリー「あむ…っ♪ぬろぉぉっ♪♪」

ネリー「ぺろ…っ?く…ふぅぅぅう??」ウットリ

ネリー「ぷあぁ…?」

京太郎「はー…はー…」

ネリー「…お兄ちゃん、ただいまっ?」ニッコリ

京太郎「何故、ただいまの前にディープキスをしたんだ…!」

ネリー「だって、お兄ちゃんと離れていた間、寂しかったし…」

ネリー「それに…浮気してなかったかどうかの確認も兼ねて…ね♪」

京太郎「…浮気なんて出来るはずないだろ」

京太郎「つーか、ガキが見てるってのに激しすぎるわ」

ネリー「じゃあ、見てなかったら良いの?」スッ

京太郎「…あ、いや、それは…」カァァ

「……」ニヤニヤ

「……」ニヨニヨ

京太郎「ば、馬鹿!見てるんじゃねぇよ!!」

京太郎「つ、つーか、ネリーもそんなところ撫でるなって!!」

京太郎「ここ外だから!!」

ネリー「…でも、たまには外って言うのも興奮するよね…?」ペロ

京太郎「な、何言ってるんだよ…!?」

ネリー「…ほーら、そこのガキどもー」

ネリー「お菓子あげるから、この辺に他の子来ないように言っといて」ポーイ

京太郎「はい!?」

「りょうかーい」

「どれくらいって言っとけば良い?」

ネリー「んー…そうだねぇ…」

ネリー「…久しぶりだし、たっぷり三時間は楽しもっか♪」ペロ

京太郎「いやいやいやいやいや!?」

「あいよー」

「お菓子分はちゃんと働くから安心してね!」

京太郎「お前らもちょっと物分かり良すぎじゃないかなぁ!?」

ネリー「…はい♪これで邪魔者はいなくなったよ…?」

京太郎「いや、邪魔者ってさ」

京太郎「一応、お前の妹達だろ」

ネリー「恋の前には妹といえども容赦しちゃいけないんだよっ♪」

京太郎「恋って言うか肉欲な気がするけどなぁ…」

ネリー「あー…そんな事言っちゃうんだぁ…♪」クス

京太郎「…ぅ」

ネリー「…私が世界戦に行く前はあぁんなに激しく愛してあげたのに…?」チュ

ネリー「お兄ちゃんもさ…♪あんあん鳴いて、射精してたじゃない…♪」

京太郎「そ、それは…」

ネリー「それに…何より…ぃ?」スッ

京太郎「っ」

ネリー「…この貞操帯、お兄ちゃんも外して欲しいでしょ…?」

ネリー「私が世界戦に出ている間…一回も射精できてなかった訳だし…♪」

ネリー「この中にたぁあっぷり詰まった精液を…私にぶちまけたくて堪らないんでしょぉ…??」

京太郎「はぁ…はぁ…」

ネリー「お兄ちゃんってば…ホント、淫乱だもんね…♪」

ネリー「一日に何十回も射精しても…まだ萎えないし…?」

ネリー「昔は三回でダウンしてたのに…今は三回は搾ってあげないと夢精しちゃうんだから…♪♪」ナデナデ

京太郎「ね、ネリー…」

ネリー「…違うでしょ、お兄ちゃん…?」

ネリー「…エッチする時はネリー様…??」

ネリー「ホント、何度言えば、覚えるのかなぁ…♪♪」

ネリー「そんなもの分かりの悪いお兄ちゃんには…ぁ?」カチャカチャ ズル

京太郎「う…」

ネリー「私のオマンコよりも前に…ぃ♪」カチャカチャ カチャン

ネリー「まずは…アナルでイかせてあげるから…?」

ネリー「覚悟してよ…ね…っ??」ズボ

京太郎「あひぃいいぃいいっ」

カンッ