番外編【幼馴染みな桃子さん】



京太郎「………………肩が重い…」

京太郎「…部活行くの止めるか。肩が重くてダルいし」

京太郎「…その前にトイレ行くか」スタスタ

桃子「きょ…京太郎!それは卑怯っす!」スゥ

京太郎「はいはい。だったら俺に乗っかるの止めろよな…」

桃子「大体なんで私ってわかったっすか?」

京太郎「なんでって言われても…お前が乗ってきたらそりゃわかるだろ?」キョトン

桃子(…これだ。…なんでかわからない。消えてるはずの私を…京太郎は「消えてない」って言う…)

桃子「摩訶不思議っす…」

京太郎「?」

桃子「とりあえず部室に行くっすよ京太郎!」ゴーゴー!

京太郎「あーはいはい。わかりましたよお姫様」

桃子「ふふふ…そんな態度でいいんすか?」

京太郎「何がだよ?」

桃子「私のこの影の薄さを使えば京太郎の評判を下げることぐらい造作もないことっす…」

桃子「ふふふ…京太郎が「助けてくれぇ」って涙目になる姿が目に浮かぶっすよ…」

京太郎「それなら問題ないな」

桃子「…へ?」

京太郎「いやだってよ。お前のその…消えるってやつ?俺にはよくわかんねーし。すぐ見つけられるからな」

桃子「…わけわかんないっす」

京太郎「俺もわかんねーよ。大体消えるってなんだよ消えるって。お前はここにいるのに」

桃子「………………………………」

桃子「…早く部室行くっす。急がないと寝ちゃいそうっすよ私」

京太郎「へいへい」

桃子「あー…もーダメっす。寝るー」ギュッ

京太郎「…はぁ。我が儘なお姫様だこと。着いたら起こすからな」スタスタ

桃子「……………………………」

桃子「…私は京太郎を離さないっすよ?」ギュッ

京太郎「ばーか。お前が消えようと離れようと、俺が探しだしてやるっての」

桃子(…私は。コミュニケーションを放棄した人間の一人…。…でも…ここに…私を見つけてくれる…王子様がいるっす!)

桃子「……えへへ」


fin!



【京太郎がのどっちと定期的にネト麻(+スカイプ付)をしてると知り、必死でパソコン(&ネト麻)の特訓をする咲ちゃん】


咲「………………わ…私だって!」

咲「…えーっと…えーっと…」

咲「うわわ!?変なキー押しちゃったよ…」

咲「えぇと…出来た!」

咲「利用者登録…?ID作成…?」

咲「…………………………………」ピッ

咲「…もしもし京ちゃん…?」

京太郎『どうした?』

咲「京ちゃんと原村さんに秘密で特訓したいからネット麻雀のやり方教えて…」

京太郎『もう色々とダメだろ』

咲「うぅぅ……」


………
……


咲「うぅ…なんでぇ…3位か4位にしかならないよ…」ピッ

咲「…京ちゃんなんでぇ…?」グスッ

京太郎『なんの話だよ…』

咲「牌が全然見えないの…」

京太郎『?』

京太郎『明日帰りに眼鏡買いに行くか?』

咲「そうじゃないよ!もうっ!」

咲「……………………………………」

咲「…でもクレープ屋寄りたいなぁ…」

京太郎『はいはい。仰せのままに。お姫様』



fin!



【京太郎がのどっちと定期的にネト麻(+スカイプ付)をしてると知り、必死でパソコン(&ネト麻)の特訓をする咲ちゃん 京太郎千里山在籍Ver.】


和「須賀君大阪でも元気そうですね」

久「あら?なんで和がそんなこと知ってるのよ?」

和「最近ネット麻雀を…。チャットもしてますから様子がわかりやすいんです」

咲「」ガタッ

和「?どうかしましたか?」

咲「な…なんでもないよ!」

咲「ぶ…部長!部のパソコン使いますね!」

久「いいわよー」ニヤニヤ

和「部長…どうしたんですか?」キョトン

久「ん?…いやね…咲が女の子してるわねって話よ」

和「?」キョトン


咲(う…?ネット麻雀って種類がいっぱいあるの…?ううぅ…)

久「…そう言えば和」

和「はい?」

久「和ってネット麻雀はどれをやってるの?一回「のどっち」と遭遇してみたいわ」

咲「」ピクッ

和「私は最大手のやつですね。やはり大手でこそ戦いの幅が広がると言いますか…」

咲(大手の…大手の…あった!これだよ!…えっと…登録…ID…パスワード…う…うぅ…わかんないよ…)ウルッ

久「……………………」チラッ

久「登録にはIDとパスワードが必要だったりするのかしら?」

咲(…!)ピクッ

和「ええ…。アバター使用でそういう面にも配慮されてますからログイン制です。IDは自動供給でパスワードを決めた後ハンドルネームを決めるだけですよ」

久「なるほどー。簡単ね」

咲(パスワードを決めるだけでいいんだね!良かった!都合よく話してくれてて助かったよ…)ホッ

咲(…あれ?でもどうやって京ちゃんと戦うんだろ…?…これかな?)カチッ

咲(あれ!?た…対局が始まっちゃった…!)アセアセ

久「………はぁ」チラッ

久「和に会うには偶然を待つしかないのかしら?」

和「いえ…ここが少し特殊で…。ある程度の成績がないと個人部屋が作れないんです。ですから連絡を頂ければ私が…」

咲(よ…よくわからないけど…これに勝てばいいんだよね!よーし!)カチッ

「ロン。リーチ一発平和三色タンヤオイーぺーコードラ1」

咲「うううぅぅぅぅぅ……」グスッ

久(…前途多難ね…)

和(ところで部長はどうして説明を読めばわかるようなことばかり聞いてくるのでしょうか…?)ウーン



小ネタ【俺の幼馴染みがこんなに忘れられるわけがないのでこんなに可愛いわけがない】



咲「京ちゃん京ちゃん」

京太郎「どうした?」

咲「今日ね…その…あのね…!お昼…」

京太郎「昼飯?…あぁ咲!今日学食のレディースランチの気分なんだ!頼む!」

咲「……………むぅ」プクッ

咲「…ダメです」

京太郎「な…なんでだよ!頼むって!」

咲「だ…ダメなものはダメなの!京ちゃん!お昼屋上来て!」

京太郎「な…なんなんだよ…」

~そして~

咲「……………むぅ」プクーッ

京太郎「なぁなんでスネてんだよ…俺なんかしたか?」

咲「べっつにー」プクーッ

京太郎「??」

咲「いいもーんだ。京ちゃんのために作ったお弁当自分で食べるもーん」

京太郎「…へ?今なんて…?」

咲「だ…だから!今日ちょっと頑張って京ちゃんにお弁当作ったの!…でもレディースランチの気分なんでしょ!ふんだ!」プイッ

京太郎「…あー…そういうことか…。すまん…咲」

咲「ふーんだ。べー」

京太郎「………………………咲」

咲「何かな京ちゃん。謝ったって私の機嫌は…」

京太郎「俺は、お前の作った弁当が食いたい」

咲「……………………」

京太郎「…駄目か?」

咲「そこは…あ…謝ったりするところじゃないのかな…そ…そんなストレートに言われても…」モジモジ

咲「…あ…ああもう!はい京ちゃん!あーん!」

京太郎「さ…咲…!?そ…そこまでしなくても…!」

咲「…………イヤ…?」ウルッ

京太郎「…っ。…あむっ」パクッ

咲「!…べ…別に嬉しくはないですよーだ」/// プイッ

京太郎(まるわかりだけどな)

京太郎(あと咲…。お前調味料間違えただろ…。卵焼きが無駄に辛いぞ…)ヒリヒリ

咲「………………………」チラッ

京太郎(………あー…。こういうしかねーじゃねーか…)

京太郎「旨い!もっとくれ!咲!」

咲「!」パァァァ!

