京太郎「(…本当にネリーには助かった)」

京太郎「(今日は…いや、昨日はちょっと色々とありすぎたからな)」

京太郎「(ネリーに会えた瞬間、感極まって抱きついてしまうほど追いつめられてしまってた)」

京太郎「(正直、それだけで通報されてもおかしくはないレベルだったんだけど…)」

京太郎「(でも、ネリーはそれを許すどころか慰めてくれて…)」

京太郎「(その上、本当にコーヒーまで奢ってくれた)」

京太郎「(お陰で俺の精神力は大分、回復したし…)」

京太郎「(お陰でこれから先、部長達に叱られても何とか耐えられそうだ)」

京太郎「(……まぁ、それでも正直、帰りたいとはいえないけどさ)」

京太郎「(一応、はやりんに指導してもらう事は伝えていたけれど…)」

京太郎「(まさか完全に朝帰りになるとは皆も思ってなかっただろうし)」

京太郎「(実際、LINEには山程メッセージが来てるしなぁ…)」

京太郎「(多分、皆にはかなり心配をさせてるんだろう)」

京太郎「(…まぁ、こればっかりは本当の事言えないし…)」

京太郎「(ただ謝りつづけるしか…)」










はやり「京太郎君?」

京太郎「っ!?」ゾクッ










はやり「……やっぱりここに帰って来てたんだ」

京太郎「は、はやり…ん…?」アトズサリ

はやり「…探したんだよ?」

はやり「夜中…なんだか寂しくなって起きたら…いつの間にか京太郎くんがいなくなってたから…」

はやり「もうね…ずっとずっと…気が狂いそうな気持ちで…探してたんだ」スタスタ

京太郎「あ、あの…」

京太郎「(…パジャマ姿のはやりんマジ可愛い…とか言ってる余裕すらない)」

京太郎「(はやりんの顔…昨日よりもやばくなってる…)」

京太郎「(目はギラギラと俺だけを映してるのに…)」

京太郎「(髪もボサボサで…本当に気が狂う一歩手前って感じだ…)」ゴクッ

はやり「どうして逃げたの…なんて言わないよ」

はやり「悪いのは私だってわかってるから」

はやり「京太郎君からしたら…ここに返ってくるのが一番」

はやり「それはわかってるよ。わかってる…けど…」

はやり「ダメなんだよ、京太郎君」

はやり「京太郎君は私の側にいるのが一番なんだから」

はやり「こんなところに来たら…穢されちゃうよ」

はやり「元の…可愛くて綺麗な君に戻れなくなっちゃう」

京太郎「そ、それでも…それでも、やっぱり…俺は…」

京太郎「俺は…普通に過ごしたいんです」

京太郎「勿論、はやりんの事は好きだし…その…」

京太郎「そんなにも思ってくれてるのは嬉しいです」

京太郎「でも、だからこそ、俺はここにいなきゃいけない」

京太郎「俺がはやりんのところにいても…その先には破滅しかありません」

京太郎「だから…」

はやり「…そう。分かった」

はやり「じゃあ…仕方ないよね」スッ

京太郎「え…?」

京太郎「(ナイフ…一体、何を…!?)」

はやり「…っ」ブス

京太郎「ちょ…っ!? は、はやりん!?」

京太郎「な、なんでいきなり自分の事刺して…」

はやり「…だって、要らないもの」

京太郎「…え?」

はやり「京太郎君の重荷になってしまうなら…私なんて要らない」

はやり「京太郎君を守れない私なんて必要ない」

はやり「京太郎君に拒まれた私なんて…死んでしまえば良い」

京太郎「だ、だからってそんな自分を傷つけるような事…!?」

はやり「…じゃあ、京太郎君はコレを受け入れてくれる?」スッ

京太郎「そ、それは…」

はやり「…嫌だよね」

はやり「私だって嫌だよ」

はやり「こんなもので君を傷つけて…脅して無理やり、部屋に連れ帰りたくない」

はやり「でも…私はそうしてしまいそうなの」

はやり「このまま君と一緒にいれなくなったら…私は本当に狂っちゃう」

はやり「だから、ここで死ぬしかないの」

はやり「死んだ方が良いんだよ」ニコッ

京太郎「~っ…!」

京太郎「(…甘かった)」

京太郎「(説得すればどうにかなるとか…そういうレベルじゃない)」

京太郎「(はやりんは今、ギリギリのところで理性を保ってる)」

京太郎「(俺に無理強いしまいと必死にこらえてるんだ)」

京太郎「(…そんな彼女に何を言っても…きっと無駄)」

京太郎「(本当にこのまま…死んでしまうだろう)」

京太郎「(それを防ぐ為には…一つしかない)」

京太郎「(こんなに狂ってしまった彼女を…)」

京太郎「(ギリギリのところで堪えるほど…俺の事を好きになってくれたはやりんを…)」

京太郎「(思いとどまらせる方法なんて……)」

京太郎「……分かり、ました」

はやり「…え?」

京太郎「…俺、戻ります」

京太郎「はやりんに死んでほしくないから」

京太郎「はやりんの部屋に戻らせてください」

はやり「……京太郎…君」

はやり「…良いの?私…そんな事言ったら…」

はやり「本当に…止まれなくなるよ?」

はやり「君の事…ずっとずっと監禁しちゃうよ…?」

京太郎「良いんですよ」

京太郎「はやりんをそんなにしたのは…俺なんですから」

京太郎「俺は…その責任をとらなきゃいけません」

京太郎「それに…」

はやり「それに…?」

京太郎「俺、はやりんは凄い人だって信じてますから」

京太郎「今はおかしくても…きっといつかは正気に戻ってくれるって」

京太郎「だから、俺はそれまで我慢するだけです」

京太郎「はやりんを信じて…その日を待つだけですよ」

はやり「…ぁ」

はやり「…私、そんなに良い子じゃないよ」

はやり「今のだって…君の優しさを計算して…」

京太郎「でも、ダメだったら本当に死ぬつもりだったんでしょう?」

京太郎「…そうじゃなかったら手のひらなんて神経の通ってるところにナイフぶっさしたりしないですよ」

京太郎「もっと被害の少なくて後遺症の出たりしない場所を選ぶはずです」スッ

はやり「き、京太郎…君…」

京太郎「大丈夫です。何もしませんから」

京太郎「ただ、はやりんの手当がしたいだけです」ビリリ

京太郎「……まぁ、出来るのなんて」クルクル

京太郎「包帯巻くくらいなんですけどね」キュッキュ

はやり「……う…ぁ…」ポロポロ

京太郎「もう。泣かないで下さい」

京太郎「折角の素敵な顔が台無しですよ」ギュ

はやり「ご…ごめん…ごめんね…京太郎君…っ」

はやり「私…私…」

京太郎「大丈夫です。俺もはやりんの事好きですから」

京太郎「監禁生活とか割りと役得かなって思ってるところありますし」

京太郎「だから…泣かないで下さい」ナデナデ




~はやりんハウス~

京太郎「(それからはやりんが落ち着くのを待って、はやりんの車で移動した訳だけれど…)」

京太郎「(その間、はやりんはずっと俺の手を離してくれなかった)」

京太郎「(片手で車運転するのなんて危険だと思うんだけど…)」

京太郎「(ずっと助手席に座っていた俺の手を握ってたんだ)」

京太郎「(まるでほんのいっときでも俺から離れてしまったら…いなくなってしまうんじゃないかと)」

京太郎「(そんな事を考えてるみたいに…必死さが伝わってきていた)」

京太郎「(それもこれも…俺が悪いんだよな)」

京太郎「(最初に監禁された時点で、何とか説得しようとしておけば…)」

京太郎「(ここまではやりんを狂わせる事はなかったんだろう)」

京太郎「(…だから)」

はやり「…あ、あの、京太郎…君」

京太郎「はい」スッ

はやり「え…?」

京太郎「手錠でも縄でも遠慮無く使って下さい」

京太郎「俺は逃げるつもりないですけど…でも、それははやりんが納得出来ないでしょうし」

京太郎「好きなように拘束して貰って大丈夫ですよ」

はやり「…で、でも、それじゃ京太郎くんが…」

京太郎「俺の事なんて気にしなくても良いんですよ」

京太郎「そういうの全部、覚悟して戻ってきてる訳ですし」

京太郎「それに…はやりんもそうしなきゃ仕事にも行けないでしょう?」

はやり「…し、仕事なんて行かなければ…」

京太郎「良いって言えるほどはやりんは無責任な人じゃないでしょう?」

京太郎「それに、はやりんが幾ら貯金してても働かなきゃ生きていけませんよ」

京太郎「今の仕事は極力、大事にするべきです」

京太郎「何より、俺自身、そうやって仕事してるはやりんを楽しみにしてますから」

はやり「…………うん。それじゃあ」

はやり「ちょっとだけ…ちょっとだけ不自由な想いをさせるかもしれないけど…」

京太郎「えぇ。大丈夫です」

京太郎「その代わり、早めに帰って来てくださいね」

京太郎「流石にずっと縛られっぱなしって言うのはキツイですから」

はやり「うん。勿論だよ」

はやり「私も…京太郎君と出来るだけ一緒にいたいから」

はやり「仕事が終わったら…すぐに帰ってくるよ」

はやり「…じゃあ、そろそろ言ってくるね」

京太郎「うっす。行ってらっしゃい」

はやり「っ!うん…行って来ます」ニコ

京太郎「(はやりん超可愛い)」

京太郎「(行ってらっしゃい言われただけではにかむはやりんマジ天使)」

京太郎「(まぁ、そんなはやりんの為なら数時間、ベッドに縛りつけられても我慢出来るよな)」

京太郎「(うん。まぁ…ちょっとどころじゃなく退屈ではあるけれども)」

京太郎「(ただ、今日はまったく眠れてなくて…正直、眠りたいし…)」

京太郎「(四肢縛りつけられた不自然な格好でもぐっすりいけるはず…)」ブル

京太郎「(……ってヤバイ)」

京太郎「(寝る前にトイレ行きたくなってきた)」

京太郎「(はやりんには悪いけど縄解いて…)」グイ

京太郎「(って解けねぇ!?)」

京太郎「(なんだこのガチガチなの!?)」

京太郎「(いや、まぁ、一回逃げてるから当然っちゃ当然なんだけど…)」

京太郎「(こ、これはヤバイ…!)」

京太郎「(この歳でお漏らしとか…マジで死ねる…!!)」グイグイ

京太郎「ぬぉおおお!!」

京太郎「(ぐ…び、ビクともしねぇ…!)」

京太郎「(で、でも、何とかしないと…)」

京太郎「(お漏らしはさておき…このままじゃはやりんのベッドを汚しちゃう訳で…!)」

京太郎「(んな事になったらはやりんに申し訳が立たないし…!)」

京太郎「(ここは何とか諦めず…)」ググ   チョロ

京太郎「(……アカン、今ちょっと漏れた)」

京太郎「(縄抜けするのに力を入れる必要があるのに)」

京太郎「(力んだら漏れるとかもう詰んでるじゃねぇか!!)」

京太郎「(あぁ…くそ…!せめてトイレだけはまってもらえばよか……)」チョロロ

京太郎「あ゛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」

京太郎「(…やった)」

京太郎「(やってしまった…)」

京太郎「(…鬱だ…本気で…)」







ガチャ

はやり「京太郎君っ京太郎君っ京太郎君っ!」

はやり「ちゃんといる!?」バンッ

京太郎「……あ、はやりん」ゲッソリ

はやり「…あれ?」

京太郎「すみません。俺…その…」

京太郎「はやりんのベッドにも…漏らして…」グス

はやり「あ…」

はやり「(…そうだよ。京太郎君はモノじゃないんだから)」

はやり「(こんな風に身動きとれなくしちゃったら…)」

はやり「(トイレにだって…いけなくなっちゃて当然だよね)」

