番外編if【姫様とおもちつき】



京太郎「明けましておめでとうございます神代さん」

小蒔「明けましておめでとうございます京太郎さん」パタパタ

初美「うぎゃー!辛いのですよー!」ブゥン

霞「本当に年始は大変ね」パタパタ

巴「今の二人なら今年は忙しくないと思ったんですけどねー」

春「今年は人が多い…」

京太郎「…えっと…?」

小蒔「年始は初詣があるので…大忙しなんです…」

京太郎「なるほど。じゃあ雑用ぐらいだったら任せて下さい」

小蒔「猫の手も借りたいです…」ヨイショ

猫「」ニャー

小蒔「」マネキネコー

猫「」ニャ?

京太郎「どこから連れてきたんですか」

小蒔「朝起きたら頭の上に…」

京太郎「…はぁ…」

小蒔「はっ!こんなことしてる場合じゃないんでした!」パタパタ

京太郎「神代さんちょっと」

小蒔「?」

京太郎「髪の毛ちょっと乱れてます」チョイチョイ

小蒔「わわわっ!」

京太郎「これでよしっと」

小蒔「…えへへ」ポッ


………
……

霞「やっと終わったわ…」

京太郎「お疲れ様です。皆さん。飲み物です」

初美「ないすですよー!」ゴキュゴキュ

巴「後はご飯ですねー」

春「………もち」

小蒔「おもちつきしましょう!」キラキラ

京太郎「じゃあ俺がつきますよ。皆さんお疲れでしょうし」

小蒔「じゃ…じゃあ私はこねます!」

京太郎「えっ」

京太郎(ケガさせないように細心の注意を…!)

小蒔(…京太郎さんの相方…!京太郎さんの相方…!)パァァ

霞(なんだか今年もニアミスが続いてるような…)

………
……

京太郎「いきますよー!よいしょー」

小蒔「せっせ。せっせ…こねこね…。あったかい!」

京太郎「神代さん…早く…!つけないですから…!」

小蒔「こねこね…はいどうぞ!」

京太郎「よいしょ」

小蒔「こねこねこねこね…」

巴「結構かかりそうですね…」

初美「えー!?」グー

初美「待てないのですよー!」ジタバタ

春「……私は待てる」ポリポリ

霞「あ。黒糖もお餅の味付けに使いましょう。一袋くれる?」

春「喜んで」

小蒔「……京太郎さん」プクーッ

京太郎「どうしました?」

小蒔「…つまんないです」プクーッ

京太郎「あらま」

小蒔「交代を要求します!」ババーン

京太郎「怪我しないで下さいね…重いですよ?」

小蒔「この…ぐらい…なら…!」プルプル

小蒔「えいっ!」ポヨン

京太郎「」

小蒔「……………………」

小蒔「…こねないんですか?」

京太郎「……す…すばら…」

小蒔「?」


小蒔「うんしょ!こらしょ!」ポヨン プヨン

京太郎「」

小蒔「ぺったん!ぺったん!ぺったんこ!」

京太郎「いや…すばらな大きさですよ…」

小蒔「?」

小蒔「よっこいしょ!どっこいしょ!」

京太郎「こねこね…」ワキワキ

小蒔「えいしゃこらー!」

京太郎「こ…こね…こね…もみもみ…」

京太郎(ヤバいって!もうなんて言うかおもちがヤバいって!)

京太郎(煩悩が!年末に祓われた煩悩が!)





京太郎「…ぜぇ…はぁ…ぜぇ…はぁ…」

小蒔「ふー…ふー…疲れましたー…」

京太郎「じ…神代さん…」

小蒔「もう汗ぐっしょりです…」

京太郎「ぶっ!」

京太郎(す…透けとる…!)ダラダラ

小蒔「うわぁ!?京太郎さん!鼻血が!」アワアワ



小蒔「ふー。さ!準備しましょう!」

京太郎「おもち…おもち…」

小蒔「京太郎さん?」

京太郎「おもち!」バッ

小蒔「?」

京太郎「……………………」

小蒔「あのー…京太郎さん?私の後ろに回って…何を…?」ハテ?

京太郎「」モミモミ

小蒔「ひゃうっ!?」

京太郎(な…なんて柔らかさだ!それにこの弾力…!何よりもこの大きさ!)

京太郎(なんてすばらなんだ!)

小蒔「きょ…京太郎…さん…っ!」

小蒔「そっ…そのっ…んっ!…あっ!」///

京太郎「すばらぁぁっ!」

霞「」ゴスッ

京太郎「ぷげらっ」

霞「戻ってこないと思ったら…小蒔ちゃんになんてことを…」ゴゴゴ…!

京太郎「」

小蒔「……………」///

霞「とりあえず第二次おもちつきしましょうか」

初美「はっちゃん…つきまくるのですよー」ゴゴゴ…

京太郎「」


………
……


京太郎「はっ!?」バッ

京太郎「…………………」

京太郎「…夢…?」

京太郎「…ど…どこから…?」



fin!



【モブ2と十球勝負!】



モブ2「バッター2番…ショートモブ2ー。背番号8億ー」

京太郎「おいなんだその背番号」

モブ2「年俸50万ー」

京太郎「なんだそのウグイス嬢!?しかも野球選手にしては低っ!」

モブ2「へいへーい。ピッチャービビっとるでー」

京太郎「まだ投げてないぞ」

モブ2「まぁ須賀君の放る球ぐらいやったら軽くホームランやな」

京太郎(俺は高校生にもなって…校庭で何をやってるんだ…)

京太郎「投げるぞー」

モブ2「待って!イチローのポーズするから!」

京太郎「待たん!」シュッ

モブ2「ひゃっ!?速いっ!」ビクッ

京太郎「あ…すまん…。ちょっと速かったか?」

モブ2「…………………」

モブ2「…スローカーブ読みだったんや!」ババン!

京太郎(むむっ…負けず嫌いさんめ…!)



京太郎「そらっ!」シュッ

モブ2「ふっ!」カキーン

京太郎(えええぇぇぇ!?)

モブ2「ツーベースやな」

京太郎「ちょっ…おま…え?」

モブ2「リボン付きポニーテールは運動得意って良くある話やろ?」

京太郎「聞いたことねーよ。速球で怖がってたお前はどこに行った」

モブ2「いや速いのは普通に怖い」

京太郎「すまん」

モブ2「ちゅーで許す」

京太郎「……………………………」

モブ2「ドキドキ」

京太郎「………………………………」

京太郎「いややらねえよ」ツマミッ

モブ2「むぎゅっ」



………
……

京太郎「さて。今度は俺の番だな」

モブ2「ピッチャー代わりましてー。アミノバリューモブ2」

京太郎「某ゲームで音声のところに「あみのばりゅ」って打つと出てきたのは衝撃だったわ」(こなみ

モブ2「モブ2選手はスクリューとキレのあるフォーク。それとナックルカーブが特徴ですね」

京太郎「おい、どこまでマジなんだ。なんか怖いぞ」

モブ2「対するバッターは須賀京太郎。昨年メジャーでメタメタにやられて帰ってきました(笑)」

京太郎「俺の扱い!」

モブ2「第一球!投げたー!」シュッ

京太郎「こ…これは…!」


ヘロヘロ~


京太郎「しょぼっ!」ポテッ

モブ2「ピッチャーゴロやな」

京太郎「油断したっ!」

モブ2「須賀君。一塁あっちや」

京太郎「え?走るのかよ!?」タッタッタ

モブ2「タッチアウトや!」タッタッタ


モブ2「おりゃー!ワンアウトげっとー!」ピョン

京太郎「お…おい!待っ…!」


ドシン!