咲「う…うん!」ニコニコ

京太郎(でも…次からは俺が作るわ…)ヒリヒリ

fin!



※京ハギ注意!【ノーマルな鈍感京ちゃんとハギヨシさん】



京太郎「…す…すみません…!遅れました…!」ゼェゼェ

ハギヨシ「いえ…私も今来たところですよ」

京太郎「本当ですか…?」

ハギヨシ「はい。執事ならば当然持っているスキルの一つ「相手の家を出る時間を±3秒で読み取る力」がありますから」ニコッ

京太郎「……………………………」

京太郎「………ハギヨシさん。手を」ソッ

ハギヨシ「…えっ…」ドキ

京太郎「……やっぱり冷たい…。…何分待ったんですか…?」

ハギヨシ「……………………………」

ハギヨシ「……何分待ったか…じゃないんです。須賀君が来てくれた。それだけでいいんですよ」ニコッ

京太郎「……ありがとう…ハギヨシさん」

ハギヨシ「はい」ニコッ

………
……

京太郎「いやー!良いアクション映画だったー!」ノビー

ハギヨシ「シリーズの中でも良い話でしたね。アクションも凝ってましたし」

京太郎「ハギヨシさんもこういうの見るんですか?」

ハギヨシ「そうですね。休みの日と言えど基本お屋敷にいますから。映画や本は結構…」

京太郎「へー。凄そうだなぁ…今度ハギヨシの部屋に行ってみたいです」

ハギヨシ「ぅ」ドキッ

京太郎「…ダメですよねー」アハハ…

ハギヨシ「そ…そんなことは…!」アセアセ

京太郎「ホントですか?やったー」

ハギヨシ「ちゃんと塵一つ残しませんから!」フンス!

京太郎(…部屋を綺麗にしておくって意味だろうけど…なんか消される気がする言い回しだ…)





………
……

京太郎「でもハギヨシさんってアクション映画見ても「あ、これ出来るわ」って言うのありそうですよね」

ハギヨシ「そうですね…割りと…」

京太郎「ちょっとやってみてくださいよー」

ハギヨシ「じゃ…じゃあ…エージェントが秘密基地に入るシーンで」

京太郎(…その場面でアクションなんかあったっけ?)

ハギヨシ「……………………」テクテク

京太郎(歩いて…その先にマンホール…?)

ハギヨシ「」シュンッ

京太郎「消えたっ!?嘘っ!?」

ハギヨシ「後ろです」シュンッ

京太郎「何これ!?」

ハギヨシ「何…と言われましても…「ワープゾーン」ですよ」

京太郎「アクションを実践しないでワープ実践しちゃった!」

京太郎「でもこれが出来るってことはあれですねー。ハギヨシさん怒らせたらすぐに後ろから刺されちゃいますねー」

ハギヨシ「な…な…」カァァ

京太郎「?」

ハギヨシ「わ…私はちゃんと合意の上でやりますから!」///

京太郎「合意してもらうの!?するわけないですよ!?その場面は合意取らずに一気にやる場面ですよ!」

ハギヨシ「い…いいんですか…!?」

京太郎「そういうものですよ…」

ハギヨシ「じゃ…じゃあ…」ドキドキ

京太郎「?」

ハギヨシ「……………ぅ」///

ハギヨシ(や…やっぱり…無理矢理なんて…!私には…!)

ハギヨシ「で…出来ない…!」ガクッ

京太郎(あれ?今俺殺されるところだったの?)キョトン




fin!



【まこの苦悩】




まこ「…………………………」カチカチ


to 京太郎

本文
元気にしとるか?
ワシは変わらず


まこ「……………………………」

まこ「………いやいや」カチカチ


本文
元気だった?


まこ「…………………………うーん」ホワホワ

まこ『おはよう久!元気だった?』ニコッ

まこ(…………………………………)

まこ(…イメージしてみたら…こりゃますますワシじゃないのう…)

まこ「やっぱり………」カチカチ


本文
元気にしとるか?



まこ「………いやでも…」ホワホワ

京太郎『え、染谷先輩メールでも方言なんだ…へー…』

まこ(な…なんか変なイメージ持たれるのも嫌じゃ…)カチカチ


本文
元気?


まこ(…………………………………)

まこ(あああああぁぁぁ!もう!イメージが全く合わん!)

まこ「…………………寝よ」



………
……


久「え?須賀君にメール?私が?」

まこ「………………」コクン

久「メールぐらい自分で…。!……ははーん。なるほどね~」ニヤニヤ

まこ「…お前さん…何か勘違いを…」

久「いやいや!全部言わなくても良いわ!わかってる!わかってるわ!」ビシッ

まこ「いや…だから文面がじゃな…」

久「そうよね!相手に送る文面に困っちゃうのよね!うんうんなるほどなるほどー」

まこ(…………………………………)

久「安心して!私はまこの味方だから!」

まこ「いや…だから…」

久「よーし!喫茶店で作戦会議するわよー!いやぁー…にしてもまこからこんな相談されるなんてー…嬉しさと寂しさがあるわね」ウンウン

まこ「……………………………」

まこ(…はぁ…面倒なことしよってからに…。なんもかんも京太郎が悪い。うん)

久「ほら!まこ!行くわよ!」

まこ「…はいはい」

まこ(…でも…こういうのも…楽しいかのう…)

久「まーこー!」ブンブン

まこ「今行くー!」タッタッタ


fin!



【カピバラあったか~い】


宥「わああぁぁぁぁ~!」キラキラ

カピバラ「」キュ?

宥「可愛い~!」ギュッ

カピバラ「」キュ? キュー! イヤー!

宥「あったかぁ~い」

カピバラ「」ン?

カピバラ「」…………

カピバラ「」モフモフ サレナイ!

カピバラ「」コノヒト イイヒト!

宥「えへへ…可愛いしあったかいよ~」

カピバラ「」モフモフ シナイカラ イイヒト!

カピバラ「」……………

カピバラ「」……………

カピバラ「」アツイ!? コノヒト アツイ! イヤー! アツイヨ-! ジタバタ

宥「動くともっとあったか~い…」ホカホカ

カピバラ「」ニゲテヤル!

宥「あったか~」ギュッ

カピバラ「」ホールド サレテル-!?

カピバラ「」キュー!キュー! ジタバタ


………
……


京太郎「宥さん?すみませんお待たせして…部屋片付けま…し…た…」

宥「あ、はーい」トテトテ

カピバラ「」キュー…

カピバラ「」カピカピバラ…

京太郎「カ…カピィィィィィー!」



fin!



番外編【竜華とタイタニックごっこ】



竜華「ううぅ……」ダバー

京太郎「ど…どうしたんですか部長!?」

竜華「…ずびー」ズズッ

京太郎「…ああ…はいティッシュ」スッ

竜華「昨日な」

京太郎「あ、使わないんですね」

竜華「タイタニックを見たんや。それはもう感動して感動して…」

京太郎「あー…あれはいいですよねー」

竜華「色んな人が真似しとるみたいやで。あのシーン」

京太郎「みたいですねー。よくネットとかで見ます」

竜華「やりたい!」

京太郎「…今俺しかいませんけど…」

竜華「やるで!」

京太郎「は…はぁ…」


………
……


竜華「とりあえずどこに立とうか…」

京太郎「そんな場所部室にはありませんし…ソファにでも立ちます?」

竜華「あー…まぁそれしかないなー」




竜華「準備おっけーや!」ビシッ!

京太郎「えっと…俺は…腰回りと言いますか、お腹回りに手を回せばいいんですか?」

竜華「せやな!」

竜華「……………………ん…?」

竜華(……お腹…回り…?)