はやり「(なのに…なのに、私、そんな事まったく考えてなくって…)」

はやり「(…でも)」

はやり「(でも…私、この光景に…今、すごく興奮しちゃってる…)」

はやり「(私がいなきゃ…トイレにも行けない京太郎君に…)」

はやり「(私がいなかったら…何も出来ない…彼に…)」

はやり「(信じられないくらい胸がドクンドクン鳴って…)」

はやり「(胸の奥底から…充実感が湧き上がってくる…)」

はやり「(あぁ…ダメだよ)」

はやり「(こんなの…こんなの絶対にダメ)」

はやり「(こんなのに負けたら…私、もっとおかしくなっちゃう…)」

はやり「(京太郎君が…辛いってわかってるのに)」

はやり「(苦しいって…わかってるのに)」

はやり「(私一人じゃ何も出来ないようにしたいって…)」

はやり「(ずっとこのままベッドで縛りつけておきたいって…そう思っちゃう…)」

京太郎「…本当に…本当にごめんなさい…」ズーン

はやり「う、ううん。気にしないで」

はやり「京太郎君は何も悪くないんだから」

はやり「寧ろ、悪いのは何も対策せずに京太郎くんを縛った私の方だよ」

はやり「君が私に縛られても良いって言ってくれたから…」

はやり「だから…それで嬉しすぎて…何も考えられなくて…」

はやり「ごめんね…本当に…ごめんなさい」シュン

京太郎「…はやりん」

はやり「(………そうだ)」

はやり「(悪いのは、私なんだ)」

はやり「(京太郎君に負担を掛けてしまった私が全部、悪い)」

はやり「(だから…私が後始末をしないと)」

はやり「(京太郎君の代わりに…私がどうにかしてあげなきゃいけないんだ…)」ソッ

京太郎「え…?」

京太郎「ちょ、は、はやりん…!?」

はやり「まず綺麗にしようね…」

はやり「大丈夫だよ。全部、私に任せて」

はやり「京太郎くんに汚いものなんて一つも触らせないから」カチャカチャ

京太郎「い、いや、俺がやりますから!」

京太郎「縄を解いてくれれば自分で…っ」

はやり「…ダメだよ」

はやり「そんなの…私の気が済まないもの」

はやり「このまま私が全部やってあげるまで…そのまま…」ズルン

はやり「うわぁ……」トロン

はやり「(アンモニアの匂い…すっごい…)」

はやり「(これ…京太郎君のおしっこなんだ…)」

はやり「(私の所為で我慢出来なかった…彼の…彼の排泄物の匂い…)」

はやり「(もう完全にパンツに染み付いて…凄い匂いになってる…)」ハァハァ

はやり「(その上…おしっこで張り付いたパンツに…)」

はやり「(すっごくエッチな形のモノが浮き上がってる…)」ゴクッ

はやり「(これ…京太郎君のオチンチン…なんだ…)」

はやり「(女の子とセックスする為の…エッチな…場所…ぉ♪)」

はやり「(私…モザイクなしのAVで見るよりも…ずっとずっと…グロくて…)」

はやり「(何より…大き…ぃ…?)」

はやり「(まだパンツの上からしか見てないけど…これ絶対、名器って奴だよ…♪)」

はやり「(こんなの挿入られたら…処女じゃきっと五秒も保たない…♪)」

はやり「(一瞬で…イかされて…潮吹きさせられちゃう…ぅ♪)」モジ

はやり「(外見だけじゃなくて…オチンチンまでこんなにエッチだなんて…)」

はやり「(こんなの…こんなの反則…だよ…?)」

はやり「(何もかもが女の子を虜にする為で出来てるような身体に…)」

はやり「(処女の私が勝てるはず…ないぃ…?)」ハァハァ

はやり「(あぁぁ…♪)」

はやり「(このオチンチン…挿入れたいぃ…?)」

はやり「(私の…もうグチョグチョになってるアソコに…♪)」

はやり「(その形と匂いだけで…子宮降りちゃってきてるメスマンコに…?)」

はやり「(ジュポジュポって挿入して…種付けされたい…♪)」

はやり「(無責任でも…何でも良いからぁ…っ?)」

はやり「(責任なんて取らなくても良いから…生射精…しぃ…♪)」

はやり「(生チンポで…思いっきり処女喪失したいよぉ…♪)」ドロォ

京太郎「あ、あの…はやりん…?」

はやり「あ…っ」ハッ

はやり「(わ、私…何を考えて…)」

はやり「(それだけは…ダメだって分かってたはずなのに…)」

はやり「(それは…他の女の子と同じになっちゃうって)」

はやり「(京太郎くんを襲ってしまったら…彼が私を受け入れてくれた大義名分さえなくなるって…)」

はやり「(そう…わかっていた…はずなのに…)」

はやり「(…危険だ)」

はやり「(このオチンチンに…気を許しちゃいけない…)」

はやり「(相手はその形とにおいだけで私を堕としかねない魔性のオチンチンなんだから…)」

はやり「(麻雀の大会に参加するくらいのつもりで…気を引き締めないと…)」

はやり「と、とりあえず…全部脱がしちゃうね」ヌガセヌガセ ブルン

はやり「~~~~っ?」

はやり「(ああぁ…♪ああぁぁああぁあっ…♪)」

はやり「(は、始めて…始めて…見たぁ…♪)」

はやり「(ズル剥け…オチンチン…♪)」

はやり「(まったく遊んでない…ピンク色の亀頭が丸見えになってるオチンチンぅ…?)」

はやり「(おいし…そう…♪)」

はやり「(こんなに…形はグロテスクなのに…♪)」

はやり「(もう普通の状態で…カリ首ハッキリと分かるエッチな形してるのにぃ…?)」

はやり「(アンモニアとは違う…エッチな…匂いがぁ…?)」

はやり「(オスの匂いがプンプンして…るぅ…♪)」

はやり「(…私、これ…しゃぶって…みたい…♪)」

はやり「(私のお口でジュポジュポして…心ゆくまで…楽しみたい…よぉ…♪)」

はやり「はぁ…はぁぁ…?」

はやり「(ダメ…)」

はやり「(我慢…しなきゃ…)」

はやり「(例え…発情した犬みたいに…口が半開きになっても…)」

はやり「(口の中で唾液が漏れちゃいそうなくらいに溢れかえっても…)」

はやり「(これをしゃぶっちゃったら…もうレイプになるんだから…)」

はやり「(京太郎君が望んでくれるまでは…そういうことしないん…だから…っ)」グッ

はやり「じゃあ…とりあえず気持ち悪いだろうし…」

はやり「ウェットティッシュでこの周りを拭いてあげるね」

京太郎「あ、あの…お手柔らかに…」

はやり「ダメだよ」

はやり「下手に手を抜いて汚れが残っちゃったら後で京太郎君が大変なんだから」

はやり「ちゃんとピッカピカになるまで綺麗にしてあげるからね」

京太郎「(地獄か…!)」

京太郎「(綺麗な年上のお姉さんにムスコ周辺を綺麗にして貰うとかさ)」

京太郎「(多分、そういうお店か、或いは重傷で入院中くらいしか経験出来ないことだと思うんだよな)」

京太郎「(その2つに大金が掛かることを思えば…)」

京太郎「(正直、タダで…しかも、はやりんにこんな事して貰えるなんて俺は幸運なのかもしれない)」

京太郎「(でもな!でも…こっちにも男のプライドってもんがあるんですよ!!)」

京太郎「(自分からそうして貰うならまだしも、一方的に綺麗にされるのは流石に辛いわ!!)」

京太郎「(心の準備も何も出来てないだけに恥ずかしくて死にそうだわ…!!)」

京太郎「(そして何より…)」

京ちゃんの京ちゃん「ステンバーイ…ステンバーイ…」

京太郎「(最近、抜いてないからムスコがもう臨戦態勢待ったなし状態なんだよおおおおおお!!)」

京太郎「(そんな状態ではやりんに下半身拭いてもらうとか…)」

京太郎「(恥ずかしさで萎える分なんてあっという間に吹っ飛ぶわ!!)」

京太郎「(勃起秒読み状態だってのおおおおお!!!!)」

京太郎「(だ、だが、ここで勃起したらどうなるだろうか…!)」

京太郎「(勿論…はやりんは俺のことが好きなんだと思う)」

京太郎「(でも、好意から下半身を拭いてくれているのに…)」

京太郎「(それで勃起されたら…どんなふうに思う?)」

京太郎「(ぶっちゃけ…幻滅されても仕方がないんじゃないだろうか)」

京太郎「(この世界で男女の感覚がほぼ入れ替わっていることを思えば…)」

京太郎「(下の処理してるだけでも濡れてしまう淫乱って訳だし…)」

京太郎「(はやりんは俺を綺麗だって何度も言ってくれているけれど…)」

京太郎「(そんな俺が下手に勃起なんてしてしまったら、清純派イメージが間違いなく崩れさる)」

京太郎「(それで解放してくれるならまだしも…今のはやりんを見ると明後日の方向に行く可能性が高い)」

京太郎「(俺がもう穢されてしまったんだってそんな誤解をしてしまう可能性は決して低くはないだろう)」

京太郎「(だから…ここは何とか我慢しなきゃ…)」

京太郎「(絶対に勃起させちゃいけない)」

京太郎「(はやりんのお掃除になんて…絶対に負けちゃダメなんだ…!!)」キリリ

はやり「じゃあ…綺麗にするね」フキフキ

京太郎「う…」

はやり「あ、ご、ごめん。強かった…?」

京太郎「い、いや、大丈夫です」

京太郎「これくらい全然オッケーですよ」

京太郎「(…ヤバイ)」

京太郎「(ウェットティッシュが薄すぎてはやりんの手の感触が直に来る…)」

京太郎「(あの柔らかくてふわふわした優しい手が…俺のムスコをなでてくれて…)」ムラッ

京太郎「(ってダメだろ!!だから、ダメだって!!)」

京太郎「(そういうこと考えたら逆効果なんだってば!!)」

京太郎「(ここは心を無にするんだ…)」

京太郎「(心を無にして…何もかもを受け流す)」

京太郎「(そうすれば勃起することなんて…)」

はやり「ふぅー」フキカケ

京太郎「あ…」ボッキ

はやり「…え?え…っ」カァァ

京太郎「(ああああああっ!やっちまった!やっちまった…!!)」

京太郎「(でもさ!今のはしょうがないと思うんだ!!)」

京太郎「(ウェットティッシュでナデナデしてくれた後にふぅって息吹きかけられるとかさ!!)」

京太郎「(無理です!無理だよ!!無理だって!!!)」

京太郎「(童貞にそんな高度なプレイ耐えられる訳ないだろおおおお!!)」

はやり「き、京太郎君、これ…」

京太郎「え、えっと…ですね、その…」

京太郎「じ、実は最近、溜まってまして…」

京太郎「い、いや、勿論、はやりんの手が気持ち良くなかった訳じゃないんですが…」

京太郎「えっと、あの、その……」

京太郎「…………すみません。我慢出来ませんでした」シュン

はやり「~~~っ?」キュンキュン

はやり「(き…き…京太郎君…?)」

はやり「(京太郎君っ京太郎君京太郎君京太郎くぅぅうんっ?)」

はやり「(だ、ダメだよ…そんなのぉっ♪)」

はやり「(格好がビッチで…性格は清純派なのに…?)」

はやり「(その実、身体は淫乱ですぐ勃起しちゃうとか…絶対にダメだよ…っ♪)」

はやり「(そんなの…絶対におかしくされちゃう…?)」

はやり「(エッチな事しか頭にない女の子に捕まって…♪)」

はやり「(命令に逆らえない…搾精奴隷にされちゃうよ…っ?)」ブル

はやり「(やっぱり…やっぱり、私が護ってあげなきゃ…?)」

はやり「(この魅力に抗える私が…っ♪)」

はやり「(京太郎君の事を世界一想ってる私じゃなきゃ…?)」

はやり「(京太郎君は…守れない…♪)」

はやり「(他の人なら…この身体の魅力に堕ちて…調教しちゃうよ…?)」

はやり「(どれだけ京太郎君の事が好きでも…京太郎君の事を想ってても…♪)」

