番外編【船Qがモニター見すぎて疲れてるから肩をもんであげる】


船久保「んー…」ゴリゴリ

京太郎「肩凝りですか?船久保先輩」ソノオモチデ?

船久保「モニタとにらめっこですからね…そら肩も凝りますわ」ハッタオシマスヨ?

京太郎「なるほど…。でしたら肩揉みでもしますよ。一応マネージャーですから」

船久保「…た…たまには…そういう仕事をするのもいいんじゃないですかね…?」

………
……

船久保「あー…そこちゃうで…。もうちょい下や」

京太郎「ここですか?」グッ

船久保「今度は下過ぎや」

京太郎「すいません…何しろ(船久保先輩の肩を揉むのは)初めてですからツボがわからなくて…」

船久保「せやったら段々回数こなせばええやん…んっ…そこぉ…」

京太郎「ここですか?」グッ

船久保「あぁ…そこ気持ちいいです…」

京太郎「……先輩?」

船久保「なんや須賀君?」

京太郎「俺もノっちゃいましたけど……」

竜華「……」カァァ

怜「……」///

セーラ「……」プシュー

泉「……」アワアワアワアワアワ

京太郎「…これ以上は大変なことになるかと」

船久保「せやね。せやけど肩揉みは続けてーな。須賀君上手いから気持ちええんや」

京太郎「はいはい。わかりましたよ」ギュッ

船久保「あ~ぁぁ…」ゴクラク

京太郎「喜んでもらえるなら何よりです。…あ、どうせなら他のみなさんもこの後やりましょうか?」

船久保「えっ…?」

京太郎「あれ?何かマズかったですか船久保先輩?」

船久保「……………別に」

京太郎「?」

船久保「………とりあえずまだ肩凝りとれへんから肩凝りとれるまで続けてーや須賀君」

京太郎「はいはいわかりましたよっと」グッ

船久保(………なんとなく…この辛い肩凝りに…消えるなと思う自分がいる。…なんでやろなぁ?)ハテ?

船久保(……ま。今はええわ…。このままで…十分幸せやし)ホッコリ


fin!



番外編【依存りゅーか】



京太郎「んあー…っ。授業終わったぁ…飯だ飯!」ガタッ

竜華「すーがーくんっ」

京太郎「部長?どうかしました?」

竜華「おーひーる!一緒に食べようや!」ニパッ

「!?」ガタッ

<ユルスマジスガ…
<バクハツシロ…
<シミズダニセンパイハオレノヨメ…
<スガキョウタロウニシヲ…

京太郎「ぶ…部長!逃げましょう!」ダッ

竜華「嫌や」

京太郎「このままじゃ俺殺されかねませんから!」

竜華「須賀君が手をとってくれなきゃ動きたくなーい」

<ユルサン…
<スガノセキネーカラ…
<オレノコトヲヨウシニシテクレ…

京太郎「あーもう!行きますよ部長!掴まっててくださいね!」ダッ

竜華「当然やろ!一生離さへんで須賀君?」ニコッ

………
……

京太郎「とまぁ屋上まで逃げてきましたけど」

竜華「丁度ええわ。お昼にしよーや」

京太郎「あ、俺弁当…教室…」

竜華「須賀君の分も作ってあるでー?」

京太郎「ホ…ホントっすか!?是非頂きます!」

竜華「いっただっきまーす」

京太郎「…ってあれ?その話に出てきた弁当は?」

竜華「あげてもいいけどー…」スッ

京太郎「なんすか?箸?」

竜華「あーん」アーン

京太郎「え?」

竜華「須賀君が食べさせてくれたらお弁当あげるー」

京太郎「え?え?」

竜華「…………………」

竜華「…………嫌?」ウルウル

京太郎「うっ…」

竜華「……ウチ…須賀君に嫌われてもうた…もうイヤや…」スタスタ

京太郎「し…します!しますから!危ないんで帰ってきてください!」

竜華「はーい」


京太郎「…は…はい…あーん…」

竜華「あーん」モグモグ

竜華「はい須賀君あーん」

京太郎「あ…あーん…」パクッ

竜華「どや?美味しい?」

京太郎「お…美味しいです」

京太郎(…けどメッチャ恥ずかしいんだけど!)

竜華「………ねぇ須賀君?」

京太郎「え?はいなんですか?」

竜華「ウチね…もう須賀君無しじゃ生きられへん」

京太郎「ぶっ!い…いきなり…な…何を言ってるんですか!?」

竜華「須賀君にならウチのこと全部あげる…なんだってする…せやから須賀君のことウチに頂戴?」

京太郎「ぶ…部長…?」

竜華「…もうな。須賀君が他の子と話してるの見たくないんや。…なんか苦しいから…。せやから」

京太郎「え…いや…何をいきなり…」

竜華「ウチは須賀君のものやから…須賀君もウチのものになって?ね?」

京太郎「部長!?い…一旦落ち着いてください!何を言ってるのかわかってます!?」

竜華「当たり前やろ」

竜華「ウチはもう須賀君無しじゃ生きられへん。せやから一生須賀君と一緒にいる。なんなら留年したって良いし、須賀君と一緒にいるためならなんだってするで?」

京太郎「………部長。ホント落ち着いてください…」

竜華「…嫌なん…?ウチじゃ嫌なん…?」

京太郎「いやそういうわけじゃ…」

竜華「ウチ…須賀君に嫌われたらもう生きられへん。須賀君が傍におらんことに耐えられへん。な?ウチと一緒に居てや。ずっと」ギュッ

京太郎「…部長…」

竜華「…一人は…寂しいんや…辛いんや…苦しいんや…でも…須賀君が一緒だから…一緒にいてくれるから…」ギュッ

京太郎(…な…なんか…放っておけないのはなんでだろうな…)ナデナデ

竜華「…えへへ。…嬉しい」ニコッ


fin!



番外編【りゅーかに胸部マッサージ】



竜華「ううぅ…」

京太郎「どうしたんです部長?」

竜華「いやぁ…肩凝りが酷いんや…」ゴリゴリ

京太郎「へー…何か原因でも?」

竜華「あー…男の子にはわからんのや…重いんよ。女子は」

京太郎(…?)

京太郎「…そういうことなら俺にお任せあれ!」

竜華「なんかしてくれるんか?」

京太郎「今まで丁度マッサージの本を読んでたんです!試させてください!」

竜華「おー…マネージャーらしい仕事やなぁ…ほな頼むわ」

………
……

京太郎「えっと…女性の肩凝り解消のページはっと…。これかな?」

竜華「つーらーいー…」

京太郎「あー…とりあえず肩揉みしますね」

竜華「あぁぁ…気持ちええわー…。あ、須賀君もうちょい左ー」

京太郎「はいー」

竜華「うきゅー…」

京太郎「さて…肩凝り解消のマッサージ試しますねー」

竜華「頼むわー」

京太郎「えっと…『胸の下あたりに凝りがあります。ほぐしましょう』…?」

京太郎(…というか俺後ろに回ってるから胸の下あたりとかどの辺かわからねーじゃねーか…)

京太郎(…この辺?)フニッ

竜華「ひゃんっ!?」

竜華「ど…どこ触っとんねん!」

京太郎「す…すいません!どの辺か迷ってしまって…。…この辺…?」モミモミ

竜華「あっ…ひゃう…ちょっ…ちょ…すがっ…くっ!」///

京太郎(『胸の下あたりから脇にかけて揉んでいきます』…か)モミモミ

竜華「んにゃっ!?…あっひゃっ!くっ…くすぐった…須賀君!」

竜華「あはははは!ちょっ…苦し…あはははははは!止めっ…止めて…ひはは…」クネクネ

京太郎「あっ!あんまり動かないでください!手がずれちゃいますから!」ムニュムニュ

京太郎(…あれ?なんか凄い柔らかいんだけど。…なんだこれ?)モミモミ

竜華「ひゃあっ…ちょ…須賀君!?ど…どこを…その…も…も…ひゃうっ!」///

京太郎「部長ー。やっぱり後ろからはやりずらいんで前回っていいですか?」モミモミ

竜華「も…もうやらんでええぇぇぇぇぇ!」///


fin!