竜華(…………………………)

竜華「ア…アアア…アカン!アカンアカンアカン!」カァァ

京太郎「え?いきなりどうしたんですか?」

竜華「………ちょ…ちょっとタンマー!」バタン

京太郎「………出ていってしまった…」


竜華「………………」

竜華「…………えい」プニッ

竜華「……………やっぱりちょっと気になる…」

竜華「………お菓子控えよ…。…はぁ…」



fin!



番外編の番外編【気になる竜華】




竜華「…………………………」ゴゴゴゴゴ…!

竜華「勝負や…!」ゴゴゴ…!









体重計「」ゴゴゴゴゴ

竜華「いざっ…!」






竜華「…………………………」

竜華「………バスタオル取ってみよ」ヒョイッ

竜華「……………………………」

竜華「………ほっ!」カタアシ アゲ

体重計「」カワリマセンヨ

竜華「…………………………」

竜華「…………そりゃっ!」ツマサキダチ

体重計「」ムダヤデ

竜華「………ていやっ!」カタアシバランス ノ ポーズ!

竜華「………!………!……!」プルプル…

体重計「」ソンナ キニスル ホド チャウデ

竜華「…………く~!」プルプル…

竜華母「竜華ー。はよ出えやー」ガラッ

竜華母「………何しとんねん」

竜華「…じ…自分との…闘い…?」プルプル…

竜華母「…………負けたら呼んでや」ガラッ

竜華「か…勝つもん!」


fin!



番外編【怜の耳にアマガミ】




怜「………………………………」

京太郎「…ぐー…ぐー…」zzz

怜(まさかの状況や!)

怜(ちょっと早く来たらソファで須賀君が寝とった。…掃除疲れ…?)

怜「…………………」ナデナデ

京太郎「……んー…」zzz

怜(…今度から早起きしよ)

京太郎「…むー…枕…」グイッ

怜「へっ?」ドサッ

京太郎「……………ぐー…」zzz

怜「………だ…」

怜(抱き枕にされとる…!?)カァァ

怜「」///

怜(…なんてことや…!私須賀君に抱き枕にされとる!)///

京太郎「…んー…」zzz

京太郎「……………あむっ」ハムッ

怜「んっ」///

怜(な…なんか…あ…甘噛みされた…!?耳…!?)

京太郎「…はむはむ…」ハグハグ

怜「~っ!?」/// ゾクッ

怜(な…なんか…耳たぶ…変な感じ…)

京太郎「………………んむ…」ギュゥッ

怜(そ…そんな抱きしめんといて…照れるやん)///

京太郎「…………むー…」ゴロッ

怜「ちょっ…まっ…須賀くっ…!落ちる!ソファから落ちる!?」


ゴンッ!


怜「………………」ノソノソ

怜「あぶなー…生きてたー。死ぬかと思ったわ…」

京太郎「」

怜「あー…たんこぶ出来てまうな須賀君。…痛いの痛いの~飛んでけ~」

怜「ふふー。癒しの魔女っ子怜ちゃんや!…なんちゃって」

京太郎(………………………)

京太郎(痛みで起きたはいいけど、声かけるタイミングを失った…)

怜「ちちんぷいぷい~」

京太郎(笑ってはいけない…笑ってはいけない…!)


fin!



番外編if【かすみちゃんのほんきでものがたりがはじまる】





小蒔「……………………………」ノソッ

小蒔「……………………………」ジワッ

小蒔「………っ………ぐすっ…」グスッ

小蒔「……ぁ…ぃです…」ポツリ

小蒔「…………会いたいです…京太郎さん…」ポロポロ

小蒔「……ひっく…我慢するって…言ったのに…我が儘でごめんなさい…」グスッ

小蒔「…………うぅぅ…ぐすっ…」グスッ

小蒔「…っ…ぐすっ…っ…うー…っ…ぐすっ」グスッ






霞「……………………………」

霞(小蒔ちゃん………)


………
……


霞「………………………」スタスタ

初美「あ、丁度良かったのですよー。ちょっとこの箱を運ぶのを手伝って…」

霞「ごめんなさい。後にして」スタスタ

初美(…………なんか怒ってる…?)






霞「………………」Prrrr!

霞「………………………」

京太郎『もしもし?石戸さん?何かご用で…』

霞「鹿児島に来なさい」




京太郎『……………………』

京太郎『へ?』

霞「鹿児島に、来なさい」

京太郎『なんでまたいきなり…。…ま…まさか神代さんに何か…!?』

霞「そうね。重症よ。だから早く鹿児島に来なさい。おじ様は私がなんとかするから、早く鹿児島に来なさい」

京太郎『あ…あの…石戸さん…何か怒ってます…?』

霞「そう思う?なら早く鹿児島に来なさい」

京太郎『……は…はい…』

霞「………………」ピッ

初美「お怒りですねー。何かあったんですかー」

霞「………………はっちゃん」

初美「…は…はい!なんでしょう!」ビクッ

霞「………お仕事。普段の倍以上やるわよ。小蒔ちゃんが暇になるような日を一週間ぐらい作るわ」

初美「え…頑張り屋の姫様にそれは無理なんじゃ…」

霞「大丈夫よ…。それどころじゃないから」

初美「??」





小蒔「…………………………」フキフキ

春「…………姫様。目が赤い。…どうしたの?」フキフキ

小蒔「…なんでもないよ。ちょっと夜更かししてしまって…」

春「…………体には気を付けて」

小蒔「うん。ありがとう」ニコッ

小蒔(我慢するって言ったんだもんね…)

小蒔(頑張ります!)フンス!




fin!
というより
to be continued!



番外編if【りゅーかにひたすら強引にチュッチュ】



竜華「あれ?須賀君帰らへんの?」

京太郎「………………………」

竜華「…どうしたん?」

京太郎「……部長」ガシッ

竜華「?」

京太郎「………………」チュ

竜華「んっ!?」

竜華「んー!んー!」バンバン

京太郎「…………ふー」パッ

竜華「ぷはっ!な…何すんねん!」

京太郎「………………」チュッ

竜華「んっ…」

竜華「んー…んー…!」ジワッ

京太郎「……………………」パッ

竜華「…はぁ…はぁ…。なんや…なんやねん…止めて…止めてーな…」ウルウル

京太郎「……………まだ」チュッ

竜華「ちゅっ…んむっ…」

竜華「ぷはぁっ…。だから…!止めてって…」

京太郎「……………………」チュッ ギュッ

竜華「ん…」

竜華「…………………………」

京太郎「………………ふぅっ…」パッ

竜華「………何なん…?嫌や…こんなん…」

京太郎「………嫌われる覚悟も出来てます。最低のことをしたと思ってます」

京太郎「…すみません」

竜華「………最低や」

京太郎「…………………………」

竜華「こんなんじゃなくて…ちゃんと…ちゃんとしたかった…」ウルウル

竜華「…………須賀君は…」

竜華「…ウチのこと…」


京太郎「…好きに決まってるじゃないですか」

京太郎「…ちょっと抑えられなかっただけです。…ホント…最低だ…」

竜華「…………じゃあ」

竜華「……目…閉じて」

京太郎「………………」スッ

竜華「…………………………」


ちゅっ


竜華「……んっ…」チュッ

京太郎「………………はぁっ」

京太郎「……な…なんで…」

竜華「…ウチだって…キス…したいわ…」カァァ

京太郎「………部長…」

竜華「…竜華」

京太郎「…………竜華」

竜華「……ん」

京太郎「……………ちゅっ」

竜華「……んっ…ちゅっ…んむ…」

京太郎「…はぁ…ちゅ…んっ…」

竜華「………ぷはっ」

京太郎「………………………」

竜華「…………………………」


ちゅっ



fin!