はやり「(こんなに美味しそうで…淫乱な身体をオス奴隷にしないなんて…勿体ないって…♪)」

はやり「(そんなふうに思われちゃうんだから…ね…っ♪)」ハァハァ

はやり「き…京太郎…くん…?」

京太郎「は、はい…」

はやり「これ…私で…興奮したって事だよね…?」

京太郎「そ、その…そう…です…」カァァ

はやり「我慢…出来そう…?」

京太郎「が、我慢します!」

京太郎「そこまではやりんにして貰うのは申し訳ないですし…」

はやり「…ダメだよ♪」フキ

京太郎「ぬお…」ビクッ

はやり「こんなになってるのに我慢とか…辛いでしょ…♪」

はやり「辛いに…苦しいに決まってる…?」

はやり(だから…そう…だから…♪)」

はやり「(私なら…大丈夫だから…?)」

はやり「(京太郎君の魅力に抗える私に…遠慮なんて要らない…から…♪)」

はやり「私が…楽にしてあげる…ね…?」ペロ

京太郎「ふぉ…」

京太郎「(は、はやりんの舌がっ!舌が…!)」

京太郎「(俺のムスコをペロって…舐めて…)」

京太郎「(ヤバ…いっ)」

京太郎「(一瞬だったけど…でも、すっげぇ気持ち良かった…!)」

京太郎「(思わず変な声出ちゃうくらいビリビリって来て…)」

はやり「(あぁぁ…♪)」

はやり「(やらしい声…っ?すっごく…良い声ぇ…♪)」

はやり「(いつもの京太郎君と違って…色っぽすぎるよ…?)」

はやり「(声だけなのに色気がムンムンで…オマンコ疼いちゃうよ…ぉ♪)」

はやり「(もっと…もっと聞きたい…♪)」

はやり「(今のエッチな声…もっともっと聞きたい…からぁ…?)」ペロォ

京太郎「う…っ」

京太郎「は、はやりん…だ、ダメですって…!」

京太郎「そこきたな…汚いですから…!」

はやり「京太郎君に汚いところなんて…ないよ…ぉ♪」ペロ

はやり「何処もかしこも綺麗で…京太郎君の心…みたいぃ…?」ペロペロ

京太郎「っ…」

京太郎「(だ、ダメだ、はやりん、何も聞いてくれてない…)」

京太郎「(完全にこれ…ムスコに夢中になってる…)」

京太郎「(いや、勿論、男として誇らしい事ではあるんだけれど…!)」

京太郎「(はやりんみたいな美女がチンポに夢中になってる光景とか…正直、かなりクるんだけど…!!)」

京太郎「(でも、まだちゃんと拭けてる訳じゃないから汚い部分も残ってるんだ)」

京太郎「(そんなチンポをフェラされるのは嬉しい以上に申し訳なくて…)」

はやり「ふぁぁ…あぁ…♪」レロォ

京太郎「(でも、はやりん、すっげぇ美味しそうにフェラしてる…)」

京太郎「(小便で汚れてるはずなのに…そんなの気にしないで舌動かして…)」

京太郎「(もう…先っぽだけじゃない…)」

京太郎「(竿の部分まで…ペロペロって舌が這ってきてる…)」

京太郎「(すっげぇ…エロい…!)」

京太郎「(あのはやりんが…俺にこんな事してくれるなんて…)」

京太郎「(夢であってもおかしくないっていうか…そうあるべきなのに…)」

京太郎「(でも、これは現実で…)」

京太郎「(チンポから伝わってくる快感も…すっごく大きくて…)」

京太郎「(こんなの…そう長く耐えられない…!)」

京太郎「(元々、たまってたのもあって…きっとすぐ射精しちまう…っ!)」

京太郎「っく…」

はやり「(…京太郎君…気持ち良くないのかな…?)」

はやり「(AVとかだと…こうすれば男優がアンアン言ってたんだけれど…)」

はやり「(やっぱりAV女優と違って…私じゃテクがなさすぎるの…?)」

はやり「(一応、これでもそういう雑誌は読んで練習してきたんだけど…)」

はやり「(やっぱり本物の男の人を前にする前戯とイメージとじゃ全然、違うし…)」

はやり「(…でも、何とか京太郎君に気持ち良くなって貰わないと)」

はやり「(そうじゃなきゃ…私が勝手にオチンチン舐め始めた理由が…なくなっちゃう)」

はやり「(京太郎君の為に…京太郎君の為だから…♪)」

はやり「(だから…こんなにエッチで…やらしい味と匂いのするオチンチンしゃぶれてるのに…ぃ?)」

はやり「(それがなくなったら…これ…終わっちゃう…♪)」

はやり「(このオチンチン…ペロペロ出来なく…なっちゃうから…ぁ…?)」

はやり「…ぱく♪」

京太郎「~~~っ」ゾクゥ

京太郎「(うああっ!ちょ、な、なんだコレ…!?)」

京太郎「(いきなりヌメヌメってしたのがチンポを包んで…っ)」

京太郎「(舌と全然…違う…っ)」

京太郎「(つーか、周り全部舌みたいな感じで…っ)」

京太郎「(あっちこっちからグチュグチュの粘液絡みついてくる…ぅ)」

京太郎「(ただ、ドロドロなだけでもヤバイのに…)」

京太郎「(その上、熱くて、狭くて…張り付いてきて…っ)」

京太郎「(も、もう…腰蕩けそうだ…)」

京太郎「(まだチンポ咥えられただけなのに…)」

京太郎「(まだはやりん碌にフェラしてないはずなのに…)」

京太郎「(チンポが負けそうなくらい気持ち良くって…)」

京太郎「(こ、これが…女の人の口なのかよ…っ)」

京太郎「(幾らなんでも…エロ過ぎるだろ…ぉ)」ブル

はやり「(ふぁぁぁぁぁ…♪)」

はやり「(美味しい…ぃっ?)」

はやり「(京太郎君のオチンチン美味しい…ぃい♪)」

はやり「(舌で舐めるのと…全然…違う…?)」

はやり「(エッチな味と匂いが…私の口の中で閉じ込められて…♪)」

はやり「(もうむせ返りそうなくらいにムンムンってしてる…?)」

はやり「(口の中…もう京太郎君の匂いで満たされて…♪)」

はやり「(これ…すっごく…すっごく幸せ…ぇえ?)」

はやり「(でも…でも、それに負けてちゃいられない…よね…♪)」

はやり「(ちゃんと…前戯…しないと…♪)」

はやり「(京太郎君の気持ち良いところ全部覚えて…?)」

はやり「(一杯、ミルク出させてあげないと…いけない…ぃ♪)」ジュルル

京太郎「ふあぁ…っ」

はやり「(あはぁ…♪)」

はやり「(出た…あぁ…?)」

はやり「(京太郎君のエッチな…エッチな…声ぇ…♪)」

はやり「(ようやく聞けて…嬉しいよ…っ♪)」キュン

はやり「(嬉しくて嬉しくて…子宮…疼いちゃう…?)」キュゥゥン

はやり「(勝手に腰カクカクして…エッチな動き…しちゃうくらいに…ぃ?)」カクカク

はやり「(でも…まだ…まだ…ダメなんだから…ぁ♪)」

はやり「(京太郎君が良いって言ってくれるまで…我慢…ぅうぅ♪)」

はやり「(オチンチンのおしゃぶりだけで…我慢しなきゃいけないの…?)」

はやり「(このエッチな味と匂いだけで…満足しなきゃ…ダメだから…ぁ♪)」ソッ

はやり「ふ…うぅぅぅぅううんっ♪」グチュゥ

はやり「(お、オナニー…するぅ…?)」

はやり「(オナニーしなきゃ…もうダメぇ…♪)」

はやり「(オチンチンに勝てないぃ…?)」

はやり「(おしゃぶりだけじゃ満足出来ないからぁ…♪)」

はやり「(だから…オナニーするのぉっ?)」

はやろ「(オチンチンをオカズに…一杯、オマンコクチュクチュするぅうっ♪)」

はやり「(指ぃぃっ♪私の…指…いぃ?)」

はやり「(これ…これ京太郎君…なのぉっ♪)」

はやり「(京太郎君のオチンチン…なのぉ…?)」

はやり「(だから…それでジュポジュポするぅぅっ♪)」

はやり「(京太郎君のオチンチンでオマンコセックスしながらぁっ♪)」

はやり「(お口でも…ぉっ?お口でも京太郎君とセックスするのぉっ?)」レロォ

はやり「(オーラルセックスぅっ♪)」

はやり「(オチンチン…おしゃぶりぃっ?)」

はやり「(このオチンチンに犯される妄想が…もっともっと出来るようにぃっ♪)」

はやり「(京太郎君がもっともっと気持ち良く喘いでくれるようにぃ…?)」

はやり「(何処もかしこも…全部…おしゃぶりするのぉ…?)」

はやり「(京太郎君のオチンチンを…全部、私のモノに…するぅ…♪)」

はやり「(マーキングぅ…♪)」

はやり「(オチンチンマーキングしな…きゃぁあ?)」

はやり「じゅぽぉっ♪ぐぢゅるぅう♪」

はやり「(すっごい音…出てる…ぅ♪)」

はやり「(私の口から…エッチではしたない音…ぉ?)」

はやり「(こんなの…アイドルが出しちゃいけない音…だけどぉ…♪)」

はやり「(でも…私…違う…の…ぉ♪)」

はやり「(今は私、京太郎君とセックスしてるからぁ…?)」

はやり「(こんなにエッチなオチンチンをお口とオマンコに挿入れられてるからぁ…♪)」

はやり「(アイドルじゃなくて…メスなんだ…よぉ…♪)」

はやり「(もう京太郎君の事しか考えられない…ぃ?)」

はやり「(京太郎君とのセックスの事で頭が埋め尽くされた…ただのメス…ぅ?)」

はやり「(だから…ジュポジュポ良いのぉ…っ♪)」

はやり「(お口でもオマンコでもジュポジュポ鳴らして良いぃぃっ?)」

はやり「(ううん…っ♪もっともっと鳴らさなきゃ…ダメなくらいぃ…っ♪)」

はやり「(京太郎君がイくまでぇっ♪)」

はやり「(私がイけるまで…ぇえ?)」

はやり「(おしゃぶりオナニー…ぃっ♪もっともっとエッチにしなきゃ…ダメぇえ…?)」

はやり「じゅるるるるぉ?」

京太郎「うあぁ…っ」

京太郎「(ちょ…やばい…って…!)」

京太郎「(アイドルのはやりんが見せるひょっとこフェラとか…っ)」

京太郎「(これ…絶対に見せちゃいけない奴だろ…!)」

京太郎「(ファンどころか誰にも見せちゃいけない…顔…ぉ)」

京太郎「(そんなになるまで夢中になってくれてるってだけでも良いのに…!)」

京太郎「(その上…粘膜全部が張り付いて…しごかれて…ぇっ)」

京太郎「(チンポの中にある快楽神経なでられてる…みたいだ…)」

京太郎「(こんなの…も、もう…耐えられない…っ)」

京太郎「(射精…るぅ…っ!)」

京太郎「(はやりんのひょっとこフェラで…絞られ…る…っ)」ゾクゾク

京太郎「は、はやりん…俺…っ」

京太郎「もう射精…っ」

京太郎「射精…ますからぁ…っ」

はやり「(射精…るの…っ♪)」

はやり「(京太郎君…私のお口で…イっちゃうの…っ?)」

はやり「(良いよ…そのまま射精してぇ…っ♪)」

はやり「(私…何時でもオッケーだから…っ?)」

はやり「(京太郎君にイって貰う為に…ジュポジュポしてるからぁ…っ♪)」

はやり「(イってぇっ?ビュッビュしてえっ♪)」

はやり「(絶頂ミルク…ぅっ♪)」

はやり「(京太郎君の特濃ザーメンで…口腔射精…ぃいっ♪)」

はやり「(溺れるくらいの精液…欲しい…のぉっ?)」

はやり「ずぢゅるうぅうううぅう??」

京太郎「ぐあ…あぁ…っ」ビュルルルルルル

はやり「(射精…たぁああぁ…♪)」

はやり「(京太郎君の精液ぃっ?)」

はやり「(グチョグチョのザーメンが…私の口の中で暴れて…♪)」

はやり「(すっごい…ぃっ♪すっごい…量…ぉ?)」

はやり「(その上、喉の奥に詰まっちゃいそうなほどドロドロで…ぇ♪)」

はやり「(匂いも味も…逃げられ…ないぃ…?)」

はやり「(さっき以上に…私の中に篭っちゃってる…うぅ♪)」

はやり「(オチンチンそのものよりもずっとずっとエッチな味がぁ…っ?)」

はやり「(私の口を満たして…もう…もう忘れ…られないぃ…?)」

はやり「(私…覚えちゃった…あぁ…♪)」

