京太郎「あ゛ー……」

京太郎「(…昨日の俺は間違いなく頑張った)」

京太郎「(あの誘惑を良く断ち切れたもんだと褒めてやりたいところだ)」

京太郎「(…でも、一晩立っていくらか冷静になるとさ)」

京太郎「(やっぱり惜しかったってそう思うんだよなー…)」

京太郎「(あそこで流れに身を任せておけば、脱童貞出来てもおかしくなかったのに!のに!!)」

京太郎「(しかも、相手はあの和…!!)」

京太郎「(何度も脱童貞した相手とのセックスを逃したかもしれないとなれば…!!)」

京太郎「(正直…失敗したかもしれないってそんな言葉が浮かんできたりもする)」

京太郎「(あー…今からでもあの時に時間戻ったりしないかなー…)」

京太郎「(するはずないよなー…)」

京太郎「(…つーか、戻っても多分、俺は同じ選択肢を取りそうだし…)」スタスタ フニョン

京太郎「わぷっ」

「きゃんっ!?」

京太郎「(…あれ?なんだこの柔らかさは)」

京太郎「(顔全体に広がるこの甘い感触は…)」

京太郎「(ま、まさか…!!)」

京太郎「(O PPA I !!!!)」

はやり「あ、あの…」

京太郎「(うぉお!!おっぱいだ!!)」

京太郎「(しかも、この柔らかさ…そして質量…!!)」

京太郎「(これは和クラス…いや、下手をすればそれ以上かもしれない…!)」

京太郎「(まさか階段を登っているだけでこれほどのおっぱいに遭遇出来るとは…!)」

京太郎「(…やはり昨日、頑張った俺の事を神様は見ててくれたんだな)」

京太郎「(ありがとう、おっぱいの神様…)」

京太郎「(俺は今、最高に幸せです…)」ウットリ

はやり「…あのー…大丈夫?」

京太郎「…ハッ!」

京太郎「(し、しまった、あまりの心地良さにトリップしてしまったぜ…)」

京太郎「(この俺とした事が…これほどのおっぱいさんに気遣われてしまうとは…)」

京太郎「(一人のおっぱい紳士としてはあまりにも失格…!)」

京太郎「(だから、ここは…早くこのおっぱいから離れて…離れて…)」

京太郎「…らいじょうぶです」モニュモニュ

はやり「…そ、そう?」

はやり「それなら良いんだけど…」

はやり「(…なんでこの子私から離れようとしないんだろう?)」

はやり「(いや…まぁ、別に嫌って訳じゃないけれどね)」

はやり「(アイドルになってファンも増えたけど…この胸の所為か、全然、モテないままだったし…)」

はやり「(男の人とこんなに触れ合った機会なんてもう一年…いや、下手をすれば数年単位でないし…)」

京太郎「(ってちげええええええ!!)」

京太郎「(何をやってるんだ、俺は!!)」

京太郎「(幾らこのおっぱいさんがおっぱいに負けない心の広さだと言っても!!)」

京太郎「(貧乳には絶対に真似出来ない淑女っぷりだったとしても!!!)」

京太郎「(それに甘えておっぱいに溺れるなど言語道断!)」

京太郎「(ここはこれ以上、迷惑を掛けない為に離れなければ…!)」スッ

はやり「(…あ、離れちゃうんだ…)」

はやり「(ちょっと勿体無かったかな……って言うのは、あんまりにもがっつき過ぎかなぁ…)」

はやり「(でも、この子、結構、身体大きいし…いい匂いもしてるんだよね)」

はやり「(何処かの香水って感じじゃないし…多分、体臭だと思うんだけど…)」

はやり「(正直、香水だって思えるレベルでいい匂いがする子に抱きつかれて悪い気はしないよね)」

はやり「(うん、別にこの年になっても結婚相手どころか恋人がいなくて焦ってる訳じゃないから)」

はやり「(これくらい女の子としては普通だし)」

京太郎「って…は、はやりん!?」

はやり「あ、私の事、知ってるんだ」

京太郎「俺らくらいの雀士で、はやりんの事知らない奴なんてモグリですよ!!」

京太郎「つーか、俺が麻雀を始めたキッカケははやりんですし!!」

はやり「そうなの?」

京太郎「はい!俺が何か新しい事始めようと思ってた時に、牌のお姉さんの麻雀教室を見て!」

京太郎「(そのおっぱいに惹かれて)麻雀をやり始めようと思ったんです!!」

はやり「そ、そうなんだ…なんだかちょっと恥ずかしいな」テレテレ

はやり「でも、嬉しい、ありがとね」ニコ

京太郎「いえいえ、こっちの方こそありがとうございます」

京太郎「はやりんのお陰で、俺は沢山、素敵な事に出会えました!」

京太郎「友達も沢山出来て…麻雀も楽しくて…」

京太郎「本当にはやりんには感謝しています!!」グッ

京太郎「(…って待てよ?)」

京太郎「(と言う事は俺がさっき包まれてたのははやりんのおっぱい…!?)」

京太郎「(あのあこがれのはやりんの胸の中でハスハスしてたって事なのか…!?)」タラァ

はやり「…え?」

京太郎「あ、す、すみません…鼻血が…」

はやり「だ、大丈夫?」

京太郎「大丈夫っす。こ、これくらいすぐに治ります」ハナツマミ

はやり「ダメだよ、鼻血って甘く見ると大変な事になるから」

はやり「えーっと…そうだ。こっちに来て」ギュッ

京太郎「ふぁ、ふぁ…っ」

京太郎「(は、はやりんの手が!手が!!)」

京太郎「(俺の事を掴んで、先に進んで…!!)」

京太郎「(憧れのはやりんのおっぱいにダイブしただけじゃなくてこんな役得があるなんて…)」

京太郎「(お、俺は今日、死んでしまうかもしれない…)」

はやり「(あ…この子の手、おっきくて硬い…)」

はやり「(ってそりゃそうだよね)」

はやり「(この会場にいるって事は、この子も高校生って事なんだし)」

はやり「(私から見たら一回り近く下だけど…でも、もう立派な男なんだ)」

はやり「(…ってそんな子の手を繋いじゃうとか…よくよく考えてみると危ない?)」

はやり「(もしかしなくても…即座に通報案件かも…?)」

はやり「(で、でも…鼻血流してる子の事を放っておく訳にはいかないし…)」

はやり「(仕方ない…うん、これは仕方ない事だよね)」

はやり「(…でも、スキャンダルになったりしない事を一応、祈っておこう)」

はやり「よし。到着」

京太郎「あ、あの…」

はやり「はい。君はそこに座って」

はやり「後、ティッシュここにあるから鼻に詰めておいてね」

はやり「顔を上に向けるのは血が逆流して大変な事になるからダメだよ」

はやり「少しうつむき加減になって待っておいてね」

京太郎「ふぁ、ふぁい…」

はやり「うんうん。良い子」

はやり「じゃあ、そのまま待機しててね」

はやり「私、そこの自販機で冷たいものを買ってくるから」

京太郎「(…なんつーか、すげぇよな)」

京太郎「(勿論、俺もはやりんがずっとテレビの中のキャラだって思ってた訳じゃないけどさ)」

京太郎「(でも、こんな風にキビキビ鼻血の処置をする姿と…)」

京太郎「(テレビの中のキャピキャピしたはやりんの姿は重ならない)」

京太郎「(もう十年近く牌のお姉さんやってるって話だけど…)」

京太郎「(それでもやっぱりはやりんも大人なんだなぁ)」

京太郎「(ただ、それで幻滅したりはしない)」

京太郎「(そもそもアレがテレビ向けのキャラだって言うのは最初からわかってるし)」

京太郎「(寧ろ、こうやってしっかりしてるはやりんも魅力的で良いって言うか)」

京太郎「(大人のお姉さんって感じで結構、ドキドキする)」




ガチャガチャゴトン

はやり「おまたせ」

はやり「で、このお茶をちょっと鼻のところに当てておいてくれる?」

はやり「冷やすと血管が収縮して早めに血が止まりやすくなるから」

京太郎「ふぁい」ソッ

はやり「後は多分、数分もすれば血が止まるはずだけど…」

はやり「あんまり長い間、止まらなかったら病院行く事も考えた方が良いかも」

はやり「鼻血だけならばまだしも何かの初期症状である可能性も考えられるし」

京太郎「ふぁりがとうごじゃいます」

はやり「ううん。気にしないで」

はやり「って言うか、多分、私の所為だと思うから」

はやり「その…不注意でぶつかっちゃってごめんね」

京太郎「ひあ、アレは踊り場れの事故みたいにゃもんれすし」

京太郎「しょの上、考え事してらんれ俺が悪いっしゅ」

はやり「考え事?」

京太郎「あ、いや…しょの…」

京太郎「(…流石に据え膳食い損ねて後悔してたなんて言えないよな)」

京太郎「(普通の女の子ならまだしも、相手は憧れのはやりんなんだし)」

京太郎「(こうやって知り合いになれたのに幻滅されたくはない)」

京太郎「しょ、しょれよりあの…」

はやり「ん?」

京太郎「牌のお姉しゃん辞めりゅってほんろなんでしゅか?」

はやり「…………それ何処で聞いたの?」

京太郎「ネットでうわしゃになってまひた」

京太郎「でも…俺は信じてないっしゅ」

京太郎「辞めるなんて…勿論、うしょれすよね?」

はやり「………ごめんね、本当なの」

京太郎「しょんな…」

はやり「ほら、私…胸、大きいじゃない?」

はやり「やっぱり『お姉さん』は、あんまりおっぱい大きくない方が良いらしくて」

はやり「それでも、牌のお姉さんでいれるように色々と頑張ってきたけれど…」

はやり「やっぱり年齢的にもそろそろ厳しいから降板してくれないかって言われちゃってる…」

京太郎「れ、でも…!」

京太郎「はやりんはじゅっと立派に牌のお姉しゃんやってきたじゃないれすか」

京太郎「人気らってあるのに、それを降ろすにゃんて…」

はやり「…芸能界ってそういう世界なんだよ」

はやり「ずっと同じところにいられるのは本当に大御所さんだけ」

はやり「私みたいななんちゃってアイドルが、ここまで牌のお姉さんでいられ続けた事の方が奇跡なんだよ」

はやり「寧ろ、私をここまで起用し続けてくれた番組プロデューサーさんには感謝してる」

はやり「だから、最後の日まで牌のお姉さんである私を応援…」

京太郎「嫌れす」

はやり「え?」

京太郎「俺ふぁ…あぁ、くそ!」ズボッ

はやり「あ、て、ティッシュ抜いちゃダメだよ!」

京太郎「大丈夫です。もう血も止まりました!」

京太郎「それに真面目な話するのにティッシュ詰めてられないっすよ!」

はやり「ま、真面目な話って…」

京太郎「だって、そうじゃないっすか!」

京太郎「俺は牌のお姉さんが、はやりんだったからこそ麻雀を始めたんです!」

京太郎「はやりんみたいがおっぱいが大きいからこそ!」

京太郎「そんな人達と仲良くなれるかもって麻雀を始めたんですよ!!」

はやり「え、えぇぇぇぇ!?」マッカ

京太郎「えぇ。勿論、不純です!最低だって分かってます!」

京太郎「でも、俺は今、すっげー麻雀が好きで…楽しめていて…!」