番外編if【京太郎が鹿児島入りしたようです】




巴「…………………………」

春「…………………………」

巴「…………おかしい…よね?」

春「………………」コクッ

初美「…ふぅー。残すは掃き掃除ですかー」

初美「」ススス…

初美「」シュシュシュ…

巴「…はっちゃんの残像が見えるのは私だけじゃないよね?」

春「………………うん」

霞「私とはっちゃんの仕事スキルはこの数日で限界突破したわ」

巴「…な…何があったの…」




小蒔「お祓いですね。わかりました!頑張ります!」フンス

霞「!」

霞「はっちゃん!」

初美「うぉぉー!任せろーですよー!」シュバッ

初美「てやー!」シュシュシュ!

初美「お祓い完了!」

小蒔「は…早い…」

小蒔「…そういえばそろそろお昼ご飯ですね。たしか今日は私の当番…」

霞「作っておいたわ!」

小蒔「え?ああ…うん。ありがとう霞ちゃん」

霞「仕事があったら言ってね!」

小蒔(どうしたんだろう…?)

春「………………!」ピーン

春「…そういえばさっき黒糖が切れた」チラッ

霞「…流石に買ってあったりはしないわ」

春「……………だよね」シュン



小蒔「……暇ですね。良いことと言えば良いことなんですけど…」ホノボノ

巴「私たち…日向でお茶飲んでていいんですかね?」ポカポカ

春「でも実際仕事がない」ポリポリ

巴「そうなんだよね。ホントあの二人どうしたんだろ」

巴「はっちゃんに至っては残像が見えるし…」

春「……………霞さんはいつ仕事してるのかわからないぐらい…」

小蒔「…………………………」ノホホン

小蒔「…暇です…。そうだ!何かしましょう。二人に差し入れのような…」

霞「作っておいたわ!」

巴「嘘っ!?」




巴「……暇ですねー」ホノボノ

小蒔「…そうですね…二人は大丈夫でしょうか…」ポカポカ

春「………少し…心配」ポリポリ

京太郎「神代さん!」バンッ!

京太郎「神代さん!」ダッ!

小蒔「…!?」

初美「くせ者ですよー!」シュバッ

霞「待ってはっちゃん!違うわよ!」

京太郎「神代さん!大丈夫ですか!具合は!?」ガシッ

小蒔「…え?え?…きょ…京太郎…さん…?」

京太郎「そうです!俺がわかりますか!?」

小蒔「…………………………」

京太郎「じ…神代さん!?い…石戸さん!神代さんの症状は…!」

霞「あー…うん。回復したんじゃないかしら?」

京太郎「えぇ!?深刻な病気がこんな早く!?」

小蒔「…きょ…京太郎さん…」

京太郎「!」

京太郎「どうしました神代さん!」

小蒔「京太郎さんっ!」ギュッ!

京太郎「え?…じ…神代さん…?」

小蒔「会いたかった…会いたかったです。…京太郎さん…」ギュッ

京太郎「…………………………」

京太郎「………俺も…ですよ…」ギュッ

小蒔「…………………………」

小蒔「…………このまま…。…もう少しこのままでもいいですか…?」///

京太郎「…ずっとでも構いませんよ」ギュッ

小蒔「…嬉しいです」///




………
……

京太郎「…結局嘘だったんですね…」

霞「あら。小蒔ちゃんが重症だったのは事実じゃない。こ・い・の・や・ま・い」ウインク

京太郎「…はぁ。まぁいいですけど」

霞「一週間ぐらいは鹿児島にいるでしょ?」

京太郎「そうですね…」

霞「…良かったわね小蒔ちゃん」ニコッ

小蒔「…ぁぅ…でもお仕事があるから…」

初美「お仕事無いのですよー」

小蒔「!」

小蒔「も…もしかして…霞ちゃん…はっちゃん…」

霞「なんのことかしらね」クスッ

初美「全くわからないのですよー」ニコッ

小蒔「…………あ…ありがとう…ございます…」



京太郎「…よし…!折角鹿児島に来たんだし大魔王はっちゃんにリベ…」

巴「違うよね?」ニコニコ

京太郎「え?」

霞「違うわよね?」ニコニコ

京太郎「ア…アタリマエジャナイデスカー…ヤダナー…アハハ…」

霞(はぁ…相変わらず…須賀君は須賀君ね…)

小蒔「あの!」///

小蒔「きょ…京太郎さん!その…わ…わ…私と…デ…デ…!」///

京太郎「?」

小蒔「デートしてくだひゃい!」///

京太郎(噛んだ…)

春(噛んだ…)

初美(噛んだですよー…)

霞(可愛い)

巴(100点)




………
……


小蒔「い…いってきまーす!」///

霞「はーい。いってらっしゃーい」





霞「しかし…こう見てると…ちょっと羨ましいわね…」

巴「その気になれば彼氏ぐらい作れるんじゃない?」

霞「無理よ。私は小蒔ちゃんみたいに可愛くないもの」

巴(何をおっしゃる)

春(霞さんがモテないなら一体誰がモテるのか)

霞「それに今はまだ小蒔ちゃんで精一杯だわ。…まだまだ危なっかしいというか…」

春「…………天然さん」

霞「そうねー。…まだ色々支えてあげなきゃ」

春「…………私達…大甘」

巴「仕方ないね。姫様だし」








初美「た…大変ですよー!姫様の靴とはっちゃんの靴が片っ方ずつないのですよー!」バタバタ

巴「……………………」

霞「…ね?」

巴「…そうですね。とりあえず…」

初美「急いで靴届けにいくですよー!」

春「……………やっぱり私達…大甘」

巴「姫様と須賀君を探しましょう!」

霞「緊張しすぎよ!小蒔ちゃん!」




fin!



【愛宕家のクリスマス。それと京ちゃん】



雅枝「………………………………」ソワソワ

洋榎「いぇーい!チキンやチキンやー!」

絹恵「お姉ちゃん!ケーキもある!オカン凄い!」

雅枝「………そ…そう…?」テレッ

洋榎「ケーキもお店のみたいにキレイやし」

絹恵「このクオリティで手作り…」

洋榎・絹恵「「ウチらはどう考えても勝ち組…!」」

雅枝「……………………………」ソワソワ


ピンポーン


雅枝「!」ガタッ

洋榎「ん?なんや?」

絹恵「宅配?」

?「…メリークリスマース!」ガチャ

洋榎「……………………………」

洋榎「………絹。不法侵入者や。警察に電話」

絹恵「1…1…0…」

雅枝「ま…待って!サンタ!サンタやろ!」

洋榎「ちょいやっ!」ベリッ

京太郎「ぎゃああああ!髭があぁぁぁ!痛てぇぇ」

雅枝「須賀ぁ!?」

京太郎「洋榎さん!髭を取っちゃダメですよ!サンタのアイデンティティーですよ!?」

洋榎「なんやー。不法侵入者かと思たわー」

京太郎「髭を狙ったあたりしっかりわかってましたよね!?」



………
……


京太郎「…というわけで監督にサンタ役をやってくれと頼まれまして…」

洋榎「なるほどなるほど」

絹恵「オカン…気ぃ使わんでええのに…」

雅枝「…ひ…久々に25日に仕事が無かったから…。その…クリスマスらしいことしたいなぁ…思て…その…」

洋榎「…オカン…」

絹恵「…………………」

洋榎「…はぁ…。真面目やなーオカン」

絹恵「気にせんといてやー。オカンと過ごせるだけで楽しいクリスマスなんやから」

雅枝「洋榎…絹恵…」

洋榎「ってことでケーキ食べるー。洋榎ちゃんこの大きいイチゴのー」

絹恵「じゃあウチは…このサンタ乗ってるとこー」

京太郎「じゃあ俺はその隣のトナカイで」

洋榎「………………………………」

絹恵「………………………………」

洋榎「…………………………」ゲシッ ゲシッ

絹恵「…………………………」ゲシッ ゲシッ

京太郎「すいません!調子乗ったのはわかってますから!痛い!痛い!絹恵さんの蹴りは冗談にならないぐらい痛い!」

雅枝「……………………………」

雅枝「…………………ふふっ」クスッ

雅枝(…………楽しいっ)ニコッ



fin!