京太郎「いってて…」

モブ2「ワンアウトー」 ギュッ

京太郎「そんな掴む必要ねーぞ」

モブ2「んー?ルールよーわからーん」ギューッ



fin!



【泉と一緒に雪山に遭難】


泉「…………………………………」

京太郎「………………………………」

泉「な…なんなんですかこれはー!!」

京太郎「やまびこは帰ってこないぞ」

泉「わかってますよ!なんなんですかこれは!」

京太郎「なんなんだろうな」

泉「遭難ですよ!遭難!」

京太郎「そうなんで… 泉「言わせませんよ!」

泉「大体なんでそんな冷静なんですか!」

京太郎「無駄に動くとエネルギー使うからな」

泉「……………………………」

泉「…………………はぁ…」

京太郎「とりあえず食糧の確認だな」

泉「…ご飯なんて言うほど持ってないです…」

京太郎「そこはお互い様か…。とりあえず出来るだけ食わず、動かずでなんとかしよう」

泉「なんとかなる気もしませんけどね…」

………
……

泉「…………………」ブルブル

京太郎「二条?寒いのか?」

泉「す…少しだけ…」ブルブル

京太郎「強がるなよ。こっちこい。この際密着してよう」

泉「みっ…!?」カァァ

泉「え…えと…その…」カァァ

泉「は…恥ずかしがっとる場合ちゃいますね」/// イソイソ

泉「というか…その上着あったかそうですね…」

京太郎「二条が着てるのと変わりはしないぞ?まぁそんな気になるなら…」

京太郎「入るか?」

泉「……………………………」







泉「………………………………」///

京太郎「な?あまり変わらないだろ?」

泉「…………………暑いです」

京太郎「それは風邪だな」

泉「……だ…大体…どうして須賀君に…抱きつかな…いかんの…」///

京太郎「仕方ないだろー。こうしないと俺入れないんだから」

泉「だったら逆でも!」

京太郎「流石に俺が二条に抱きつくわけにはいかないだろ」

泉「す…須賀君…」

京太郎「ん?」

泉「このままやったら…どうなるんです…?…ウチら…」

京太郎「……絶対助かるって」

泉「…そんなの…わからないじゃないですか…」

京太郎「そう悲観的になるなって」

泉「だったら…だったら…!」

泉「どうなるかわからへんのやったら…。…ウチ…須賀君に言いたいことがあります…」

京太郎「…?」

泉「その…ウチ…。…ウチ…」

泉「す…須賀君が…須賀京太郎君が…!」///



セーラ「おーい!?泉ぃー!京太郎ー!ここかー!?」

京太郎「!? セ…セーラ先輩!」

泉「」

セーラ「!ここにおるんか!?」

京太郎「やったな!二条!助かったぞ!」

泉「あ…そうですね…はい…」

京太郎「悪いな。さっきの話は後で飯でも食いながら続きでも…」

泉「だ…誰がするかー!」///


fin!



【怜との新婚ごっこ中に竜華が乱入】



怜「暇やなー」

竜華「せやなー」

京太郎「ですねー」

怜「…………………………」

怜「…なぁ京ちゃん」

竜華「!?」

京太郎「………………なんだ…怜」

竜華「!?」

怜「私…京ちゃんと遊びたいわ」

京太郎「そうだな…。最近は体調もいいし。どこか二人で出掛けようか」

怜「…動物園」

京太郎「ん?」

怜「動物園がええなぁ…。カピバラもふもふしたい」

京太郎「あっはっは。カピバラなら家にいるだろ」

怜「せやったなー」

京太郎「天然さんだなぁ怜は。ま、そう言うところも可愛いんだけどな」

怜「もー…京ちゃんってば…」カァァ








竜華「ちょっと兄さん?今日は私とデートの予定でしたよね?」


怜「兄さん!?」


竜華「兄さん…私とのデートすっぽかして…また怜のところに…」

怜「りゅ…竜華…?あのー…現実とかけ離れた設定にするのはあまり…」

竜華「にーいさんっ」ギュッ

怜「なっ…!」

京太郎「はぁ…全く竜華は…いい加減兄離れしろよな…」ナデナデ

竜華「ふにゃ~」ゴロゴロ

怜「竜華が…思いっきり甘えとる…」アゼン

京太郎「怜?どうした?」

怜「えっ!?あ…あぁ…えっと…」アタフタ

怜「デ…デートってどういうこと?」

京太郎「ただ買い物の荷物もちするだけだよ」

竜華「デートだもーん」ギューッ

竜華「それに兄妹ちゃうし」

京太郎・怜「「あれ!?」」

竜華「ねー?」

京太郎「えっ…えっと…。竜華は…その…」アタフタ


怜「ストーップ!謎の設定についていけへん!」

京太郎「ぶ…部長!キャラせっていはしっかりと…!」

竜華「あはは…こんなん慣れへんから…」

竜華(須賀君に甘えられればなんでも良かった…なんて言えへんな)


その後竜華が「ちゃんと考えた!」と言ってはただ京太郎に甘えるだけの新婚ごっこが続き、怜が入るに入れなくなるのだが…それは別のお話。



fin!



【僕と私の新婚ごっこ それとあの子】




竜華「…あれから色々考えたんやけど」

怜「竜華…もうええやろ…」

京太郎「流石に俺ももちませんよ」←主に煩悩的な意味で

竜華「でな?ウチ思いついてん」

怜「今回は何?生き別れた姉の生まれ変わりの広島生まれのアメリカ育ちの関西弁?」

京太郎「いやいや、火星から来た転校生と唯一仲が良くて面倒見のいい委員長の妹の友人かもしれません」

竜華「……ごめん」

怜「全くや」

竜華「でも今回はちゃんと考えたんや!」

怜「ほほう」

竜華「まず怜が新婚なんやろ」

京太郎「そうですね。ごっことは言え凄いですよねー」

竜華「せやったらウチと新婚のverがあってもええやろ?」

怜「……ん?」

京太郎「へっ?」

竜華「ね?」

京太郎「あー…」

怜「だ…だめだめだめだめ!アカンアカンアカン!」

竜華「須賀君?」

京太郎「あー。なるほどー」

怜「す…須賀君!まっ…待って!」

竜華「ほなやってみよ!」

京太郎「わかりましたー」

怜「ま…待ってええぇぇ!」


京太郎「ただいまー」ガチャ

竜華「おかえり!お風呂もご飯も準備バッチしやで!」

京太郎「お。じゃあ飯にしようかな」

竜華「はーい」テクテク

………
……

竜華「いただきまーす!」

京太郎「いただきます。…って竜華、まだ食べてなかったのか?」

竜華「」

竜華(…竜華…竜華…竜華…)リフレイン

竜華「えへー…」ニマニマ

京太郎「……竜華?」

竜華「…はっ!?」

竜華「コホン。…やっぱりご飯は一緒に食べようと思って待っとったんや」

京太郎「ありがとな。竜華」

竜華「ううん。大丈夫やで。ダーリン♪」

京太郎「」

京太郎(…今なら死ねるわ)





怜「……………………」ムスッ

怜「………むー…」


竜華「はいっ!あーん」

京太郎「あ…あーん…」

怜「ぱくっ」

竜華「!?」

怜「もぐもぐもぐ…ごくっ」

怜「…京ちゃん」

京太郎「と…怜…」

竜華「だ…だー…。…須賀君?」///

京太郎(…あ。園城寺先輩が入ってきたから恥ずかしくなったな?)

