京太郎「鏡開きっすか?」

久「ええ、せっかくだしね」



桃子「清澄は鏡開きするみたいッスね」

ゆみ「ほう、ならうちもやるか」

智美「なら清澄とやるかー」

桃子「ちょうど今のどっちと同じロビーに居るんで連絡入れてみるッス」



智紀「……透華、清澄と鶴賀が合同で鏡開きするって」

透華「では折角なので風越も呼んでしまいましょう」

一「うちは参加するのは前提何だね」

純「ま、しゃーねえさ」


こうして拡がっていく清澄鏡開き

照「参加しなきゃ(おしるこ)」

玄「参加しなければ(おもち)」


小蒔「参加したいです!」

霞「この日は神事があるからダメよ?」


あっという間に全国規模で参加者が募っていった

京太郎「会場、県の運動会館押さえました」

久「ご苦労様、っとにどうしたらこんな事に……」

カン