【部室でクリスマス】




京太郎「…………………」スタスタ

モブ夫「おっす須賀。部活か?」

京太郎「おう。モブ夫も部活か?」

モブ夫「…まぁな」

モブ夫「……ところで須賀ヌンティウス」

京太郎「初めて呼ばれたぞそのあだ名」

モブ夫「俺の頬を叩いてくれ…」

京太郎「よいしょぉ!」バンッ

モブ夫「へぶっ!なんの躊躇いもないっ!」

モブ夫「…痛てぇ…。そっかー。夢じゃないのかー」

京太郎「?」

モブ夫「何を隠そうこのモブ夫…彼女が出来ました!」

京太郎「よいしょぉ!」バンッ

モブ夫「右頬まで!」


………
……


京太郎「…あー…ちくしょーモブ夫のやつ…朝から…」ガチャ

京太郎「………なんだこれ」

竜華「おはよー須賀君」

京太郎「…ツリー?」

竜華「せや!クリスマスやから。ちゃんと部室の飾り付けも完璧や!」

京太郎「部室が一気にクリスマスムードになりましたねー」



竜華「飾り付けも終わりー!」

怜「いえー」

セーラ「あとはこれやな!」ババン!

船久保「…………短冊?」

セーラ「サンタへの願いを書くんや!」

泉「……………………」

京太郎(…………まぁいいか)

セーラ(…………………………)

セーラ(…ツッコミが来ない…)シュン


………
……

怜「…よいしょ…よいしょ…」

京太郎「園城寺先輩何してるんですか?」

怜「?」キョトン

怜「靴下脱いどるんやけど?」

京太郎「…ちなみに何故」

怜「サンタに願いと言えば靴下やろ?」キョトン

京太郎「ソックスは無効なんじゃないですかね?」

怜「えー…とりあえず掛けとくわ」

怜「………………ぉぅぅ」ブルブル

京太郎「はいはい。寒いなら履いてくださいね」

………
……

泉「ところで須賀君は欲しいものとかあるんですか?」

船久保「あれやろ?『金』とか『成績』とかやろ?」

京太郎「…そーですねー。んー…」

モブ夫『彼女はいいぞー。人生が充実するっていうかだなー。こうなんつーの?華やかにだなー。灰色から薔薇色に変わるっていうの?例えば雪解け水だな。春の光を…』



京太郎「…………………………」

京太郎「…彼女」

セーラ「へ?」

京太郎「彼女欲しいなー。なんて」ハハハ



リア充爆発しろ
というが、とある青年は自ら爆弾を投下したという。
その爆弾は投下された瞬間に部室内を戦争にしたのは言うまでもない。



怜「…須賀君ちょっと話が…!」

竜華「須賀君ー!ちょっとこれ手伝ってーな!」

セーラ「京太郎ー。オレと買い出し行かへん?」

泉「だ…だったらウチが行きますよ!」

セーラ「いや…その…オレは…その…」

船久保「…須賀君ちょっと」グイッ

怜「フナQ!対戦相手のデータやで!」

船久保「ホンマですか!………はっ!しまった!」

竜華「須賀君!実はお菓子作ってきてん!食べてーな!」

セーラ「むしゃむしゃもぐもぐ」

竜華「なー!?」

京太郎「……………………」

京太郎(みんな仲良いなー)ノホホン

fin!



【千里山みんなでサンタのコスプレ】



京太郎「こんちわー」ガチャ

竜華「メリークリスマスやで!須賀君!」

京太郎「すばらっ!」

竜華「…………へ?」

京太郎「…すいません。ちょっと取り乱しました」

京太郎(…部室に入ったらサンタの格好した部長がいた…。しかもへそ出し…これはおもちが強調される構え…!)

竜華「どー?似合うー?」

京太郎「はい。とても。とても可愛いです」キリッ

竜華「……………お…おおきに…」///


京太郎「にしてもなんでサンタの格好を?」

船久保「ウチや」スッ

京太郎「」b グッ

船久保「」b グッ

船久保「…そして…!これがウチの最高傑作や!」ヌノ バサー



京太郎「誰もいませんね」

セーラ「」コソッ

船久保「なんで隠れてるんですか!」

セーラ「だ…!だって…!こ…こんなんオレに似合わへんし…そ…それにこんなポワポワした服着なれへんわ!」///

京太郎「お二人とも凄くお似合いですよ」ニコッ

セーラ「………」ギュッ /// ←布で隠す

船久保「ウ…ウチのことは…今別にいいでしょうに…」カァァ

京太郎「セーラ先輩も似合ってるんですから隠さないでくださいよ」

セーラ「………いや…恥ずい…」///


泉「須賀君メリークリスマスです」

京太郎「おぉ二条。…………二条はあまり違和感ないな」

泉「えっ?ウチ普段からサンタの服なんて着てないですよ?」

京太郎(…へそ出しの話なんだけどな)

泉「とりあえずプレゼントです」コトッ

京太郎「ああ…ありがとな二条」

二条「いえいえ。今のウチはサンタですから」ニコッ

京太郎「あ。じゃあこれは俺から。ちっちゃいストラップで悪いんだけどな」

泉「…い…いいんですか…?」

京太郎「当たり前だろ。二条のために用意したんだから」

泉「……………」///

泉「…け…携帯に付けてきます…」///



京太郎「船久保先輩?」

船久保「な…なんや…ぷっ…ふふふ…」

京太郎「なんで俺はトナカイの格好をさせられてるんですかね」

船久保「に…似合ってますよ…くく…ぷっ」

竜華「ふふっ…!」

セーラ「ちゃんと赤鼻まで着けとるし!あはははは!」バンバン

泉「せ…先輩!須賀君が可哀想です!」

京太郎「とりあえず二条は俺と目をあわせろ」

泉「…………無理です!」

怜「ただいまー。お?須賀君いつのまに来てたんやな」

京太郎「トナカイの後ろ姿で俺と判断しないでください。悲しくなりますから」

怜「それじゃ私を運んでや。トナカイのお仕事」

京太郎「ソリがありませんから」

怜「ならしゃーないな…。よいしょ」ピョンッ

京太郎「おっと…!…おんぶですか?」

怜「このままお散歩やー」

京太郎「はいはい。行きますよサンタさん」

怜「ごー!」



fin!



【その後?】



京太郎「…………すぴー」zzz

竜華「…須賀君寝とるし」

京太郎「…お母さん…サンタさんにゲームもらった…」zzz

京太郎「…わーい…すぴー」zzz

竜華(小さい頃の夢?…小さい頃はやっぱり無邪気やなー)

京太郎「………ん」

京太郎「……………………んー」ポケーッ

竜華「あ、起きた?」

京太郎「…………サンタだあぁ…捕まえたー」ギュッ

竜華「へっ!?」

京太郎「お休みなさい…」zzz

竜華「」

竜華「」///

京太郎「…んー…」モゾッ

京太郎「…んー…」ムニッ

竜華「」///

京太郎「…ケーキ…」カプッ

竜華(な…なんか…その…胸…触られながら…首を甘噛みされとる…)///

京太郎「………はぐはぐ」ムニッ

竜華「あー…~~もうっ!止めー!」///

京太郎「!?」ビクッ

京太郎「な…なんだ!?火事!?地震!?」アワアワ

竜華「とりあえず離しーや!」///

京太郎「!?」

京太郎(なんで俺は部長抱き締めてるの!?)

