京太郎「はーい、どん兵衛おまちどー」

爽「おせーよー、これじゃ年越し蕎麦じゃなくて年越した蕎麦じゃんかよー」

京太郎「そうは言いますけどねぇ、アンタさんざっぱら年越し蕎麦食ったじゃないですか。まだ食うつもりなんですか?」

爽「しょーがないだろー、初日の出待ちはお腹空くんだからさー。それより冷めるから早く早く」

京太郎「はいはい…」コトッ コトッ

爽「あー、これこれ。美味い蕎麦を食ったあとにこのチープさがまたいいんだよなぁ…」ズルズル

京太郎「さいで」ズルズル

爽「…あら?それ、そばじゃねーの?何か麺が白いけど」

京太郎「蕎麦は食い飽きましたからね。きつねうどんです、これ」

爽「ほーん?」

京太郎「あ、七味取ってもらえます?」

爽「…」

京太郎「爽さん?」

爽「なぁ、それちょっとくんね?何か美味そうに見えてきた」

京太郎「いや、蕎麦で満足しましょうよ…」

爽「いーじゃんいーじゃん、一口だけ一口…だけっ!」パクッ

京太郎「あっ!?俺のお揚げ!」

爽「んーっ!うまー♪」もぎゅもぎゅ

京太郎「おい…おい…お揚げの一口は戦争でしょうがっ…!」

爽「かーたいこと言うなよ。こっちの天ぷらあげるからさ」

京太郎「もうほぼ食ってんじゃないすか…」

爽「気にすんなってー。ほらほら、あーん」

京太郎「あー…むぐ」

爽「美味いかー?」

京太郎「まぁ…インスタントな味ですねぇ…」

爽「したらもう一口~♪」パクッ

京太郎「あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」

爽「やっぱり美味いにゃー♪」もぎゅもぎゅ

京太郎「アンタなぁ…アンタなぁ…!」

爽「もー、しょーがないなー。分けてやるからこっちきなよ」

京太郎「元々俺のでしょうが…てか分けるってどうやって…」

爽「んむー」チュ…

京太郎「!?」

爽「んふ、ん…れる…」

京太郎「…っ!…っ!」バタバタ

爽「ん…こーら、あばれんな…ちゅ…んー…ぷはっ」

京太郎「はぁ…はぁ…い、いきなり何すんですか!」

爽「んー?そりゃお前、口移しだろ?お揚げ美味かったか?」

京太郎「いやまぁインスタントな…だからそうじゃなくて!」

爽「しかしあれだな、年明け初めてのキスがお揚げ味なんて笑えるよなー」ケラケラ

京太郎「それは笑い事なんですかねぇ…」

爽「どーせ後で飽きるほどするんだから笑い事じゃね?」

京太郎「んなっ…!?」

爽「しないの?」

京太郎「………しますけど」

爽「んじゃたまには変わり種ってことでいいじゃん」

京太郎「こう、なんか…なんかこう……ムード的な……」

爽「ムードぉ?バカだなぁ、そんなもんこうやって…」 サワッ…

京太郎「うひゃいっ!?」ビクッ

爽「ほーら…体は正直だぞぅ♪」サワサワ

京太郎「やめ、この…エロ親父か!」パシッ

爽「ったくもー、わがままが多いなー」

京太郎「わがままって…正月はまったり過ごしたいってのがわがままって…」

爽「だからまったりエロエロしようぜ?」

京太郎「しません!」

爽「ホントにぃ?」

京太郎「ホントです!」

爽「…しないの?」チラッ

京太郎「………あとで」

爽「ほーん?ほーん?」ニヤニヤ

京太郎「…あーもう!ニヤニヤすなっ!」ビシュッ

爽「みかんっ!?」ベシッ


カンッ