番外編【竜華と新婚さんごっこ】



京太郎「ちわーっす」ガチャッ

竜華「やり直しー」バタン

京太郎「………………」

京太郎「えっ?」

京太郎「…お…遅れましたー」ガチャッ

竜華「わんもあー」バタン

京太郎「…………………」

京太郎「…不肖!須賀京太郎!千里山高校麻雀部部室に…いざ参る!」ガチャッ

竜華「アホかいな」バシッ

京太郎「どうしろって言うんですか!?」


………
……

京太郎「し…新婚さんごっこ…?」

竜華「せや。まぁ色々と訳ありやねん」

京太郎「まぁ…そういうことなら…。……ただいまー」ガチャッ

竜華「おかえりー」

竜華「お風呂にする?ご飯にする?」

京太郎(…………!?)ゴクリ

竜華「……………………」

竜華「…………須賀君?」

京太郎「………あれ?…『そ・れ・と・も』は無いんですか?」

竜華「…?ご飯とお風呂以外に何かあるん?」

京太郎「………なんでも無いです…」

………
……

竜華「須賀君ー?」

京太郎「なんです部長?」

竜華「…須賀君…「新婚さんごっこ」なんやから部長はないやろ部長は…」

京太郎「あー…そうですねー…。え…っと…りゅ…竜華さん…?」

竜華「…及第点やな」

竜華「では改めて…須賀君ー?」

京太郎「部長」

竜華「なんや須賀君!さっき言ったことも忘れたんか!」

京太郎「これは「新婚さんごっこ」ですよね?」

竜華「せやで!」

京太郎「………………」ニヤッ

京太郎「だったら…「須賀君」はおかしいですよね?」ニコッ

竜華「あ…ぅ…」

京太郎「はい。やり直しですよ?」

竜華「え…でもでもでも…。そんな…名前呼びなんて…は…恥ずいし…」

京太郎「俺は呼びましたよ?竜華さん?」

竜華「ぅ…。きょ…、き…ぅ…ろぅ…」ボソボソ

京太郎「聞こえませんよ?」

竜華「きょ…きょ…京太郎君!」///

京太郎「何かな竜華さん?」ニコッ

竜華「はうっ…」///

竜華「や…やっぱし終わり!終わりや!新婚さんごっこ終わりぃ!…この部室暑い!ちょっと外行ってくる!」ダッ

京太郎「いってらっしゃい。竜華さん」ニコッ

竜華「あ…あぅあぅ…」/// アワアワ


fin!



番外編【怜とお医者さんごっこ】



怜「…なぁ須賀君?」

京太郎「なんでしょうか?」

怜「お医者さんごっこって知っとる?」

京太郎「ぶっ!?」

怜「いやな?今日廊下で男子が「お…おらは幼女とお医者さんごっこするのが夢なんだな!でふゅでふゅ」ってゆーとったんや。…で…「なんやこの人は将来小児科の医師にでもなりたいんやな。ええ人や」って思て」

京太郎「先輩!?違う!凄く違う!その人真反対ですよ!」

怜「フナQに話したらこっぴどく叱られてん。そんなにお医者さんごっこってアカンの?」

京太郎「あ…あああ…当たり前ですよ!」

怜「んー。ようわからんから須賀君。ちょっとやろうや。お医者さんごっこ」

京太郎「え?」

………
……

怜「とりあえず最初はウチがお医者さんやるで」

京太郎「あー…そうですねー…はいー…」

怜(いつもは患者なのに…。…なんか新鮮や…!)キラキラ

怜「というわけでまずは形からや」ナース

京太郎(……すばらっ!)グッ

怜「はーい。患者さんどうぞー」

京太郎「ゴホッゴホッ。すびばぜん…鼻と喉が…ゴホッゴホッ…」

怜「それはアカンなぁ…。ほな体温計るでー」ミミデハカルタイプ ピッ

怜「あー…熱あるやん」

京太郎「ホントでずか…」ズビーッ!

怜「喉見るでー」

京太郎「う゛ぁい」

怜「あー…赤いでー喉」

怜「次はー。聴診やねー。胸出してーな」

京太郎「はい…」

怜「ふーん。ふんふんふん」

怜(…意外に筋肉あるなぁ…。というか…これが男子なんやね…女子と違ってガッチリしとる…)

怜「終わりやー」

怜(…?ほら…何も疚しいことないやん!フナQは何を言うてんねん!)



怜「じゃあ交代や」

京太郎「ほ…ホントにやるんですか…?」

怜「流石に自分だけやるんは変やろ。任せとき!患者役なら朝飯前や」

京太郎「え…えーと…じゃあ…ね…熱計りますねー…」ピッ

怜「ケホッ。ううう…寒気がぁぁ…寒気がぁぁ」カタカタ

京太郎「喉見ますから口開けてくださーい」

怜「………………」

京太郎「………先輩?」

怜(…………恥ずい…。須賀君の目の前であーんなんて…)///

怜「あ…あーん…」

京太郎「あー。か…風邪ですかねー…」

京太郎「え…えっと…その…あの…」アワアワ

怜「なんや?次は聴診やろ?…ウチは服を…」ハッ

京太郎「わ…わかりましたか先輩…?」

怜(…この流れやと…その…ウチ…須賀君に…その…胸…見せることになるやん…)///

怜(…ってことはフナQが怒っとったのはそういうこと…!?…え?…じゃあウチ…)

怜(…お医者さんごっこやろう…なんて…須賀君に…須賀…君…に…)///

京太郎「え…えと…せ…先輩…?」

怜「…あわあわあわ」アセアセ

怜「えっとやね!その…し…知らんかったから!?その!…変な意味は無かったって言うか!」アセアセ

京太郎「わ…わかってますから!先輩!大丈夫です落ち着いてください!」

怜「…せ…せやから…き…嫌わんといて…須賀君…」ウルウル

京太郎「わかってますってば…」

怜「へ…変な子やて思われたくない…須賀君…お願いやから…」ウルウル

京太郎「…………」ギュッ

京太郎「大丈夫ですから。ちゃんとわかってます。大体何があったって先輩のことを嫌いにはなりませんよ」ギュッ

怜「…須賀君…おおきに…」ギュッ

………
……

怜「須賀君。プロレスごっこってなんや?」

京太郎「えっ?」


fin!



番外編【じゃあトキの前でセーラとプロレスだ!】


怜「須賀君プロレスごっこってなんや?」

京太郎「えっ?」

怜「プロレスってスポーツやろ?ごっこてなんやごっこて。そんなこと言うたら「野球ごっこ」「サッカーごっこ」「セパタクローごっこ」とかなってまうやん」

京太郎「なんでセパタクローをチョイスしたんですか!?」

………
……

京太郎「とにかく…この前の二の舞ですからこの話題は終わりです」

怜「う…せやな…。こないだみたいのはゴメンや…」

セーラ「京太郎ー!プロレスしよーぜー!」バンッ

京太郎「」

怜「あ。ちょうどええわセーラ」

セーラ「なんや怜?」

………
……

京太郎「え…えーと…セーラ先輩は…どうしていきなりプロレスを…?」

セーラ「昨日テレビでなんかの決勝見ててん。「これや!」と思ったんや」

京太郎「なぜ思ってしまったのか…」

セーラ「ほないくでー!筋○バスターや!」ダッ

京太郎「待ったぁぁ!それはマズいですから!」

セーラ「待った無しや!」ガッ

京太郎「うわぁぁぁぁ!!」

………
……

怜「………あー…お茶美味しい」ズズズ

京太郎「」

セーラ「てやー」メキメキメキ

京太郎(おかしい……)

京太郎(…女子とプロレス→「はっはっはホールドしちゃうぞー」「きゃー須賀君に抱きしめられてるみたいー ポッ」……とか…)

京太郎(…「えーい!」「うわっ!なんとか抜け出さなきゃ!じたばた」「きゃっ!もー!どこ触ってるのよー!」)

京太郎(…とかそういうのが無い!…なんというか締めがしっかりし過ぎててそんな余裕無い!)


怜(うーん…。これのどこが恥ずかしいことに繋がるのか…全くわからへん…)ズズズ

セーラ「うりゃーぁ!」グッ

京太郎「」

怜(…んー。合法的に抱き合えるとか…タッチ出来るとか…?)

セーラ「どや?降参したらどうや京太郎」

京太郎「」

怜(………ん?)

怜(…えっと…なんか…須賀君…気絶してへんか?)