京太郎「………………………」

京太郎(…すばらな感触だから離すのが惜しい)ギュッ

竜華「こらー!離せー!」///



fin!



【それでも起こさないように大声をあげないセーラはぐう聖】




京太郎「……ぐー……ぐー………」zzz

セーラ「…京太郎寝とるやん」

セーラ「きょーたろー。風邪ひくでー」

京太郎「う………ん………?サンタ…?」ポケーッ

セーラ「さっきまでそういう話してたやろ?寝ぼけとるん?」

京太郎「サンタゲットー。ぴっぴかちゅー」ダキッ

セーラ「……………………………」

セーラ「」ボンッ! ///

セーラ(だ…抱きつかれたー!?)///

京太郎「うー…ぐー…すー…ぐー…」zzz

セーラ「」///

セーラ「」///

セーラ「」///

セーラ(アカン。なんか知らんけど体が動かへん)

京太郎「………むー」ムニッ

セーラ「ひっ!」///

セーラ(ふ…太股触られとる…)///

セーラ(えと…えと…!どついて起こせばええんや…!)

セーラ(………………………)

セーラ(体動かへんし…。どうしようもない…)

京太郎「……すー…ふー…」

セーラ「んっ!」ビクッ

セーラ(耳に息かけんといて!)///

京太郎「……すー…」zzz

セーラ「」ビクッ

京太郎「……んー……」ムニッ

セーラ「っ」ビクッ

セーラ(………………………)

セーラ(地獄や!誰か助けてええぇぇぇ!)///


fin!



【あー!すがくんがおんなのこなかせたー!いけないんだー!】




京太郎「………ぐー…ぐー…」

船久保「………寝てますね」

京太郎「………ぐー…」zzz

船久保「」パシャッ

船久保(…………研究しますか)

京太郎「……う…眩し…」

船久保「ありゃ。フラッシュつけとったか…失敗失敗…」

京太郎「……んむー…」ダキッ

船久保「へ?」


カツン


船久保「あ、眼鏡外れた…見えへん…」

京太郎「………んー…」ギュッ

船久保「…だ…抱きつかんといてください…」カァァ

京太郎「……んー……」サワサワ

船久保「ひっ!」

船久保(み…見えてへんから怖い!)

京太郎「……………」サワサワ

船久保「ちょっ…変なとこ触らんといて…」ビクッ

京太郎「……すー…すー……」サワサワ

船久保「待って!ホンマ!ホンマ見えてへんと怖い!怖い!」


………
……


京太郎「………ん…あ…寝てた…」

船久保「……うぅ…ぐすっ…ひっく…」グスッ

京太郎「…って船久保先輩!?」

船久保「ふ…えぇぇぇん!怖いよぉ…やだよぉ…ぐすっ…」グスッ

京太郎「」

船久保「助けてぇ…ぐすっ…嫌ぁ…」ポロポロ

京太郎(お…俺は何かしたのか!?ヤバい!?なんかヤバいことした!?)アセアセ


fin!



【愛してる(意味深)可愛い(意味深)】



京太郎「………………………」zzz

泉「須賀君ー?風邪ひいてまいますよー?」

泉「…………………………」

泉「…参ったなぁ」

泉「…須賀くーん?」

京太郎「……ぐー……」zzz

泉「うーん…そういえばさっき大きな布があったような…それを掛けましょうか」キョロキョロ


京太郎「…むにゃむにゃ…父さん…これがカピバラ…ありがとう…」zzz

京太郎「…かぴー…あははは…」zzz


泉「……見つけた見つけた。須賀君に掛けてっと」

泉「いずみんサンタからのプレゼントですよ。……なんちって」ナデナデ

京太郎「……うーん」グイッ

泉「ふぇっ?」ドサッ

京太郎「……柔らかい…」ギューッ

泉「」

泉「…な…ななな……!」///

京太郎「………可愛い」ムニャムニャ

泉「はぅ…!」///

京太郎「……凄く可愛い」ムニャムニャ

泉「……………」///

京太郎「…抱き心地も良い…」ギュッ

泉「あわ…わ…わわ…!」///

京太郎「……可愛いぃ…」zzz

泉「」/// ボンッ!

京太郎「…愛してるぜー…」ムニャムニャ

泉「」

泉「」


………
……


京太郎「ふわぁぁ…」

京太郎(いやぁー…カピバラを飼い始めた日の夢を見た…いやー懐かしい)

京太郎「ん?…あれ?二条?」

泉「ふ…!」///

京太郎「ふ?」

泉「ふ…ふ…ふつつか者ですがよろしくお願いしますぅ!」///

京太郎「何が!?」


fin!



【睡魔って恐ろしい(震え)】


京太郎「…………ぐー……ぐー……」

怜「………ふわぁぁぁ…」

怜「…げ。寝よう思たのに須賀君が先に寝とるやん。場所ないわー」

怜「…………えい」オシコミ

怜「…ふー。これでスペースがちょっと空いた…」

京太郎「…むーっ…」グイッ

怜「うわっ」ポスッ

京太郎「……んー…」ギュッ

怜「…………………………」

怜「須賀君に抱きつかれて…!どきどき……って言うのより眠いわ」

怜「…暖かいしこのまま寝よ。おやすみー」

怜「……すぴー……」zzz


怜『んー…京ちゃんおはよ…』

京太郎『寝坊助さんだなぁ怜は』

怜『んー…まだ目が覚めない…』

京太郎『じゃあ任せろ』

怜『んー?何がー?』

京太郎『お姫様を目覚めさせる方法は……これしかないだろ…?』

怜『………ん』ギュッ

京太郎『……………………』ギュッ

京太郎『…目。…閉じて』



怜「!」ピクッ

怜「」パチクリ

怜(ゆ…夢か……)シュン

怜(…せや!須賀君目の前におるやん!抱きつかれてるし)

怜(なんか寝相のせいで抱き合っとるし)

怜(…………………………………)

怜「」///

怜(アカン!目が覚めたのもそうやけど…さっきの夢のせいで恥ずかしくて恥ずかして!)カァァ

怜(抱き合っとるから抜け出せへんし!ヤバい!ヤバい!顔から火がでる!)///

怜「……なんとか抜け出さな…」モゾモゾ

京太郎「…んー…!」ギューッ

怜「うー!より強く抱き締められんのは嬉しいけど私は今抜け出したいのー!」///

京太郎「………離さない…」ムニャムニャ

怜「」///

怜(…離されないでいいや…)///

怜(……はわぁ…幸せー)///



fin!



【咲ちゃんと京ちゃんのクリスマス】



京太郎「電話……咲か」Prrr!

咲『もしもし京ちゃん?』

京太郎「おう。どうしたよ咲」

咲『今日は何の日でしょう!』

京太郎「…元旦の一週間前だな」

咲『え?そうなの?』

京太郎「カレンダー見てみろよ」

咲『カレンダー…』

咲『ホントだ!凄い!』

咲『ってそうじゃないよ京ちゃん!』

咲『クリスマス!クリスマスだよ京ちゃん!』

京太郎「あー。そうだなー。…そういや去年はお前と遊びに出掛けたっけな。…ってことは咲は今年はシングルベルか」

咲『ざーんねーんでしたー』

京太郎「!?」

京太郎「ま…まさか…お前…!?」

咲『そうだよー。京ちゃんが引っ越した後にね』

京太郎「マ…マジかよ…」

京太郎(…なんつーか…寂しい…いや…悔しい…?いや…それとも…)

京太郎「そ…そうか…咲…あー…その…」

京太郎(咲に…彼氏…。あの咲に…か…。なんか…言葉が出てこねーや…マジか……)

咲『京ちゃんが引っ越した後に原村さんと仲良くなってね!今日はお泊まりに来るんだー』

京太郎「………………………」

咲「………………京ちゃん?」

京太郎「…………………………」

京太郎「…はぁ。バカ咲」

咲『なっ…!なんで私をバカって言うのー!?』

京太郎「うるさい。俺の今のモヤモヤをどうしてくれる」

咲『ん?っていうことは京ちゃんこそシングルベルなんだね』

京太郎(そこじゃねーよバカ咲)

咲『ふふーん。残念だったねー京ちゃん』

京太郎「…あーもうそれでいいよ…」

咲『?』

京太郎「ところで咲」

咲『なに?』

京太郎「……メリークリスマス」

咲『……………………』

咲『…うんっ。メリークリスマスだよ京ちゃん!』


fin!