京太郎「牌のお姉さんであったはやりんに本当に感謝しているんですよ」

京太郎「それが辞めさせられるって言うのに…黙って見てられません」

京太郎「それに…何より」グッ

京太郎「はやりんだって…本当は辞めるの嫌なんじゃないですか?」

はやり「…え?」

京太郎「俺、雑誌で読みましたけど…はやりんは牌のお姉さんになりたくて芸能界に入ったんですよね?」

京太郎「勿論、麻雀プロとの二足草鞋も大変だろうに、それらを立派にこなしていて…」

京太郎「それなのに降ろされるなんて納得出来るはずと思います」

京太郎「だからこそ、さっきも…一瞬、寂しそうな顔をしたんじゃないですか?」

京太郎「本当は辞めたくないのを堪えて…ファンの前で空元気見せてただけじゃないんですか?」

はやり「…それは…」

京太郎「…だから、俺は嫌です」

京太郎「俺の為だけじゃなくって…はやりんの為にも…」

京太郎「最後の日まで応援なんて…出来ません」

京太郎「何とか…はやりんが牌のお姉さんでい続けられるよう…何かしたいです」

京太郎「だから…何かありませんか?」

京太郎「はやりんが牌のお姉さんでい続けられる方法」

京太郎「俺…何でもします」

京太郎「はやりんの為ならなんだって出来ます!」

はやり「な、何でも…!?」

はやり「(な、何でも…なんて…そんな事…い、いきなりいわれても…)」

はやり「(も、勿論、嫌じゃないどころか…とっても、嬉しいよ)」

はやり「(…勢い任せだとしても…普通はそんな事言わないだろうし)」

はやり「(…この子がどれだけ本気なのかが伝わってきてる)」

はやり「(おっぱい大きいのに…アイドルなんか似合わないって)」

はやり「(プロもアイドルもどっちも中途半端で終わるだけだって)」

はやり「(そんなふうに陰口叩かれて…それを否定出来なかった私なのに…)」

はやり「(こんなにも…本気に…真剣になってくれてる…)」

はやり「(…ど、どうして…)」ドキドキ

はやり「(今までファンの人達ともお話した事なんていくらでもあったのに…)」

はやり「(でも…私、今、すごく…ドキドキしちゃってる)」

はやり「(もしかしたら…私の一回りは下かもしれない男の子に…)」

はやり「(フライデーされたら…即座に手が後ろに回っちゃいそうな相手なのに…)」

はやり「(…そんなの関係ないって言うみたいに…身体が、心が…変わっていって…)」

はやり「(私…アイドルじゃ…なくなっちゃう)」

はやり「(この子が求めてくれているのは…アイドルの『はやりん』なのに…)」

はやり「(こんなに真剣に気持ちぶつけられたら私…)」

はやり「(一人の女に…『瑞原はやり』になっちゃうよ…)」キュゥン

京太郎「だから…!」タラァ

はやり「え?」

京太郎「…あ」

京太郎「(うあああああ、い、今、シリアスだったのに!)」

京太郎「(メッチャクチャ真剣だったのにいいい!!)」

京太郎「(なのに、俺、ここで力みすぎて鼻血出してしまうなんて…お、俺って奴は…!)」

京太郎「(俺って奴はあああああああああ!!!)」

はやり「…くす」

京太郎「え?」

はやり「…ほら、こっち向いて」

はやり「もっかい、ハンカチ詰め直さないとね」キュッキュ

京太郎「…ごめんなしゃい」

はやり「ううん。謝る事じゃないよ」

はやり「寧ろ、それだけ私の為に必死になってくれてるんだって分かって嬉しかったし」

はやり「アイドルとして…牌のお姉さんとして…」

はやり「こんなに嬉しい事なんてきっと今までになかったと思う」

京太郎「はやりん…」

はやり「…だから、私、もうちょっとだけ頑張ってみるね」

京太郎「え?」

はやり「考えても見れば…私はこれまでおっぱい大きいお姉さんは不適切って道理を蹴っ飛ばして来たんだし」

はやり「辞めさせますって言われて、はいそうですかなんて私らしくなかったよ」

はやり「…だから、最後までプロデューサーさんの迷惑にならない程度に足掻いてみる」

はやり「それでダメなら…今度は私、主役の麻雀番組でも作らせるよ」

京太郎「はは。それも良いれすね」

京太郎「牌のお姉さんにょ麻雀教室以上に視聴率取っちゃへば、戻ってきへくれって言われりゅかもしへましぇん」

はやり「うん。それくらいのつもりで…私、頑張ってみるから」

京太郎「じゃあ…俺に出来りゅ事ありましゅか?」

はやり「ううん。君はもう十分過ぎるほどやってくれてるよ」

はやり「…正直ね、私もちょっと行き詰まりを感じてたところだからさ」

はやり「牌のお姉さんの降板を勧められて、思い悩んでて…」

はやり「アイドルを辞めて麻雀一本に絞るか…」

はやり「それとも全てすっぱり止めて…実家の手伝いをするか…」

はやり「そう思ってた私に…第三の選択肢をくれたんだから」

はやり「…まぁ、それでも、何かしたいってそう言ってくれるのなら…」

はやり「えっとね…その…無理に…とは言わないけど…」

はやり「……れ、連絡先、教えてくれない…?」

京太郎「ふぇ?」

はやり「あ、あの…わ、私、これからすっごく大変だと思うの」

はやり「番組の決定を覆す事もそうだし…新しい番組を立てる事もそう」

はやり「でも……き、君がいてくれたら…」

はやり「こんなに熱心なファンの子が何時も背中を押してくれたら…きっと頑張れると思うから…」

はやり「だから…あの…これからもファンとして…あ、或いはその…こ、個人として…ね」

はやり「私の事を応援してくれたら嬉しいなって…」

京太郎「もちろんれす!!」

京太郎「はやりんの為にゃら俺はいちゅだって応援しましゅし!」

京太郎「夜中らってLINE返しましゅよ!!」

はやり「も、もう…そんなふうに力んだらまた鼻血でちゃうよ?」

はやり「…でも、ありがとうね」クス








京太郎「(……)」ポチポチ

京太郎「(……ある)」

京太郎「(何度確認しても…ある)」

京太郎「(はやりんの連絡先が俺の携帯の中にある!!!)」

京太郎「(うぉおお!夢じゃない…!)」

京太郎「(さっきの出会いは…決して夢じゃなかったんだ!!)」

京太郎「(正直、あんまりにも都合良すぎて夢じゃないかと思うんだけどさ!!)」

京太郎「(はやりんが仕事があるからっていなくなってから何度も確認したけど…)」

京太郎「(…でも、その度に分かるのはさっきのが現実だったって事)」

京太郎「(憧れのはやりんとお知り合いになれただけじゃなく…)」

京太郎「(そのおっぱいにもダイブしちゃった事が現実だったって事で…)」グヘヘヘヘ

ネリー「…キョータロー」ツンツン

京太郎「うぉ…ってなんだ、ネリーか」

ネリー「なんだとは失礼だよね」

ネリー「こっちは男がしちゃいけない顔してるキョータローを見つけて注意してあげようと思ったのに」

京太郎「…そんなにやばかったのか?」

ネリー「んー…私は正直、男に興味ないけどさ」

ネリー「でも、幾らキョータローの事が好きな人でも一発で恋から覚めちゃいそうなレベルでやばかったよ」

京太郎「マジかー…」

ネリー「まぁ、私も自分の預金口座見てる時に似たような顔をしてるから分かるけどさ」

ネリー「あんまり人前でそういう顔してると引かれちゃうよ?」

京太郎「おう。ありがとう」

京太郎「(…預金口座云々に関しては突っ込まないでおこう)」

ネリー「お礼の言葉だけー?」

京太郎「…なんだよ、何か欲しいものでもあるのか?」

ネリー「私、喉が乾いちゃったなー?」チラッ

京太郎「…ったく。仕方ないな」

ネリー「わーい」

京太郎「…ホント、こういう時だけ素直な顔するんだから」

ネリー「折角、ちんまい身体に生まれたんだから、その長所は活かさないとダメでしょ」

京太郎「全部、計算の内かよ」

ネリー「とーぜん」

ネリー「こっちはもうティーンズも折り返しに来てるんだよ」

ネリー「そんな子どもっぽく喜怒哀楽表現するはずないじゃん」

京太郎「(…いや、ネリーよりも年上で子どもっぽい人はいるけどな)」

京太郎「(照さんとか照さんとか照さんとか)」

京太郎「で、それはともかく…何が良いんだ?」

ネリー「一番、高い奴!」

京太郎「ほんっと遠慮しねぇよな、お前」

ネリー「しってる? キョータロー」

ネリー「遠慮ってし過ぎると相手に失礼になるんだってさ」

京太郎「お前は遠慮しなさすぎだって」

京太郎「…つか、一番、高いって言っても複数種類あるぞ」

京太郎「どれが良いんだ?」

ネリー「んー…それじゃあ、あの炭酸の奴」

京太郎「オッケ」ポチ

ガチャガチャゴトン

ネリー「よいしょっと」ゴソゴソ カチッ プシュ

ネリー「ごく…ごく…」

ネリー「んー…♪人のおごりで飲むジュースって最高だよね!」ニッコリ

京太郎「いや、んな輝かんばかりの笑みで最低な事言われても」

ネリー「そんな事言うけどさ、キョータローだって良く奢られてるでしょ?」

京太郎「いや、まったく」

ネリー「…はい?」

京太郎「だから、まったく奢られた記憶なんかないぞ」

京太郎「つーか、寧ろ基本的にこっちの方が奢る側だわ」

ネリー「…あれー?」

ネリー「(…キョータローって所謂、イケメンって奴だよね?)」

ネリー「(私はまったく興味ないけど…並のアイドルとか凌駕してるし)」

ネリー「(それなのに奢られてないなんて…彼の周りにいる女が美的感覚狂ってるか…)」

ネリー「(或いは人気がありすぎて周りが牽制しあってるかのどっちかしかないと思うんだけど…)」

京太郎「…どうした?」

ネリー「んーん。何でもない」

ネリー「(…ま、あんまりその辺深く突っ込むとやけどしちゃいそうだしやめとこう)」

ネリー「(どっちであっても大変なのはキョータローだしね)」

ネリー「それよりさ、キョータローって今日も偵察?」

京太郎「あぁ、その予定だけど」

ネリー「じゃあ、今日も私と一緒に回らない?」

ネリー「ジュース一本分くらいは働いてあげるよ」

京太郎「俺としては有り難いけど…良いのか?」

ネリー「うん。一人で麻雀見てても退屈なだけだしね」

ネリー「興味引かれるような打ち手なんて100人に一人いるかいないかくらいだし」

ネリー「偵察なんてしなくても臨海の優勝は決まってるけど…」

ネリー「監督や周りがうるさいから仕方なくやってるだけだしさ」

京太郎「…大した自信じゃないか」

ネリー「当然でしょ」

ネリー「こっちはその為に海超えてわざわざこんな島国にまでやってきてるんだから」

ネリー「生ぬるい環境で適当にやってるような連中に負ける気はしないよ」

京太郎「(…すげぇよな)」

