ガララッ

照「……京ちゃん、寝てるの?」

京太郎「……」スゥ…

照「寝てるみたい」チラッ

小蒔「い、良いのでしょうか?京太郎様に御迷惑なのでは?」

照「……昼間、衣と淡の相手で京ちゃんは手一杯。だから私達が出し抜くには、二人が眠気で落ち着き出す夜だけ」

小蒔「そ、それは……そうなのですけど」

照「大丈夫。ただ隣に寝転がって抱きついて、匂いを嗅いで安心しながら眠るだけなんだし」

小蒔「それって結構凄いことなのでは!?」

照「……分かった、小蒔が遠慮するならは私一人で行く」スッ

小蒔「あっ、ま、待ってください!」

照「……何?」

小蒔「……私も、私も行きます!京太郎様に包まれて、安心して眠りたいです!」

照「……良かった、きっと小蒔は私と同じだと思ってたんだけど。間違いではなかった」グッ

小蒔「はい、私は自分を押さえつけていました……でも今こそ、その押さえつけていたものを解放します!」グッ

照「……なんか、伝説な気がする」

小蒔「はい……!」

京太郎「……何やってんですか、あんたらは」ジトー

照&小蒔『ハッ……!』ビクッ

京太郎「……ほら、寒いでしょう?こっち来て良いですよ」

照「う、うん!今行く!」

小蒔「失礼します!」

ゴソゴソッ ギュッ

照「(……安心する)」トクントクン

小蒔「(心地良いです……)」トクントクン

京太郎「……おやすみなさい」ニコッ

照&小蒔『(ああ、幸せ……)』

以下ループ!

カンッ!