番外編if【ポンコツ姫様とスマホ】




小蒔「京太郎さん、京太郎さん」

京太郎「どうしました?」

小蒔「それ…なんですか?」

京太郎「これはスマホですよスマホ」

小蒔「すまほ…?」

京太郎「スマートフォンの略語です。まぁ簡単にいうと、こういう形の携帯電話です」

小蒔「スマートフォン…なのに…スマホ…?」クラクラ

霞「ちょっと須賀君!小蒔ちゃんに難しい言葉を教えないで!」

京太郎「えぇ!?」


fin!



【姫様と鹿児島デート!】



小蒔「きょ…京太郎…さん…」///

京太郎「どうしました?」

小蒔「デート…。…デート…です!」

京太郎「そうですねー。どこ行きましょうか」

小蒔「……………………………」チラッ ///

小蒔(や…やっぱり自分で言わないと…!)



小蒔(手を…に…握って…握ってくだ…!)カァァ

小蒔(で…でもでも…変に思われたら…)

京太郎「案内お願い出来ますか?神代さん」

小蒔(……あと名前で読んでもらわなくちゃ…)

………
……

from 霞ちゃん

映画とかどうかしら?

小蒔「………ふむふむ」

小蒔「映画とかどうでしょう!」

京太郎「いいですね。行きましょうか」

小蒔「えっと…その…京太郎さん…その…」モジモジ ///

京太郎「…お姫様。手を」スッ

小蒔「…!」パァァ

小蒔「はいっ!」ギュッ


………
……

小蒔「この映画が人気らしいです!」from巴

京太郎「らしいです…って…誰か情報ですか?」

小蒔「あまり詳しくなくて…」シュン

京太郎「…でも俺丁度これ見たかったんです」

小蒔「!」

小蒔「行きましょう!」

京太郎(ただ…これ恋愛モノなんだよなぁ…。…かぁ~…気恥ずかしいなぁ…)

………
……

「愛してる!愛してるんだ!」

「私もよ!」

小蒔「………………………………」///

小蒔「…………………………」ウツムキ ///

京太郎(恥ずかしがっていらっしゃる…)

京太郎(恥ずかしがって殆ど見てないんじゃ…?)


小蒔「…う…うぅ…」チラッ ///

小蒔(は…恥ずかしい…!)カァァ

小蒔(恋愛モノ…は…楽しめない…)カァァ

京太郎(神代さん可愛いなぁ…)ホッコリ



fin!



番外編【泉と満員電車】



ガタンゴトン


泉「すみませんね。須賀君…ウチの買い物付き合ってもらって」

京太郎「荷物持ちぐらい任せろって」

泉(荷物持ちなわけじゃないんですけどね)

京太郎「…にしても…混んでるな。こんななのか?この電車」

泉「今日は混み過ぎですねー。普段はもう少し空いてますよ」

京太郎「ふーん」

「デュフフフフ」

「そうでござるよーグヒャヒャヒャヒャ」

「的な?的な的な?」

「電車なう。なうなう。なうなうなう」

京太郎「な…なんか沢山乗ってきたな」

泉「そうですね…」

「ちょ。マジあそこの女可愛くねマジ」

「うわー流石やん。口説いてくれば?」

「俺レベルになるとな。口説くより触る なんだよ覚えとけ」

「うわー鬼畜やん(笑)」

京太郎「…二条。角に入れ」

泉「う…うん…」

京太郎(…あのヤンキーみたいのなんだよ…)

京太郎「ま。角にいれば正面は俺が塞いどくから大丈夫だろ」

泉「お…おおきに…須賀君」

「ちっ。野郎付きかよ。マジ白けるわマジ」

京太郎「……………………………」

京太郎「行ったみたいだな。大丈夫か?」

泉「う…うん…まだちょっと怖いですけど…」



ザワザワゾロゾロ

京太郎「おあ!なんか凄え乗ってきた!」

京太郎「悪い二条。ちょっと詰めるぞ」ズイッ

泉(う…近い…)カァァ

「さーせーん!乗りたいっすー!」グイグイ

京太郎「うわわわわ⁉」グイッ

泉「………え…?」



京太郎「す…すまん二条…。押されて動けな…」フニッ

泉「そ…その…胸に当たってる右手だけ…なんとか…」///

京太郎「す…すすす…すまんっ!」バッ

「ちょっ、押すなし」ドンッ

京太郎「うわっ!」ギュッ

泉「」

泉(じ…事故とは言え…須賀君と…だ…抱き…抱き合って…!)///

京太郎「わ…悪い…」

泉(こ…!こ…!)



泉(このまま終点まで…!)///



fin!



【みんなで初詣】


prrrrrr!

京太郎「もしもし?どうした二条」

泉『初詣の待ち合わせなんですけど…少し遅れます』

京太郎「なんかあったのか?」

泉『まぁあったと言えばあったんですけど…』

泉『のこのこと普段着で出てきた若干一名の先輩を…』

<イヤヤアアァァァァ!!

京太郎「あぁ…把握したわ」

泉『待ち合わせより早く家を出る読みで張ってたんですけど…』

セーラ『え?走れば問題ない距離やろ?』キョトン

泉『って…』

京太郎「あはは。まぁわかったから。気長に待ってるよ」

泉『おおきに!』


………
……


竜華「お待たせー!」タッタッタ

京太郎「俺も今来たところですよ」キリッ

泉「それはない」

怜「明けましておめでとうな。須賀君」

京太郎「明けましておめでとうございます」

船久保「今年もよろしくな」

京太郎「こちらこそよろしくお願いします。……あれ?セーラ先輩は?」キョロキョロ

竜華「あれ!?ホンマや!セーラどこ!?」

怜「また逃げたんか…」

セーラ「…ぐすっ…うぅっ…」グスッ トボトボ

京太郎「あ、いた」

セーラ「浩子ぉ…」グスッ

船久保「なんですか」

セーラ「逃げて着替えようとしたんはええんやけど…自分じゃ上手く出来ひん…」グスッ

京太郎「着てろってことですよ」ニコッ

セーラ(じ…神社に来たのに鬼しかおらんやん…)グスッ


………
……

セーラ「おりゃぁぁぁ!」ガランゴローン!

泉「ちょっ…!先輩!恥ずかしいから控えて下さい!」

竜華「…………………」

怜「…………………」

船久保「…………………」

京太郎「…………………」




京太郎「みんな何をお願いしました?」

竜華「家内安全ーとか…」

怜「無病息災…?」

泉「大体同じですよねー」

船久保「まぁ後は…」チラッ

京太郎「?」

みんな(恋愛成就とか…!)

