淡「寒い」

京太郎「そうか」

淡「寒い!」

京太郎「そうだな」

淡「さーむーいー!」

京太郎「寒いのは分かったから、いちいち叫ぶなよ」

淡「うー。もー!キョータローのばかー!」

京太郎「何でんなこと言われにゃならんのだ」

淡「私が今寒いって言ってんの!」

京太郎「だから?」

淡「何とかして暖かくしてよ!まったく、キョータローってばほんとにデクノボーで鈍感なんだから!」

京太郎「ほーん…淡、ちょっとこっちゃ来い」

淡「なに?何かあるの?」

京太郎「いーから」

淡「んー」テコテコテコ




京太郎「偉そうに物言うんじゃねえこのスカポンタン」スパァン

淡「あわったぁ!?」

京太郎「おうこの淡野郎変な鳴き声しやがって」グリグリ

淡「いーたーいー!」ジタバタ

京太郎「寒いんだろぉ?摩擦で暖めてやんよオラオラァ!」ザリザリザリザリ

淡「あっつ!あっつい!」

京太郎「遠慮すんなよぉ、たっぷり暖めてやるぞぉ?」ゴシゴシゴシゴシ

淡「あーっ!あーっ!!あー…がうっ!」ガブッ

京太郎「いっで!」

淡「うー!んむー!むぅー!」ガジガジ

京太郎「このっ、くそっ!離せ!はなしゃがれ!」

淡「がるるるるる…」

京太郎「ぜーっ…ぜーっ…はぁー疲れた…」

淡「ウゥゥゥゥ…」

京太郎「あぁもう唸ってねーでこっち来い。しゃーねーから紅茶でも淹れてやるよ」

淡「……」ジー

京太郎「わぁったわぁった、砂糖たっぷりな」



亦野「お?なんだ今日は短めだなぁ」

尭深「お茶菓子、用意しておこうかな…」

照「私の分もお願い」サクサク

菫「騒ぐなと言うべきか楽しむなと言うべきかマイペース過ぎだと言うべきか食いすぎだと言うべきか…私の常識力が試されているのか?」

カンッ