セーラ「おーい京太郎ー?」グググ

京太郎「」

怜「セ…セーラ!ストップ!ストップや!」

セーラ「へ?」

怜「アカン!須賀君落ちとる!どないしよ!?」アワアワ

セーラ「うわわわわ!?見てなかったけど…あ…青ざめとる…!どーすりゃええねん!」

怜「………じ…人工呼吸…とか…?」

セーラ「」ピタッ

怜「じょ…冗談やて…。ウチ保健の先生呼んでくる!」タタタッ

………
……

セーラ「ぅぅぅ…きょ…京太郎…ゴメンなぁ…」グスッ

セーラ「オレ…そんなつもりじゃ…ぐすっ…頼むから起きてーな…っ」

セーラ「………………」

怜『人工呼吸とか…?』

セーラ「…せ…せやな…。責任は…ちゃんと取らな…」スッ

セーラ(は…恥ずかしがっとる場合ちゃうねん…!動け…動けオレ…!)///


セーラ「…………………」

京太郎「はっ!?」

セーラ「うわおう!?」ビクッ

京太郎「あ…あれ…?俺は…?…あれ?なんでセーラ先輩に膝枕されて…?」

セーラ「きょ…きょう…た…ろ…ぐすっ…うぇぇ…ひっく…うぇぇぇぇぇ…」ポロポロ

京太郎「えぇ!?セ…セーラ先輩!?どうしたんですか!?……っ!」

京太郎(そうだ…!俺セーラ先輩に落とされたんだっけ…)

セーラ「オレのせいで…京太郎が…もう…起きないんじゃないかって…ううっ…ゴメン…ゴメン…」

京太郎「…とりあえず涙拭いてください。ハンカチ貸しますから」スッ

セーラ「ゴメン…京太郎…ぐすっ…ほんまに…ぐすっ」

京太郎「……………………」

京太郎「…………あー…。セーラ先輩。俺なんで気絶してたんですかね?」

セーラ「う…それは…オレが…」

京太郎「さっきまで俺は園城寺先輩と話してたんですけど…あー…よく覚えてねーや」

セーラ「きょ…うた…ろー…?」グスッ

京太郎「よいしょっと」

セーラ「あっ…ま…まだ横になっとった方が…!」

京太郎「平気ですよ。それに…」ギュッ

京太郎「立ち上がらないと…こうは出来ませんから」

セーラ「…京太郎…」

京太郎「…俺…。セーラ先輩の傍にいますから。どんなことがあっても。だからセーラ先輩も笑っててください」

京太郎「…俺…笑顔のセーラ先輩が好きですから」ニコッ

セーラ「きょ…京太郎…」///

京太郎「だから泣かないでください。ね?」

セーラ「…………うん」///

怜「セーラ!先生連れてきた…で…」

怜「……………………」

怜(……な…なんか抱き合っとる…)

怜「……なるほど。プロレスごっこはアカンね」バタン

京太郎「ちょっと園城寺先輩!?何勝手に自己解決してるんですか!?」


fin!



【帰りが遅くなった泉を送って、空に星が瞬く夜道を、なんでもないようなことを話ながら二人で歩いていたら泉が自分の恋心に気づく展開】



泉「すっかり遅くなってしまいました…」

京太郎「あれ?二条まだ残ってたのか?」

泉「ウチはちょっと牌譜の整理を…須賀君こそ遅いですね」

京太郎「今日は雑用が少し多くてな…うわっ…真っ暗だな」

泉「まさかこんな暗くなるとは思ってなかったです」

京太郎「んー…この中二条一人帰らせるのもアレだしな…。女子の部屋まで送ってくよ二条」

泉「お…おおきに。須賀君」

………
……

京太郎「いやぁ…すげえな…空」

泉「そうですね…。大阪じゃこんなに沢山は見えないですね…」

京太郎「…綺麗だな。凄く」

泉「…………」ドキッ

泉(…………?)

泉「そういえばモブ2ちゃんからメールが来たんです。須賀君がどのぐらい強くなったか気になるみたいで」

京太郎「アイツもなぁ…なんで俺につっかかって来るんだか…」ハァ

泉「あはは…」

京太郎「そーいや二条。合宿来て二条が遊んでるのあまり見たことないんだけど…どうしてるんだ?」

泉「…合宿ですからね。まぁ自分に出来ることをやってますよ。…そりゃ遊びたいですけど」

京太郎「ふーん。…んじゃ今度どっか行くか?」

泉「…え?」

京太郎「あ…あれ?嫌…だったか…?」

泉「そ…そうじゃないですけど…」

泉(…服…。どんなん持ってきたっけ…?あ…でも合宿だから…って一番のお気に入りは置いてきちゃったような…)

泉(…ってあれ?ウチはなんでお洒落のことを考えてるんでしょ?)

京太郎「良かった。どっか二条は行きたい場所あるか?…あ、どうせなら落ち着ける場所の方がいいか?」

泉「前みたいにファミレスで駄弁っててもいいですけどね」

泉(…そう考えると…話も合うし…色々気を使ってくれるし…須賀君といると落ち着く…のかもしれませんね)

泉(…なんかいつもより心音が大きく聞こえますね…。…なんででしょ?)


泉「…ウチはどこでもいいですよ」

京太郎「そうか?…んー…あ。二条ここちょっと段差だから気を付けろよ?」

泉「えっ?」ガッ

泉「きゃっ!?」

京太郎「………っと。危ないから気を付けろって」ガシッ

泉「あ…ごめんなさい」バッ

京太郎「………にしても…ホントに星が綺麗だな」

泉「…そうですね…」

泉(…須賀君…なんだか無邪気な目ですね…。男子ってこういうの好きなんでしょうか?)

泉(…須賀君の横顔…。…………)ポー

京太郎「?」

京太郎「二条?なんか顔に付いてるか?」ズイッ

泉「え?い…いやいや…。なんでもないです!」

京太郎「?まぁいいか。さっ。二条行こうぜ」ニコッ

泉「………!」ドキッ

泉(………ああ…なんだ…)

泉(さっきから心音がこんなに大きいわけ…)

泉(ウチ…須賀君のこと…)

京太郎「おーい。二条ってば?聞いてるか?」

泉「え!?」

京太郎「おう…そんな驚くなって…。…場所だよ場所。どこか候補決めといてくれな。無きゃ無いで俺が決めるし」

泉「…せやったら…落ち着くとこ」

京太郎「やっぱ落ち着くとこか…んー。どっかあったかなー」

泉「あ…あと出来れば近場で…」

京太郎「近場?そーするとホントにファミレスとかになっちまうぞ?」

泉「別にそれでもいいですよ」

泉「だって………」

京太郎「?」

泉「……なんでもないです」ニコッ

泉(…須賀君と長く一緒にいられますしねっ!)




泉「あ…でもでもでも…や…やっぱりふ…二人きりは…恥ずかしい気が…」ゴニョゴニョ ///

京太郎「?」


fin!



番外編【ロン(物理)体験会】



菫「………おい照」

照「……何?」

菫「…なんだこれは?」

麻雀部の麻雀大会!

ザワザワザワ……


照「…皆様本日はお集まりいただきありがとうございますっ」ニコッ

照「白糸台高校麻雀部主催の麻雀大会!是非とも楽しんでください!」

照「……ということ。…この前インタビューされた雑誌の企画」

菫「……なのに白糸台主催なのか?」

照「先生方が乗り気らしい…」

菫「…はぁ…。仕方ないな。人が集まってしまったことだし今更どうこうは言えない」

淡「テルー」トテトテ

照「司会進行は頼んだ。私は毎回卓に入らなきゃいけないらしいから…」

淡「はーい」

淡「じゃあみんな空いてる卓に入ってねー」

………
……

京太郎「よろしくお願いします!」

照「よろしくお願いします」

菫「よろしくお願いします…」

京太郎(…ま…まさか本当に当たるなんて…。チャンピオンに…)

照「…始めるか」

菫「…おい照。これは本気でやるのか?」コソコソ

照「当たり前。全身全霊で当たらないと失礼」

菫「いや…その…まぁいいや…」

京太郎「俺が起家かぁ…」

照「…………………」ゴゥッ!

菫(…゙照魔鏡゙…本気か…。…仕方ない)

………
……

京太郎「ツモッ!2000オールですっ!」

照「…………………」

京太郎(おおぉ!?俺…チャンピオン相手にあがった!行けるかも!?)

京太郎「連荘ですっ!」

照「ツモ…400・600」

京太郎(あれっ?)

照「ツモ1000・2000」

照「ロン。6400」

照「ツモ。3900オール」


………
……

京太郎「と…止められねぇ…」

菫(………………………)

京太郎(…………なんかこいっ!)

京太郎(……お?…好配牌…?)カチャ

京太郎(…ま…また入った…!?こ…これならっ!)

京太郎「三順目…!リーチだっ!」ビシッ!

照「…………!」




「…ロン」




京太郎「……え」

京太郎(……チャンピオンじゃなくてこっち…!?)

ドシュッ!
ゴッ!