はやり「(京太郎君の…絶頂ミルクの味…ぃっ?)」

はやり「(世界で一番好きな人の精液の味をぉ…っ♪)」

はやり「(身体だけじゃなくて…心…までぇ…♪)」

はやり「(満たして溶かしてエッチになってぇ…♪)」

はやり「(すっごく…すごく幸せになっちゃ…うぅ??)」ゴクゥ

はやり「(これだけで…私、何回でも[田島「チ○コ破裂するっ!」]出来る…ぅ…♪)」

はやり「(この味と匂いだけで…私、一日中[田島「チ○コ破裂するっ!」]しっぱなしのサルになるよぉ…?)」

はやり「(ううん…も、もう…なってる…かもぉ…♪)」

はやり「(だって…私、手が止まらない…ぃ?)」グチュグチュ

はやり「(京太郎君がイった瞬間…私もイっちゃってたのに…ぃっ♪)」

はやり「(それでも…私、自分でアソコをグチュグチュにしちゃってるのぉ…?)」

はやり「(精飲[田島「チ○コ破裂するっ!」]止められないぃ…っ♪♪)」

はやり「(ごっきゅんごっきゅんって…喉鳴らしながらぁっ?)」

はやり「(京太郎君のザー汁流しこむ度に…軽くイっちゃってるぅ…っ♪)」

はやり「(こんな…こんな[田島「チ○コ破裂するっ!」]始めてぇ…?)」

はやり「(今までの[田島「チ○コ破裂するっ!」]がまるでお遊びみたいに…満たされちゃう…ぅ♪)」

はやり「([田島「チ○コ破裂するっ!」]なのに…っ♪エッチじゃないのにぃ…?)」

はやり「(幾らでもイけちゃうくらい…夢中になっちゃってるぅぅ…??)」

はやり「(これだけで…私、何回でもオナニー出来る…ぅ…♪)」

はやり「(この味と匂いだけで…私、一日中オナニーしっぱなしのサルになるよぉ…?)」

はやり「(ううん…も、もう…なってる…かもぉ…♪)」

はやり「(だって…私、手が止まらない…ぃ?)」グチュグチュ

はやり「(京太郎君がイった瞬間…私もイっちゃってたのに…ぃっ♪)」

はやり「(それでも…私、自分でアソコをグチュグチュにしちゃってるのぉ…?)」

はやり「(精飲オナニー止められないぃ…っ♪♪)」

はやり「(ごっきゅんごっきゅんって…喉鳴らしながらぁっ?)」

はやり「(京太郎君のザー汁流しこむ度に…軽くイっちゃってるぅ…っ♪)」

はやり「(こんな…こんなオナニー始めてぇ…?)」

はやり「(今までのオナニーがまるでお遊びみたいに…満たされちゃう…ぅ♪)」

はやり「(オナニーなのに…っ♪エッチじゃないのにぃ…?)」

はやり「(幾らでもイけちゃうくらい…夢中になっちゃってるぅぅ…??)」

はやり「ぐ…ふ…ぷぁあぁ…♪」

はやり「はー…はぁぁ…?」トローン

はやり「(…あぁ♪吐息まで精液臭い…ぃ?)」

はやり「(もう全部、飲みきったはずなのに…まだこんなに匂いがするなんて…♪)」

はやり「(こんなの…絶対に後で思い出しオナニーしちゃう…ぅ?)」

はやり「(舌に絡みつくような精液の味思い出しながら…また一人でイっちゃうよぉ…♪)」ウットリ

京太郎「…」ゴクッ

京太郎「(あ、あのはやりんが…俺の精液全部飲んでくれた…)」

京太郎「(いや、ただ飲んでくれただけじゃなくて…あんなに嬉しそうな顔をして…)」

京太郎「(まるで…イってるみたいなエロ顔…っ)」

京太郎「(その上…ハァハァって興奮の息漏らされたら…お、俺…)」ガチガチ

はやり「……んふぅ♪」ゾクゾクゥ

はやり「…京太郎君、まだイきたりないんだね…♪」

京太郎「い、いや、あのその…」

はやり「誤魔化しても無駄だよ…?」

はやり「一回、射精したはずなのに…まだ全然、衰えてないんだから…♪」

はやり「カチカチに固くなった…淫乱チンポのままぁ…?」ペロ

京太郎「…っ」ゾク

はやり「…でも、大丈夫だよ…♪」

はやり「私なら…大丈夫だから…?」

はやり「絶対に自分を見失ったりしないんだから…ね…♪」シコシコ

京太郎「は、はやり…ん…っ」ビク

はやり「…ちゃんと京太郎君が満足するまで…付き合ってあげる…♪」

はやり「京太郎君の大好きなお口で…たぁくさん射精させてあげるから…?」

はやり「だから…安心して…オチンチン勃起させちゃって良いんだよ…♪」パクゥ

京太郎「ふあぁあっ」ビックゥゥ










京太郎「(…昨日は色々と死ぬかと思った…)」

京太郎「(結局、あの後は五回も搾り取られてしまったし…)」

京太郎「(終わった頃にはもう身体がクタクタでろくに動けなかった)」

京太郎「(でも、はやりんはそんな俺に食事を運んでくれて…)」

京太郎「(風呂にまで入れてくれた)」

京太郎「(まぁ…勿論、それそのものは嬉しいよ)」

京太郎「(はやりんほどの美女に手厚く介護されるとかまさに天国のようだし)」

京太郎「(…でも、昨日のフェラで吹っ切れたのかはやりんのスキンシップが激しくなったんだよな…)」

京太郎「(俺に一つ食事を運ぶだけでもその身体を押し付けてきて…)」

京太郎「(俺の身体を洗うときも勿論、裸で密着してきた)」

京太郎「(…まぁ、そんな事されたらさ)」

京太郎「(どれだけ搾り取られても…やっぱり下が復活しちゃう訳で)」

京太郎「(んでその度にフェラやらパイズリやらで搾り取られたら…もう腰が立たない)」

京太郎「(結果、寝る頃になっても、俺の身体はボロボロで…はやりんにお姫様抱っこで運んでもらう有様だった)」

京太郎「(…まさか監禁生活一日目でここまで消耗するとは)」

京太郎「(性欲の怖さってやつを思い知った気分だ…)」

京太郎「(でも…どうせまたはやりんに密着されたら勃起しちゃうんだろうなぁ…)」

京太郎「(結局、寝る前もはやりんの添い寝で勃起して…三回ほど射精させられたし…)」

京太郎「(朝だって問題なく朝勃ちして…二回もイかされたんだから)」

京太郎「(…もうやりんに抜かれすぎて条件反射的に勃起しちゃってるような気がするくらいに…」

京太郎「(搾り取られまくってる)」

京太郎「(まぁ…飽きるどころか少しずつ俺の良いところを知ったはやりんのテクがあがってるから…)」

京太郎「(気持ち良さそのものは加速度的にあがってるんだけどさ)」

京太郎「(ぶっちゃけ朝のフェラとかもう最初の頃とは別物だったし)」

京太郎「(口だけじゃなく舌や歯まで使って俺のチンポをいぢめてくる)」

京太郎「(その上、チンポだけじゃなく玉責めまで覚えられたら…耐えられる訳がない)」

京太郎「(どれだけ絞られたって言っても数分でイっちゃうんだよなぁ…)」フゥ

京太郎「(…こんな調子でイかされまくって監禁生活を乗りきれるのかって不安はある)」

京太郎「(でも、まぁ、その辺はちゃんとはやりんに言えば控えてくれるだろうし)」

京太郎「(俺も我慢する余地はある)」

京太郎「(だからこそ、俺にとって一番の問題は性活の方ではなくって…)」

はやり「…はい。京太郎君」スッ

京太郎「…あの、なんですか、それ」

はやり「京太郎君のオムツだよ」

はやり「今日から私がでかけている時はこれを履いてね」

京太郎「おうふ…」

京太郎「(…うん。まぁ…そうなるよな)」

京太郎「(昨日は小便だったからまだマシだったけど…)」

京太郎「(これが大きい方だと掃除すら出来ないんだから)」

京太郎「(最悪、ベッドを買い換える事になると思えば、そりゃオムツは必要不可欠だ)」

京太郎「(ただ…)」

京太郎「あ、あの…縄をもうちょっと延長して貰うとか出来ないですかね?」

京太郎「せめてトイレのところまで行ければそれで良いんですけど…」

はやり「ダメだよ」

はやり「それだと京太郎君がハサミのある位置までいけちゃうでしょ」

はやり「君にその気がなくても…ハサミがあったら逃げられるかもしれない」

はやり「そう思ったら…私、きっと正気じゃいられないよ」

はやり「京太郎君の側から離れられなくなっちゃう」

京太郎「ですよねー…」

京太郎「(…まぁ、仕方ないよな)」

京太郎「(一応、俺ははやりんに監禁されてる訳だし)」

京太郎「(外に出られるような可能性は極力排除したいだろう)」

京太郎「(それは…それはわかってるんだけど…)」

京太郎「(でも、オムツかぁ…オムツ…)」

京太郎「(…やばい、泣きそう)」

はやり「(…ごめんね、京太郎君)」

はやり「(多分ね、やりようは一杯あると思うの)」

はやり「(ハサミとかじゃどうにもならない頑丈な鎖を買ったりとか…)」

はやり「(多分、その気になれば準備出来る)」

はやり「(…でも、それでちゃんと私が正気でいられるか分からないし…)」

はやり「(何より…私はもう…京太郎君のお世話がしたくて堪らないの)」

はやり「(自分の事を…一人でしないで欲しい)」

はやり「(私が全部、君の事をしてあげたいから…)」

はやり「(…そうすればきっと私は正気でいられるから…)」

はやり「(だから、お願い)」

はやり「(今は…気づかないフリをさせて)」

はやり「(その分…ちゃんと償うから)」

はやり「(京太郎君を傷つけた分を…必ず私が埋めてみせるから)」

はやり「じゃあ、はきはきしようね」ニコ

京太郎「い、いや、あの一人で出来ますから…」

はやり「ダメだよ」

はやり「こういうのは他人につけて貰うように設計されてるんだから」

はやり「それに京太郎君、昨日色々あってフラフラでしょ?」

はやり「そんな京太郎君よりも私のほうが絶対に上手に出来るから」

京太郎「で、でも…」

はやり「…そんなに私の事信用出来ない?」

京太郎「う…い、いや、その…」

はやり「…そうだよね」

はやり「京太郎君は普通にしてくれているけれど…」

はやり「でも、私は君の事を監禁してるんだから…信用出来なくて当然だよね…」シュン

京太郎「そ、そんな事ないです」

京太郎「と言うか、そもそも俺、自分からはやりんに監禁してもらったみたいなもんですし」

京太郎「それにあの…昨日もすごく気持ち良くして貰えましたし…」

京太郎「そ、その、信用してない相手にはそんなにはならないと思うんですよ」

京太郎「俺はきっとはやりんの事、心から信じていて…」

京太郎「だからこそあんな風に身体を任せる事も…」シドロモドロ

はやり「……」キュン

京太郎「……あれ、はやりん?」

はやり「あ、う、ううん。何でもないよ」

はやり「(…今の京太郎君、可愛すぎて血迷っちゃいそうだったよ…)」

はやり「(はぁ…ホント、頭のなかの記憶を画像に出来る技術とかないかなぁ…)」

はやり「(今のも正直、永久保存確定レベルの姿だったのに…)」フゥ

京太郎「と、ともあれ…俺ははやりんの事を信じてないなんて事はありませんから」

はやり「…じゃあ、私にオムツ履かせてくれる?」

京太郎「……分かりました」

はやり「ホント!?」パァ

京太郎「えぇ。それではやりんの気が済むのなら」

京太郎「(…それにはやりんが言ってた事も事実だしな)」

京太郎「(身体に色々とガタが来てる今の俺じゃちゃんと履けるか心配なのはあるし)」

京太郎「(はやりんにはもう昨日から色々と恥ずかしいところを見られてるから…)」

京太郎「(今更、オムツを履かせられるのに強い抵抗感がある訳じゃないし)」

京太郎「(…あれ?なんかそう思うと俺、調教されてるような…)」

京太郎「(い、いや、気のせいだよな、うん)」