怜「家に帰ろ?京ちゃん」ニコッ

京太郎(な…!?設定をそのまま持ってきただと…!?)

竜華「ちょ…ちょっと怜!?今はウチの番やで!」アセアセ

怜「それは須賀君が決めることや」

京太郎「え?俺?」

竜華「す…須賀君?」

怜「須賀君?」

京太郎「えっと…あはは…」

京太郎「!」ダッシュ!

竜華「あ、逃げた」






京太郎(なんでこうなるんだよおおぉぉぉぉ!!)


fin!



【モブ2と成田離婚ごっこ】



モブ2「話は聞かせてもらった!」ガラッ

京太郎「いや…今何も話してないけど」

モブ2「ウチも新婚ごっこしたいー!したいー!」ジタバタ

京太郎「……どこからそれを…」

モブ2「…君のことなら…なんでもわかるよ」キリッ

京太郎「…やだ…凄いイケメン…」

京太郎「…とはならない」

モブ2「とりあえず成田離婚ごっこでもしようや」

京太郎「なりたりこん?なんだそりゃ」

モブ2「んー…簡単に言うと須賀君はクズ男役」

京太郎「…えー…」




京太郎「日曜の昼間からごろごろ~ごろごろ~…あーあ。10円で何でも買えないかなー」

モブ2「そういうクズ男じゃなくって」





京太郎「今日は新婚旅行だな」

モブ2「うん…」

京太郎「なんかテンション低いなー。高くしていこうぜ!」

モブ2「うん…」

京太郎「現地で母さんが先に行って待ってるから!」

モブ2「…はぁ」

京太郎「あっ…パスポート忘れた」

モブ2「はぁ?」

京太郎「ちょっと待ってて!取ってくる!」ダッ

モブ2「…………」




………
……


京太郎「いやー…悪いな」

モブ2「…別に…」

京太郎「いやー…フライト長いからな。ま、ゆったりいこうぜ」ツメカジカジ

モブ2「……せやね」

京太郎「…はぁ…さっきパスポート取りに走ったから疲れたぜ…ちょっと寝るな」

モブ2「…機内でウチ一人どうしろと?」

京太郎「ま、なんとかしてくれ」

モブ2「」イラッ

京太郎「ぐおー!ぐがー!ずびー!」zzz

「あそこの人うるさい」ヒソヒソ

「可哀想な彼女…」ヒソヒソ

モブ2「」イラッ

京太郎「ぐー!ん…」zzz ←寝相悪すぎ

モブ2「」イラッ



モブ2「うわあああぁぁぁー!須賀君が演技うますぎてうぜえぇぇ!」

京太郎「お、終わりか。こんなで良かったのか?」

モブ2「うるさーい!離婚しろー!」ウガー!

京太郎「俺ら実際には結婚してないぞ?大丈夫かモブ2?」

モブ2「うるさいうるさいうるさーい!だったらウチと結婚しろー!」ウガー!

京太郎「………えっ」

モブ2「………あっ」カァァ



fin!



【誤って赤まむしを飲んだ京太郎と二人きりな泉】



モブ男「見ろよ須賀!活力剤グレート!なんちって」

モブ男2「お前はゲーム脳すぎる…」

京太郎「へー。活力剤?よくわかんねーけど栄養剤みたいなもん?」

京太郎「いただきっ」ゴクゴク

モブ男「」

モブ男2(ジャイアニズム…)

京太郎「そ…そんな顔すんなって…。見た感じ市販だろ?後で買い直すからさ」

モブ男「いや…他人に奢られても…」

京太郎「?」

モブ男2「須賀。…よく見ろ」

京太郎「?」

京太郎「あ…赤マムシ…!?お前…なんつーもんを…!」

モブ男「冗談で貰ったものを冗談を交えて笑い話にする予定だったのに…」

京太郎「…俺が勝手に飲んだ…と」


………
……


京太郎「…はぁ…と言っても部活休むわけには…」

泉「こんちはー」ガチャ

京太郎「に…ににに…二条!?」アタフタ

泉「今日はHRが早く終わって…。…どうしたんです?」

京太郎「な…なんでも!」

泉「見た感じ掃除はまだですね。…しないん?」

京太郎「す…するけど…」

泉「椅子で一休憩ってことですか」

京太郎(立ったら色々マズイだけなんだけどな)

京太郎「とりあえず…二条。その…」

泉「?」

京太郎「…そのスカート丈…もう少し下げてくれ…」

泉「ええやん。別に。ウチなりのオシャレですよオシャレ」

泉「それに今更ですよ。こういうのは…アレですけど…見慣れとるやろ?この丈」

京太郎「慣れてる慣れてないの問題じゃないんだ…特に今は」

泉「?…なんか今日は変ですよ?大丈夫ですか?」スタスタ

京太郎「ち…近寄るな!」

泉「ええっ!?」

京太郎「あ…いや…その…」

泉「ウチ何かしました…?」

京太郎「ち…違うんだ…。と…とりあえず俺のことは気にしないでくれ…」

泉(…何かおかしい)

泉「悩み事…ですか?」

京太郎「そ…そうと言えばそうだな…」

泉「…ウチには話せませんか…?」

京太郎(当たり前だぁぁぁぁ!)

泉「ウチじゃ須賀君の力にはなれませんか…?」

京太郎(やめてえええぇぇぇ!色々間違ってる!間違ってるから!)

泉「…ウチ…いつも須賀君に助けられてますから…。…ウチだけでダメならレギュラーのみんなだって!」

京太郎(もっとダメだああああぁぁぁぁぁ!)

泉「…先輩達を呼んできます!」

京太郎「まっ…!待ってくれ二条!」

京太郎(いや!それはもっとマズイんだって!)

京太郎「二条…が…いれば…それでいい…」

京太郎(だから誰も呼ばないで!ホントに!)

泉「須賀君…」

京太郎「…暫く落ち着かせてくれ…」

泉「…はい」

京太郎(よーし。落ち着けー。素数を数えろー。2 3 5 7 11 13 …)

泉「………………………」

京太郎(……97 101… おいマジか全然ダメだ!)

泉「…やっぱりウチにも何かさせてください!」ガタッ

京太郎「素数を数えろおおぉぉぉぉ!」

泉「………へ?」

泉「………?」ニィサンゴナナ…

京太郎「ぐぅっ!何故だ…!おさまれエクスカリバー!」

泉(…厨二病?)