京太郎「(コレつよがりとかじゃなくて完全に本気で言ってるんだから)」

京太郎「(しかも、そう言っても馬鹿にされないだけの実力をネリーは持ってる)」

京太郎「(この先、世界で戦っていくだけの覚悟と実力を俺と同い年で備えてるんだ)」

京太郎「(ハンドボールでも、そんな覚悟なんて芽生えなかった俺にとってはちょっとうらやましくもある)」

京太郎「(でも…)」

京太郎「…言っとくけど、ウチは強いぜ」

ネリー「あー…清澄…だったっけ?」

ネリー「確かに悪くはないと思うけど…臨海に勝つのは無理だよ」

ネリー「私ほどじゃなくても、他の皆も世界で戦っていける実力者だから」

ネリー「世界を知らないただのダークホース程度に負けたりしないよ」

京太郎「…じゃあ、賭けるか?」

ネリー「いーよ。とりあえず100万で良い?」

京太郎「いや、100万はでかすぎるだろ…」

京太郎「外食一回くらいで勘弁してくれ」

ネリー「えー…中金持ちの癖にケチなんだから」

京太郎「ジュース奢られた奴が言うセリフじゃねぇよ、それ」

京太郎「つーか、中金持ち呼ばわりするけどさ」

京太郎「俺はそんな小遣い貰ってねぇから」

ネリー「えー…嘘でしょ?」

ネリー「キョータローレベルなら次に百万単位で貰えるものじゃないの?」

京太郎「そんなに貰ったら性格歪むわ」

京太郎「諭吉さん一人前も貰ってねぇっての」

ネリー「えー…じゃあ、ファミレスくらいしかいけないじゃん」

京太郎「あ、一応、その辺は考慮してくれるんだな」

ネリー「そりゃね。それで借金とかされても後味悪いし」

ネリー「お金は好きだけど、別にそれだけで生きていけるってほど達観してる訳じゃないから」

ネリー「人間関係の大事さっていうのは分かってるつもりだよ」

ネリー「まぁ、それ以上にお金が大事だけれど」

京太郎「へー…」

ネリー「…何?」

京太郎「いや、ちょっと意外だった」

京太郎「ぶっちゃけ、ネリーってお金以外には興味ないのかと」

ネリー「流石にそれは失礼だと思うなー」

ネリー「一応、これでも麻雀とかは好きでやってるし」

ネリー「それに私にだって家族や友人くらいいるんだからね」

京太郎「流石に金から生まれたとは言わないかー」

ネリー「……」

京太郎「…いや、冗談だからな?」

京太郎「それはそれで惹かれるとか言わないでくれよ」

ネリー「…うん。大丈夫分かってる分かってる」カクカク

京太郎「(…本当に分かってるんだろうか)」

京太郎「…まぁ、何はともあれ、誤解してすまなかった」

ネリー「良いよ。そう思われるのも仕方ないって思うし」

ネリー「それに例えそうでもキョータローは私の事嫌ってないでしょ?」

京太郎「…まぁ、な」

ネリー「だったら良いよ。許してあげる」ニコ

京太郎「…ネリーってさ」

ネリー「ん?」

京太郎「結構、寂しがり屋なのか?」

ネリー「……は?」

京太郎「いや、だって、今の流れで許すとかないだろ」

京太郎「何時もだったら…って言うほど俺はネリーの事知らないけど…」

京太郎「でも、賠償の一つでも要求してもおかしくはない話の流れなのに…」

ネリー「……つまりキョータローは私に償いをしたいって事?」

京太郎「い、いや、そういう意味じゃなくてさ」

京太郎「ただ、ここであっさり許すって事は…」

京太郎「案外、ネリーって友達とかそういうのに飢えてるのかなって思ったんだよ」

ネリー「……飢えてる…かぁ」

ネリー「(…まぁ、友達って呼べる相手が少ないのは事実だよね)」

ネリー「(故郷ならともかく、日本に来てからはほとんどそんな相手出来なかったし)」

ネリー「(臨海のメンバーは仲間や友人って言うよりも…ライバルって感じが強いもん)」

ネリー「(決して険悪な訳じゃないけど、最後の一線でどうしても心を許せない自分っていうのはいる)」

ネリー「(そういう意味では飢えてるとか…寂しいって言うのは否定しきれないけど…)」

ネリー「…………んー」

京太郎「あー…ごめん。変な事言ったか」

ネリー「うん。本当にね」

京太郎「それは『ううん、大丈夫』とか言うところじゃねぇのかよ」

ネリー「そんな気遣いして一銭の得にもならない相手だしね」

ネリー「それに…キョータローもそういうのを望んでるんでしょ?」

京太郎「あー……そうかもな」

ネリー「じゃあさ、それで良いじゃん」

ネリー「こういって憎まれ口叩く系の…そういうのでさ」

京太郎「…そういうのって?」

ネリー「…馬鹿、分かってるでしょ?」

京太郎「分かってるけど、ネリーの口から聞きたいんだよ」

ネリー「…だ、だから…その…と、友達…とか」ポソ

京太郎「そっかー。ネリーは俺の友達になりたいのかー!」

ネリー「あーもう…!そんなに大声で言わないでよぉっ!!」

ネリー「まったく…恥掻いちゃったじゃん」

ネリー「これは賠償が必要だよね」

京太郎「はいはい。んじゃ、会場まで背負えば良いか?」

ネリー「…幾ら私がちっちゃいって言っても男に背負われるとか恥ずかしいから却下」

ネリー「だから、さっきの分と合わせてお昼ごはん奢って」

京太郎「マ○ドで良いか?」

ネリー「そこはせめてモ○って言って欲しかったなー…」

京太郎「学生にゃ○スは辛ぇよ」

ネリー「ま、その辺は後で協議を重ねるとして」チラッ

京太郎「…ん?」

ネリー「キョータローの方は…どうなの?」

京太郎「あー…そうだなー」ンー

ネリー「…ちなみにここでダメとか言ったら、お昼ごはんが高級レストランになるから」

京太郎「はい!喜んでネリーさんのお友達になりたいと思います!」

ネリー「宜しい」クス

京太郎「ま、アレだ」

京太郎「なんかちょっと情けない流れになっちゃったけどさ」

京太郎「今後共宜しくって事で」

ネリー「ん。これからも私に奢る為にお金を集めてきてね」

京太郎「お前ってホントブレないなぁ…」

ネリー「キョータローがそういう私が好きだって言ってくれたからね」

京太郎「好きだとは言ってねぇよ」

京太郎「まぁ…そういうほうがネリーらしいと思うけどさ」

ネリー「ふふ。まぁ…そういう意味じゃキョータローは私と相性が良いのかもね」

京太郎「相性?」

ネリー「奢りたいキョータローと奢られたい私で受容と供給がぴったり一致してるじゃん」

京太郎「俺は別に奢りたい訳じゃないんだけどなぁ…」

ネリー「でも、結構、簡単に奢ってくれるし、嫌じゃないんでしょ?」

京太郎「まぁ…そりゃ女の子相手に奢るのは悪い気分じゃねぇよ」

京太郎「ましてや、ネリーも可愛いからさ」

ネリー「…可愛い?」

京太郎「おう。まぁ、俺は貧乳には興味ないけどさ」

京太郎「客観的に見れば十分、可愛いだろ」

ネリー「…うーん…」

京太郎「なんだ、その微妙そうな反応」

ネリー「…いや、可愛いとか言われた事ないし」

京太郎「冗談だろ?」

ネリー「いや、ホントホント」

ネリー「小憎たらしいとか悪魔とか鬼とかは言われた事あるけれど…」

ネリー「可愛いなんてほとんど言われた記憶ないなぁ…」

京太郎「…普段、どういう事をしてるのか若干、気になるけど…」

京太郎「でも、女の子なら親に言われた事くらいあるだろ」

ネリー「あ、私、親いないし」

京太郎「え?」

ネリー「私、孤児院で生まれ育ったから」

ネリー「親の顔も知らないし、そもそも生きているのかさえ分かんない」

ネリー「ある日、孤児院の前に捨てられてたんだって」

京太郎「…いや、お前、あっけらかんと…」

ネリー「だって、別に何とも思ってないもん」

ネリー「親の顔なんて知らなくても生きていけるっていうのは私自身が証明してるし」

ネリー「寧ろ、こんなにお金を稼げる私を捨てた親が哀れで仕方がないくらいだよ」

ネリー「ちゃんと手元で育てれば、掛かった元手以上にかえしてあげられたのにね」

京太郎「……ネリー」

ネリー「まぁ、その分、私は孤児院に返してるんだけどね」

ネリー「今時、孤児院の経営なんて何処も一杯一杯だし」

ネリー「私が仕送りしないとチビどもにちゃんとした服も着せてやれないくらいだから」

ネリー「こっちでもバリバリ活躍して世界戦でも優勝しまくって」

ネリー「お金稼いで仕送りしてやらなきゃいけないんだ」

京太郎「…………そっか」

京太郎「お前って良い奴なんだな」

ネリー「そうだよ」

ネリー「あ、でも、やめてよね、同情とかそういうの」

ネリー「これでも私、それなりに幸せに生きてきたと想ってるし」

ネリー「同情とか腹が立つだけだから」

京太郎「…おう。分かってる」

京太郎「ただ…まぁ、アレだ」

ネリー「ん?」

京太郎「同情はしてないし、お前の今までの人生を否定するつもりはないけれど」

京太郎「…ただ、お前はすっげぇ頑張ってるんだなってそう思うから」

京太郎「だから、俺にはちょっとくらい甘えてくれても良いんだぞ」ナデナデ

ネリー「…………ぁ」

ネリー「(……何、それ)」

ネリー「(甘えてくれても良いとか…そんな事言って…)」

ネリー「(人の頭撫でるとか…ちょっと間違ってない…?)」

ネリー「(…………でも)」

ネリー「(どうして…かな)」

ネリー「(……明らかに間違っていると思うのに…嫌じゃない)」

ネリー「(キョータローの手…大きくて優しいから…)」

ネリー「(私の頭を覆い尽くす…まるでお父さんみたいな手だから…)」

ネリー「(…おかしいはずなのに、私、安心しちゃう…)」

ネリー「(優しくて暖かい手に…顔が勝手に緩んで…)」

ネリー「(悔しいのに…こんなの…負けたくないのに…)」

ネリー「(でも…私、嬉しいって…そう思っちゃう…)」

ネリー「(キョータローに撫でられるのが…幸せなんだって…)」

ネリー「(この人は私の事捨てないんだって…そう…思っちゃう…………)」

京太郎「確かネリーの誕生日って俺の後だよな」

京太郎「だから、俺の事をお兄ちゃんってそう呼んでくれも良いんだぞ」

ネリー「……お兄…ちゃん?」

京太郎「おう。お兄ちゃんだ」

京太郎「多分、ネリーよりお金持ってないけど、それでも俺はお兄ちゃんだからな」

京太郎「存分に甘えて良いんだぞ」

ネリー「…何、それ」

ネリー「いきなりお兄ちゃんって呼べとか…変なの」

ネリー「幾らキョータローが男でも…私みたいな見た目の女の子にそんな事言ったら通報されちゃうよ」

京太郎「ですよねー」

ネリー「…………でも」ダキ

京太郎「うぉ…」

ネリー「…………割りとその響きは嫌いじゃないかも」ギュゥ

京太郎「ね、ネリー?」

ネリー「…………お兄ちゃん、もっと撫でて」