京太郎「……は…?」ガタンッ!

菫「…3200」

………
……

菫「…ロン。3900」ドシュッ!

京太郎「ぐっ…がぁぁぁ!」バキバキバキ

菫「…君の飛びで終わりみたいだな。…ロン。12000」ドシュシュッ!

京太郎「うわぁぁぁ!」ドーン!

照「………あ…吹っ飛んだ先でお茶被った…」

淡「うわぁ…派手に吹っ飛んだねぇ。おーい。生きてるー?金髪仲間ー」ツンツン

菫「…すまない…。手を貸すから起き上がってくれ…。すまないが大星も手伝ってくれ」スッ

淡「はーい」スッ

京太郎「すっ…すみません…。イテテ…目が開けられな…」スッ

淡「んっ…」フニ

菫「…っ!」ムニッ

京太郎(あれ?なんか手の感触じゃない…?)サワサワ ムニムニ

菫「………っ~~!」

菫「……………!」ドシュッ!

京太郎「ぎゃああぁぁ!?なんでぇぇぇ!?」ゴキゴキゴキ


fin!



番外編【ロン(物理)※ただしゲス】


京太郎「麻雀をしましょう」

竜華「なんや藪から棒に」

京太郎「いや…麻雀をしましょう」

怜「それはええけど…二人余るやん」

京太郎「問題ないです。4麻したあと3麻しましょう」

船久保「なんややる気ですね須賀君」

京太郎「ええ…とても」

セーラ「せやったらサイコロふるでー」

京太郎「ちなみに罰ゲームありですから」(ゲス顔)

竜華「…は?」

京太郎「ロンされたら放銃先の人に何かされる的な」(ゲス顔)

京太郎「まぁ具体的にはくすぐりかな」

怜「あー…まぁようは須賀君に振り込まなきゃええんやな」

セーラ「一種の特訓やな」

………
……

京太郎「ロン。2000」

竜華「なっ…!?」

竜華(なんやこれ…!?直前でおかしな待ちに…)

京太郎「んー。いちいち中断するとあれですし…。最後まで貯めておきましょうか。部長は一回分」

竜華「…ウ…ウチが須賀君から直撃とったら相殺に…」

京太郎「してもいいんじゃないですか?」

竜華「よしっ!

………
……

京太郎「ロン」

京太郎「ローン」

京太郎「それです部長!」

………
……

京太郎「さて。じゃあ始めますか」ワキワキ

竜華(なんで…連続放銃…こんなん今までせえへんかったのに…)

京太郎「じゃ。始めますねー」コショコショ

竜華「あはははははは!ちょっ…くすぐっ…あはははは!」


竜華「あはははは!ひっ…ひっ…ははっ…」

京太郎「部長脇腹弱いですね」コショコショ

竜華「わ…わかっ…とるんっ…やったら…止め…ひー…ひー」

京太郎「えい」ツー

竜華「~!」←背筋なぞるあれ

竜華「な…なんや須賀く…」

京太郎「はい続きです」コショコショ

竜華「あはっ…はぁ…も…もう…やめ…はぁっ…はぁ…」

京太郎「ふっ」

竜華「ひんっ!」

京太郎「あ、耳も弱いですか?」

竜華「はぁ…はぁ…も…もう止めてーな…須賀君…」

京太郎(…さっきからオモチが…揺れてるんだよなぁ…)(ゲス顔)

京太郎「うーむ…」コショコショ

竜華「はっ…はぁっ…」

京太郎「えい」ムニッ ムニッ

竜華「んぅっ!な…な…!?」

竜華「はぁっ…あっ…んんっ!…はぁっ…」

竜華(アカン…疲れて…抵抗出来へん…んっ!)

京太郎「………………」モミモミ

竜華「あんっ…はぁ…す…須賀く…ぅんっ…あぁ…」

竜華「だっ…だめぇ…んっ…あっあっ…あっ…」

竜華「すっ…須賀君!須賀君!あっ…」

竜華「あああぁぁぁ!」





京太郎「はっ!」ガバッ

京太郎「……夢かよぉぉぉ!」

京太郎「うわぁぁぁ!寝かせてくれぇぇぇ!」


fin!



番外編if【姫様、京ちゃんと婚約】

※今後番外編で姫様になったら設定引き継ぎ。


あらすじ
いつぞやのお話し。
なんやかんやで姫様達の裸を見ちゃった京太郎。


小蒔「…せ…責任…と…とってください…!」///

京太郎「え…えっと…!そ…そんな簡単に言う台詞じゃありませんよ神代さ…」

小蒔「違いますっ!」

京太郎「っ!?」

小蒔「違います…違いますよ…そんな簡単に言ってるわけじゃありません…。…わ…私…そんなに…軽い女の子に見えますか…?」ウルッ

京太郎「い…いえ決して!…そういうわけじゃ…ないです…」

小蒔「わ…私は…ずっと言いたかったんです…」

小蒔「初めて会ってから…確かにまだ数日ですけど…ホントに楽しかったです…ホントに…」

小蒔「わ…わ…私は…!じ…神代小蒔は…須賀…京太郎君のことを…!」

京太郎「じ…神代さん!落ち着いて!ゆ…ゆっくり考えてから…!」

小蒔「お慕いしていますっ!ずっと!」

京太郎「っ…」

小蒔「……………………」

京太郎「……………………」


京太郎「………その…」

小蒔「…っ…」ダッ

京太郎「じ…神代さんっ!?」

小蒔(…聞きたくない…聞きたくないですよ…。私は…好きなんです…須賀さんが…)ダッ

京太郎「神代さんっ!」ダッ

………
……

霞「……………私達はどうしましょうか?」

春「……姫様を迎える準備…」

初美「なら一応藁人形作っておくのですよー」

巴「はっちゃん?それはシャレにならない……いやでもいっか」

………
……

京太郎「神代さんっ!」

小蒔「い…嫌ですっ!言わないでくださいっ!」ポロポロ

小蒔「…辛いだけなら…聞きたくないですよ…ぐすっ」グスッ

京太郎「……………神代さん」ギュッ

小蒔「…………あっ…」

京太郎「…凄く…嬉しいです…でも…」

小蒔「…………………」

京太郎「大阪と鹿児島ですよ?…いいんですか…?」

小蒔「わ…私は…いつまでも…待てます…」

京太郎「………俺は待てませんよ…」

京太郎「俺だって…神代さんが…神代小蒔さんが…好きです…」ギュゥッ

小蒔「…!」

京太郎「……だ…だから…お…俺と…!」

京太郎「付き合ってくださいっ…!」

小蒔「…………嫌ですっ」

京太郎「………え?」

小蒔「嫌ですっ」プクーッ

京太郎「えっ!?…え…えと…言い方…!?…お…俺の彼女に…」

小蒔「いーやーでーすー」プクッ

小蒔「…そ…そうじゃなくて…」///

小蒔「わ…私を…゙一生゙…幸せに…して…ください…」///

京太郎「!」

京太郎「…はい…!…絶対に…!」ギュッ

小蒔「…嬉しいですっ…!…きょ…京太郎さんっ!」ギュッ



fin!



番外編【雅枝さんと遊園地】



雅枝「…………………」ジーッ

京太郎「ツモ!3900オール!」

雅枝「…………………」ジーッ

京太郎「それローン!8000!」

雅枝「…………………」ジーッ

京太郎「ツ…ツモ…1300・2600…」

雅枝「…………………」ジーッ

京太郎「あ…あの…監督…?俺…何かしましたか…?」

雅枝「……………須賀」

京太郎「はい…」

雅枝「部活終わった後暇やな?」

京太郎「え?」

雅枝「ちょっと部室残りぃや」

京太郎「え」

雅枝「まぁええから」

京太郎「は…はぁ…」

………
……

雅枝「よし。車乗りぃや」

京太郎「あの…一体どこに…?」

雅枝「ええからええから」

京太郎(お…俺…なんか危ない賭場とか連れてかれるんじゃ…)

雅枝「…………………」

京太郎(うわぁぁぁ…運転中だと尚更間が持たない…!)

京太郎「か…監督…どこに向かってるんですか…?」

雅枝「……とっても…楽しい所や」

京太郎(な…なんかヤバい…!?)



~遊園地~

京太郎「…え?」

雅枝「なんや?こういうところは嫌いか?」

京太郎「いえ…そうじゃなくて…予想外すぎて何がなんだか…」

雅枝「…………さよか」

京太郎(…………あれ?)