泉「須賀君…悩んでるんですね…」

京太郎「…ああ」

泉(お茶入れてあげますか…)

泉「須賀君…お茶でもどうぞ…っ!?」ガッ

泉「…あ」

京太郎「ん…?」

京太郎「冷たっ!」

京太郎(ぎゃーっ!丁度いい位置に冷たい麦茶がーっ!)

泉「ご…ごめんなさい!ごめんなさい!今拭きますから!」スッ

京太郎「」

京太郎「」←テント

泉(…?)

泉(………………………………)

泉(………!)カァァ

泉「…!…!…!」/// ←声にならない

京太郎「」

京太郎(殺してくれ…)シクシク…

泉「……」/// イソイソ

泉「ス…スカート丈…下げましたから…」///

京太郎「おう…」

泉(つ…つまり…その…ウチに…その…魅力を感じて…?)

泉(ひょ…ひょっとして…りょ…りょりょりょ…両思い…!?)///

京太郎「あ…あの…だな…二条。これには海よりも深ーいわけが…」

泉「そ…そんな…」テレテレ

泉(そんな~。京太郎「…今から二条のことが好きなわけを沢山言うぞ…」ってことですね…)カァァ

京太郎「…ということなんだ…。出来れば心に留めておいてくれ…」

泉「も…勿論です!」/// ←聞いてない

京太郎「ありがとな!」

泉「じゃ…じゃあ…明日から…お弁当とか作ってきても…」///

京太郎「ん?」



fin!



【愛宕家と京ちゃんの元旦】



洋榎「…あー。冷えた体に染みるわー」ズズズー

絹恵「年越しは蕎麦やなー」ズズズー

京太郎「あー…美味い…」ズズズー




京太郎「というか監督」

雅枝「どないしたんや?」

京太郎「大晦日に俺はここにいていいんですか?」

雅枝「炬燵に入って言う台詞ちゃうやろ…。別に構わへんて」

京太郎「なら…お言葉に甘えますけど…」

洋榎「絹!見て!亀!」イン コタツ

絹恵「お姉ちゃん。それ去年もやったで」

洋榎「天丼は笑いの基本や」

雅枝「洋榎。炬燵で寝たらアカン」

洋榎「へーきへーき。寝るわけないやろー」

絹恵「でも少し退屈しとるやろ?」

洋榎「…バレた?」

洋榎「…第一回!愛宕家隠し芸大会ー!」

絹恵「どんどんぱふぱふー」

京太郎「いよっ。日本一!」

絹恵「トップバッターは須賀君」

京太郎「俺っ!?」


………
……


京太郎「………ぜぇ…はぁ…はぁ…」

京太郎「ど…どうでした!?」

洋榎「あ、紅白見な。ポチッとな」

京太郎「スルー!?」

絹恵「うん…頑張ってたと思う…うん…」

京太郎「フォローが辛い!」



雅枝「何アホなことやっとんねん」スタスタ

京太郎「」

絹恵「オカンどこ行っとったん?」

雅枝「ちょっとなー」

絹恵「?」


京太郎「カウントダウン来ますよ!」

洋榎「3!」

絹恵「2!」

雅枝「1!」

京太郎「明けましておめでとうございます」

雅枝「今年も宜しくお願いしますー」

京太郎「…にしても意外でした」

洋榎「何が?」

京太郎「洋榎さんは寝てしまうタイプだと…」

洋榎「あんなぁ…ウチだって新年を迎えるのは楽しみなんや」ワクワク

京太郎「すみません。勝手なイメージで…」

洋榎「ホンマやで」ワクワク \ω\

京太郎(楽しみに…。でもあの目…あっ)察し



雅枝「とりあえず。今年は二人にプレゼントや」

絹恵「プレゼント?」

雅枝「向こうの部屋に振袖があります」

絹恵「…!着てみたい!」キラキラ

………
……


< キヌ ニアットルナァ

< オネェチャン コソ

< ダイイッカイ アタゴケ フリソデ コンテスト! ウチハ キヌ ニ イッピョウ!

< ウチハ オネェチャン ニ

< アハハハ



京太郎「気になる…」

京太郎(流石に着替えを見るわけにはいかないし…。今はじっと待ってよう)

京太郎(しかし…洋榎さんと絹恵さんの振袖姿かぁ…。どんなだろう…)

京太郎(早くこっち来ないかな…気になる…)

洋榎「ただいまー」

絹恵「一人置いてって堪忍な」

京太郎「いえいえ問題な…」

京太郎「……なぜさっきと同じ格好」

洋榎「ただの試着みたいなもんやから」

絹恵「なんや?須賀君期待してたん?」ニヤニヤ

京太郎「べ…別にしてないですよ!」

洋榎「ほほーう…」ニヤニヤ

京太郎「振袖姿見たかったなんて思ってないですから!」



雅枝「あれ?洋榎も絹恵も着替えたん?」フリソデー

京太郎「か…監督…」

雅枝「改めて、今年も宜しくな。須賀」

京太郎「え?ああ…はい。監督…振袖、とてもお似合いですよ」ニコッ

洋榎「…………絹」

絹恵「…うん。お姉ちゃん」

洋榎・絹恵( (やっぱりウチらも着替えよう…!) )


fin!



【三年達とツイスター】



京太郎「集合!」ピーッ

怜「えっほえっほ」スタコラ

竜華「前ならえー」ビシッ

セーラ「運動!運動!」

京太郎「先輩方わざわざジャージでお集まり頂きありがとうございます」

セーラ「何するん!?バレーサッカーテニス野球徒競走からセパタクローにカバディ、クロッケーまでどんとこいや!」

怜「く…くろっけー…?」

竜華「人数的にテニスやろ」

京太郎「あ、俺は参加しません」

怜「そーなん?」

京太郎「ええ。需要がないですから」

セーラ(…?)

京太郎「これです!」バンッ

京太郎「ツイス… 怜「却下や」竜華「きがえよ」セーラ「走ってくる」

京太郎「はぁ…言うと思いましたよ。…しかし…何か勘違いしていませんか?」

怜「何がや」

京太郎「これは麻雀の特訓の一部なんです!」





京太郎「いいですか。麻雀に必要なのは運や頭の柔軟性、回転力…それらが必要になります。…もし運を自分の元へ引き寄せることが出来たら…もし頭の回転力と柔軟性がより発達したら…!それは麻雀のスキル、レベルが上がったも同然!運があれば良い手が入るかもしれない、ドラが来るかもしれない、流し満貫がいつの間にか出来てるかもしれない…。頭の回転力や柔軟性が上がれば牌効率の最も良い打ち方を瞬時に導き出せるかもしれない、相手の手牌の予測が出来るかもしれない、振り込みも減ることでしょう。ツイスターゲームはそれを養うのに最適なスポーツ!運が良ければ全く苦労しないかもしれない!頭の回転が早く柔軟な発想があれば楽な体勢を保てるかもしれない!先輩方にはインターハイで輝かしい未来を掴んで欲しい!だからこそ!だからこそ!是非左手を赤に置いたり右足を緑に置いたりして欲しい!たまには右手が青にいった後に黄色を経由して赤にいったっていいじゃないですか!全ては麻雀のために!インターハイ優勝という名の栄光を掴むために!」




京太郎「…というわけです!俺に邪な念はありません!全て先輩方の為なんです!」

怜「せやったんかー」

竜華「さすがすがくんやー」

セーラ「きいてなかったからもっかいいってー」



さんにん は こんらん している ! ▼



京太郎「やってくれますか!?」

三人「「「あたりまえやー」」」

京太郎(よしっ!)