京太郎「お、おう。分かった」










京太郎「(…おかしい)」

京太郎「(どうして俺は同い年の女の子にお兄ちゃんと呼ばれているんだろうか)」

京太郎「(いや、まぁ…俺がそう呼んでくれと言った事ではあるんだけどさ)」

京太郎「(でも、それは冗談のつもりって言うか、ツッコミ待ちだったんだけど…)」

京太郎「(なのに、ネリーは完全に本気にして…俺の事を完全にお兄ちゃんと呼ぶようになった)」

京太郎「(…正直、戸惑いはあるけれど…でも、それはネリーが今まで中々、人に甘えられてこなかった証なんだ)」

京太郎「(原因となったのは俺な訳だし…ちゃんと受け止めてあげないと)」

京太郎「(それに…まぁ、俺自身、あんまり嫌じゃないからな)」

京太郎「(何だかんだ言って、俺は人に甘えられるのとか結構、好きなタイプだし)」

京太郎「(しっかりし過ぎてるほどしっかりしてるネリーが俺にあぁも甘えてくれているんだから…)」

京太郎「(嫌がるどころか光栄だって言っても良いくらいだよな)」

京太郎「(…ただ、まぁ、そうこうしている間に試合が終わって)」

京太郎「(またネリーとも別れる事になったんだけど…)」

淡「…」ジィィィィィ

京太郎「(…日頃からモモにストーカーされてる俺には分かる)」

京太郎「(さっきから女の子に監視されているんだって事が)」

京太郎「(…でも、一体、どうしてなのかが全然、分からん)」

京太郎「(正直、俺はストーキングされるほど器量良しじゃないし…)」

京太郎「(何より、俺の後をついてきているのは…)」クルッ

淡「あわわっ」カクレ

京太郎「(…どう見てもアレ、白糸台の大星さんだよなぁ)」

京太郎「(確か照さんの後継者とか言われてる…)」

京太郎「(…あ、やべ。なんかそう言うとすっげぇ嫌な予感がしてきた…)」

京太郎「(勿論、あの二人が別人なんだとは分かってるんだけど…)」

京太郎「(…それだけ俺の中での照さんショックはでかかったって事なんだろうな)」トオイメ

淡「…」チラッ

京太郎「(…しかし、これは一体、どうすりゃ良いんだろうな)」

京太郎「(正直、モモとはストーキングに対する技術から情熱までかけ離れ過ぎてて…)」

京太郎「(監視してるのが丸わかりと言うか…俺の後をついてまわる姿を周りの人に見られまくってるし)」

京太郎「(これが普通の世界ならともかく…今のこの世界はほぼ男女が逆転してるようなものなわけで)」

京太郎「(俺の常識で考えれば…男子の有名人が女の子を隠れながら追い回してるって事だよな)」

京太郎「(…………うん、完全に犯罪だな)」

京太郎「(正直、俺が通行人だったらすぐさま警備員のところに行くレベルだわ)」

京太郎「(…まぁ、そんな不審な行動をいつまでも取らせる訳にはいかないし…)」

京太郎「(そろそろ、こっちから話しかけるかな)」スタスタ

淡「っ!?」ビクッ カクレ

京太郎「いや、今更、隠れても遅いですから」

淡「…遅くないもん」

京太郎「いや、返事してる時点でもう言い訳しようもないだろ」

淡「あわ…っ」ビックリ

淡「ひ、ひきょーだよ!」

淡「これってゆーどーじんもん?って奴でしょ!」

京太郎「誘導する暇すらないレベルで尻尾出しただろ」

淡「尻尾…?私、猫じゃないよ?」

京太郎「…あぁ、うん。大体、分かった」

京太郎「(…この子、アホの子だ)」

京太郎「(思わず敬語ぶっ飛んじゃうくらいにアホい子だ…)」

京太郎「(…正直、なんでこんな子が頭使う麻雀なんて競技で活躍出来ているのか分からないくらいアホの子だ…!!)」

淡「な、何がわかったって?」

京太郎「君の名前と生年月日と住所と電話番号」

淡「う、嘘だ」

淡「そんなのそう簡単に分かるはずないもん」

京太郎「じゃあ、まず名前から当てていこうか?」

京太郎「君、白糸台の大星淡だろ」

淡「っ!?」ビックゥ

京太郎「誕生日は12/15」

京太郎「後は…もう言う必要ないよな?」

淡「うぐ…」

京太郎「(…まぁ、ぶっちゃけこれくらいは麻雀ウィークリー読んでたら分かるんだけどさ)」

京太郎「(白糸台のレギュラー…しかも、大将ともなれば、何処も注目してる訳だし)」

京太郎「(住所や電話番号はともかく、誕生日くらいの個人情報は載ってる)」

淡「そ、それで…一体、何のつもり?」

淡「名前とかがバレちゃったからって勝った気にならないでよね!」

淡「私はそれよりもずっとずっと凄い事知ってるんだから!!」

京太郎「凄い事って?」

淡「…えっと、実は小学校三年生までお父さんと一緒にお風呂入ってたとか…」

淡「ってだ、だからゆーどーじんもんはダメだって言ってるじゃん!!」マッカ

京太郎「いや、だから、誘導尋問も何も、そっちが自爆してるだけだろ」

淡「うー…うー…」スネー

京太郎「(あー…この子、可愛いな)」

京太郎「(顔立ちもそうだけど…良い感じにアホくて凄いいじりがいがある)」

京太郎「(正直、このままずっといじり続けてやりたいけど…それじゃ間違いなく話が進まないからな)」

京太郎「(とりあえず話を本題に戻そう)」

京太郎「…まぁ、小学校三年までお父さんと一緒にお風呂入ってた大星さんの事はさておいてな」

淡「い、いちいち、口に出さなくて良いってば!」

淡「と言うか、忘れてよ!!」マッカ

京太郎「忘れるのは良いけど、条件がある」

淡「じ、条件って…」

京太郎「なんで俺の事さっきからつけ回してたんだ?」

淡「そ、そんな事してないもん」

淡「そっちがじいしきかじょーなだけなんじゃない?」

京太郎「…まぁ、しらばっくれるのも別に構わないけどさ」

京太郎「でも…良いのかな?」

淡「え…?」

京太郎「さっき大星さんから聞いたあの恥ずかしい秘密…」

京太郎「もしかしたらそれを俺が誰かに漏らしちゃうかもしれないぞ」

淡「な…っ!?」

京太郎「…それが嫌なら誠意を見せて欲しいもんだなぁ」ゲスカオ

淡「く…ぅ…!」

淡「こ、この…卑怯者!鬼!悪魔っ!金髪!!」

京太郎「金髪はそっちもだろ」

淡「わ、私のは良い金髪だから良いの!」

淡「そっちは悪い金髪だからダメ!!」

京太郎「はいはい。…で、返答は?」

淡「ぬぐぐぐぐ…」

京太郎「…おぉっと、何故か無性にLINEで誰かの秘密を流したくなったぞー」

淡「わーわーわっ!」

淡「分かった!いうから!いうからそれは秘密にしておいてえええ!!!」

京太郎「…で、どうしてなんだ?」

淡「…私、悪くないもん」ムスー

淡「ただ…テルーが昨日、金髪に会ったって言ってて…」

淡「凄い嬉しそうだったから…どんな奴なのかなって思っただけで…」ポツ

京太郎「だからって人のことを付け回さなくても良いだろ」

淡「だ、だって…」

淡「い、いきなり知らない男の人に話しかけるとか恥ずかしいし…」

京太郎「いや、人のことを付け回す方がよっぽど恥ずかしいだろ」

淡「うー…!良いでしょ!」

淡「女の子には色々あるの!!」

京太郎「はいはい。それで?」

淡「それでって?」

京太郎「これまで俺の事見てきた感想は?」

淡「…すっごい嫌な奴」

淡「テルーが褒めてるのが嘘なくらいにひきょーで酷い奴だったよ」ツーン

京太郎「ストーカーに嫌なやつ呼ばわりされるとはなぁ…」

淡「それだけ酷い事やったじゃん」

京太郎「正直、自業自得だと思うぞ」

京太郎「…ま、何はともあれだ」

京太郎「これに懲りたら、もう人の事を付け回したりしない事だな」

淡「ふーんだ」ツーン

京太郎「(…反省してるのかなー)」

京太郎「(って、ヤバイ。そろそろ次の会場に向かわないと)」

京太郎「(折角の偵察だっていうのに対局見逃した…とかなると笑えないからな」

京太郎「じゃあ、俺はそろそろ行くけど…」

京太郎「大星さんもそろそろ帰った方が良いぞ」

淡「つーん」ツーン

京太郎「(自分で言うのか…)」

京太郎「(…ま、忠告はしたんだ)」

京太郎「(後はもう知らぬ存ぜぬで構わないだろう)」






京太郎「…」スタスタスタ

淡「…」スタスタスタ

京太郎「…」スタスタスタ

淡「…」スタスタスタ

京太郎「…あのさぁ」クル

淡「あわっ!?」スタ ビックゥ

京太郎「…俺、もう帰れって言ったよな?」

淡「わ、私もこっちに用があるだけだもん」

淡「べ、別にこのまま追い回して金髪の弱みを握ってやろうとか考えてないから!!」

京太郎「…なるほどな」

淡「あわわわっ」

淡「い、いまのなし!なし!!」

京太郎「いやぁ…なしには出来そうにないかなぁ」ニッコリ

淡「あうぅぅ…」フルフル

京太郎「…まぁ、アレだ」

京太郎「ぶっちゃけさ、俺の事、付け回すのは構わないんだよ」

淡「じゃ、じゃあ、別に私の事放っておいてよ」

淡「金髪の弱みを握ったら私も満足して帰るから!」

京太郎「…いや、それはそれで困るんだけどさ」

京太郎「ただ、その前に冷静になって欲しいんだけど」

淡「私は冷静だもんっ」スネ

京太郎「じゃあ、今の自分がどう見られるか説明出来るか?」

淡「え?超すっごい白糸台の大将でしょ?」

京太郎「あー…うん。それもあるけど」

京太郎「それ以上にさ、今の大星さん、俺の事を追い回してる訳じゃん」

淡「うん」

京太郎「…女がな、男を影からストーカーしてる訳だよ」

淡「それがどうし…あっ」

京太郎「…まぁ、これがほかの人ならば良いんだけどさ」

京太郎「さっき大星さんが言った通り、君はすっごく目立ってる訳で」

京太郎「そんな君が、ストーキングしてたらどうなる?」

淡「…警察に捕まっちゃう」

京太郎「そうだな。で、そうなったら白糸台はどうなるんだ?」

淡「…………すっごく困る」

京太郎「困るどころか、下手すりゃ数年公式戦出場停止食らうぞ」

淡「…そ、そんな…っ」

京太郎「…まぁ、幸いさ、今のところ騒ぎになってない訳だけど…」

京太郎「でも、今のままずっとそうだとは限らないだろ?」

京太郎「だから、俺の事追い回すのなんてやめた方が良いって」

京太郎「…一応、これ大星さんの為に言ってるんだからな」

淡「…………うん」

京太郎「まぁ…その、なんだ」

京太郎「俺も調子に乗って色々とやりすぎたよ、ごめんな」ペコリ

淡「う、ううん。私の方こそ…ごめん」

淡「周りの事、ちゃんと見えてなくて…金髪に教えて貰うまで事態の深刻さを分かってなかった…」シュン

京太郎「(…なんだ。この子)」

京太郎「(ただ、面白いアホの子ってだけじゃなくて…ちゃんと謝れるし反省も出来るんじゃないか)」

京太郎「(ちょっと跳ねっ返り気質なだけで根が素直なんだろうな)」

