咲「…」ペラッ

京太郎「…おろ?咲、こんなとこで何してんだー?」

咲「…」ペラッ

京太郎「咲ー。咲ってばよーい。聞いてるー?聞いてないなー」

咲「…」ペラッ

京太郎「…」ジー

咲「…」ペラッ

京太郎「…」スタスタスタ ストン

咲「…」ペラッ

京太郎「…」ススススス

咲「…」ペラッ



京太郎「モヴェーレ・クルース…モヴェーレ・クルース…」ヒソヒソ

咲「…」ペラッ

京太郎「…」

咲「…」ペラッ

京太郎「ワーイドンチュードゥーユアベーストゥ…」ヒソヒソ

咲「……」ペラッ

京太郎「…」

咲「…」ペラッ

京太郎「お前のパンチで倒れなかったのは、俺が初めてだぜ…」ヒソヒソ

咲「………ンフッ」

京太郎「オ…オクレニイサァーン…」ヒソヒソ

咲「ブフークックックックッ……」プルプル

京太郎「」ニヤニヤ

咲「マ、マサルさんは卑怯…」プルプル

京太郎「そもそもギャグ漫画全般が駄目だろうに」

咲「それはそうだけど…んふっ」

京太郎「まったく、無視しやがるからいけねーんだバカ野郎」グリグリ

咲「い~た~い~!」

京太郎「罰として今度昼飯おごりな」

咲「えぇ~…」

京太郎「いーじゃん、いつも買い物付き合ってやってんだから」

咲「そりゃ良いけど…女の子にたかるってのはどーなのさ?」

京太郎「女の子ぉ?」

咲「…何さ?」

京太郎「いや、そこに異論はねーけど…お前俺に女の子扱いされて嬉しいの?」

咲「ううん、気持ち悪い」

京太郎「ひでえな」

咲「いや、だって…うん、やっぱり気持ち悪いや」

京太郎「二度も言うこたないだろ…」

咲「何かすっきりしないんだからしょうがないでしょ?そもそも最初に話した時から扱いぞんざいだったし」

京太郎「それはまともな反応返さなかったお前が悪い。基本生返事とかぼっちか。ぼっちだったな」

咲「うるさいよ」

京太郎「最近ようやくぼっち脱却出来たんだ。感謝こそされても文句言われる筋合いなどねぇ」

咲「んー…まぁ、感謝はしてるよ」

京太郎「そーだろそーだろ」

咲「レディースランチ代わりに買ってあげるくらいには」

京太郎「しょっぺえな」

咲「京ちゃんにはこれぐらいで十分でしょ」

京太郎「何おう。もっともっと、山より高く海より深く恩を感じてだなぁ…」

咲「感じて?」

京太郎「……レディースランチ俺の代わりに買ってくらはい」

咲「ほらやっぱり」

京太郎「うぎぎぎぎぎぎ」

咲「…あれ?もう、お馬鹿なことやってるからお昼休み終わっちゃいそうじゃない」

京太郎「あらら」

咲「せっかく読み進めようと思ってたのに、京ちゃんってば…」

京太郎「部活中にでも読めば良いんでね?今日は開店休業みたいなもんだろ?」

咲「うーん…やっぱり帰ってからで良いや」

京太郎「そか?」

咲「うん。せっかくの部活だし…それに京ちゃんの指導で暇なんて一切出来ませんから」

京太郎「オカモチ感覚で教えられるのは非オカモチには邪魔でしかないんだけどなー?」

咲「あ、言ったなー?私だって最近ちゃんとデジタル打ちも勉強してるんだからね」

京太郎「ほー、それはそれは。今日の部活が楽しみですなぁ?」

咲「絶対負けないんだから!」





和「オブラートに包んで言わせていただきますと成長が全く感じられませんね」

「「げふぅっ」」

まこ「オブラートとは何だったのかのう…」

久「オブラートごときで刃物は包めないわねぇ」

優希「むしろ針のように尖ってるじぇ」

カンッ