京太郎's『あ、おはようございます部長』

久「」

久「え、なにこれ」

京太郎「冬休みにハギヨシさんとこでバイトしてたんですけど、仕事能率上げるために習ったんですよ」

久「いや習って出来るようなものでもないでしょう……」

京太郎「何を隠そう俺は雑用の達人ですからね!」

久「……もういいわ、考えるだけ無駄って奴ね。……うわあ、部室全域ピッカピカじゃない」

京太郎「これだけいれば掃除に十分も掛かりませんでしたよ。正直やりすぎた感が」

久「それにしても凄いわね。あ、ちょっと須賀くん、面白そうだから写メっていい?」

京太郎's『どうぞ』ポージング

久「美穂とかに送ったらどんな反応返ってくるかしら。試しに送ってみましょうか」ピロリン

久「後輩が分身しました……っと」メルメル

久「一斉送信」

京太郎「やり過ぎた。これ以上掃除する必要がない! 暇だ!」

久「いやそこは麻雀に時間使いなさいよ……。頼んでた私が言うのもなんだけど、雑用精神が根深いわね」ティローン

久「あら、返信早い。……え、なんでメール一気に50件も来てるの。拡散されたの?」ドンビキ

久「『上埜さん、余っているなら一人下さい』『ウチんとこの介護要員として是非』『照の世話役が欲しいんだが』『神主役が足りなくて……』『須賀くんがいればぼっちじゃないよー』etcetc……」

久「わぁい」

久「いやいやいや、可愛い後輩を手放す訳にはいかないわ。『旅費、滞在費、アルバイト代レンタル代諸々支払うのならOK』と。ま、向こうも冗談でしょうから、こっちも冗談で返しましょうか」

携帯「ティローン」

久「『通いになるから交通費は安上がりよね? 泊まるのは華菜が是非ウチに、と言っているわ』『白糸台の部費を舐めるなよ?』『千里山の部費舐めたらあかんでぇ?』『月給は二十万円からスタートでよかったかしら?』『お、お年玉の貯金を崩して頑張るよー』」

久「……」

久「須賀くん」

京太郎's『はい?』

久「ええと……その……分身は遠く離れても大丈夫なのかしら?」

京太郎「国内ならいけますよ。ハギヨシさんはその気になれば海外にも存在出来るそうですけど」

久「流石ハギヨシさんね……」

京太郎「本人は『あくまで執事ですから』って謙遜してましたけど」

久「……それで、モノは相談なんだけど、全国の高校に、ちょっとお手伝いに行ってみない?」

久「あ、もちろんオリジナルの須賀くんは清澄ね? でもほら、こんなに大勢居てもやることないでしょう?」

京太郎「え、いいんですか? 確かに労働力過多ですし、構いませんよ! というか、望むところっす!」

久「意外に乗り気ね須賀くん!」

京太郎「部長こそ、片目が\のマークになってますよ!」

久「あらやだおほほ」

京太郎「こいつめあはは」

久「……実際そこまで乗り気なのはなんでかしら?」

京太郎「ハギヨシさん曰く『この分身はNARUTO式』らしいですから」

久「なにそれチート」

カンッ





久「あ、岩手には無償で行ってあげて」

ホントにカンッ