京太郎「いや、こうしてちゃんと向き合って話せば分かってくれた訳だしさ」

京太郎「大星さんは十分、偉いと思うよ」

淡「そ、そう…?」エヘヘ

京太郎「(やだ、この子、アホいだけじゃなくてチョロい…)」

京太郎「…まぁ、さっきの秘密は誰にも話さないからさ」

京太郎「信じられないなら、俺の恥ずかしいネタを教えてあげても良いし」

淡「…んーん。いいや」

淡「今ので金髪が嫌な奴じゃないって言うのは分かったし」

淡「ちゃんと秘密は護ってくれると思うから」

淡「それに…」

京太郎「それに?」

淡「テルーは言ってたよ」

淡「京ちゃんはたまに意地悪で、ツンデレ?とか言う性格だけど…」

淡「でも、人の約束は絶対に護る一本芯が通った男だって」

京太郎「そ、そうか…」テレ

京太郎「(…照さん俺の知らないところでそんな事言ってたのか)」

京太郎「(正直、恥ずかしいけど…でも、そんなふうに評価してもらえると嬉しいな)」

淡「だから、私は金髪の事を…ううん」

淡「キョータローの事を信じる」

京太郎「…ってキョータロー?」

淡「……あ、図々しかった?」

京太郎「いや、俺は構わないよ」

京太郎「(…ちょっと話の展開が早すぎて驚いたけど…)」

京太郎「(まぁ、多分、そうやって信じて貰えるだけ色々な事を照さんから聞いてたんだろうし)」

京太郎「(ちょっとどころじゃなくアホいけど可愛くておっぱい大きい美少女とお近づきになれたのを喜んでおこう)」

淡「良かった」ニコ

京太郎「…じゃあ、俺もそっちの事を淡って呼んで良いか?」

淡「えー…どうしよっかなー?」

京太郎「…いや、お前、そこでそれはないだろ」

淡「だって、キョータローってば一杯意地悪してたし?」

淡「私だってキョータローに意地悪しないとふこーへーじゃん?」ニッコリ

京太郎「へー?」

淡「…………何?」

京太郎「いや、別に何でもないんだけどさ」

京太郎「ただ…随分と生意気な態度をとるんだなーと思っただけで」ニッコリ

淡「う……」

京太郎「…じゃあ、仕方ないよな」

京太郎「うん。大星さんが下の名前で呼ぶのを許してくれないんだったら仕方ない」

淡「な、何をするつもり…?」

京太郎「いや、大した事じゃないよ」

京太郎「ただ、小学3年生までお父さんと」

淡「わーわーわーわーっ!!!」

淡「秘密って言ったじゃん!!!言わないって言ったじゃん!!」

京太郎「言ってないだろ、最後までは」

淡「屁理屈っ!!」

京太郎「先に弱み握られたそっちが悪い」キッパリ

京太郎「…で、俺はどう呼べば良いんだ?」

淡「…淡って呼んでも良いよ」

京太郎「呼んでも良い?」

淡「うーっ!」

淡「淡って呼んでくださいっ!」

京太郎「よし、これでお揃いだな、淡」

淡「何時か絶対ふくしゅーしてやる…」

京太郎「別に構わないけど、もうストーカーは辞めろよ」

淡「流石にそれはしないよ」

淡「でも…」スタスタ

京太郎「ん?」

淡「…こうして隣にいるのはストーカーじゃないし良いよね」

京太郎「あー…そう来たか」

淡「ふふーん。そう来ました」ニコ

京太郎「…つってもさ、俺、今から偵察だぞ」

淡「じゃあ、私はキョータローの事、偵察してるね」

淡「それで弱み見つけたら、今までの分、全部ふくしゅーしてやるんだから」

京太郎「…ま、淡がそれで良いなら俺は何も言わないけどさ」

京太郎「ただ、横にいてもあんまりおもしろくはないと思うぞ」

淡「大丈夫だよ」

京太郎「…なんか不安だなぁ」

淡「大丈夫だって言ってるでしょ」

淡「それより…ほら、早く行かないと試合始まっちゃうよ」

淡「偵察するんでしょ?」グイグイ

京太郎「わ、ちょ…いきなり引っ張るなって!」

淡「えへへ、さっきの仕返しだよーっ」








京太郎「(それから淡は俺の事を見てたんだが…)」

京太郎「(すぐさま飽きて麻雀の方を見始めてた)」

京太郎「(まぁ…分かってたと言うか、約束された勝利と言うか)」

京太郎「(俺はまだ淡の事良く知らないけど、あいつが落ち着くあるタイプとは思えないからなぁ)」

京太郎「(ただ、麻雀の方見ながら色々解説してくれるのは正直、有り難かった)」

京太郎「(淡にとっては暇つぶしだったんだろうけれど、初心者の俺にも分かりやすかったし)」

京太郎「(…ただ、途中で淡の方のスマホが鳴ってからはそうもいかなかった)」

京太郎「(どうやら淡は大事なミーティングの事を完全に忘れてたらしく、迎えに来た白糸台の部員に連行されていって)」

京太郎「(俺の周りには再び平穏が戻ってきた訳だけれど…)」

京太郎「んー……」

京太郎「(…流石に朝から偵察しっぱなしの牌譜作りっぱなしは辛いなぁ)」

京太郎「(丁度、休憩時間になったし…一回、一息入れるとするか)」ヨイショ

京太郎「(…って身体も結構、バキバキになってるわ)」

京太郎「(これはちょっと動いて身体からこわばりを抜いた方が良いかなぁ…)」

京太郎「(…ま、どうせだし、ちょっと階段あがって飲み物でも買って来るかな)」

京太郎「(丁度、飲み物も切れたところだし)」

京太郎「(もうちょっとで今日の試合も終わるけど、残りは帰り道にでも飲めば良いもんな)」

京太郎「(じゃあ、そうと決まれば即刻っと)」スタスタ

玄「…」スタスタ

京太郎「(ってアレは…確か阿知賀の松実玄さんか)」

京太郎「(姉妹共にとっても素晴らしいおっぱいをおもちなので良く覚えてたんだが…)」

京太郎「(それ以上に彼女には凄いシンパシーを感じるんだよなぁ)」

京太郎「(…こう同志と言うか仲間と言うか…)」

京太郎「(いっそ電波にも思えるような言葉が彼女に対しては浮かんでくる)」

京太郎「(…まぁ、一応、前世の仲間とかそういうんじゃない分、マシだと思おう)」

玄「……」クラッ

京太郎「って…!?」

玄「(ううぅ…なんだか体調が悪い…のかなぁ)」

玄「(普段ならおもちを見てるだけでも元気になれるのに…)」

玄「(今日はお姉ちゃんのおっぱいを見ても、朝からダルイままで…)」

玄「(どうしよう…こんな大事な時期に風邪なんてひいたりしたら…)」

玄「(皆にとんでもなく迷惑をかけちゃうよ…)」

玄「(……まだ見るべき試合は残ってるけど、風邪薬でも飲んで早めに休もう)」

玄「(それで次の試合前に何とか体調を元に戻して…)」クラァ

玄「(って…ここで立ちくらみ…!?)」

玄「(ダメ…足滑らせて…!)」

玄「(堕ち……っ!?」

京太郎「よいしょぉ!」ダキッ

玄「ふぇええxt!?」ビックリ

京太郎「(…ふぅ。何とか間に合ったか)」

京太郎「(何とか間一髪階段を降りてくる松実さんを抱きとめる事に成功した)」

京太郎「(…まぁ、勢いはどうしても殺しきれず、俺の胸に松実さんがダイブしてる形になるけれど)」

京太郎「(それでも階段から堕ちるよりはずっとマシだろうし)」

玄「(はわ…はわわわわっ!?)」

玄「(こ、この硬いの…も、ももももももしかしなくても男の人の胸…!?)」

玄「(か、階段から落ちそうになったら、よもや男の人に抱きしめられるなんて…!!)」

玄「(って…そ、そうじゃない…!)」

玄「(は、早く離れなきゃ…)」

玄「(このままずっと抱きついてたら…それこそ痴漢か何かだって思われちゃう…!)」ワタワタ

玄「あ、あああああああのあのっ」ジタバタ

京太郎「いや、ちょ…!?」

京太郎「(待って!だ、抱きとめられたって言っても…バランス不安定だから!)」

京太郎「(階段っていう狭いところで踏ん張ってるだけだから!)」

京太郎「(それなのにそんなふうに暴れたら、俺まで堕ち……っ)」グラ

玄「きゃああっ」

京太郎「ぬああっ!!」

京太郎「い…てて…」

京太郎「(…やっぱ身体なまってるなぁ…)」

京太郎「(まさかちょっと暴れられただけでバランス崩して階段から堕ちるなんて)」

京太郎「(まぁ、幸い、俺が堕ちたのは数段だったから怪我がある訳じゃなかったけど…)」

京太郎「(って松実さんの方は…)」チラッ

京太郎「…ってえ?」

玄「(…な、何…コレ)」

玄「(…なんで階段から堕ちちゃった私の前にズボンがあるの?)」

玄「(これ…もしかして…)」

玄「(ううん…もしかしなくても…)」

玄「(私、さっきの人の股間に顔を埋めてる!?)」

玄「(胸だけじゃなくて…オチンチンのところまで触っちゃってるの!!?)」

玄「(す…凄い…)」

玄「(も、もう…何から言えば良いのかわからないくらい凄いよ…)」

玄「(だって…まるでフェロモンみたいなオスの匂いがたまってて…)」

玄「(嗅いでいるだけで…頭の奥から…ジィンってしびれちゃいそうになっちゃう…)」

玄「(その上…私に触れてるコレ…)」

玄「(夏服だからか…とっても布地が薄くて…)」

玄「(私…わか…分かっちゃう…)」

玄「(この奥にあるもの…)」

玄「(エッチで…とっても気持ち良いもの…)」

玄「(オチンチンがある事が…肌で感じ取っちゃう…)」

玄「(こ、こんなの…無理だよ)」

玄「(処女の私には…刺激が強すぎる…)」

玄「(まるでエッチな漫画みたいに都合の良い展開に…私の頭、クラクラして…)」

玄「(もう…目の前にあるモノしか…考えられなく…なっちゃう…)」ゴクッ

玄「(…コレ反則…反則だよ)」

玄「(私…これまで男の人にあまり興味なかったのに…)」

玄「(おもちさえあれば…それで良いって思ってたのに…)」

玄「(でも…これは…これは無理…ぃ)」ゾク

玄「(この匂いと感触には…絶対に勝てない…)」

玄「(興味ないとかそんなの…関係なしに…)」

玄「(女の子の…ううん、メスの本能に訴えてくるんだから…)」

玄「(どれだけ…男の人に興味が無い子でも…目覚めちゃう…)」

玄「(この匂いの源が欲しいって…)」

玄「(この感触を生で感じたいって…そう思わされちゃう…)」

玄「(魔性の…魔性のオチンチン…だよぉ…♪)」ハァ

玄「(おしゃぶり…したい…♪)」

玄「(それがダメなら…直接頬ずりさせて…欲しい…っ♪)」

玄「(そんな気持ちを…私もう抑えられなくて…ぇ♪)」

玄「(だから…ぁ♪)」スッ

京太郎「あ、あの…大丈夫ですか?」

玄「ひゃうっ」ビクッ

京太郎「さっきから動かないけど…もしかして怪我したんですか?」

京太郎「もしそうなら俺、ここから救護室に…」

玄「(…この人、私の事を心配してくれてる)」

玄「(もうオチンチンの事しか考えられなくて…今にも無理やり襲いそうだった私の事を…)」