雅枝「…でも折角来たんやし…入ろうや」

京太郎「は…はい…行きましょう」

………
……

雅枝「…………これ…何が楽しいんや…?」

京太郎「いや…あの…コーヒーカップは回さないとイマイチっていうか…」

雅枝「なるほどな…これか」グルン

京太郎「まぁそんな感じです」

雅枝「ほー…」グルグルグル

京太郎「ちょっ…か…監督…!?」

雅枝「あーなるほどなぁ。回っとるわー」グルグルグル

京太郎「うわぁぁぁぁ!」

………
……

雅枝「…………………」

京太郎「………………」

雅枝「………あー…気持ち悪い…」

京太郎「このノリは普通俺が酔うノリなんですけどね…大丈夫ですか監督」

雅枝「……………それ」

京太郎「え?」

雅枝「ちょっと今は監督いうの止めてーや…」

京太郎「え!?…えっと…愛宕先生…とか…」

雅枝「先生も余計や…。それに愛宕って言うんもなんとなく嫌やわ」

京太郎「えっと…じゃあ…雅枝…さん…?」

雅枝「それでええわ。よしっ次行くで…」フラッ

京太郎「おっとと…まだ休みますか?」ガシッ

雅枝「おおきに…でも…次や。…行くで」

京太郎(……………ん…?)


京太郎「ゴーカート…懐かしいなー」

雅枝「…須賀」

京太郎「はい?」

雅枝「レースや!敗けへんからな!」ビュン

京太郎「早っ!?」

京太郎「くそっ…!」

雅枝「勝負事に負けたくはないんや!」

京太郎「俺だって…!」

………
……

京太郎「いやぁ白熱しましたねー」

雅枝「ギリギリで抜き返したのには燃えたわ」テクテク

京太郎「って…次はお化け屋敷ですか?」

雅枝「行くで」スタスタ

京太郎「ちなみにかん…雅枝さんはお化け屋敷大丈夫なんですか?」

雅枝「……………はぁ」

雅枝「須賀。ええか?お化け屋敷のお化けはそもそも作り物や」

雅枝「それに幽霊なんて存在するわけないやろ?人魂とかもちゃんと理論的に解明出来るものばかりで…」ペラペラ

京太郎「はぁ」

雅枝「そうして出てきた地中のリンと空気中の成分が化学反応を起こして人魂のようなものに…」ペラペラ

京太郎(……………やべぇ…教師モードになってる…)

お化け「う゛ぁぁぁああ゛!」バッ

雅枝「!?」ビクッ ガシッ

京太郎「うわっ!?」

京太郎「いやー…いきなりで驚きましたね…。雅枝さん?」

雅枝「…はっ!」パッ

雅枝「……こほん。…ポルターガイストなんかも霊的な現象じゃなく…」

お化け「ぎゃああああああああ!」バッ

雅枝「っ!」ギュッ

京太郎「………………」

京太郎「…あのー…?」

雅枝「な…なんや!?須賀!」ウルウル

京太郎(……結局怖いのか…)


京太郎「あのー…かん…雅枝さん?怖いなら怖いで…」

雅枝「なっ…何言うとんのや!ナメてんのか!怖ないわ!」

京太郎「そうですか…?」

ガタッ


雅枝「ひっ!」ビクッ

京太郎「…あの…今…」

雅枝「怖ない言うとるやろ!校内ランク下げるで!?」

京太郎「理不尽だ!?」

お化け「きしゃあぁぁぁぁぁぁ!」

お化け「うわおうぁぁぁ!」

雅枝「…~~~っ!」ダッ

京太郎「あっ!?雅枝さんっ!?」

………
……

雅枝「はぁ…はぁ…はぁ…」

京太郎「あの雅枝さん?」

雅枝「ちゃうで!眼鏡が吹っ飛んだんや!」

京太郎「いやかけて…」

雅枝「ええな?」ゴゴゴ

京太郎「はい…」プルプル

お化けs「捕まえてやるぅぅぅぅ…!オオオォォ…!」

雅枝「きゃぁぁー!」ギュゥゥゥ!

京太郎「いてててて!?ま…雅枝さん!痛い!痛いですっ!」

雅枝「……………」プルプル

京太郎「あー…その…もう大丈夫ですよ…?」

雅枝「………………」

雅枝「………い…行くで!」カタカタ

京太郎(な…涙目で言われてもなぁ…)


京太郎「……最後は観覧車ですかー。定番ですね」

雅枝「あ…アカンかった…?」

京太郎「いえいえ。むしろ最後と言えばこれですよね」

雅枝「そう。…ほな乗ろうや…須賀」

………
……

京太郎「うわー…高けぇ…。雅枝さんは高いところは平気ですか?」

雅枝「か…からかうな…。…くっ…覚えとき…須賀…」

京太郎「頂上までもうすぐですね」

雅枝「せやなぁ」

京太郎「………雅枝さん」

雅枝「…なんや?」

京太郎「ずっと…ずっと聞きたかったことがあるんです」

雅枝「言うてみぃや」

京太郎「…………………」

京太郎「…どうして今日は俺の顔色伺ってるんですか?」

雅枝「…バレた…?」

京太郎「…当たり前です。…何か理由があるんですか?」

雅枝「ふぅー…。…旦那はもうおらんねん。未亡人ってやつや」

京太郎「…へ?」

雅枝「…あの人がいなくなってから…結構経ったなぁ…。娘が二人おるんやけどな…」

雅枝「二人とも元気に育って…。…あ…洋榎は育ってないか…どことは言わんけど」

雅枝「…とにかく…。女手一つでここまで…よう元気に育ってくれたわ…オカン冥利につきるんやけどな」

京太郎「………………」

雅枝「…でも…最近思ったんや…。…家計のために仕事ばかりで。オカンらしいことしてやれたんかな…って」

雅枝「せやから…須賀には悪いけど…娘達を遊園地に誘えるかどうか…ちょっと予習したんや」

雅枝「…た…楽しかったか…?」

京太郎「……それは勿論ですけど…」

雅枝「…………はぁー。…少し肩の荷がおりたわ…」


京太郎「……大丈夫ですよ雅枝さん。心配することありませんって」

雅枝「…ホンマか?これで二人が「オカン…つまらへんわーセンスないわー」とか言うたら須賀のせいやで?」

京太郎「ありえませんって。雅枝さんの娘さんですからしっかりした子なんでしょうね」

雅枝「………勿論や」

京太郎「なら大丈夫ですよ」ナデナデ

雅枝「そっか…………」

雅枝「……ってなんで撫でとんのや!」

京太郎「あっ…つい…」

雅枝「………まぁ今回は許したるわ…」

京太郎「ありがたき幸せ」

京太郎「あ。もうすぐ一周ですね」

雅枝「せやな……。…須賀」

京太郎「はい?」

雅枝「……………おおきに」

京太郎「いえいえ。雅枝さんが良かったならそれで」ニコッ

雅枝「す…須賀は調子ええ…」

ガタン!

雅枝「わっ!?」グラッ

京太郎「雅枝さん!?」ギュッ

係員「すいませーん。ちょっと揺れちゃいましたねー…お疲れ様…でし…た…」

京太郎「あ」ギュッ

雅枝「え?」←抱かれてる

係員「………もう一周…します…?」

雅枝・京太郎「「結構ですから!」」

………
……

後日。


京太郎「ツモっ!4000オールです!」

雅枝「須賀!ちょっと来ぃや!今の…」

京太郎「はいなんですか雅枝さん?」

竜華「…………………」

竜華「ん?」

怜「あれ?」

京太郎「え?」

雅枝「………阿呆…」///


fin!



~【雅枝さんと遊園地】After~


雅枝「…………」チラッ

洋榎「いやー…そこはAやろー」

絹恵「お姉ちゃんここはBやで」

洋榎「いやー…正解はAやって」

絹恵「いやいやBが………」

洋榎「………Cかー…予想外やったわ」

雅枝「………………」チラッ

洋榎「あ、オカン」

雅枝「なっ…なんや…!?」ビクッ

洋榎「何を驚いとんねん…。…晩御飯は何やー」

雅枝「よ…予定はハンバーグや」

絹恵「……………」ハンバーグ

洋榎「……………」ハンバーグ

洋榎・絹恵「……………」ジュルリ

雅枝「…………………」カサッ

雅枝(はぁー…遊園地のチケット…買ったはええけど…うぅ…言うタイミングが…)チラッ

洋榎「よぅし絹。例にならってハンバーグの話しようや」

絹恵「お姉ちゃんはハンバーグになにかける?」

洋榎「言うてオカンのハンバーグは最初からチーズとソースついとるしな…そのままやな」

絹恵「………とまぁ例によって話はおしまいやな。…あ、テレビが遊園地特集に…」

雅枝「!」ガタンッ!