………
……


京太郎「じゃあ始めますよー」

京太郎「ルーレットスタート!」

京太郎「はい。最初は右足を赤にー」

セーラ「楽々やな」

怜「このぐらいやったらウチでも軽いわ」

竜華「ところで5分ぐらい前の記憶がないんやけど」

京太郎「左手を黄色にー!」


………
……


京太郎「左足が緑にいくようお願いしますー」

竜華「ん…んんー…」プルプル…

怜「ふぬぬぬぬー…」

セーラ「ほっ」ヒョイッ

京太郎(園城寺先輩と部長は良いんだけど…セーラ先輩の運動スペックが高くて困った…)

京太郎「右手青」

セーラ「よっ」

京太郎(ないわー…軽々とこなしてやがる…)

竜華「うー…!怜ぃ…ちょっとよけてーなぁ…」グググ…

怜「だ…だって…動かしたらアカンルールやし…」

竜華「うぅぅー…でもそこしかぁ~」ウルウル

京太郎(…………)ニヤッ


………
……

京太郎「右手を黄色へー」

竜華「う…怜…堪忍なっ!」バッ

怜「うぎゅっ!」ムニュッ

京太郎(部長が園城寺先輩の上に乗るような感じに…)

怜(この感触…もしかして…。…ぐぬぬ…)

竜華「ごめんなー…怜辛くない?なんとか体重かからんようにしとるんやけど…」

怜「ぐぬぬ…ウチへの当て付けかー!」ムキャー!

竜華「えぇっ!?何がや!?」

京太郎(そしてセーラ先輩はどうせ余裕…)

セーラ「……ぅ」カァァ

京太郎(あれ?)

セーラ「きょ…京太郎…」

京太郎「どうしました?」

セーラ「その…ジャージ…動いてる間に下がってきてん…直しても…?」

京太郎「ダメに決まってるじゃないですか」

セーラ「で…!でも…!み…見えてまうし…」///

京太郎「何がですか?」

セーラ「そ…その…ぱ…ぱんつ…が…」ゴニョゴニョ ///

京太郎「ダメですよ」ニコッ

セーラ「そ…そんなぁ~…」

竜華「ウ…ウチもなんやけど…」カァァ

怜「お…同じく…」カァァ

京太郎「ダメです」ニコッ




………
……

京太郎「はい右手を赤にー」

セーラ「うぅぅ…ジャージ直そうとすると倒れる…」プルプル

怜「りゅーかー…せまいー…」

竜華「ごめんー…けど限界なんやー…」プルプル

京太郎(いやぁ良い感じにくんずほぐれつしてますな…)

京太郎「はいー。右足赤、左足緑ー」

竜華(右足…左足…)

セーラ(って…これ…!)

怜「後ろ向きになるやん!私ら今…ジャージが…!」カァァ

京太郎「偶然ですねぇ」

竜華「う…うぅ…」プルプル

怜「ちょっ…竜華大丈夫…?」

竜華「も…む…無理ぃー…」ガクガク

竜華「うー…!」バタッ

怜「あっ!こんな状態で倒れたら…!」

セーラ「ちょ…!巻き込まれ…!」

竜華(なんか掴まらな危ない…!)グイッ

怜(うわぁぁぁぁ!)グイッ ズルッ

セーラ「危なっ!」




京太郎「」

竜華「痛たたた…」

怜「もー…竜華ー」

セーラ「あちゃー…終わってもうたかー…」

京太郎(…水色…白…ピンク…)

京太郎(絶景だな…)(ゲス顔)

怜「ん…?なんかスースーする…?」

「…………………」

三人「「「きゃあああああぁぁぁぁぁぁぁ!!」」」///




fin!



【一日甘えんぼ怜に抱きつかれて生活】



京太郎「…ん…。朝か…ふわぁぁ…」

怜「すー…すー…」zzz ギュゥ

京太郎「……………」

京太郎「…は?」




京太郎「朝起きたら園城寺先輩が抱きついてた」

怜「んなアホな話あるわけないやろー」

京太郎「なら離れてください」

怜「だーめ」

京太郎「…はぁ…。朝飯食うか…」



京太郎「頂きます。…あ、園城寺先輩。右手が使えないと食べれないんで離してください」

怜「…条件いちー」

京太郎「…はい」

怜「私もこのままやと食べれんから…食べさせてほしー」

京太郎「…仕方ない…腹に背は変えられないか…」

怜「あ!イチゴジャムはたっぷりで!」

京太郎「はいはい…あーん」

怜「あーん♪」




京太郎「さて。今日は部活休みで、親がいないから俺が家事しないとな」

京太郎「まずは洗濯っと」

怜「須賀君このスボン似合いそうやな」

京太郎「…とりあえず家事やってる間は後ろに回ってもらえます?」

怜「はーい!」クルクルー

怜「あ!そのTシャツこないだ着てたやつやろ!」

京太郎「そうですよ。気に入ってるんです」

怜「ほへー。…あ、それ何?」

京太郎「…俺のトランクスですが」

怜「……し…失礼しました…」/// ソソクサ



京太郎「さーて…何するかなー」

怜「須賀君遊ぼ!」

京太郎「そうですね。キャッチボールとかします?」

怜「ほぼ0距離やん」

京太郎(離れる気はないのか…)

怜「映画見たいー」

京太郎「あぁ…じゃあ何か借りてきましょうか」



京太郎「外でも離れないんですね」

怜「きょうはーいちにちあまえんぼー!へいっ!」

京太郎「なんの歌ですか」

怜「甘えん坊少女怜の歌」

京太郎「鐘一つで」

怜「むぅっ…。ひどい…」

京太郎「ほら。着きますよ」

怜「…いやぁ…抱きつきながら歩くって結構しんどいんやな」

京太郎「わかってるなら離れてくださいね」

怜「やーだ」ニコッ




京太郎「この状態で見るんですか?」

怜「今日は一日このままー」ギュッ

京太郎「…はぁ」


「うふふー。ダーリン♪」

「なんだいハニー」

「呼んだだけー」

「もう…なんだよマイストロベリーパフェ」

「も~ダーリンったら!」


京太郎(…口から黒糖とパル○イートを1:1で混ぜて液体化した物質を吐きそうなぐらい甘い恋愛ものなんですけど…)

京太郎(正直この体勢で見る映画じゃない…俺の神経がもたない…)

怜「~♪」フフフーン

京太郎(上機嫌だし)

怜「ねーぇ須賀君?」

京太郎「どうしました…?」

怜「呼んでみただけー」ニコッ ギュッ



怜「須賀君お腹すいたー」

京太郎「はいはい。作りますね」

怜「須賀君喉乾いたー」

京太郎「はいはい。今持ってきますね」

怜「わーい須賀君大好きー」

京太郎「はいはい。そういうのは本命の人に言いなさいねー」

怜「須賀君」

京太郎「はい?」

怜「おトイレ…」

京太郎「どうしろと!?」



怜「須賀君」

京太郎「はい」

怜「そろそろお風呂入りたい」

京太郎「どうしろと!?」

怜「じゃあ、百歩譲って」

京太郎「はい」

怜「そろそろ眠たい…」

京太郎「どうしましょうね」

怜「一緒に寝るー」

京太郎「いやマズいです」

怜「朝は寝てたのに…」

京太郎「そう言われましても…」




京太郎(結局こうなるんですけどね)

怜「おやすみー」ギュッ

京太郎「おやすみなさい」

京太郎(寝れるわけがない…。その…当たってるし…)

怜「あったかい~。ふふー」ギューッ

京太郎「…あー…夜長え…」

怜「あ、忘れとった」

京太郎「?」

怜「おやすみのちゅー」

京太郎「しませんよ」デコピンッ

怜「あうっ」


………
……


怜「…はっ!」ガバッ!