玄「ご、ごごごごごごごごごごごめんなさい」パッ

玄「(は…恥ずかしい…っ)」

玄「(私、最初から最後まで自分の事ばっかりで…)」

玄「(申し訳なさすぎて…顔も見れないよぉっ)」マッカ

玄「わ、わわわわわ私は大丈夫ですから!」

玄「ほ、本当にありがとうございました!」

玄「では!!」ダッ

京太郎「あ…」

京太郎「(…逃げられてしまった)」

京太郎「(まぁ、事故とは言え、男の股間に顔を突っ込んだんだから当然だよな)」

京太郎「(しかし…惜しいなぁ)」

京太郎「(松実さんはおっぱい大きい美少女だっていうのもあるけれど…)」

京太郎「(なんとなくシンパシーを感じて仲良くなれそうな相手に避けられるとは…)」

京太郎「(…最初にはやりんのおっぱいに顔を突っ込んだり)」

京太郎「(連絡先聞けた反動が今に来てるのかなぁ…)」フゥ







はやり「ふー…」

はやり「(インハイの解説も楽じゃないよね)」

はやり「(勿論、普段からお仕事でテレビの前で喋ってるし…)」

はやり「(ほかの人より慣れてると言えば慣れてるんだけれど)」

はやり「(でも、私の解説一つ一つで選手に対する印象ががらりと変わっちゃう訳で…)」

はやり「(ある程度、台本があるテレビよりもよっぽど緊張する)」

はやり「(まぁ…それでもお仕事と大会に挟まれるよりはマシだけどね)」

はやり「(台本覚えながら、相手のデータも読み込まなきゃいけないってホント辛いし)」

はやり「(学生時代にちゃんと勉強して暗記方法も覚えてなかったら今の仕事なんて絶対無理だったと思う…)」

はやり「(まぁ…それだけやり応えのある仕事ではあるし)」

はやり「(『彼』のお陰でまだまだ辞めるつもりはないけどね)」

はやり「……えへへ」

はやり「(今、すんなり『彼』とか言っちゃった…)」

はやり「(まだ知り合ったばかりなのに、ちょっと大胆かな?)」

はやり「(で、でも、心の中でくらいは良いよね)」

はやり「(『彼』…京太郎君は私のファンだって言ってくれてる訳だし…)」

はやり「(心の中でくらい『彼』呼びしても許してくれるはず)」

はやり「(まぁ、私はまだ知り合って少ししか経ってないけれど…)」

はやり「(でも、あの子がとても優しい子って言うのはわかってるし)」

はやり「(その上…ちょっぴりエッチ…だよね)」カァ

はやり「(あんなに露出の激しい格好してるのもそうだけど…)」

はやり「(私の胸もチラチラ見てるし…好きだって言ってくれてたし…)」テレ

はやり「(実際、私が横に立っても嫌な顔ひとつしないどころかデレデレしちゃって…)」

はやり「(ちょっと触っても、嫌な顔せずに受け入れてくれる)」

はやり「(だからってビッチって感じじゃなくって…おっぱいに挟まれて鼻血出しちゃうくらい純情で)」

はやり「(真っ直ぐに私に気持ちぶつけてくれるくらい熱くて…真面目な子)」

はやり「(正直、狙いすぎてるんじゃないかなって思ったりもするけれど…)」

はやり「(でも、アレきっと演技じゃないんだよね)」

はやり「(私もそれなりに芸能界長いから分かるけど…)」

はやり「(そういうのを演じてる時の雰囲気を感じない)」

はやり「(きっと彼は本気であぁいう性格をしてるんだと思う)」

はやり「(…でも、ちょっとエッチでビッチっぽいのに純情とかさ)」

はやり「(どう考えても…危険だよね)」

はやり「(そんなの女の子が大好きなエッチな本にしか生息しない生き物だって)」

はやり「(女の子の妄想の中にしかいない都合の良い『男』なんだって)」

はやり「(そう思うような子が…現実に存在してたんだから)」

はやり「(…正直、私もちょっとヤバイ)」

はやり「(話してた時はまだしも…今は色々と落ち着いてきてるし)」

はやり「(何より疲れも溜まって…ちょっぴりムラムラしてるから…)」

はやり「(…彼でオナニーしたくなってる)」

はやり「(彼の手で、おっぱいで挟んだ時の感触で…)」

はやり「(思いっきりあそこをクチュクチュしたくて…堪らない…)」モジ

はやり「(…ま、その為にも早く帰ろっと)」

はやり「(牌のお姉さんを降ろされた後の為に企画書も作らないとダメだしね)」

はやり「(牌のお姉さんをやってて感じた事をぶつけた番組に出来るよう頑張らないと)」グッ

京太郎「…」スタスタ

はやり「(…ってあれは…)」

はやり「(もしかしなくても…京太郎君?)」

はやり「(…やった、すっごくラッキーっ)」ニコ

はやり「(インハイ会場の中とは言え、偶然会えるなんて思ってなかった)」

はやり「(これはもう…運命だよね)」

はやり「(話しかけないと…)」

はやり「京…」

咏「おーっす。そこいく男の子ー」

京太郎「ん?」

はやり「え…?」

咏「どうしたんだぃ、なんだか浮かない顔をして」

京太郎「あ、三尋木プロ…お疲れ様です」

京太郎「今日はもうあがりですか?」

咏「うん。バッチリ解説してやったぜぃ」

はやり「(…あれは、咏ちゃん?)」カクレ

はやり「(どうして京太郎君とあんなに仲良く話してるの?)」

はやり「(…もしかして咏ちゃんも知り合い?)」

はやり「(私みたいに…京太郎君にファンだって言われて仲良くなった…とかなの?)」ズキ

咏「そっちはどう?」

京太郎「俺も今日は合宿場に戻るだけです」

咏「へぇ…そうなんだ」ニヤリ

はやり「っ」ゾクッ

はやり「(…あ、これ違う)」

はやり「(咏ちゃん…京太郎君と仲が良いんじゃないんだ)」

はやり「(完全にこれ食べ物としか見ていない)」

はやり「(京太郎君の心とか人権とか…そんなの無視して…)」

はやり「(ただ、自分の性欲を発散する相手としか思ってないんだ…)」

咏「…じゃあ、一緒に晩飯でもどうだい?」

京太郎「え、良いんっすか?」

咏「勿論。学生に奢ってやれる程度には貰ってるしねぃ」

咏「で、それが終わったら、私の部屋でマンツーマンレッスン…なんてどうだ?」

京太郎「ま、マジっすか」

京太郎「三尋木プロとマンツーマンレッスンなんて光栄です!」キラキラ

はやり「(って…京太郎君、気づいてない?)」

はやり「(咏ちゃんの目がもう欲情でギラギラしてるのに…)」

はやり「(部屋に連れ帰ってレイプする事しか考えてない目なのに…)」

はやり「(一緒になんていったら…穢されちゃうよ…っ)」

はやり「ま、待って!」

咏「…ん?」

京太郎「え?」

はやり「(って飛び出したけど、ど、どどどどどどどうしよう…!?)」

はやり「(ここから先の事なんてまったく考えてないよ…!)」

はやり「(でも…それでも…)」

はやり「(京太郎君をレイプするなんて…そんなの絶対に許せるはずない)」

はやり「(京太郎君は…私の大事なファンで…)」

はやり「(ちょっとだけ…他よりも特別な人なんだから)」

はやり「(幾ら咏ちゃんでも…穢させない)」

はやり「(京太郎君の事を食べ物としか見てない咏ちゃんになんか…)」

はやり「(絶対に…絶対に渡さないんだから…っ)」グッ

はやり「き、今日は私が先約だから…」

咏「…先約」

はやり「そ、そう。先にご飯食べにいったり麻雀を教える約束してたんだよ」

咏「…………そうなのかぃ?」

京太郎「え、えっと…」

はやり「(…お願い、気づいて、京太郎君)」

はやり「(咏ちゃんの意図に気づかなくても…)」

はやり「(私の意図にだけは…気づいて欲しい…)」ジィィ

京太郎「…………すみません」

はやり「っ」ビク

京太郎「はい。確かにそうでしたね」

京太郎「今日ははやりんと先に約束してたのすっかり忘れてました」

はやり「き、京太郎君…」パァァ

咏「…そっか」

咏「それならしょうがないねぃ」

京太郎「折角、誘ってもらったのにすみません」ペコ

咏「んーん。私は気にしてないから大丈夫」

咏「ま、この埋め合わせは何時かしてもらうけどねぃ」チラッ

はやり「……っ」グッ

京太郎「勿論ですよ」

京太郎「今度は俺の方が晩飯おごります」

咏「はは。学生にたかるほど耄碌してないって」

咏「そういうのは私以上に稼いでから言うんだねぃ」

咏「ま、それじゃ、今日のところは退散するけど…」スタスタ

咏「……どういうつもりかわっかんねーけど、次は容赦しないよ」ポソ

はやり「…それはこっちのセリフだよ」ポソ

はやり「…ふぅ」

はやり「(…あー、怖かったぁ)」

はやり「(まさか咏ちゃんからあんな声が出てくるなんて…)」

はやり「(よっぽど咏ちゃんは京太郎くんに御執心なんだ…)」

はやり「(まぁ…正直、分かるけどね)」

はやり「(麻雀プロなんてやってて、こんなに格好良い男の子と知り合える機会なんてないし)」

はやり「(でも…」

京太郎「…大丈夫ですか?」

はやり「…ん。大丈夫」

はやり「これでもはやりんは芸能界の荒波に揉まれて生きてきてるからね☆」

はやり「アレくらい慣れっこだから心配しないで」ニコ

京太郎「それなら良いんですけれど…」

京太郎「でも、どうしていきなりあんな事を…?」

京太郎「わざわざ間に入り込んでくるなんてよっぽどだと思って話にノリましたけど…」

はやり「あー…」

はやり「(…やっぱり分かってないんだ、京太郎君)」

はやり「(あれ完全にお持ち帰りの手口だって言うのに…)」

はやり「(芸能界だけじゃなく高校とかでもあんなのザラにあると思うんだけどなぁ…)」

はやり「(やっぱりただ純真なだけじゃなくて警戒心たりなさすぎるよね)」

はやり「(そこのところは大人としてしっかり言っておかないと)」

はやり「…京太郎君はもうちょっと女の子の事警戒した方が良いと思うな」

京太郎「え?勿論、警戒してますよ」

京太郎「美人局とか怖いですもんね」

はやり「…え?美人局って男の人がやるもんじゃないの?」

京太郎「あー…うん。ごめんなさい」

京太郎「そうでしたね、いやぁ…うっかりうっかり」

はやり「???」

はやり「…まぁ、何はともあれだよ」

はやり「咏ちゃんにはもうちょっと警戒した方が良いと思うな」

京太郎「そんなに評判悪いんですか?」

はやり「ううん。そんな事ないよ」

はやり「寧ろ、とっても良い子…だったはずなんだけど…」

はやり「(…そう考えるとさっきの様子、変だよね)」

はやり「(私の知ってる咏ちゃんはもっと飄々として何かに執着する事なんて滅多になかったのに)」

はやり「(でも…そんな咏ちゃんが京太郎君にだけはあんなにも関心を持っていた)」

はやり「(勿論、京太郎君はそれだけ魅力的な子ではあるけれど…)」