洋榎「ちょ!?オカンどないした!?」

雅枝「な…なんでもないー…」

………
……

雅枝「出来たでー」コト

雅枝(計算は完璧や…!ハンバーグを置くときにコッソリとチケットも置く…!)スッ

絹恵「わーい!ハンバーグやぁー!」キラキラ

洋榎「待ってましたハンバーグぅ!」キラキラ

雅枝「……………ぐすっ」グスッ

洋榎「え…!?あれ!?オカンどないした!?」

絹恵「なんや!?救急箱いる!?」

雅枝「ちゃう!…ちゃうけど…!」ヒラッ

洋榎「ん?なんやこれ…遊園地のチケット…?」

絹恵「えっ!?遊園地!?」

雅枝「と…とりあえず…いただきます」

洋榎・絹恵「「………遊園地…。…………えへへ…遊園地…遊園地かぁ…」」エヘヘ

雅枝「…………………。えぇーい!折角作ったんやからハンバーグ食えやハンバーグ!」

fin!



番外編【長年連れ添った嫁の最後を看取る夫ごっこ怜と京太郎】



怜「…う…けほっ…けほっ…」

京太郎「怜…」

怜「きょ…京ちゃん…ウチ…ウチな…」

京太郎「もういい怜…。言わなくったって…全部わかってる…。だからもう…」

怜「ううん…これだけは…これだけは言わせてーな…けほっけほっ」

京太郎「怜…!」

怜「ウチ…京ちゃんに出会えて…幸せやったよ…」

京太郎「ああ…俺もだ…怜…!」

怜「ウチの…初めて作った手料理…美味しくなかったよね…?…完食してくれて…ありがとう…」

京太郎「怜の作った料理なら…!なんだって旨かったさ…!」

怜「二人でもう一度旅行に行こうって行ったのに…約束…守れなくてごめんな…」

京太郎「行ける…まだ行けるよ…」ポロポロ

怜「ふふっ…泣いたらアカンで…。…泣き虫京ちゃん…」

京太郎「っ…その呼び方は…止めろって…言っただろ…怜…」ポロポロ

怜「…ホンマに…ありがとう…ウチ…幸せでした…」

京太郎「怜っ!」ギュッ

京太郎「向こうでも…ここでも…生まれ変わっても…俺の嫁は…怜だけだっ…!」

怜「…おおきに…ウチの…ウチだけの…旦那様…」

京太郎「怜…!」ギュッ

怜「京ちゃん…!」ギュッ



怜「…嬉しい…京ちゃんの…いつもウチを守ってくれたこの腕の中で…。…これなら安心して…眠れるわ…」

京太郎「怜っ!?」

怜「…大好きやで…京ちゃん…」

京太郎「怜っ…。…ずっと…ずっと…一緒だ…。今までも…これからも…」ギュッ


「はいカットー!熱演でしたね!須賀君!園城寺先輩!」

怜「ほ…ほんまにこれを文化祭で流すんか…?」

「当たり前です!映像大賞狙ってます!…なのに…!」

「途中のと最後の!ギュッじゃないですよ!台本読みました!?」

京太郎「キ…キスなんて…するわけないじゃないですか!ねぇ!?園城寺先輩!」

怜「…せ…せやね…。で…でも映像大賞取るために…ひ…必要やったら…その…ウチは…す…須賀君なら…その…」ゴニョゴニョ

「せやったら撮ります?完全版!」

怜「……………………」←想像中

怜「……………………」

怜「…………………」ボンッ ///

怜「……む…無理や…」///

「なら編集でなんとかしまーす」

怜「へ…編集でも…だ…だめええぇぇぇ!」


fin!



番外編【竜華とロッカー】



京太郎「おはようございます」ガチャ

竜華「ひっ!?」ビクッ!

京太郎「あれ?部長…早いですね?」

竜華「………しゃーない…見つかったからには…。須賀君…」

京太郎「は…はい…」

竜華「ウチな。……これからドッキリすんねん」

京太郎「…………は?」

竜華「このロッカーにやな?入って待機して…人が来たらこう…バーン!って」

京太郎「な…なるほど…」

竜華「ふふふ…浩子の慌てふためく顔が目に浮かぶで…!一回やってみたかったんや…!ドッキリ!」

京太郎「はぁ…。でも…それじゃあ俺はどうしましょうか?」

竜華「須賀君もやる?」

京太郎「んー…俺は…どうしようかな…」

竜華「まぁどっちにせ内緒やでー」

京太郎「わかってますよ」

<ワカッタ ワカッタ ジャ マタアトデナ


竜華「わ…わわわ!?誰か来とる…!?」ワタワタ

京太郎「うわわわ!隠れないと!?」

………
……

竜華「って…!なんで同じ所に隠れてんのや!」

京太郎「すいません…慌ててしまって…つい」

竜華「…はぁ。とりあえず最初の一人は諦めて一回出ようや」

京太郎「そうですねー」


雅枝「清水谷おるー?」ガチャ

京太郎(ダメだぁぁぁぁぁ!)

竜華「か…監督…!?出れへんやん!?」

雅枝「あれ?おらんのか。さっき職員室来たんやけどなぁ…待つか」

竜華(アウトやぁぁぁぁ!?)

京太郎「出たら俺…ヤバいことに…!?」

竜華「と…とりあえず監督がどっか行くまでの辛抱やで須賀君!」

京太郎「そうですね!」


………
……

京太郎「あ…暑くなって来ましたね…」

竜華「か…監督…はようどっかいってーなぁ…」

京太郎「部長は大丈夫ですか?暑くないですか…?」

竜華「大丈夫…じゃないなぁ…」

京太郎「で…ですよね…」

竜華「ん…汗が足に…」モゾモゾ

京太郎「ぶ…部長…!あんまり動かないでください!」

竜華「あ…ごめん須賀君…」

京太郎(…太股はすごく柔らかかったですけどね!)

竜華「…………………」

京太郎(み…耳元で呼吸されると…なんか…その…!)

京太郎(ううう…ちょっとこの位置は…色々と良くない…)モゾモゾ

竜華「…んっ…」ピクッ

京太郎「あ…すいません」

竜華「ん…うん…大丈夫…」

竜華(ちょ…ちょっと…冷静になったら…ア…アカンやん!)

竜華(お…男の子とこんな狭い場所に二人きりなんて…その…)

京太郎「ふぅー。監督帰りませんね…」

竜華(か…かかか…か…顔近いし…!)///

京太郎「部長?」

竜華「な…なんでもないです…」///

京太郎(…なんで敬語…?)

竜華「…っ!足痺れた…」

京太郎「えっ!?」

竜華「ごめっ…立ってるの…辛…」フラッ

京太郎「うわ!?部長!?」ガシッ

竜華「ちょ…ちょっと…寄っ掛からせてーな…須賀君…」ウルウル

京太郎「俺は…い…いいですけど…」

竜華「んんっ…!」ピリピリ

竜華「す…すがく…あ…あんま太股…触らんといて…痺れてまう…」

京太郎「す…すみません!さっきのでちょっと右手がその位置に行ってしまって…!どかしますから!」モゾ

竜華「んんんっ!や…やめ…し…しびれ…っ…」

京太郎「すみません!すみません!」


竜華「…んっ…」ガタッ


ガタッ


雅枝「!?」

雅枝「な…なんや…!?ロッカー…?」

京太郎(ヤバいヤバいヤバい…!)

竜華「ご…ごめん須賀君…!ウチが足痺れてなけりゃ今倒れへんかったのに!」フニュ

京太郎(…部長が倒れて来たから…その…あたってる…。……………)

竜華「と…とりあえず今は動かへんようにするから…。監督来てまうし…」

京太郎「そうですね。動かないようにしましょう」キリッ


雅枝「…ポ…ポルターガイスト…?」

雅枝「…ロ…ロッカーとか…そう言う金属製のものには…熱膨張とか…磁場とか…そういう要素がかかりやすいから…その…ポルターガイストも殆ど科学的に証明できて…」ブツブツ オドオド


京太郎(こ…怖がってるだけか…助かったぁ…)

竜華「ご…ごめ…須賀君…ちょっと起きれそうにない…から…」ギュッ

京太郎「ぶ…部長!?」

竜華「あんま動かへんように…固定させてや…」ギュッ フニュ

京太郎「…すばらっ!」

竜華「な…なんや須賀君…?」


雅枝「せ…せや!職員室で待とう!それや!書き置きでもしとけばええやろ!」

雅枝「…べ…別に怖ないけどな…!」スタスタスタ


京太郎「やった!監督帰った!じゃあ開けますね!」ガチャ

竜華「あ…!待っ…今開けたら…!」グラッ

京太郎(しまった!?部長は今足痺れてるから…!?)