怜「す…凄い夢やった…」

怜「あぁ…夢オチなんが悔やまれる…」

怜「…………………………」

怜「…………ん?」


京太郎「ぐー…ぐー…」zzz

怜「」

怜「」

怜「」///



怜「朝起きたら須賀君に抱きつかれとった」


fin!



【りゅーかにうつ伏せで膝枕してもらい、寝ぼけてクンカクンカはむはむ】



京太郎「きゅー」パタ

竜華「す…須賀君!?大丈夫!?」

京太郎「じ…実は朝から何も食べてなくて…」

京太郎「そして昨日はちょっと宿題に追われて徹夜を…」

竜華「…はぁ…。おやつに買ったメロンパンがあるから腹の足しにしぃや」

京太郎「すみません…お言葉に甘えます…」

………
……

京太郎「美味い…メロンパン美味い…」

京太郎「…ふわぁ…」アクビー

竜華「寝た方がええよ」

京太郎「そうれふね…」ネムネム

京太郎「お休みなさい…」ゴロン

竜華「ゆ…床で寝てどうすんねん!あーもう仕方ないなぁ!」

京太郎「ほえ?」ウツラウツラ

竜華「膝枕したるから…早よ寝た方がええって」

京太郎「失礼します。お休みなさい」zzz

竜華「はやっ」



京太郎「…すー…すー…」zzz

竜華「全く…」ナデナデ

竜華(こうやって見ると普段しっかりしとるけどやっぱり年下の後輩やな…)

京太郎「うーん…母さん…もう食べられないよ…」ムニャムニャ

竜華(実際は空腹やけど…)

京太郎「うーん…」ゴロッ

竜華「うわぁ!なんや!?…う…うつ伏せ…?」

竜華「寝返りうってうつ伏せになったんか…」

竜華(ん?うつ伏せってアカンのちゃう?)

竜華(呼吸出来るん…?しかも寝返りで手前の方まで来てもうたし…)

京太郎「すー…すー…」zzz

竜華「な…なんかようわからんけど呼吸は出来とるみたいやな…」

京太郎「…もち…」ハムハム

竜華「」

竜華(ううぅ…。わかっとるんや…最近ちょっとお肉ついてもうたなー…とは思っとったんや…。でも…餅扱いされるなんて…)シクシク

京太郎「…柔らかい…美味い…」アムアム

竜華「………………………………」

京太郎「はむはむ…もぐもぐ…」ムニャムニャ

竜華「ってそうじゃない!なんでウチ太腿甘噛みされとんねん!」カァァ

竜華「や…止めてーな…」

京太郎「んー…」クンカクンカ

竜華「やっ!?ど…何処の匂い嗅いどんねん!?」

京太郎「はむはむ…」クンクン

竜華「やっ…!止めて…汗臭かったりしたら嫌やから…止めてぇ…」ウルウル

京太郎「うー…」ムニャムニャ

竜華「も…もう嫌ー!」サッ

京太郎「」ゴンッ!

京太郎「痛っ!?な…何事!?」キョロキョロ

竜華「う…ぐすっ…もう止めてぇ…お嫁にいけなく…ぐすっ…なる…からぁ…ひっく…ううぅ…」グスッ

京太郎「え」



fin!



【怜の抱き枕"性"活】



京太郎「…お…おじゃま…します…」イソイソ

怜「邪魔するなら入ってー」

京太郎「先輩いろいろ違う」

京太郎(…こうなったのにも勿論わけがある…本人曰く、今日は両親が家にいなくて心細いらしい…)

京太郎(なら部長に頼めば…?…勿論俺もそう言ったが、なんやかんやで部長もダメで俺しかいないらしい…)

京太郎(…家に止まるとか…俺はもつのか…?耐えろよ京太郎…)

怜「じゃあご飯よろしくー」

京太郎「働いてくださいね」

怜「えー…」

京太郎「じゃあせめて料理を手伝うぐらいしてください」

怜「ウチびょうじゃ…」

京太郎「はいはい」

京太郎「あ、今日の夜あたりに台風が直撃するらしいんで、時間も時間ですし洗濯物は取り込んでおいてくださいね」

怜「はーい」


………
……


「…現在大阪に台風が直撃しています。現在の最大風速は…」ピッ

「わ!私は今大阪に…!ああぁ!飛ばされる!風が!風が!」ピッ

「ピタッゴラッスイッチ!」ピッ

「また海岸沿いには津波警報が…」ピッ

京太郎「いやー…すごいっすねー台風」

怜「せやなー」


………
……

怜「おやすみー」ギュッ

京太郎(どうしてこうなった…)

京太郎(…曰く、台風で窓がガタガタ言って怖い…とのこと。…仕方ないか)

京太郎「ただ抱き枕になる理由はわからん」

怜「簡単やろ?新婚やから」ニコッ

京太郎「その設定使うんですね…」

怜「…怖くて眠れないの…一緒に寝て欲しいな…?」

京太郎「…仕方ないな…怜は。…ほら。これで良いだろ?」ギュッ

怜「…………………」カァァ

京太郎「…怜?」

怜「…はっ!?…えと…えと…うん!ありがと…京ちゃん」

京太郎「おやすみ…怜」

怜「おやすみ…」ギュッ

………
……

怜「…………………………」

京太郎「ぐー…ぐー…」zzz

怜「…須賀君…寝た?」

京太郎「ぐー…ぐー…」zzz

怜「……………………」モゾモゾ



怜(……須賀君が…隣に…)

怜(しかも…こんな近くに…)

怜(…………ぎゅっ)ギュッ

京太郎「ぐー…ぐー…」zzz

怜(…起きへんし)

怜(…にしても…私凄いことしたなぁ…好きな子家に泊まらずってなんや?ゲームか?)

京太郎「むにゃ…怜…」zzz

怜「!?」

京太郎「ぐー…ぐー…」zzz

怜(い…今…私の名前を…?)///

怜(………………………)







怜「………んっ」モゾモゾ

怜(…須賀君がすぐ隣に…っ…!)///

怜「……はぁ…はぁ…んんっ…」モゾッ

怜(こんな…こんな近くで…私…っ…自分の…んっ!)ビクッ

怜(…はぁ…はぁ…はぁ…)モゾモゾ

怜(須賀君の匂いがする…んっ!)