京太郎「(はやりんの目的はあくまでも俺の事を護る事らしいし…)」

京太郎「(調教なんて事するはずないだろ)」











京太郎「(…それから数日が経った)」

京太郎「(俺は相変わらず朝からはやりんに搾られ、オムツを履かされてる)」

京太郎「(俺はあくまでも一日だけの処置のつもりだったが、はやりんにとってはそうじゃなかったらしい)」

京太郎「(まぁ…既に一回されてる時点で、あんまり俺も拒否するつもりはないんだけれど)」

京太郎「(ただ、恥ずかしいのは恥ずかしいので…一応、毎朝、嫌だとは言ってるんだ)」

京太郎「(だけど、どうしてもはやりんに流されて…結果的に日課になってしまっている)」

京太郎「(それははやりんが帰って来た後も同じだ)」

京太郎「(待っている間に、色々と垂れ流しになった俺のオムツを彼女は喜々として変えてくれる)」

京太郎「(それはその中に汚物が入っていたとしても変わらない)」

京太郎「(まるで俺の世話が楽しくてしかたないんだと言うように笑みを浮かべてくれる)」

京太郎「(正直、そんな彼女に申し訳無さが消える事はないんだけれど…)」

京太郎「(でも、縛られている俺にマトモに抵抗出来るはずがなく)」

京太郎「(何時も念入りに綺麗にされて…そして勃起してしまうんだよな…)」

京太郎「(…で、そんな俺のムスコをはやりんは毎日、かわいがってくれて…)」

京太郎「(…けれど、その間、一度として本番はなかった)」

京太郎「(勿論、俺にフェラしてる間、はやりんもオナニーしてるから…)」

京太郎「(擬似的な本番は既に経験していると言っても良い)」

京太郎「(…でも、それはあくまでも擬似的なもので本物じゃないんだ)」

京太郎「(俺は未だに童貞のままで…はやりんは処女のまま)」

京太郎「(勿論、それが嫌だって言う訳じゃない)」

京太郎「(はやりんならば、童貞を捧げる相手として最高だと思うけど…)」

京太郎「(でも、監禁中にって言うのはちょっと歪んでいるような気がするから)」

京太郎「(それに日毎、エロく、激しく、上手くなっていくはやりんのフェラは本当に気持ち良くて…)」

京太郎「(それだけでも十分すぎるほど満足出来る)」

京太郎「(…でも、それはあくまでも俺だけの話なんだ)」

京太郎「(俺に奉仕してくれてるはやりんの方はまったく満足出来ていない)」

京太郎「(そう思うのは、最近のはやりんがあんまりにも激しすぎるからだ)」

京太郎「(俺のチンポが一息ついても、今の彼女は止まらない)」

京太郎「(射精してる最中でもその顔と舌を動かして…俺のムスコをしゃぶり続けている)」

京太郎「(まるで抑えきれない欲情を必死で発散しようとしているようなそれは…きっと俺の勘違いじゃない)」

京太郎「(俺のチンポが落ち着いてその口が離れる度に、彼女は物足りなさそうな目をするんだから)」

京太郎「(どうしても満たされない感覚を伝えるそれは…間違いなくはやりんがその先を望んでいるからこそ)」

京太郎「(この世界において女性の性欲は、男のそれよりも遥かに大きいのだから)」

京太郎「(男子高校生に匹敵するその欲情は、きっと擬似的なセックスじゃ収まらない)」

京太郎「(本当の…お互いの性器を擦れ合わせるセックスじゃなきゃはやりんは満足出来ないんだろう)」

京太郎「(…そんな事は俺もわかってる)」

京太郎「(ただ…)」

京太郎「(…俺は…はやりんの事が好きだ)」

京太郎「(元々、ファンだったけど…でも、ここ数日間、世話をされて…)」

京太郎「(その献身的で依存的な姿に心を打たれてしまった)」

京太郎「(俺がいなければきっと生きていけなくなってしまった彼女と…一生を添い遂げたいと思ってる)」

京太郎「(でも…だからと言って本番しちゃって良いかどうかは別問題だ)」

京太郎「(勿論、俺もしたい気持ちがない訳じゃないけれど…でも、今の俺は監禁されている訳で)」

京太郎「(学校にも行けてない今、高校を卒業出来るかどうかすら分からない)」

京太郎「(…そんな俺がはやりんの初めての相手になってしまって良いんだろうか)」

京太郎「(彼女の一生を支えられるかどうか分からない俺が、流されてしまって良いのだろうか)」

京太郎「(そんな言葉が…俺の脳裏に浮かんでしまう)」

京太郎「(それを解決するには、この監禁生活が終わって…)」

京太郎「(『はやりんの男』にふさわしくなるべく努力しなきゃいけないんだけれど…)」

はやり「んふ…♪京太郎…くぅん…?」スリスリ

京太郎「(…たった数日監禁されただけではやりんの狂気が収まるはずない)」

京太郎「(こうしてベッドに縛りつけた俺に甘える彼女の目は…)」

京太郎「(相変わらず…俺しか映していない)」

京太郎「(怖いくらい真っ直ぐで…そして寒気がするほど鈍くて…)」

京太郎「(……こんなんじゃまだまだ治る見込みはないだろう)」

京太郎「(…だから、多分)」

京太郎「(俺がしたいって言えば…彼女はそれに応えてくれる)」

京太郎「(必死になって我慢してくれているけれど…)」

京太郎「(きっと俺の為に堪えてくれているんだけれど…)」

京太郎「(俺がはやりんと本気のエッチをしたいって言えば…)」

京太郎「(きっとその我慢が砕けて…俺に身を委ねてくれるはずだ)」

京太郎「(…だから、結局のところ)」

京太郎「(俺の…覚悟次第なんだよな)」

京太郎「(一生をはやりんのペットとして生きる)」

京太郎「(それが出来なければ…一人孤独に死ぬ)」

京太郎「(その覚悟さえあればきっと問題はないんだ)」

京太郎「(これ以上…はやりんに我慢させて)」

京太郎「(辛い想いをさせる必要なんかない)」

京太郎「(…だったら、答えは決まっているんじゃないか?)」

京太郎「(好きな人と想いを通わせて…)」

京太郎「(その身体を重ねて…)」

京太郎「(…悪い事なんて何もないはずなんだ)」

京太郎「(俺も彼女もそうしたいと思っているんだから…)」

京太郎「(そろそろ…前に進むべきなんだ)」

京太郎「(………………でも)」

京太郎「…はやりん」

はやり「なぁに…?」

はやり「お腹空いた?それともお水?」

京太郎「あ、いや、そっちでもないんですけど…」

京太郎「ただ、聞きたい事があって」

はやり「聞きたい事?」

京太郎「えぇ。その……今まで色々あって、ちゃんと聞けなかったんですけど」

はやり「…ふふ。そんなに遠慮しなくても良いのに」

はやり「京太郎君なら…私、何でも応えるよ」

はやり「君には私の事なんだって知ってもらいたいから」

京太郎「…じゃあ、聞かせて下さい」

京太郎「はやりんは…俺の事、どう思っているんですか?」

はやり「…え?」

はやり「ど、どうって…」

京太郎「勿論、その嫌われてない事は分かってます」

京太郎「…と言うか、その…ここまでされたら好かれてる事くらい分かりますけど」

はやり「う…」カァァ

京太郎「でも、俺、はっきり言われた事ないと思うんです」

京太郎「好きとか…そういうの」

はやり「え、えっと、それは…」

京太郎「…勿論、色々と言えなかった理由もあるんだと思います」

京太郎「ですが、それでも…俺ははやりんの気持ちが知りたいんです」

京太郎「その…なんていうか…俺は」

京太郎「……俺は、はやりんの事が好きだから」

京太郎「ファンとしてじゃなくて…一人の男として」

京太郎「…瑞原はやりを愛しています」

はやり「…え?」

京太郎「…いや、えって…そんなに意外ですか?」

はやり「だ、だって…私、監禁してるんだよ?」

はやり「君の事、閉じ込めて…何処にも行けないようにしてるのに…」

はやり「…それなのに…好きだなんて…」

はやり「幾ら何でも…都合が良すぎる展開だよ」

はやり「本当なら私、嫌われてないだけでも御の字なのに…」

京太郎「…………まぁ、俺にも色々と理由があるんですけれど」

京太郎「でも、一つだけ言えるのは…俺は決してはやりんの事嫌いになったりしません」

京太郎「だって、はやりんはずっと俺の事優先してくれているじゃないですか」

京太郎「仕事から帰って来たらまず俺の世話をして、その後や食事や風呂にまで入れてくれて…」

京太郎「それで…まぁ、エッチな事とかもしてくれて…」カァァ

はやり「っ」キュン

京太郎「…はやりんの今の生活は俺を中心に回ってます」

京太郎「自分のことを全部後回しにして、我慢して…」

京太郎「俺の為に尽くしてくれているじゃないですか」

京太郎「そんなはやりんの事を好きにならない男なんていませんよ」

はやり「でも、それは…」

京太郎「あ、ストックホルム症候群とかじゃないですよ」

京太郎「いや、まぁ…それがまったくないとは言いませんけれど」

京太郎「でも、俺は元々、はやりんの事が好きでしたから」

京太郎「それがこうして身近になって…アイドルとしてのそれではなく、女性としてのものになっただけ」

京太郎「…だから、そんな風に気に病む必要はないんです」

京太郎「俺の気持ちはきっとほとんど変わってませんから」ニコ

はやり「あ…ぅ…」

京太郎「…俺の気持ちは伝えました」

京太郎「次は、はやりんの気持ちを聞かせてくれませんか?」

京太郎「俺の事、どう思っているのか」

京太郎「正直な気持ちを俺に教えてください」

はやり「…で、でも、私…」

はやり「私…君と一回り以上違うんだよ?」

京太郎「知ってます」

はやり「収入だって結構、不安定だし…」

京太郎「俺が支えます」

はやり「それに嫉妬深いし…」

京太郎「嫉妬なんてさせません」

はやり「ほ、本当は…君の事滅茶苦茶にしたいの」

はやり「何時も何時も…君の性処理しながら犯したいってそう思ってて…」

京太郎「分かってます」

はやり「~~~っ」

京太郎「他になにかないですか?」

京太郎「ないなら…改めて聞かせてください」

京太郎「そんな言い訳じゃなくて、はやりんの気持ちを」

はやり「(…い、良い…の?)」

はやり「(私…きっと口にしたら止まれなくなっちゃう…)」

はやり「(京太郎君の事…護る為だなんて大義名分もなくなって…)」

はやり「(ただただ…自分の為だけに…彼を監禁しちゃう…)」

はやり「(出会った時と変わらず…真っ直ぐに気持ちをぶつけてくれる彼に…)」

はやり「(他の女が近づくのが嫌だからって…閉じ込めてしまう…)」

はやり「(…………でも)」

はやり「(…でも、京太郎君はそれを望んでくれている)」

はやり「(私の気持ちを…聞こうとしてくれている)」

はやり「(本当は…告白は女の子の仕事なのに…)」

はやり「(自分から気持ちを伝えて…)」

はやり「(私に踏み込んできてくれている)」

はやり「(……それに何も応えないなんて…あまりにも情けないよ)」

はやり「(女の子の風上にも置けない…最低の行為)」

はやり「(…だから…)」

はやり「(そう…だから…私も…)」グッ

はやり「…………好き」

はやり「好きなの…初めて会った時からずっと好きなの…」ポロ

はやり「私…もうアラサーのおばさんなのに…」

はやり「君に…ひ、一目惚れしちゃって…」

はやり「色々と理由つけているけど…」

はやり「君の事を監禁してるのも…全部、自分の為で…」