はやり「(でも、それだけで説明をつけるには…ちょっと尋常じゃない様子だった気がするし…)」

京太郎「…はやりん?」

はやり「う、ううん。何でもない」

はやり「それより…えっと…さ」

はやり「…良ければ今から…家来る?」

京太郎「え?」

はやり「い、いや、変な意味はないんだよ!?」

はやり「で、でも…ほら、さっき咏ちゃんの誘いを断らせちゃったからさ」

はやり「だから、その分の埋め直しを私がしなきゃダメだと思って…」

はやり「そ、それに…えっと、私、それなりに御飯作るのも得意だから…あの…っ」

はやり「(…って、私、何を言ってるんだろ)」

はやり「(これじゃさっきの咏ちゃんと同じじゃない…)」

はやり「(京太郎君を部屋に連れ込んで…エッチな事するつもりなんだって…)」

はやり「(そう言われてもまったく反論出来ない事を…)」

はやり「(あぁぁ!もう!私の馬鹿ぁあっ!)」

はやり「(もうちょっと考えてから発言すれば…)」

京太郎「え、良いんですか?」

はやり「(……あれ?)」

はやり「…………良いの?」

京太郎「いや、それは俺のセリフなんですけど」

京太郎「はやりんのお部屋にお邪魔出来るだけじゃなくて」

京太郎「手料理まで作ってもらえるなんて…幸せ過ぎてどうにかなっちゃいそうですよ」

京太郎「しかも、麻雀の練習まで付き合ってもらえるとかお金払らわなきゃダメなレベルじゃないですかね」

はやり「お、お金なんて受け取れないよ」

はやり「(と言うか…高校生の男の子を部屋に呼ぶって私の方がお金出さなきゃいけないし)」

はやり「(いや、援交じゃないけど…援交じゃないけれどね!)」

京太郎「いや、でも、晩飯代くらいは…」

はやり「ダメです」

はやり「京太郎君は学生なんだから、素直にお姉さんに甘えなさい」

はやり「アイドルとしての命令です」

京太郎「…はーい」

はやり「~っ」キュン

はやり「(あぁ…もう…可愛いなぁ)」

はやり「(本当に…可愛すぎるよ…)」

はやり「(…さっきは咄嗟にお姉さんぶったけれど…)」

はやり「(こんな子とずっと一緒にいたら…絶対に血迷っちゃう)」

はやり「(……でも、絶対に我慢しなきゃ)」

はやり「(京太郎君だって…私の事好きって言ってくれてるけど…)」

はやり「(でも、一回り以上離れてる相手を好きになってくれるはずないし)」

はやり「(あくまでも淑女的…)」

はやり「(そう。まるで中世の淑女のようにしっかりと彼の事をもてなさなきゃ…!)」










~はやりんハウス~


京太郎「…」スヤァ

はやり「(うわあああ!もう!もぉおおお!!)」

はやり「(なんで寝ちゃうの!?)」

はやり「(いや…それだけ色々と疲れてたって事だってわかってるよ!?)」

はやり「(今日の彼が作った牌譜とか…とっても書き込まれてて…)」

はやり「(どの試合も真剣に見てたんだって事が伝わってきたんだから)」

はやり「(でも、女の部屋にあがって寝ちゃうのはダメだよ…)」

はやり「(そんなの…レイプしてくださいって言ってるようなものなんだから)」

はやり「(…そんな気がなくても…その気にさせられちゃう…)」

はやり「(こんなに無防備な寝顔を見せられたら…)」

はやり「(ちょっとくらい…悪戯しても良いんだって…)」

はやり「(それを…君も望んでいるんだって…)」

はやり「(そんな…都合の良い事…考えちゃうんだから…ね)」スッ

はやり「(………だけど、本当に綺麗な寝顔…)」

はやり「(まるで…漫画やアニメに出てくる王子様みたい)」

はやり「(…正直…宝物にして一生、手元においておきたいくらいだよ)」

はやり「(でも…そんな事しちゃダメだよね)」

はやり「(京太郎君はモノじゃなくて一人の人間なんだから)」

はやり「(…………だから、とりあえず写真を取って)」パシャ

はやり「(…うん。それでちゃんとロックかけて…バックアップもとって…)」

はやり「(それで…その…えっと…)」

はやり「(…こういう時はね、やっぱり…お姫様のキスが一番だと思うし…)」

はやり「(ソファで寝てる京太郎君に悪戯…うん)」

はやり「(あくまでもただの悪戯をする為に…)」

はやり「(ちょっとだけ…ちょっとだけ…キス……して…)」スッ







京太郎「…………さ、き」

はやり「っ!?」ビクッ







はやり「(…咲って…)」

はやり「(確か…清澄の大将で京太郎君の幼馴染…だったよね)」

はやり「(…確かに、結構、仲よさそうに話していたし…)」

はやり「(寝言で名前が出てくるのは普通かもしれないけど…)」

京太郎「…和…も…もう勘弁…してやってくれよ…」

京太郎「タコスにだって悪気があった訳…じゃ…」

京太郎「…あ、部長、それ俺やります…から…」

京太郎「染谷先輩も…置いといてくださ……」

はやり「…………」ズキ

はやり「(…………京太郎君は)」

はやり「(京太郎君は、きっと皆に愛されてるんだね)」

はやり「(こんなにも寝言で…仲間の事が出てくるくらいに…)」

はやり「(皆の事を思って…思われてる)」

はやり「(…でもね、わかってる?)」

はやり「(さっき、君が見せてくれた写メ…)」

はやり「(咲ちゃんって言う君の幼馴染は…完全に咏ちゃんと同じだったんだよ)」

はやり「(君の事をオナペットとしか思ってない…発情したメスの目)」

はやり「(きっと毎日、京太郎君の事を頭の中で犯して…滅茶苦茶にしてる)」

はやり「(…ううん。きっと咲って子だけじゃない)」

はやり「(そんな咲って子を仲間に思うって事は…他の子も全部、同じ)」

はやり「(京太郎君の事を…レイプする事しか考えてない連中に決まってるよ)」

はやり「(そんな子達の事をそこまで思う必要なんてない)」

はやり「(…ううん。そんな風に思っちゃダメ)」

はやり「(相手は…ケダモノなんだから)」

はやり「(心を許したら…食い物にされるだけだよ)」

はやり「(こんなに…こんなに可愛い寝顔とか…)」

はやり「(絶対に…私以外に…見せちゃいけないんだからね)」グッ

はやり「(…わかってる)」

はやり「(私、今、すっごい最低な事を考えてる)」

はやり「(京太郎君は私の事をこんなに信頼してくれてるのに)」

はやり「(私の前で寝顔を晒すくらい信じてくれているのに)」

はやり「(私は…それを裏切ろうとしているんだから)」

はやり「(…でもね。でも…)」

はやり「(…………それが京太郎君にとっての一番なんだよ)」

はやり「(京太郎君は優しくて純真で暖かくて…)」

はやり「(そんな君の周りには穢そうとするメスしかいないんだから)」

はやり「(…京太郎君が京太郎君のままでいる為には…)」

はやり「(例え、君の心を裏切っても…私が護ってあげなきゃいけない)」

はやり「(君の尊さを知って…それを尊重してあげられる私しか…)」

はやり「(京太郎君は…守れない)」

はやり「(咲って子にも…清澄にも…)」

はやり「(それは…絶対に出来ない事だから)」

はやり「(……だからね)」

はやり「(だから、ごめんなさい)」

はやり「(私は京太郎君の為におかしくなります)」

はやり「(京太郎君の事を思って…君の事を踏みにじります)」

はやり「(でも……でも、私の気持ちは変わらないから)」

はやり「(他の何を犠牲にしても守りたいって思うくらいに…)」

はやり「(私は君の事を…大事に思ってるから)」

はやり「(だから…お願いです)」

はやり「(私の事を…許してくれなんて言いません)」

はやり「(でも、せめて…嫌わないでください)」

はやり「(…君の為におかしくなってしまった私の事を)」

はやり「(君の為に犯罪に手を染めてしまう私の事を)」

はやり「(受け入れて…側においてください…)」スッ

京太郎「ん…」カチャン

京太郎「ん……んぅ…」

京太郎「(…あれ、俺、眠っちゃったのか)」パチ

京太郎「(ってあれ、ここ…何処だ…って)」ギシ

京太郎「(な、なんだこれ!?)」

京太郎「(両手が縛られて動けないんだけど…)」

京太郎「(こ、これってもしかして誘拐とかそういうの!?)」

京太郎「(だったら一緒にいたはやりんも危ないんじゃ…!)」

はやり「…あ、京太郎君、起きたんだ」ニコ

京太郎「……あれ?」

はやり「もう。君って思った以上に寝坊助さんなんだね」

はやり「思ったよりもぐっすりだったからちょっと心配になっちゃった」クス

京太郎「あ、あの…はやりん?」

はやり「ん?どうかした?」

京太郎「あの…どうして俺の横に寝て…」

はやり「だって、ここ私のベッドだもん」

京太郎「あ、そうだったんですか」

京太郎「って俺なんかをベッドに運んでよかったんですか?」

京太郎「そのままソファで放っておいて貰っても良かったんですけど…」

はやり「折角のお客様なのにソファでずっと寝かせておく事なんて出来ないよ」

はやり「それに…ソファの周りでずっと暮らすのは京太郎君も辛いでしょ?」

京太郎「…え?ずっと暮らすって…」

はやり「そのままの通りだよ」

はやり「…京太郎君はね、今日からここでずぅぅぅぅっと過ごすの」

はやり「君の周りに…君を穢そうとするメスがいなくなるまで…」

はやり「ずっと私が…護ってあげるんだよ」ニコ

京太郎「っ」ゾクッ

京太郎「(…なんだ、この濁った目)」

京太郎「(いや…濁ってるけど、一部分だけはとても綺麗で…)」

京太郎「(そこが…俺の事しか映してない)」

京太郎「(まるで俺以外の全てがどうでも良くなってしまったかのように…)」

京太郎「(その綺麗で恐ろしい目は…じっと俺だけを見つめていて…)」

京太郎「い、いや、あの…冗談ですよね?」

はやり「…冗談でこんな事するほど子どもじゃないよ」

はやり「私はコレでもアイドルで麻雀プロでもあるんだから」

はやり「こんな事やっちゃったら即座にスキャンダルになって…何処にも居場所がなくなっちゃう」

京太郎「だ、だったら…」

はやり「…でも、仕方ないじゃない」

京太郎「え…?」

はやり「…アイドルである事よりも、麻雀プロである事よりも…」

はやり「私はね、君の事の方がずっとずっと大事なの」

京太郎「そ、そんなの…」

はやり「…おかしいと思う?」

はやり「うん。私も自覚してる」

はやり「でもね。どうしても止まらないの」スッ

京太郎「…っ」ゾクッ

はやり「…君を穢されたくない」

はやり「私の事を立ち直らせてくれた君の事を…」

はやり「私を好きだって言ってくれた京太郎君を…清澄になんて返したくない」ナデナデ