京太郎「危ないっ!」ガシッ

………
……

京太郎「いつつ…部長…大丈夫ですか?怪我は…」

竜華「ウチは大丈夫…やけど…は…早く離れな…!」ムニュ

京太郎「名残惜しい…」

京太郎(そうですね!)

竜華「な…何言うとんのや!退くで!」///

竜華「…んしょ…はうっ!」シビビ

京太郎「部長!?」

竜華「ごめ…須賀君…痺れてたてへん…もう少しこのまま…」フニュ

京太郎「………………すばら…」パアァァ

竜華「うわっ!?なんか昇天しとる!?須賀君ー!?須賀君!?」



fin!



番外編if【姫様と婚約したことを千里山の皆に発表】



京太郎「ただいま戻りましたー」

セーラ「おー。京太郎遅かったなー。なんかあったん?」

京太郎「え…ええ…まぁ…その…」

セーラ「?」

京太郎「と…とりあえず…あ…集まって貰えますか…?」

セーラ「ん。了解や」

………
……

竜華「で?なんの用や須賀君?」

怜「ウチの睡眠時間を削ったこと…後悔するんやな…!ごごご…!」

京太郎「あー…すいません園城寺先輩…今そんな軽口返す余裕ないっす…」

怜「あ…そーなん…」

船久保「で。なんでウチらは集められたんです?」

京太郎「あー…えっと…入っていいですよ」

小蒔「し…失礼します…」

泉「?神代さん?どないしたんですか?」

京太郎「あー…えっと…先輩達にご報告がありまして…」

京太郎「あー…えーと…そのー…」

小蒔「京太郎さん…無理に言わなくても…色々落ち着いてからでいいんじゃ…」

京太郎「いや。言います。先輩達にはお世話になってるし…」

竜華「はっはーん…彼女が出来ましたー…ってドッキリやな?読めたで」

船久保「全く…簡単すぎや須賀君。こんなんすぐバレるって…」

京太郎「ち…違いますよ!」

京太郎「その…俺…!」

怜「あーあーあー。聞こえへんでー。泉ー。歌でも歌ってーやー」

怜(ホンマに彼女が出来ました!…なーんてそんな話聞きとうないって…)

泉(…恋人が出来た報告なんてされても…どんな対応すれば……)

京太郎「………俺!」




京太郎「神代小蒔さんと婚約しました!」




怜「せやからそんな報告…!………………ん?」

泉「…………………………あれ?」

竜華「……………………ドッキリの看板はどこや?」キョロキョロ

セーラ「…ひ…浩子ぉ…」アワアワアワ

船久保「夢ですよ夢。うん夢」

京太郎「いや…だから…俺は…神代小蒔さんと…!」

竜華「ああああーー!聞こえへーん!」

小蒔「……………………」ダンッ!

怜「!?」

小蒔「い…いい加減にしてください!…京太郎さんは…京太郎さんは…普段お世話になっている先輩方だからこそ…一番に話すんだって…」

小蒔「皆様を信頼して…!…どれだけ勇気が必要だったと思いますか!どれだけ迷ったと思いますか!?」

小蒔「それなのにこんな…!京太郎の決意を無駄にするような…!」ジワッ

京太郎「じ…神代さん!?お…落ち着いてください!」

小蒔「だって…京太郎さんは…頑張って…決意を…」ジワッ

竜華(……アカン…)

怜(…神代さんの回りに後光が…)

セーラ(なんちゅーか…自分らがきたない人間に思えてくるわ…)

船久保(人間性から勝てませんわ…)

泉(……優しい人…ですね…神代さん…)


………
……

小蒔「お…お恥ずかしいところを…申し訳ありません…。もう落ち着きましたので…」

セーラ「……………おめでとう京太郎」

京太郎「え?あ…はい」

セーラ「ちょっと驚いてパニックやわ…皆ー風呂行かへんー?」

竜華「…………うん…」

怜「……………………」

泉「………ついていきます…」

船久保「落ち着く…ためにも…いいですね…」

小蒔(…………………………)

小蒔(…ごめんなさい。…あなたたちが傷つく結果かもしれませんけど…。…私は誰よりも…京太郎さんのことが…好きなんです…!)

………
……

京太郎「行っちゃいましたね…」

小蒔「………そうですね…」

小蒔「…京太郎さんは行っちゃダメですよ。…今、…聞かれたくないでしょうから…」

京太郎「……………そうですね」

小蒔「……良かったです」ギュッ

京太郎「神代…さん…?」

小蒔「ここで「心配なので行ってきます」とか言うようだったら将来が不安でしたから…。…まぁそんな優しいところも京太郎さんらしさですけど…」

京太郎「……不安になんてさせませんよ」ギュッ

小蒔「………約束。ですからね?」

京太郎「はい。約束です。一生…幸せにしますから」ニコッ



fin!



番外編if【姫様と京ちゃんで遠距離恋愛するかどっちかに移住するか相談】



京太郎「あのー…神代さん」

小蒔「……………………」

京太郎「…神代さん?」

小蒔「…はい。なんですか?」

京太郎(今の間は一体…?)

京太郎「えっと…俺達…今後どうします?」

小蒔「どう…って…?」

京太郎「遠距離…恋愛…するか、です」

小蒔「私は…基本的には鹿児島にいないと…」

京太郎「あー…じゃあ俺が…」

小蒔「ダメですよ。京太郎さん」

京太郎「え…」

小蒔「お気持ちは嬉しいですけど…こっちに来るのはダメです。ちゃんとご家族に心配をかけないようになったら…にしてください」

京太郎「……そうですね」

小蒔「…わ…私は…いくらでも…待てます…」

京太郎「……俺…は…。…会いに行っちゃうかもしれません」

小蒔「……………………」

小蒔(…そ…それは…勿論私だって会いたいです…けど…)


京太郎「…いや…。神代さんが我慢するんだ…俺が我慢出来なくてどうする!」

京太郎「あ…でも電話とメールぐらいは…」

小蒔「!はいっ!待ってます!」

小蒔「巴ちゃんに携帯電話借りなきゃ…」

京太郎「ストーーーップ!!」

小蒔「へ?」

京太郎「そうだった…神代さんは携帯持ってないんだった…」

小蒔「巴ちゃんに借りれますよ?」

京太郎「いやダメですよ。俺が電話かけると毎回巴さんに繋がるじゃないですか」

小蒔「……………あっ」

京太郎「んー…。携帯持てないんですか?」

小蒔「今まで必要がなかったので…」

京太郎「…じゃあ俺のメールアドレスと電話番号渡しておきますね…。もし携帯買ったら連絡ください」

小蒔「は…はいっ!」

京太郎「さ。じゃあこの話しはおしまいにしましょう。今は一緒にいるんですから…今を楽しみましょう」

小蒔「あっ!じゃあ私クレープ食べに行きたいですっ!」

京太郎「じゃあ行きましょうか神代さん」

小蒔「…………はい京太郎さん」

京太郎(……また…間が…)

小蒔(……………もう…)

小蒔(…は…早く…小蒔って呼んで欲しいです…)///

京太郎「あれ?どうしました神代さん?」

小蒔「なんでもありませんー」プクーッ

京太郎「?」


fin!



番外編【泉と二人羽織】



京太郎「というわけで部活動対抗二人羽織大会があるらしい」

泉「……いや…なんですかこれ?」

京太郎「そう言われてもな…」

京太郎「とりあえずどうしようか?試しに二条が前でやってみるか?」

泉「まぁ物は試しですしね」

京太郎「んじゃちょっと失礼」

泉「試しに目の前のお水でも飲みましょう」

京太郎「えっと…これか?」

泉「そうですね。じゃあそのまま…」

京太郎(…んー…見えないのがこんなに不便だと思わなかった…)

京太郎「この辺か?」

泉「ひゃっ!?」ビクッ

京太郎「ど…どうした二条!?」バサッ

泉「そこやないですよ…あーあ…制服びしょびしょ…」

京太郎「わ…悪い…」

泉「とりあえず体操着に着替えてきます…。次は須賀君が前でいいですね」

………
……

泉「…今日体操着持っててよかった…」

泉「げ。…ブラまでびしょ濡れ…。…しゃーないから取るしかないですね…」

泉(…まぁ後ろですしもう濡れることもないですし…。大丈夫ですよね)


泉「お待たせしました」

京太郎「そーいや二条の体操着姿なんて見たことなかったな。…なんか新鮮」

泉「はいはい。須賀君前で再開しますよ」

京太郎「んじゃあまた水でいいな」

泉「行きますよー」

泉(あれ…?ない?)