怜「…あっ…!」

怜(声…出ちゃ…う…)///

京太郎「ん…」

怜「!?」

京太郎「……ぐー…」zzz

怜(………………)ドキドキ

怜(こ…こんなとこ…見られたら…嫌われてまう…いや…)

怜(…止めたいのに…手が…止まらな…ひうっ!)ビクッ

怜「は…ん…あんっ…」

怜(…!…!…んんっ…あ…ふっ…!)モゾモゾ

怜「京…ちゃ…京ちゃんっ…!」

怜「…あ…んっ…はぁ…はぁっ…」

怜「も…もう…アカン…っ…声…抑えな…んっ!」

怜「…んっ…!…~~~~っ!」ビクッ! ビクビクッ!

怜「…あぁぁ…ふぅ…はぁ…はぁ…はぁ…」

怜「…ちょっとぐらい…いいよね…?」



ちゅっ



fin!



【お風呂でゆったり考えたら浮かんだ超展開】




※本編16スレ900から

京太郎「…そろそろホタテが踊り出す頃かな」

竜華「…は?」

京太郎「ちょっと待っててください」スタスタ


………
……


京太郎「どうぞ」コト

竜華「なにこれ」

京太郎「ホタテと白菜のスープです。めしあがれ」

竜華「……………」ズズ…

竜華「!?美味しい…!」

京太郎「フンッ」←ドヤ顔

竜華「凄い…!美味しい…!」

京太郎「よしっ」←須賀スマイル

竜華「こ…こんなん…どうやったら作れるんや…」

京太郎「教えません。シェフの秘密のレシピですから。…その代わり…」

京太郎「俺が毎日部長に…このスープを作りますよ。結婚してください」←ドヤ顔

竜華「…はい」///



小ネタ【竜華に猫耳と尻尾が生えたようです】



竜華母「竜華ー。朝や起きぃやー」コンコン

竜華「うーん…」ゴロン

竜華「痛ぁぁぁぁい!?踏まれたぁぁぁ!」

竜華母「どないしたん!?」

竜華「うー…なんか踏まれてん…」ガチャ テクテク

竜華母「踏まれた?…夢見てたんか…。……ん?」

竜華「オカンやろ…踏まんといてーな…」ヒョコ

竜華母(…え?しっぽ…?…え?)

竜華母「竜華…いつの間にこすぷれっちゅーの始めたんや?」

竜華「コスプレ?何が?」

竜華母「いや…それ…」

竜華「それ…?」

竜華「…………………………」

竜華「にゃ…にゃんやこれぇぇぇぇー!?」ピョコッ

竜華母(あ、耳生えた)


………
……


京太郎「あれ?部長…今日はジャージですか?…それに野球帽も」

竜華「そうにゃんや」

京太郎「にゃ?」

竜華「にゃ…にゃんでもにゃい!」

京太郎(………?)



京太郎「あっ!セーラ先輩から回収したボールが!」ガッ

京太郎「すみません部長…取ってもらえ…」

竜華「♪」バシバシ

京太郎「ます…か…」

竜華「♪」バシバシ トテトテ バシバシ

京太郎「…ん?」

京太郎「あのー…部長…それ返してください…」

竜華「……!?」ハッ⁉

竜華「はい!」

京太郎「ありがとうございます…」

京太郎(……………………………)


京太郎「あれ?何してるんです?」

竜華「ひにゃたぼっこー」

京太郎「園城寺先輩みたいなことを…。…まぁ部活前だから良いですけど…」

竜華「んー…」マルマル

京太郎「寝ないでくださいね?」

竜華「大丈夫大丈夫ー。ねにゃいねにゃい」

京太郎「呂律回ってませんよ…眠いんじゃないですか…」

京太郎(なんかおかしいよな…)

京太郎「……………………」ソローリ ソローリ

京太郎「せやっ!帽子ゲットー!」

竜華「にゃっ!?」ビクッ

京太郎「さぁ何を隠して………」

竜華「」ピョコッ

京太郎「…え?」

竜華「にゃ…にゃあ…」ポーズ

京太郎(可愛い)


………
……


竜華「…というわけにゃ」ニャ!

京太郎「なるほどー。なるほどなるほどー」

京太郎「…ちょっと尻尾もみたいですね…」

竜華「へ…変態…!」///

京太郎「いや別に脱がなくてもジャージから少し出せばいいじゃないですか」

竜華「にゃるほど」

竜華「よいしょ」ヒョコ

京太郎「ちょっと見ますね」

京太郎「ふむふむ…なるほどなるほどー」

京太郎(俺の真の狙い…!それは…!)

京太郎(…ジャージの隙間から…!…見えたっ!)カッ!

京太郎「…今日は白ですか。なるほど」

竜華「耳見れば尻尾の色もわかるやろ?」

京太郎「…そうですねー」(ゲス顏)

竜華「?」


………
……

京太郎「…よしよし」ナデナデ

竜華「~♪」ゴロゴロ

京太郎「わしゃしゃー」ムツゴロウスタイル

竜華「…か…顏…近い…」///

京太郎(なるほど。完全に猫にはなってない…と)ナデナデ

竜華「ふにゃ~」



京太郎「クッキー食べます?」

竜華「食べるー」ハムハム

京太郎(食べ物も普通…と)

竜華「美味しーい」カリカリ カジカジ

京太郎(…食べ方は少し猫…と)




京太郎「日向ぼっこいいですねー」ナデナデ

竜華「にゃ」

京太郎「…喉のあたりとか」チョイチョイ

竜華「♪」ゴロゴロ

京太郎(…可愛い)ナデナデ

怜「おはよー」ガチャ

セーラ「きょーたろー…お願いやからボール返してーなぁー…」ガチャ

泉「何で持ってきたんですか…」ガチャ

船久保「おはようさんです」ガチャ

京太郎「おはようございます」ナデナデ

竜華「~♪」ナゴナゴ

四人「「「「!?」」」」

竜華「!?」ビクッ

竜華「ふ~~っ!」ニャー!

四人「「「「威嚇されてる!?」」」」

京太郎(でも可愛い)

………
……

京太郎「…ということらしいです」

竜華「~♪」

怜「なんで須賀君にだけ懐いとんねん」

泉「不公平です」

セーラ「竜華ー?ボール遊びせーへん?」

竜華「!」ピクッ

船久保(ボール遊びやりたいんや)