………
……

京太郎「皆さん引きました?」

怜「おっけーや!せーので!」

竜華「……………………」

セーラ「…いやっほぉー!」ピョーン

泉「…………………」

京太郎「皆さんどうでした?」

竜華「いぇい!大吉ー!」

怜「よしっ」グッ

泉「ウチも!ウチもです!」

京太郎「みんな大吉なんですか。凄いっすね」

船久保「」キチー

京太郎「あれ?船久保先輩?」

船久保「おみくじなんて…ただの確率ですし…」震え

船久保「気に…して…へんし…」ワハハ




船久保「そんな…みんな同じな確率なんて?そんなんオカルトみたいやし?全然信じへんし?」

京太郎「…船久保先輩。俺のおみくじどうぞ」スッ

船久保「へ?」

京太郎「なんかで見たんですけど、おみくじって引き直しもokらしいんですよ」

船久保「はぁ」

京太郎「だから俺のと交換したって平気ですよ。はい」

船久保「…お…おおきに…嬉しい」ニコッ

京太郎「いえいえ」ニコッ




竜華「……………………………」

竜華「羨ましいっ!怜!ウチ引き直してくる!」ダッ

怜「引き直しても須賀君のおみくじあらへんで」

竜華「………………………………」

竜華「………どないしよ」

セーラ「どうしようもないやろ」

泉「久々にボケましたね」




船久保「………………………………」

船久保「……………………」ギュッ

船久保「……………………えへへ」ニコッ



fin!



【コタツでみんなで年越し。なお起きて年越ししたのは京太郎だけの模様】



京太郎「いやー…まさか…部室で年を越すのが許可されるとは…」

泉「強豪校って凄いですね」

船久保「ただ頼み込んだだけですよ。…須賀君はギリでしたけど」

京太郎「なん…だと…!?」

怜「男子なんやから当たり前や」

京太郎「じゃあどうして平気だったんです?」

船久保「全員に防犯ベル装備を条件に」サッ

竜華「完璧やな」サッ

泉「あはは…」サッ

京太郎「変なことはしませんって…」

怜「なんやかんやで罰ゲームとか…そういうの禁止やから」サッ

京太郎「……はい」

船久保「全員持ってますからね」ゴゴゴ…

セーラ(要らへんと思って家に置いて来た…なんて言えへん…)

京太郎「まぁテレビでも見ながら炬燵でゆったりしましょうか」



………
……

怜「……フナQ。もう少し左に」

船久保「わかりましたー」

怜「…ふー。足伸ばせたー」

京太郎「にしても広いっすねこの炬燵」

泉「テレビ何見ます?」

セーラ「なぁなぁ。年越しそば食わへん?」

怜「そんなん何処にあんねん」

セーラ「買い出しに…」チラッ

京太郎「嫌ですよ寒いのに」

船久保「」サッ

京太郎「嘘ですよね!?」

船久保「冗談や」

竜華「はいはい。そんなことやろうと思ったわ」スタスタ

怜「竜華何してたん?寒いやろ炬燵入りーや」

竜華「うん。おそば準備してた」

泉「…流石ですね…」

怜「流石はウチの竜華や!」

竜華「はいはい。須賀君運ぶの手伝ってやー」

京太郎「わかりましたー」




京太郎「よっと。…本当部長は手際良いですね…良妻にもほどがありますよ」

竜華「」

竜華「りょ…りょりょりょ…」///

竜華「」 プシュー…

京太郎「あれ!?部長!?」


セーラ「ごっそーさん!」

泉「美味しかったです」

怜「冷えた体に染みる…」ホカホカ

竜華「怜はずっと炬燵の中やったやろ」

船久保「じゃ。真ん中にみかん置きますね」

セーラ「………………………………」

セーラ「ね…眠くなってきた…」

京太郎「お腹一杯になるまで食べるからですよ。寝ないで下さいねー」

セーラ「うーん。わかったー」

京太郎「うわー。ダメそう…」

怜「すーすー」zzz

京太郎「うわーお」

竜華「もー。怜は…。須賀君怜は任せて!年越し前に起こすわ」

京太郎「お願いします」

泉「……」ウツラウツラ

船久保「……」コクッ コクッ

京太郎「うわー…」

………
……

京太郎「…はっ!炬燵でまったりしてたらもうすぐ年越しだ!」

京太郎「セーラ先輩!起きてください!」ユサユサ

セーラ「…うーん…きょーたろぉー…むにゃむにゃ…」zzz

京太郎「なんの夢ですか!夢より現実の俺を見てくださいよ!ちょっと!」

京太郎「ぶ…部長…!セーラ先輩が…!」

怜「すぴー…」zzz

竜華「くー…くー…」zzz

京太郎「二人とも!無防備な格好で寝ないで下さい!目のやりどころに困る!部長のおもちすばら!」

竜華「くー…」zzz

京太郎「ここはブザー鳴らすところですよ!ちくしょう!起きて!起きてください!」

京太郎「に…二条!船久保先輩!」ユサユサ

泉「すがくん…」ムニャムニャ

京太郎「俺の夢なんて不快だろ!起きろって!ほら!みかんもあるぞ!起きて!」

泉「…ウチも大好きです…ふふ…」ムニャムニャ

京太郎「俺もみかんは好きだけどとりあえず起きて!」

船久保「…乙女モード…巫女…」ムニャムニャ

京太郎「是非お願いします!でもそれより起きてください!」


京太郎「え、ちょっと!本当に起きてください!寂しい!寂しいから!」

京太郎「だ…誰か起きてええぇぇぇ!」ウワーン!

fin!



【コタツでみんなで年越しif】


京太郎「くそぅ…くそぅ…。泣いてねーし。俺強い子だし…」

京太郎「そうだ!」ピーン!

京太郎「悔しいからみかんを全部食べてしまおう。ヤケ食いだ」モグモグ

………
……

竜華「ん…。…あっ!寝とった!?アカン!」

京太郎「手遅れです…既に年を越した…!」

竜華「な…なんやて…!?」

船久保「ふにっ!?」バッ

泉「おはようございます…」

セーラ「あー…寝てたんか…オレ…」

怜「カウンドダウン始まった?竜華」ポケーッ

京太郎「既にマイナスだっ!」

怜「なんやて!なんで起こしてくれへんかったんや!」

京太郎「全員起きなかったんですよ!」ムキー!

京太郎「………そして…!皆さんに言うことがあります…!」ゴゴゴ…!

船久保(こ…これは…ひょっとしなくてもキレとる…ような…)

セーラ(謝らな!はよ謝らなアカン!)



京太郎「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます」ペコリ



みんな「ズコーッ!」



京太郎「後…。ごちそうさまでした。甘酸っぱくて美味しかったです」

みんな(柑橘系…?)←寝ボケ

みんな(柑橘系→レモン→?←初恋←甘酸っぱい)

みんな(…………………)

みんな(キ………………キキキ…!?)

みんな(キスゥ!?)カァァ

京太郎「もうみんな頂いちゃいましたよ」
←みかん

竜華「みんなて!」

京太郎「ええ。全員分残らず」

竜華「」

泉「は…初めてだったのに…こんなで…」

京太郎「ん?始めてだったのか?珍しいな」←みかん

泉「」

泉(す…須賀君って…)ガーン

怜「せ…責任とって!」カァァ

京太郎「何を仰る…こういうのは早い者勝ちですよ」

怜(き…鬼畜…!?)

船久保「須賀君!こ…こういうのは順序が…!」

京太郎「俺を一人残して寝るのが悪いんです!」

船久保(ブ…ブザーの出番…!)

船久保(な…鳴らない…!?)

京太郎「すり替えておいたのさ!」

セーラ「う…うわああぁぁ…京太郎のおにー!」ウワーン

京太郎「な…泣かないで下さいよ…たかがみかんで…」

セーラ「男ならちゃんと…」

セーラ「って…え?」

京太郎「?」

みんな(……………………………………)

みんな(………へ…変な早とちりを…!?)///

みんな(うわぁ!恥ずい!恥ずいぃ!)/// バッ

京太郎「皆さん炬燵の中潜っちゃダメですよー」

みんな「う…うるさーーーい!」///

京太郎「えぇ!?」ガーン


fin!