はやり「君をこうして閉じ込めちゃうくらい…大好きなの」

はやり「…狂ってるって分かってるけど」

はやり「おかしいなんて分かってるけど…っ」

はやり「それでも止められないくらいに…君が好き…っ」

はやり「世界で一番…愛してる…!」ギュゥ

京太郎「……えぇ。俺もです」

京太郎「俺もはやりんの…いや、はやりさんの事を愛してます」

はやり「うん…うん…っ」ポロポロ

京太郎「(…あぁ、良かった)」

京太郎「(はやりさん、俺が思ってた以上に溜め込んでたんだ)」

京太郎「(俺の事好きな気持ちとか未来への不安とか色々)」

京太郎「(でも、大人だからってそういうのを一人で抱え込んで…)」

京太郎「(俺の事をずっと甘えさせてくれていた)」

京太郎「(…けれど、これからは違う)」

京太郎「(俺ははやりさんに監禁されてる被害者じゃなくって…)」

京太郎「(彼女の恋人になったんだから)」

京太郎「(ここから先は俺も彼女の事を支えていかなきゃいけない)」

京太郎「(勿論、監禁されてる俺に出来る事なんてそう多くはないけれど)」

京太郎「(でも、こうして関係が進んだ以上、諦めちゃダメだよな)」

京太郎「(……まぁ、とりあえず今は)」

はやり「……ん」モジモジ

京太郎「…はやりさん」

はやり「え、、な、何…?」ビク

京太郎「もう我慢出来ないんですよね」

はやり「あ…ぅ…」カァァ

はやり「で、出来るよ、そんなの」

はやり「私はこれまでずっと我慢してきたんだから」

はやり「今更、自分の欲望なんて負けたりしないし」

はやり「そ、それに、こういうのってムードも大事でしょ」

はやり「駅前で待ち合わせしてデートして…ウィンドウショッピング楽しんで…」

はやり「それで綺麗なレストランで食事を取ってから夜景の見えるホテルで…」

京太郎「はやりさん」

はやり「あ…」

京太郎「我慢なんてしなくて良いんです」

京太郎「…と言うか、しないでください」

京太郎「俺も…その、そういう事期待してましたし」カァァ

はやり「…っ」キュン

京太郎「だから…そのアレです」

京太郎「…………俺の事、滅茶苦茶にしてください」ポソ

はやり「~~~~っ」ブツ

はやり「京太郎君…っ?」ムチュゥ

はやり「(あぁあっ♪京太郎君っ?京太郎くぅぅうんっ?)」

はやり「(エッチすぎるよぉっ♪)」

はやり「(本当に…顔立ちそのままの淫乱ビッチだよぉおっ?)」

はやり「(まだ告白して…恋人同士になれたばっかりなのに…っ♪)」

はやり「(ようやく…二人で一歩踏み出せたばっかりなのにぃっ?)」

はやり「(それなのに…エッチに誘うなんて…そ、そんなの反則…ぅ♪)」

はやり「(我慢なんて…出来ないぃっ♪)」

はやり「(理性なんてもう紙くずみたいに吹っ飛んじゃったよぉっ?)」

はやり「(滅茶苦茶に…するぅっ?)」

はやり「(本当に京太郎君の事、滅茶苦茶に犯しちゃうからぁっ♪)」

はやり「(一生、私から離れられないように…調教する…うぅっ?)」レロォ

はやり「(京太郎君の唇…っ♪美味しい…っ?)」

はやり「(本当は…本当はずっとここにキスしたかったんだよ…っ♪)」

はやり「(ラブラブチューしたくて…妄想ばっかりしてたんだからぁ…っ?)」

はやり「(でも…でも、これ妄想よりもずっと良いっ♪)」

はやり「(京太郎君の唇…思ってたよりもずっとずっとおいしくて…っ?)」

はやり「(柔らかくて…素敵…ぃぃ♪)」

はやり「(舐めてるだけでも…もう私、オマンコキュンキュンだよぉ…♪)」

はやり「(クリトリスも…もう勃起しちゃうぅ…?)」

はやり「(さっき新しく履き替えたパンツの中でビンビンになっちゃってるのぉ…?)」チュッチュ

京太郎「ん…ぁ…っ」

はやり「(なのに…っ♪京太郎君の声…可愛すぎる…ぅ?)」

はやり「(縛られながらキスされてるのに…まるでレイプされてるみたいなのにぃ…♪)」

はやり「(気持ちよさそうな声をあげてくれて…あぁぁ…っ?もうだめぇ…♪)」

はやり「(まずお口から…レイプしちゃうぅ…?)」

はやり「(京太郎君のお口から…私のモノにするからぁっ♪)」レロォ

はやり「(京太郎君の中、とってもあったかぁい…♪)」

はやり「(まるでコタツの中みたいに優しい熱が満ちてる…?)」

はやり「(でも、コタツと違うのは…中はもうドロドロでぇ…♪)」

はやり「(舌が動く度に…とっても甘いのが伝わってくるの…ぉ?)」

はやり「(唇のそれよりも…ずっとずっと甘くて…優しいシロップみたいなのがぁ…♪)」

はやり「(京太郎君のあっちこっちから伝わってきて…あぁぁ…?)」

はやり「(もう私…これだけで良い…っ♪)」

はやり「(ミネラルウォーターじゃなくて…これずっと飲むぅ…?)」

はやり「(京太郎君の唾液だけで生きていきたいの…っ?)」

はやり「(それくらい…甘くて…優しくて…♪)」

はやり「(それに何より…ぃ♪)」

京太郎「ふ…うぅぅ…」

はやり「(可愛い…っ?)」

はやり「(私にお口レイプされて…クチュクチュ舐め回されて…っ?)」

はやり「(京太郎君…感じてる…ぅ♪)」

はやり「(オチンチンが…もう勃起し始めちゃってるよぉ…?)」

はやり「(ダメ…だよぉっ♪)」

はやり「(そんな可愛くて…淫乱なところ見せたらぁ…?)」

はやり「(私のクリトリスに…ビンビン来ちゃう…ぅ♪)」

はやり「(京太郎君のビッチンポに負けないようにってガチガチになってぇ…?)」

はやり「(子宮ももう…京太郎君のオチンチン欲しくて疼いちゃってるのぉ…♪)」

はやり「(挿入れたい…ぃっ♪)」

はやり「(京太郎君のチンポ挿入れたいぃいっ?)」

はやり「(でも…我慢…ぅ♪)」

はやり「(まだ…我慢しなきゃぁ…?)」

はやり「(京太郎君の身体は淫乱だけど…でも、童貞…なんだから…っ♪)」

はやり「(ちゃんと準備しないと初体験がトラウマになっちゃう…?)」

はやり「(これから毎日するセックスが辛いだけなんて可哀想…だから…っ♪)」

はやり「(だから…頑張って我慢…してぇ…っ♪)」

はやり「(前戯…するぅ…?)」

はやり「(京太郎君の準備してあげ…なきゃぁ…♪)」スル

はやり「ふあ…っ♪ちゅ…むぅ…?」

はやり「(えへ…京太郎君のズボン脱がせちゃった…ぁ♪)」

はやり「(キスしながらでも…案外出来るものなんだね…?)」

はやり「(ちょぴり嬉しいけど…でも、それに浸ってられ…ない…っ♪)」

はやり「(私の理性、もう完全に吹っ飛んじゃってるんだからぁ…?)」

はやり「(身体中のあっちこっちで京太郎君の事、欲しくて欲しくて堪らないからぁっ♪)」

はやり「(きっと…あんまり我慢…出来ないぃ…?)」

はやり「(きっと数分で堕ちちゃう…ぅ♪)」

はやり「(子宮に負けて…オチンチンレイプする…からぁ…?)」ナデナデ

京太郎「んあ…あぁ…っ」

はやり「(その前に…精一杯優しくしてあげる…ぅ?)」

はやり「(京太郎君がオマンコに負けたりしないように…ぃ♪)」

はやり「(パンツの上から一杯ナデナデして…っ?)」

はやり「(玉の方もゆっくり揉んで…精液の準備させてあげるね…♪)」サワサワ

はやり「(私でイけるように…誠心誠意、前戯するから…ぁっ?)」

京太郎「…く…ぅ」チュゥ

はやり「んんんんっ??」

はやり「(あ…な、何…何…ぃいっ♪)」

はやり「(や、やだ…今のもしかして…っ♪)」

はやり「(京太郎君…からキスしてくれたの…っ?)」

はやり「(口の中、好き放題に動きまわってた私の舌に自分から触れてくれて…ぇ♪)」

はやり「(ヌルヌルが…あぁぁ…♪)」

はやり「(おいしくてエッチなヌルヌルが…絡みついてくる…ぅ?)」

はやり「(京太郎君の愛が篭った…エッチなお汁…ぅ♪)」

はやり「(愛液が…私の舌にべったり張り付いて…っ?)」

はやり「(こんなの…ぉ♪こんなの…幸せすぎる…ぅう?)」

はやり「(舌の根元まで美味しいの伝わって…口から頭に幸せなのが届いてぇ…♪)」

はやり「(脳が…蕩けちゃうぅ…?)」

はやり「(私…こんなの中毒になるよぉ…♪)」

はやり「(キス中毒で…入院…しちゃうぅ…??)」

はやり「(私も…するぅ…♪)」

はやり「(京太郎君と一杯一杯…死ぬまでキスするのぉ…っ?)」レロォ

はやり「(幸せなディープキスぅ…♪)」

はやり「(ラブラブエッチなベロチューするぅう…♪)」クチュゥ

はやり「(……あぁぁ…っ♪でも…どうしよぉ…?)」

はやり「(キスもそうだけど…私、前戯もしなきゃなのに…ぃ♪)」

はやり「(頭の中一杯で…両方ともちゃんと…出来ない…っ?)」

はやり「(キスしながらオチンチンのお世話とか…絶対に無理だよぉ…♪)」

はやり「(幸せだけど…ぉっ♪でも…その所為で…困っちゃう…ぅ?)」

はやり「(こんな時の為に…私がもう一人いれば…良いのに…っ♪)」

はやり「(そうすれば…キスも前戯も…完璧に出来て…ぇ?)」

はやり「(京太郎君も私も…とっても幸せになれるの…にぃ…♪♪)」ナデ

京太郎「あ…ぁっ」ビクン

はやり「(あ…はっ…♪)」

はやり「(出て…出てきちゃったぁ…?)」

はやり「(京太郎君のオチンチンからぁ…っ♪)」

はやり「(彼の淫乱ビッチンポからぁ…?)」

はやり「(カウパーぁ…♪先走り汁…がぁ…♪)」

はやり「(これ…出ちゃったら…良いよね…?)」

はやり「(もう…準備出来たって事…だよね…♪)」

はやり「(私の手で京太郎君が気持ち良くなって…っ♪)」

はやり「(オマンコ受け入れる準備が…できちゃったんだよね…っ?)」キュゥゥン

はやり「(そうじゃなくても…私、もう止まれない…ぃ♪)」

はやり「(ずっと…ずっと我慢してたんだからぁ…?)」

はやり「(京太郎君のオチンチン欲しくてぇっ?)」

はやり「(ラブラブレイプしたくてぇ…っ♪ずっと我慢…してたからぁあっ?)」チュパァ

はやり「ん…ふぅ…うぅ…♪」レロォ

はやり「(あぁ…?私と京太郎君の唾液が…ぁ♪)」

はやり「(混ざり合いながら糸を引いたみたいになって…とってもエッチ…ぃ?)」

はやり「(自分がさっきまでキスしてたんだって事が…視覚でハッキリと分かっちゃう…ぅ♪)」

はやり「(正直…また我慢できずに…キスしちゃいたい…?)」

はやり「(京太郎君の唇に私の唾液しかなくなるまで貪りたい…ぃ♪)」

はやり「(でも…私…もうダメなんだよ…♪)」

はやり「(もう…もうオチンチンの事しか考えられない…っ?)」

はやり「(このオチンチンに私の処女捧げる事ばっかり考えちゃってるの…ぉっ♪)」ドロォ

はやり「(だから…あぁ…♪)」

はやり「京太郎く…ぅん…?」ハァハァ

はやり「もう…挿入れるよ…♪」

はやり「このまま…セックスするからね…っ?」

京太郎「ふぇ…ぇ…」ハッ

京太郎「って、だ、ダメですよ…」

京太郎「す、するのは良いですけど、でも、ゴムつけないと…」

はやり「…そんな余裕…もうないよぉ…っ♪」

はやり「お財布の中にあるコンドームなんて取りにいけない…ぃ?」

はやり「私…もう無理なの…っ♪」

はやり「一分だって待てない…っ?」

はやり「もうセックス馬鹿になってるんだよぉ…♪」モゾモゾ ボロン

はやり「は…あぁぁぁああ…?」ブル