竜華「……にゃんでもにゃい」プイッ

セーラ「なんでやねん…」

怜「なんで須賀君だけ…ズルいわー」

京太郎「」ドヤァ

泉「なんですかそのドヤ顏…。…『二条泉の好感度が下がりました』」

京太郎「すまんかった。代わりに俺を撫でてもいいぞ」

泉「えっ…?」

京太郎「すまん。ここは嫌がる方向に即答してくれないと話が終わる」

竜華「ふ~っ!」

泉「また威嚇された…」

怜「どんだけ懐いとんねん…」



………
……


京太郎「…マタタビは持ってないしなー。…猫は暗くて狭い所が好き…か」パソコン カチカチ

京太郎「…………!」ハッ

京太郎「ロッk…」

セーラ「だめや。やろうとしたらひっかかれた」

京太郎「やったんですか」

泉「んー……」

船久保「ダンボール持ってきました」ガラッ

京太郎「流石です!」



竜華「…………」ジーッ

京太郎「見てますね。ダンボール」モノカゲ

怜「しかしあんなデカイのどこにやったんや」モノカゲ

セーラ「人一人は普通に入るな」モノカゲ

船久保「倉庫にあったんや。あとはレーションとか」モノカゲ

泉「なんであるんですかね」モノカゲ

京太郎「動きますよ!」


竜華「………………」チョイチョイ

竜華「…………」カリカリ


京太郎「引っ掻いてますね」

怜「というか記憶はあるん?」

京太郎「クッキー知ってましたからね。部長+猫の本能って感じですね」


竜華「………………よいしょ」ナカニハイル

竜華「……………………」オチツク

竜華「……………………」ウトウト…



セーラ「はっくしゅんっ!」

ダンボール「」ガタタッ

セーラ「くしゃみでてもーた」タハハ

泉「なんかガタタッっていきましたよ」

京太郎「ダンボール取って見ましょう」ヒョイ

竜華「………………………」

京太郎「…死んだふりしてます」

怜「猫や」

船久保「猫ですね」


………
……


京太郎「で、この猫をどうするかですよ」

竜華(猫…ちゃうんやけど…)

京太郎「俺…飼いたいです」

竜華「にゃっ!?」///

怜「却下や!ウチも飼いたい!」

竜華「怜っ!?」

京太郎「俺はちゃんと食べ物とか調べました!俺に懐いてますし…飼えます!」

船久保「そんなんネットで見れば楽勝や!ウチが飼います!」

竜華「浩子っ!?」

セーラ「オレも!」

泉「ウチも!」

竜華「にゃんやて!?」


ぎゃーぎゃー!わーわー!
俺が! いやウチが! ここはウチで! オレやろ! ウチが飼うしかないですね!


竜華「……………………」

竜華「…ひにゃたでゆっくりしよう…」トテトテ


京太郎「部室で飼いましょうか」

怜「鬼才あらわる」

泉「信じてました」

セーラ「目の付け所がシャープや」

船久保「と思って首輪買っときました」ヒョイッ



竜華「……え…?」



京太郎「部長ー?こっちおいでー」

怜「いや来なくてもこっちからいくー」ジリジリ

セーラ「囲むー」ジリジリ

泉「いいこだからー」ジリジリ

船久保「清水谷部長ー?」ジリジリ

竜華「こ…こ…こ…!」



竜華「こにゃいでええええぇぇぇぇぇ!!」



fin!



【うえのさんがおおさかにしゅうらいします まる】




京太郎母「ほんじゃ留守番よろしくー」

京太郎「あいよ。いってらっしゃーい」

京太郎母「お友達とランチなんて久々だわ…ふんふふ~ん」



京太郎「…さーて。母さん出かけたことだし…とりあえず掃除と洗濯、皿洗いと…換気扇の掃除もするか…。あ、あと電球買わなきゃな。歯磨き粉もそろそろ買わなきゃか。…あ、ベッドのマットレス干してみるか…」

< ピンポーン

京太郎「ん?なんだ?」ガチャ

「あ、宅配便でーす」

京太郎「誰からですか?」

「えーと…千里山高校…からですね」

京太郎「…学校から…?」

京太郎「…はい」ガチャ

久「やあ!」

京太郎「……………………………」

京太郎「………疲れてるのか」バタン

< エ? チョット! スガクン!?


久「…ふむ。閉められてしまったわね」

久「………………………」

久「…和…きゃっ!どこ触ってるのよ!?」

久「こうなったら仕返しよ!…あら?また少し大きくなった?」

久「あらあらあら~。いいわね~。柔らかいし。女としては羨ましいわ~」


京太郎「…………………………」

京太郎「………………………」ガチャ

久「やあ!」

京太郎「……………………」バタン ガッ

京太郎「し…しまった!?いつの間に足を!?」

久「ふふふ…甘いわ須賀君…!…ちなみに和は居ないわ!宅配便もね!」

京太郎「くそっ!男の純情をなんだと思ってやがる!」

久「須賀君の純情は踏みにじるものよ!」

京太郎「ちくしょぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」



………
……


京太郎「…で?どうしたんですかいきなり?清澄は?」

久「まこがなんとかしてくれるわ」

京太郎「いやだって…4人じゃ麻雀もメンバーが変わりませんし…」

久「あら?4人じゃないわよ?6人よ」

京太郎「え?」

久「セアミー・ノル・ユルフィオとか」

京太郎「が…外人の転校生!?」

久「いやねぇ。須賀君がいるときもいたじゃない」

京太郎「…え…?」






久「優希の腰あたりに」

京太郎「人じゃねーじゃん!?」

久「いやー。須賀君衰えてないわねぇ」

京太郎「ってことは…あと一人は…」

久「エトペンよ」

京太郎「やっぱりですか…」

久「あら。エトペンは強いわよ?こないだ国士無双を咲と和に当ててたしね」

京太郎「強っ!?」




京太郎「…で。どこからが嘘なんですか?」

久「そうねぇ…。…まこがなんとかしてくれる…からかしら」

京太郎「…ってことは…」

久「今頃忙しさでワタワタしてるんじゃないかしら?」

京太郎「鬼か!鬼なのか!?」


………
……

京太郎「で。何か用ですか?」

久「…用事がなきゃ…須賀君に会えないのかしら…?」ウワメヅカイ

京太郎「…その手には乗りませんよ」

久「…私は…本気よ…?」ウルウル

京太郎「う…」

久「…須賀君…」

京太郎「ぶ…部長…」

久「目…瞑って…」

京太郎「え!?…は…はい…」

久「……………………………」








ちゅっ












京太郎(まさか…まさかまさかまさか…!部長と…キスを…!)

京太郎「…!」

カピバラ「」キュ!

京太郎「」

京太郎「おい」

久「…大成功ね」

カピバラ「」マサカ ツカマルトハ… オヌシヤルナ!

久「なんだか褒められてる気分だわ」

カピバラ「」 モフモフ スルノヲ ミトメテヤル!

久「…なんだか認められた気分だわ」モフモフ

京太郎「部長…!」

久「いやー仲睦まじいわね。須賀君とカピバラ。キスするなんて」

京太郎「男の純情を踏みにじった罪は重いぞおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」ゴゴゴゴ…!

久「す…須賀君…?顔が怖いわよ…?ほ…ほら…落ち着いて…ね?」

久「ほ…ほら!あれよあれ!可愛い子には旅をさせよ…みたいな…あはは…」

京太郎「遺言はそれでいいですか…!」

久「ほ…ほら…!好きな子をイジめたくなるアレよ! あはは…」

京太郎「…え?」

久「ん?」

久「…………………………………」






久「ち…違うわよ!?べ…別に須賀君のことが好きなんじゃなくって!」///

久「いやでも嫌いな訳じゃないわよ!いや…あの…だから…どっちかって言えば好きだけどそういう恋愛的な意味じゃなくて…!」///

久「あ…あの…その…あのね!…いや…あー…そのぉ…」

久「べ…別に須賀君のことなんて好きじゃないんだからっ!勘違いしないでよね!」///


京太郎「………………………………」

久「うぅ…ち…違うんだからぁ…」///

京太郎(…可愛い)



fin!