京太郎「寒いな~」

穏乃「寒いね~」

憧「・・・」

京太郎「でもこたつがあってよかったな~」

穏乃「ね~」

憧「ちょっといい?」

京穏『?』

憧「なんでシズが京太郎の膝の上に乗ってるの?」

京太郎「だって穏乃あったかいし」

穏乃「京太郎あったかいし」

京穏『ね~』

憧「」イラッ

憧「いやいや、さすがに男女でそれはダメでしょ」

京太郎「そうか?、もう俺たち十年以上の仲だぞ?」

穏乃「もう十年か~長いね」

京太郎「一緒にフロに入ったこともあるしな」

穏乃「外で遊んで泥だらけになった時にね」

京太郎「もう、兄妹か家族みたいなもんだろ」

穏乃「だよね、うちのお父さんも最近 『京太郎が早くお酒飲める年齢にならないかな』って言ってたよ」

京太郎「ってことで大丈夫だろ」

京穏『ね~』

憧「」イラッ

憧「あのね、今時家族だってそんな仲良くこたつに入らないわよ、せめて別の所に入りなさいよ」

穏乃「え~京太郎に膝の上ぽかぽかして気持ちいいのに」

京太郎「穏乃いい感じの抱き枕で気持ちいいのに」

京穏『ね~』

憧「」イラッ

憧「あのね、あんたらがよくても他の人がどう思うかなのよ」

憧「常識的考えなさい、常識的に」

穏乃「あっわかった!」スタッ

憧「?」

穏乃「憧も座りたいんだね!」

京太郎「あぁなるほど」

憧「ち、ちがっ」

穏乃「どうぞ!」

京太郎「どうぞ」マネキマネキ

憧「・・・」

憧「ふきゅ//」


カンッ