京太郎「なんだろうな……これ?」

照「京ちゃん、薬味のネギとか切りおわったよ」

京太郎「あっ、すみません。それじゃそっちのお盆においといてください」

咲「京ちゃん、つゆもいい感じになったよ」

京太郎「おう、サンキュー。んじゃ、それはそこに置いてくれ」

界「京ちゃん、酒もツマミも用意完了したぞ~」

京太郎「うっす、もう少しまってくれればもう一品追加できます」

照・咲・界「お願いしま~す」

京太郎「……なんで俺が宮永家の年越し蕎麦の準備してるんだろうな?」

界「おいおい、つれないこというなよ京ちゃん。俺ぁ将来のお義父さんだぞ、ポイント稼げって」

京太郎「いやぁ……素面のまま言われるとマジっぽくて怖いんすけど……」

界「え~? 俺ぁ本気で言ってるぞ。ついでに言えば照・咲両方京ちゃんにやってもいいと思ってるし」

京太郎「いや、あの、界さん……それだと重婚に……」

照「私たちもそれでいいんだけど」

咲「ね~お姉ちゃん」

界「とまあ、二人ともノリ気なワケよ。あ、アイツもOKだと思ってるぞ」

京太郎「どうなってるの!? 宮永家の結婚感? っつーか、おばさんもそんな案にOK出しちまってるのかよ!?」



そんなこんなで宮永家で過ごす年末の一幕