はやり「相変わらず…すっごい匂い…ぃ♪」

はやり「オチンチンに顔を近づけなくても…分かるよぉ…?」

はやり「発情したオスの匂いで…ムンムンになってるぅ…♪」

はやり「何時もの…京太郎君のオチンチンになっちゃってるうぅぅ…?」ハァハァ

京太郎「は、はやりさん…!?」

はやり「…うん…分かってる…ぅ♪」

はやり「京太郎君も…挿入れたいんだよね…?」

はやり「折角の初めてなんだから…ナマが良いんだよねぇ…♪」

はやり「大丈夫だよ…っ♪私もそうだからぁ…?」

はやり「生セックス…ぅっ?ずっと夢見てたからぁ…っ♪」スッ

はやり「だから…するね…っ?」

はやり「パンツから顔を出してる…京太郎君のオチンチンとぉ…っ♪」

はやり「私のグチョグチョビンビンになったオマンコと…ナマセックスするよ…ぉっ?」グイッ

京太郎「ちょ…だ、ダメ…っ」

はやり「よい…しょぉおっ♪」ズッチュゥゥウ

京太郎「あ…あぁああああっ」ビククン

はやり「ふあ…あぁああぁあ…っ♪♪」ブルル

はやり「(す…ごぉぉお…いぃ…♪)」

はやり「(ほ、本当に…先っぽ挿入れただけで…軽くイっちゃった…あぁあ…?)」

はやり「(何とか潮吹きはこらえたけど…完全にこれドライオーガズム…しちゃったよぉ…ぉおっ♪)」

はやり「(やっぱり…これ…反則…うぅ…?)」

はやり「(初めてフェラした時から思ってた…けど…ぉっ♪)」

はやり「(京太郎君…名器過ぎ…いぃっ?)」

はやり「(女の子を捉えて離さない…魔性のオチンチン…だよぉ…♪)」ブル

はやり「(硬さも…熱も…大きさも…形もぉ…おぉっ♪)」

はやり「(女の子をイかせる為だけに特化してるとしか…思えないんだか…らぁ…?)」

はやり「(で、でも…ぉっ♪)」

はやり「(でも…私…負けないよ…おぉっ?)」

はやり「(私はきっと…ううん、間違いなく虜になっちゃう…けど…っ♪)」

はやり「(でもそれ以上に…京太郎君の事を虜にしちゃうぅ…?)」

はやり「(私以外じゃイけなくなるように調教しちゃうん…だからぁあっ??)」ジュルゥゥ

京太郎「(な…なん…だ、コレ…!?)」

京太郎「(明らかに…明らかに…おかしい…っ!)」

京太郎「(俺は…確かに童貞だけど…経験なんてないけど…)」

京太郎「(でも…毎日、はやりさんにフェラされて来てたんだ…ぞ…っ)」

京太郎「(一発数分でイかされる魔性のフェラに鍛えられてたはず…なのに…ぃ)」

京太郎「(なのに…なんで挿入れただけでイきそうになってるんだよ…っ)」

京太郎「ちょ、はやりさ…すとっぷ…っ」

はやり「ダ…メ…えぇっ?」ジュプゥ

京太郎「うあああっ」

京太郎「(だ、ダメだ…!気持ち…良すぎる…っ!)」

京太郎「(はやりさんの中…あっちこっちにエロい突起が生えてて…っ)」

京太郎「(挿入してるだけなのに…まるでチンポがしごかれているように感じる…うぅっ)」

京太郎「(完全に…コレ男から精液絞りとる為の肉穴じゃない…かよ…っ)」

京太郎「(はやりんのフェラがまるでお遊びに思えるくらい…ヤバイ…いぃっ)」

京太郎「(まるでサキュバスみたいな…オマンコ…おぉ…っ)」ビククン

はやり「あはぁ…っ♪すっごい…ぃっ?」

はやり「ホント…すっごいよぉ…ぉ♪」

はやり「京太郎君のオチンチン…ぅっ?」

はやり「挿入って来る度に…私、軽くイってるぅ…♪」

はやり「ドライオーガズム連続して…もう、腰ビクンビクン…してるよぉ…っ?」

京太郎「はぁ…はぁ…あぁ…」

はやり「でも…京太郎君、まだ…だよね…♪」

はやり「私もう沢山イっちゃってるけど…京太郎君、まだイけてないよね…ぇえ♪」

はやり「だから…私がイかせてあげる…うぅ?」

はやり「このまま奥まで一気に挿入れて…射精させてあげる…ねぇ…っ♪♪」

京太郎「だ、ダメ…」

京太郎「な、膣内は…っ!膣内だけはダメですって…!」

京太郎「一回抜いてくださ…っ」

はやり「聞こえ…なぁいっ♪♪」ジュズズズゥゥ

京太郎「う…ひあぁああぁっ」ビュルル

はやり「ふ…ああぁあああぁああああっ??」ビククン

はやり「(あ゛ー…っ♪)」

はやり「(う…あ゛ぁー…っ♪♪♪)」

はやり「(…今の…す、すっごいアクメ…だった…ぁあ…??)」

はやり「(京太郎君が私の奥にたどり着いたと思ったら…ぁ♪)」

はやり「(オチンチンの先っぽから…ビュルビュル射精してぇ…?)」

はやり「(子宮にナマ射精された瞬間…アクメ弾けちゃった…よぉ…♪♪)」

はやり「(子宮で快楽の爆発みたいなのが起こって…か、身体中に電流走って…ぇ??)」

はやり「(フェラしながらイくのよりも…ずっとずっと気持ち良かったぁ…あ♪)」

はやり「(フェラアクメよりも気持ち良くなれちゃうなんて…想像して…なかったよぉ…お??)」トローン

はやり「(…でも、その所為で半脱ぎになった京太郎君の上で…思いっきり潮吹きしちゃってぇ…♪♪)」ピュル

はやり「(今も…潮の余韻が収まらな…いぃ…??)」

はやり「(私…今、かつて無いほどマジイキしちゃってる…ぅう…♪♪♪)」

はやり「(子宮に大好きな人の精液ぶっかけられて…っ??)」

はやり「(無理やり、妊娠させるアクメに…こんなにも…溺れちゃって…えぇえ…っ♪♪♪)」

京太郎「(し、死ぬかと思った…)」

京太郎「(奥まで挿入された瞬間…はやりさんのアソコがキュンキュンしまって…)」

京太郎「(ただでさえ気持ち良いのが…数割マシになった瞬間、我慢なんてできなくなった)」

京太郎「(ナマだって分かってるのに…思いっきり射精してしまって…)」

京太郎「(しかも、その間も…はやりさんのオマンコはまったく容赦してくれない)」

京太郎「(俺の射精に合わせるようにして、あっちこっち収縮して…)」

京太郎「(本気で…一滴残らず搾り取られちゃいそうだったわ…)」

京太郎「(まぁ…その分、気持よかったんだけど…)」

京太郎「(でも、今、倦怠感が…凄い)」

京太郎「(フェラされてた時以上に…身体がダルくて動かないや…)」

京太郎「(でも…これで終わりだよな)」

京太郎「(俺は今、思いっきりイッて…)」

京太郎「(そしてはやりさんも多分、イったんだから)」

京太郎「(これでもう満足してくれるはず…)」

はやり「ん…くぅうぅぅううっ♪♪♪」ジュル

京太郎「んあああっ!」

京太郎「ま、待って、はやりさん…!?」

京太郎「お、俺もうイった!」

京太郎「イきましたからっ!」

はやり「うん…っ♪知ってるよぉ…?」

はやり「私の子宮に…たぁくさんビュッビュしてくれたよねぇ…?」

はやり「そのお陰で…私もすっごいアクメきちゃったよぉ…♪」

はやり「人生で…一番、気持ち良くて…幸せなアクメだったぁ…??」

京太郎「だ、だったら…」

はやり「でも…ね…♪♪」

はやり「私…もうそれにハマっちゃったの…?」

はやり「あんまりにも気持ち良くて…幸せだったからぁ…♪♪」

はやり「私…もっともっとそれが欲しくて堪らなくなったのぉ…っ??」

京太郎「~っ」ゾッ

はやり「京太郎君も…そうだよね…ぇ♪」

はやり「私の中で…オチンチンまだカチカチなままなんだから…?」

京太郎「そ、それは…はやりさんの中が気持ち良すぎて…っ」

はやり「うん…?だから…一杯、味わわせてあげる…ぅ♪」

はやり「私のオマンコぉ…っ?種付けセックスぅ…♪♪」

はやり「癖になるまで…童貞チンポに教え込んであげるからぁっ??」グジュゥ

京太郎「ひああぁ…っ」

はやり「んふぅ…っ♪可愛い…ぃ?」

はやり「可愛い声…ぇっ??」

はやり「ついさっきまで童貞だったなんて思えないくらいのエロ声だよぉ…♪♪♪」

はやり「そんな京太郎君には…優しいエッチなんて…要らない…よねぇ…??」

はやり「無理やり犯されるような…ラブラブレイプが…大好きなんで…しょぉっ??」ブチュゥ

京太郎「ち、ちが…っ」

はやり「嘘言ってもダメだよぉ…♪」

はやり「私のオマンコでビクンビクンしてるオチンチンはそんな事言ってないもの…?」

はやり「もっともっと犯してぇって言いながら…カウパー漏らしてる…ぅ♪♪」ウットリ

はやり「可愛い…ぃ?」

はやり「本当に可愛いオチンチン…ぅっ??」

はやり「こんなオチンチン持ってるのに…マゾじゃないなんて嘘だよぉっ♪♪♪」

はやり「本当はずっと犯されたかったんでしょぉ…っ?」

はやり「私に滅茶苦茶に…レイプされたかったんだよ…ねぇ…っ♪」グイッ

京太郎「あひぃぃいっ」

はやり「ん…うぅっ♪♪」ビクン

はやり「あはぁ…?弱点…見つけたぁ…♪♪」

はやり「ココ…なんだね…?」

はやり「京太郎君の…童貞チンポぉ…♪♪」

はやり「ここでクイって腰揺らされると…すぐにダメになっちゃうんだぁ…?」クイクイ

京太郎「ひいぃいっ」ビククン

はやり「もぉ…京太郎君、分かりやすすぎるよぉ…?」

はやり「処女の私に…こうも良いようにされちゃうなんて…ぇ♪♪」

はやり「やっぱり…監禁して正解だったよぉ…?」

はやり「こんな淫乱ビッチンポじゃ…すぐに堕ちちゃう…ぅ♪♪」

はやり「一回でもレイプされたら…後はもうマゾ奴隷一直線だからぁ…??」

はやり「だから…私が鍛えてあげる…ねぇ…♪♪」

はやり「他の人には出来ない…愛のあるレイプでぇ…??」

はやり「京太郎君が私以外の女に堕ちないように…特訓する…ぅっ♪♪」

はやり「このオチンチンの所有者が誰なのか…ハッキリと身体に教え込んであげるんだから…ね…っ♪♪」ギュゥ

京太郎「うあ…あぁああっ」ビュルル

はやり「ん…くううぅううっ♪♪♪」

はやり「ふふ…?もう二回目イっちゃったんだぁ…♪♪」

はやり「本当に…敏感なダメチンポなんだからぁ…??」

はやり「特訓の課題に…持久力も加えないと…ね…っ♪♪♪」パンパン

京太郎「ま、待…ってぇっ!」

京太郎「お、お願いしますっ!」

京太郎「休憩っ!少しだけ休ませて…っ」

はやり「そんなの…却下に決まってる…よぉっ♪♪」ジュルル

京太郎「あおおおっ」ビククン

はやり「レイパーが…京太郎君の都合を考慮してくれるはず…ないでしょぉ♪♪」

はやり「一回始まったら…潮がなくなるまで犯されっぱなしなんだからぁ…??」

はやり「京太郎君も…我慢しなきゃ…ダメぇ…♪♪」

はやり「イキっぱなしのエロチンポに慣れなきゃいけないんだよぉ…お??」

京太郎「む、無理…ぃいっ」

京太郎「こ、こんなの無理ですっ!」

京太郎「き、気持ち良すぎて…つ、辛いくらいなのに…っ」

京太郎「た、耐えられる訳…が…あぁあああっ」

はやり「~~~っ???」ゾックゥゥ

はやり「大丈夫…だよぉ…♪」

はやり「耐えられなくても…私がずっとお世話してあげる…からぁ…??」

はやり「何時もみたいに誠心誠意お世話してぇっ♪♪」

はやり「誰よりもずっとずっと愛してえ…??」

はやり「一生、私の大事なダーリンとして…飼ってあげるよぉっ…♪♪」

はやり「だから…安心して壊れて…ぇ??」

はやり「私の中で滅茶苦茶になって…っ♪♪♪」

はやり「壊れるくらいにイっちゃって良いのっ??」

はやり「アクメしまくってアヘアヘになっても…私は大丈夫だから…ぁあっ♪♪♪」グジュルルル

京太郎「お…ほぉおぉおおぉっ」ビュルルルル