京太郎「で、でも、俺が帰らなかったら…」

はやり「…大丈夫だよ。その辺りは私が何とかするから」

はやり「京太郎君はそんな事きにせず…くつろいでいてくれればそれで良いの」

はやり「君が皆に忘れさられるまで…君のお世話は私が誠心誠意…してあげるからね」ニッコリ










京太郎「(…正直、それからはかなり辛かった)」

京太郎「(なにせ、あのはやりんが本当に俺の事を誠心誠意尽くしてくれたんだから)」

京太郎「(食事と良い下の世話と言い、縛った俺の為に色々としてくれて)」

京太郎「(しかも、それら全部が嫌そうなどころか嬉しそうなんだから)」

京太郎「(おかしくなったとは言え…心から充実しているようなはやりんは魅力的だったし…)」

京太郎「(何より、俺にそっと寄りかかって眠るはやりんの身体が色んな意味でやばかった)」

京太郎「(正直、合宿場に来てから自家発電もしてなかったから結構、たまってたし…)」

京太郎「(安らかに眠ってるはやりんとは裏腹に、一睡も出来なかった…)」

京太郎「(…まぁ…そのお陰で…)」ブラン

京太郎「(……手錠壊して脱出出来たんだけどな)」

京太郎「(最初はこれガチな奴かと思ったらドン○とかで売ってるプラスチックの安物だったし)」

京太郎「(思いっきり力を入れたらベッドの支柱につながってる方が壊れて脱出出来た)」

京太郎「(…ホント、ギリギリって感じだったけどな)」

京太郎「(これがもし本物の手錠だったら…なんて想像もしたくない…)」

京太郎「(…しかし…まさかはやりんが俺の事を監禁するなんて…)」

京太郎「(いや…まぁ、正直、嬉しくない訳じゃないんだ)」

京太郎「(ハッキリ言われた訳じゃないけれど…でも、それはきっとはやりんなりの愛なんだろうし)」

京太郎「(俺に向ける言葉の一つ一つにも嫉妬や独占欲が滲み出ていた)」

京太郎「(男としてそんなに誰かに…)」

京太郎「(しかも、はやりんほどの美少女……うん、美少女に想われるのは光栄だ)」

京太郎「(…でもさ、それは決して彼女の望んでいた事じゃないんだ)」

京太郎「(俺が石版にあんな事を書いてしまったから…)」

京太郎「(だから…はやりんもおかしくなってしまった)」

京太郎「(……今はまだ無理だけど、また何時か…)」

京太郎「(何時か全てを元に戻す方法が見つかったら…またちゃんとはやりんと向き直ろう)」

京太郎「(このまま逃げ出して終わりじゃ…幾らなんでも不誠実過ぎる)」

京太郎「(俺が全部悪いんだから…責任を撮らないと…な)」

京太郎「(…しっかし…これどうしようかなぁ…)」

京太郎「(…今の時刻はもう深夜)」

京太郎「(店なんて何処も開いてないし…勿論、列車もない)」

京太郎「(はやりんのマンションから合宿場までは遠いし…歩いて帰るのは厳しいな)」

京太郎「(だから、一番はこの辺のネットカフェで一晩明かす事なんだけれど…)」

京太郎「(…………スマホの電源が切れた)」

京太郎「(もおお!こんな時に!こんな時にいいいいいいい!!)」

京太郎「(ちゃんと昨日の夜充電してたのに、なんで一日で切れるんだよおおおお!)」

京太郎「(まぁ、確かに合間に色々LINEやったりしてたけどさああ!!)」

京太郎「(でも、ここまであっさりきれる事ないじゃん!!)」

京太郎「(ないじゃん!!!!!)」

京太郎「(はぁぁ…マジどうしよう)」

京太郎「(流石に地図もないのにネカフェ探すのは至難の業だぞ)」

京太郎「(つーか、コンビニさえどっちに行けばいいのか分かんないレベルだし)」

京太郎「(東京って都会じゃねぇのかよ…)」

京太郎「(なんでこんなに住宅地が密集してるんだよ…)」

京太郎「(……まぁ、何はともあれ、動かないとな)」

京太郎「(幸いにして、ここは東京なんだし)」

京太郎「(適当に動いていれば、コンビニかなんかが見えるだろ)」

京太郎「(で、コンビニでネカフェの場所を聞けば、とりあえず一晩はしのげるはず)」

京太郎「(だから、ネカフェにさえ行けば…)」

「申し訳ありませんが深夜の18歳未満のご利用はお断りしております」

京太郎「…マジですか」

「申し訳ありません…」

京太郎「(あばばばばばばばばば)」

京太郎「(ま、まさか頼みの綱のネカフェにまで断れるなんて…!?)」

京太郎「(これ、もうどうすりゃ良いんだよ…)」

京太郎「(まだ始発まで数時間あるぞ…)」

京太郎「(コンビニで充電器買ったからスマホも復活したけど…)」

京太郎「(でも、流石にこの時期に外で時間潰すのは結構きつい)」

京太郎「(でも、コンビニで数時間居座るのも申し訳ない話だし…)」

京太郎「(本気で打開策が思いつかなくなってきたぞ…)」

京太郎「うーん…」スタスタ

「お、そこのかれー」

京太郎「え?」

「この時間に制服で出歩いてるとか超悪い子じゃん」

「もしかしてウリとかやってんの?」

京太郎「え?う、ウリ…?」

「なーに、もうしらばくれちゃって」

「ウリって言ったら援交でしょ、えんこー」

京太郎「え、援交!?」カァァ

「やっだ。これくらいで顔を赤くするとかマジかわいー」

「ねーねー。お姉さん達とちょっと遊ばない?」

「私達、最近、彼氏に振られて欲求不満でさ」

「一時間に一万…ううん。君が相手なら一万五千は出すよ」

「どう。悪い話じゃないでしょ?」

京太郎「い、いいいいいや、俺、童貞なので!」

「え?」

京太郎「し、ししししし失礼しまーす!」ダッ

京太郎「(…東京怖い)」

京太郎「(まさか外歩いてるだけでも、女の人に声掛けられるなんて)」

京太郎「(しかも、全部、援交目当てのものばっかりだし…)」

京太郎「(…まぁ、性別逆にして考えれば当然なのかもしれないけど…)」

京太郎「(でも、怖かった…本気で怖かった…!)」

京太郎「(夜道を一人で歩く女性の怖さを思い知ったわ…!)」

京太郎「(でも…そうやって怖い思いをしたお陰で何とか始発の時間になったし…)」

京太郎「(……とりあえず電車乗って…)」フゥ

京太郎「(……あぁ、ヤバイ)」

京太郎「(安心したら一気に眠気が…)」

京太郎「(ここで寝たら大変な事になるかもしれない…のに…)」

京太郎「(堪えられな……)」グゥ

「…おきゃくさーん、終点ですよー」

京太郎「…ハッ」

京太郎「(やべ、今の時間…)」

京太郎「(つーか、携帯とか財布は!?)」ババ

京太郎「(…良かった、ちゃんとあった)」フゥ

京太郎「あ、すみません。今、降りま…」

ネリー「ん?」

京太郎「…………何やってんだ、ネリー」

ネリー「いや、ちょっとインハイ会場に行こうかと思ったら見慣れた顔が座席でぐうぐう眠ってるし」

ネリー「ちょっと膝枕でもしてあげようと思って」ニコ

京太郎「……」

ネリー「…ってお兄ちゃん?」キョトン

京太郎「ネリー!!」ダキッ

ネリー「うひゃあ!?」ビックリ

ネリー「な、ななななな何々、何なの!?」

ネリー「そんないきなり抱きつかれたら、私、ドキドキしちゃうでしょ!!」

ネリー「っていうか、人前!他に人いるからっ!!」

京太郎「ネリー…ネリー…っ」ギュゥゥ

ネリー「……あー…」

ネリー「…分かった。分かったから」

ネリー「何か怖い事あったんでしょ?」

ネリー「私は別に逃げないし…とりあえず落ち着いて」

ネリー「ちゃんと後で話も聞いてあげるし…」

ネリー「落ち着けるようコーヒーでも奢ってあげるから」ナデナデ

京太郎「…………お前、本物のネリーか?」

ネリー「……やっぱお兄ちゃんは奢ってあげるのやーめた」ムスー

京太郎「わ、悪い」

ネリー「はぁ…」

ネリー「まったく、自分でお兄ちゃんって言ってくれても良いんだぞ、とか言ってた癖にさ」

ネリー「ちょっと優しくしようと思ったら、これだもん」

ネリー「私が優しくしようと思ったら悪いって言うの?」

京太郎「いや、本気で悪かったよ…」

京太郎「まさかネリーがそんな事言ってくれるとは思わなかったし…」

京太郎「それに昨日から色々あって…頭働いてなくてさ」

ネリー「…まぁ、こんなに朝早い電車で爆睡してたら何かあったのはなんとなく予想つくけど」

京太郎「あ、いや…その…」

ネリー「…私にも言えない?」

京太郎「……ごめん」

ネリー「…まったく、お兄ちゃんって言っておいて」

ネリー「情けないだけじゃなくて、私に秘密をつくるとか酷いと思わないの?」ツーン

京太郎「…返す言葉もないです…」シュン

ネリー「…だから、せめてちゃんと甘えてよね」

京太郎「……え?」

ネリー「だ、だから…言わないなら言わないで良いけど…甘えて欲しいって言ってるの」

ネリー「私に言えないけど…でも、怖い事あったんでしょ?」

ネリー「私は…その、大丈夫だから」

ネリー「お兄ちゃんの事絶対に傷つけたりしないし…」

ネリー「本気で嫌な事だってしないから」

京太郎「…ネリー」

ネリー「…だから、一杯、甘えて…元通りになってよね」

ネリー「そうじゃないと…私が甘えられないでしょ」

京太郎「…あぁ、ありがとうな、ネリー」ナデナデ

ネリー「も、もぉ…またそうやって気易く頭を撫でる…」

ネリー「……別に良いけどね、こっちも撫で返すし」ナデナデ

京太郎「はは。なんかくすぐったいな」

ネリー「ふーんだ。なんて言っても止めてなんてやらないんだから」ナデナデナデナデ

ネリー「(…本当はもっと突っ込んだ事言ってあげたいけれど)」

ネリー「(でも…それはきっとお兄ちゃんの事傷つけるだけにしかならないよね)」

ネリー「(だって、さっきの反応を見るに…お兄ちゃんは高確率でレイプされちゃったんだから)」

ネリー「(ここでしつこく聞こうとしたら…それこそセカンドレイプになっちゃう)」

ネリー「(だから、ここは何も気にしないで…お兄ちゃんの事を癒やしてあげる事を優先しないと)」

ネリー「(レイプされるっていうのはそれだけ辛くて苦しい事なんだから)」

ネリー「(…………でも)」

ネリー「(きっと夜通し…このエッチな身体を知らない女に好き放題にされちゃったんだ…)」

ネリー「(私の事、今も抱きしめてくれてる…この大きくて暖かい身体を穢されて…)」

ネリー「(……………そんなの許せるはずない)

ネリー「(キョータローは…私のお兄ちゃんなのに…)」

ネリー「(私だけの…お兄ちゃんなのに…)」

ネリー「(…勝手に手を出した奴には…必ず報いをくれてやる)」

ネリー「(……お兄ちゃんを傷つけた以上に…ボロボロにしてやるんだから…)」ゴッ