はやり「はぁ…ああぁあっ♪♪♪」プッシャァア

はやり「三回目…射精ちゃった…ねぇ…??」

はやり「でも…まだまだイく…よぉ…♪♪」

はやり「京太郎君の絶倫チンポがダメになるまで…イキっぱなしにしちゃうんだから…あぁあっ♪♪♪」

京太郎「も、もう…許…許し…へぇ…っ」

はやり「許すも何も…ないよぉ…っ?」

はやり「だって、これは…京太郎君の為にしてるんだから…ねぇ…♪♪」

はやり「今は辛いかもしれないけど…きっと後で私に感謝するときが来る…からぁ…??」

はやり「だから…頑張れ…っ??」

はやり「頑張れ…?頑張れ…ぇ??頑張って…えぇっ???」

はやり「私は…応援してる…よぉ…っ♪♪」

はやり「京太郎君と同じイキっぱなしの身体でぇっ??」

はやり「アヘアヘになったオマンコをアクメでキュンキュンしめながらぁ…ぁっ♪♪♪」

はやり「一緒に…頑張ってるからぁ…??」

はやり「心を鬼にして…レイプしてるからぁ…っ♪♪」ジュップゥゥゥ

京太郎「ひ…いぃいいいっっ」

はやり「あはぁ…♪これも…なんだね…っ♪♪」

はやり「体重掛けながらオチンチンジュポジュポするのぃっ??」

はやり「種付けする為の…エロピストン気に入ってくれたんだぁあ…♪♪」

はやり「だったら…もっと…もっとやってあげる…うぅっ♪♪♪」パンパンパンパンパン

京太郎「あひいぃいいぃっ」

京太郎「そ、それ…は、激し…ひぃいっ」

京太郎「もっろ…もっろゆっきゅりぃいいいっ」

はやり「激しいからこそ特訓になるんでしょぉ…??」

はやり「それに…京太郎君のオチンチンはとっても喜んでくれてるよぉ…っ♪♪♪」

はやり「私のお尻がパンパン鳴る度にオチンチンビクビクしちゃってるんだもの…??」

はやり「本当は…興奮してるんでしょぉ…っ♪♪♪」

はやり「淫乱マゾな京太郎君はこういう強引な種付けレイプが良いんでしょぉおっ??」

はやり「私…もう分かってるんだからね…っ♪♪」

はやり「京太郎君がどれだけエッチなのかも…ぉっ??」

はやり「イく時に…どんなオチンチンになっちゃうのかもおぉっ♪♪♪」

はやり「またイきそうなんでしょぉっ♪♪」

はやり「ダメダメって言っても…またアクメしちゃいそうなんだよね…っ???」

京太郎「ら、らって…ぇ。らって…それ…はぁあ…」

はやり「言い訳なんかしちゃダメ…だよぉっ♪♪♪」

はやり「私のオマンコ…もう誤魔化せないんだからぁっ??」

はやり「私のアクメマンコは…もう京太郎君専用なんだからね…っ♪♪♪」

はやり「何考えてるのか…全部、オチンチンから分かるんだよぉっ♪♪」

はやり「私が処女を捧げたオチンチン…だからぁ…っ??」

はやり「世界で一番愛してる人の淫乱ビッチンポだからぁあっ♪♪♪」

はやり「だから…嘘ついても…ダメ…ぇえ??」

はやり「本当はイきたがってるの…分かってる…んだもん…っ???」

はやり「許してなんて…あげないぃっ♪♪」

はやり「このまま…イかせ…ちゃうぅ…??」

はやり「種付けプレスで…壊しちゃうんだからぁあっ???」パンパンパンパンパン

京太郎「んひぃいいぃいいいいいい」ドップゥゥゥウ

はやり「あはぁ…♪やっぱり…まだまだ…特濃ぉ…っ??」

はやり「京太郎君の絶倫チンポ…?まだ全然…余裕だよぉ…♪♪♪」

はやり「このままじゃ…私のほうが先にノックアウトされちゃいそぉ…お??」ウットリ

京太郎「は…ひぃ…いぃ…」

京太郎「おねが…もうやめ…やめ…へぇ…」

京太郎「助け…おねが…ひぃ」

京太郎「こ…にょままじゃ俺…し、死にゅ…うぅ…」

はやり「…………じゃあぁ…??」

はやり「京太郎君…誓ってくれる…?」

京太郎「にゃ…に…ふぉぉ…」

はやり「一生、私の搾精奴隷になるって…??」

京太郎「さくせぇ…どれ…へぇ…」

はやり「うん…♪何時でもどこでも…私の言う事に逆らわない…??」

はやり「私だけの…愛しくてエッチな…愛玩奴隷になってくれない?」ナデナデ

京太郎「な…な…りゅぅ…」

京太郎「なり…まひゅから…ぁ」

京太郎「らから…も…おぉぉ…」

はやり「…ありがとう?」チュゥ

はやり「それだけ聞ければ…十分だよ…??」ニコ

京太郎「はぁ…は…ぁあ…」ホッ

はやり「…後は遠慮なく壊せる…ものね…っ♪♪」ジュップゥゥウ

京太郎「あ゛ぁあぁああ゛ぁああっ」ビククン

京太郎「にゃ、なんれえっ。ど、どうひてええっ!?」

はやり「だって…京太郎君は私の奴隷なんだよ…ぉ♪♪♪」

はやり「一生、私の為に…精液捧げる子になったんだから…ぁ??」

はやり「壊しちゃっても…大丈夫…だよ…ねぇ…♪♪」

はやり「京太郎くんも…それが本望…なんでしょぉっ???」

京太郎「ひぐぅぅううぅううっ」ブツン

京太郎「は…あ゛…あぁあっ」

京太郎「は…ひう゛うぅぅぅ゛ぅ…っ」ビクンビクン

はやり「あ…は…っ♪」

はやり「もう…頭の中、キれちゃったんだね…??」

はやり「もう完全にアへ顔晒して…頭の中も真っ白なんでしょ…♪♪♪」

はやり「でも…ここだけは…あぁっ♪♪」ズルゥ

はやり「ここだけは…まだ…カチカチ…ぃっ??」

はやり「もう頭の中までイっちゃったのに…オチンチンだけはこんなに元気だなんて…ぇ♪♪♪」

はやり「本当に京太郎君は…淫乱なんだか…らぁ…??」

はやり「お世話が…お世話がとっても…たいへ…んだよぉ…お♪♪♪」

はやり「私…もうこれまでに百回以上はイってるぅぅ…っ??」

はやり「こんなに気持ち良くて…絶倫なオチンチン…っ♪♪」

はやり「私じゃなきゃ…ダメなんだから…ね…??」

はやり「一生、お世話し続けるなんて…不可能…なんだか…ら…ぁ???」

京太郎「は…ひ…いぃ゛いぃぃぃ…ぃ゛」ビュクビュク

京太郎「(…それから数ヶ月してはやりんは落ち着いた)」

京太郎「(原因は勿論、彼女が妊娠したから)」

京太郎「(…そりゃ毎日、ナマでセックスしてりゃ妊娠もするわな)」

京太郎「(だからこそ、俺は毎日、それを拒もうとしてたんだけど…)」

京太郎「(でも、はやりんはまったく聞いてくれなくて…)」

京太郎「(結局、流されるままに毎日、生セックスしてた)」

京太郎「(だから、内心、妊娠報告も覚悟してたんだけれど…)」

京太郎「(それでも最初にそれを聞いた時は気が遠くなってしまった)」

京太郎「(子どもの将来の事とか結婚の事とか色々と頭の中を巡ったのを今でもよく覚えてる)」

京太郎「(…それでも自分の事を見失わなかったのは、はやりさんの事が好きだからだろう)」

京太郎「(まぁ…セックスの時はちょっと…いや、かなり過激な人ではあるけれども)」

京太郎「(でも、それ以外は相変わらず…ううん、それまで以上に俺の事を愛してくれていたから)」

京太郎「(だから、俺はその報告に戸惑いながらも喜ぶ事が出来た)」

京太郎「(で、その後は落ち着いたはやりさんと一緒に数カ月ぶりに部屋を出て…)」

京太郎「(そのまま実家に挨拶しに行った)」

京太郎「(ぶっちゃけ、数カ月ぶりに会った両親に驚かれると思ったんだけど…)」

京太郎「(思いの外…と言うか反応はかなり普通だった)」

京太郎「(俺の首についている首輪にまったくツッコミをいれなかったし)」

京太郎「(母さんなんか綺麗な女の人に捕まってよかったわね、と嬉しそうにしてた)」

京太郎「(…正直、俺は未だにこの世界の基準がよく分からない)」

京太郎「(が、まぁ…はやりさんの事を訴えるとかそういう方向にいかなくて安心した)」

京太郎「(始まりこそ歪なもんだったが、俺は本気で彼女の事を愛しているし)」

京太郎「(両親とはやりさんとの間がギクシャクするのは、俺としても本意じゃない)」

京太郎「(今年の俺の誕生日が来たら)」

京太郎「(つまり俺が16になったら結婚するつもりだからな)」

京太郎「(まぁ、その為の挨拶ついでに実家に戻ったんだが…)」

京太郎「(あの石版はどこにも見つからなかった)」

京太郎「(両親に聞いても、そんなもの覚えてないって言うし…)」

京太郎「(そもそもあの石版は本当に存在したのかさえ今は分からない)」

京太郎「(…まぁ、正直、存在しないほうがありがたいんだけどさ)」

京太郎「(あんな風に世界を簡単に変えられるものなんてないほうが良い)」

京太郎「(俺の気が狂ってて…記憶が間違っていたんだって)」

京太郎「(そっちのほうが遥かに気楽なんだからさ)」

京太郎「(…ま、何はともあれだ)」

はやり「ん…また動いた」

京太郎「みたいだな」

京太郎「はやりさんに似て随分とやんちゃだ」

はやり「もう…私がやんちゃなのは京太郎君に対してだけだよ」ニコ

京太郎「そのやんちゃで何度も壊されかけたんですが」

はやり「…壊れても良かったのになぁ」

京太郎「怖い事言わないでくれよ…」

はやり「本気だよ」

はやり「壊れたら京太郎君は何処にも行けないし…それでも良いかなって」

京太郎「(相変わらず俺の嫁の愛は重い)」

京太郎「…でも、そうなったらさ」

京太郎「こうやって二人でこの子が生まれてくるのを心待ちに出来なかっただろ」ナデ

はやり「…………うん」

京太郎「だからさ、多分、これで良かったんだよ」

京太郎「両親揃って子どもの誕生を祝福してあげられるに越した事はないんだしさ」

はやり「…祝福してくれる?」

京太郎「当然だろ」

京太郎「俺とはやりさん…俺の大好きな人の子なんだ」

京太郎「心から祝福するさ」

はやり「…大好きなだけ?」ペロ

京太郎「あ、あの…」

はやり「…私ね、子どもにも…ちゃんとパパの事を教えてあげるべきだと思うんだ…?」

はやり「パパが私にとってどんな存在なのか…赤ちゃんの頃から…しっかりと…ね…♪♪」

京太郎「は、はやりさん…?」

はやり「…違うでしょ?」チュゥ

京太郎「んぐ…っ」

はやり「…ご主人さま…は?」

京太郎「ご、ご主人…様…」ハァハァ

はやり「ふふ…♪キスしただけでもうガチ勃起しちゃって…?」

はやり「そんなに淫乱な身体で…人並みにパパになんてなれるはずないでしょ…♪♪」

はやり「…おいで、今日も私のオマンコで鍛えてたげる…??」

はやり「今夜も…朝までイキっぱなしだよ…♪♪♪」ペロ

京太郎「(…まぁ、正直なところ)」

京太郎「「(普通の恋愛とはちょっと違った形であるのは否めない)」

京太郎「(まだ安定期にも入ってないのに、はやりさんの性欲は強いし)」

京太郎「(毎日、変わらず『特訓』させられてしまってる)」

京太郎「(…でも、そんな日々が俺は幸せだ)」

京太郎「(はやりさんと一緒にいれて…)」

京太郎「(そして…ご主人様との間に子どもまでできたんだから)」

京太郎「(勿論、これからも色々と波乱はあるだろうし)」

京太郎「(今の生活に後悔する事はあるかもしれない)」

京太郎「(でも…それを乗り越えていく事が出来る)」

京太郎「(はやりさんとなら…これから先も幸せでいる事が出来る)」

京太郎「(俺は…そう信じているから…)」

京太郎「も、もぉっもうゆるひてええっ」

はやり「ダメだよ…ぉっ?まだ三時間しか経ってないんだからぁ…??」

はやり「赤ちゃんの為にも…まだまだいぃっぱい精液出してもらわなきゃ…ねぇ…っ♪♪♪」グッチュグッチュ


カンッ