京太郎「すまん。ちょっと遠かったな。もうちょい前に」

泉「んくく…」ピトッ

泉(…ん…。…須賀君の背中…広い…しかも暖かい…)

京太郎「……ん?あれ?二条…?」

京太郎(この感触…?)

泉(…ぽかぽかして気持ちいい…ずっとこうしていられそうな…)

京太郎「二条ー?」

泉(…………安心する)キュッ

京太郎(…こ…この感触……や…やっぱりオモチ…!大きくないのがネックだけど…オモチはオモチ…!)

京太郎(…だがこのままじゃ二条も可哀想だな…。それにこうなるならやっぱり大きいオモチが…)

京太郎「二条!その…む…胸が…当たって…」

泉「はひゃっ!?す…すみません!」ワタワタ

ゴトッ

京太郎「うわっ!?」

泉(…な…なんかコップ倒した感じ…!?)

京太郎「あちゃー。ズボンが濡れた…」

京太郎(しかも…なんか漏らしたみたいになってるよ…うわぁ…)

泉「す…すみません!すみません須賀君!」アセアセ

京太郎「いやまぁ別に…」

泉「ウ…ウチが拭きますから!」アワアワ

京太郎「に…二条!?何言って…!?」

泉「あわわわわ!?」///

泉「違うんです!違うんです!」///

京太郎「わかってるから!落ち着け二条!」

泉「うわぁぁぁぁ…閉じ籠りますぅぅ…」←羽織りにくるまる

京太郎(………なんか行動が可愛い)



fin!





【二人羽織りリトライ】



二条「冬ですし…二人羽織りにリトライしましょう」

京太郎「半纏なんてどっから…」

泉「気にしたら負けです!行きますよ須賀君!」

京太郎「はいはい…。どこにあるんだ?」

泉「んー。まずは目の前のお餅でいいですよ」

京太郎「…え…?オモチ…!?」

京太郎「い…いいのかよ二条!?」

泉「元々食べる予定でしたし。がっちり掴んじゃてください」

京太郎「食べる予定!?自分で!?」

泉「え?別にええやろ?」

京太郎「良くないだろ!?というかどうやるんだよ!?」

泉「まぁまぁええからはようしてください。冷めるから」

京太郎「冷める!?熱が!?」

泉「そうですよ。せやからはようしてください」

京太郎「そ…そうか…本気なんだな二条…。…だったら俺も…男の見せどころだ…!行くぞ!」

京太郎「ここだっ!」モミモミ

泉「わひゃぁっ!?」

京太郎「うおりゃぁ!」サワサワ フニュフニュ

泉「~~~~~~~~!?」←声にならない

京太郎「まだまだぁ!」フニフニ

泉「きゃああああああああ!」ゴッ!ゴスッ!

京太郎「へぶっ!?」←背面頭突きから右アッパーのコンボ

京太郎「」

泉「うぅぅぅぅぅ…!」///

泉「須賀君のアホ!スケベ!変態!え…えっち!」///

京太郎「」



fin!



番外編【怜の体拭き】



京太郎(始まりは一通のメールだった…)


from 園城寺先輩

本文
風邪引いてもうた
看病してくれへんかな…?


京太郎(なぜ俺が?部長じゃなくて?って思ったけど折角のご指名なので園城寺先輩の家へ)

京太郎(インターホンを押し…出てきたのは寝巻き姿の園城寺先輩だった)


怜「りゅーか…おおきに………ってあれ?」

京太郎「どうも」

怜「…熱のせいで竜華が須賀君に見える…」フラフラ

京太郎「間違ってないですよ先輩」

怜「………と…とりあえず上がってーな…」


京太郎(その後園城寺先輩は、なんでや?としきりに呟いたり、携帯を見ては頭に疑問符を浮かべていた)


怜「……竜華に送ったハズ…あれ?須賀君に送っとる…」

京太郎「先輩?俺は何をすれば良いですか?」

怜「ほな一日執事でも…ごほっごほっ」

怜「…あー…やっぱええわ…須賀君に風邪移したら悪いし…」

京太郎「大丈夫です!」

怜「そ…そう…?」


京太郎(ただ、園城寺先輩は俺が着く直前にお粥を食べたばかりで正直俺のやることは無かった)


怜「…………と…とりあえず…ウチは…病人らしく寝るわ…」

京太郎「わかりました」

怜「……寝てる間に変なことせん…ごほっごほっ!」

京太郎「あー…。早く寝てください。そんで早く風邪治してみんなで麻雀打ちましょう!」

怜「はーい…お休み…」


京太郎(園城寺先輩が寝息をたててゆっくりと眠っている間、俺はと言うと…特にすることもないので規則的に動く園城寺先輩の顔をゆっくり見てたり…あとたまに冷えピタを変えたり…)

京太郎(…………さて。問題はここからだ…)


京太郎(すーすーと寝息をたてていた園城寺先輩が少し苦しそうにしているのに気がついた)

京太郎(高熱でうなされているのだろうか?…とりあえず顔の汗を拭いてみる)

京太郎(…すると園城寺先輩は目を覚ました)


怜「……………ぅ」

京太郎「あ、起こしちゃいました?」

怜「……ちゃう…なんか寝苦しくて…うわ…汗びっちょりや…」

怜「うー…お風呂入りたい…」

京太郎「ダメですからね?」

怜「うー…でも気持ち悪い…」ムズムズ

京太郎「じゃあ体拭きますよ。流石にお風呂には入れませんから」


京太郎(俺は特に何も考えず、善意でそう言った。…それを聞いた園城寺先輩は真っ赤になってしまった。…なんでだ?)


怜「え…えと…えと…!?」カァァ

怜(ど…どないしよ!?アカンやろ!普通アカンやろ!?…………あ。でも…背中届かへんわ…)

怜「じゃ…じゃあ…お願い…します…」///



怜「……は…恥ずかしいから…あまり見んといて…」///

京太郎(さて。今現在俺の目の前には寝巻きを上を脱いだ園城寺先輩。…白い背中が凄く綺麗だ…)


京太郎「そ…それじゃ始めますよ…?」ソッ

怜「んっ」ピクッ

怜(…せ…背中やから…なんか…いきなり触られるとビクッでなるわ…)

京太郎「先輩…肌すべすべですね…」

怜「い…言わんでええて…」///

京太郎「じゃあ拭いていきますね」ススス

怜「!?」ゾクゾクッ

京太郎「す…すいません!俺今何かしました!?」

怜「んーん…ただ背筋ゾクッてなっただけや…」

京太郎「き…気を付けます…」


………
……


京太郎「大体背中は終わりましたよ」

怜「あ…ありがとうございました…」///

京太郎「あとはどうします?」

怜「あとは自分で…」ブルブル

怜「さ…寒い…」バッ

京太郎「あっ!?先輩…寒いからって布団に入ったら…!」

怜「…………汗かいた…」

京太郎「あー…」

怜「わかった…!発想の転換…。須賀君ちょっと隣に横になってや」

京太郎「はい?」

怜「で…ウチは布団を被って…完成や。どや?」

京太郎「まぁこれなら寒くないですしいいんじゃないですか?」

京太郎(…添い寝してるみたい…とか…一つの布団で一緒に寝てるみたい…とは言わないでおこう…)




怜(…冷静になったら…なんか凄い状況やな…)

怜(す…須賀君が同じ布団の上におるし…か…体拭かれとるし…)///

怜(…風邪引いとるけど…この時間がもっと続けば…)///


怜ママ「ただいまー」


怜(…!?アカン!)

怜「ちょ…!須賀君隠れて!」

京太郎「えっ!?でもどこに!?」

怜「ここでええから!じっとしとって!」バサッ


怜ママ「怜ー?大丈夫ー?」ガチャ

怜「ん…んー…大丈夫…」

京太郎(………お…園城寺先輩!?マズイですって!なんで掛け布団の中に入れるんですか!)

怜ママ「あっ…せやせや。アイス冷蔵庫入れとくさかい、好きな時に食べーや」

怜「う…うん…」

京太郎(…というか園城寺先輩…上は何も着てないんじゃ…!?…て…てことは…)


怜ママ「………怜…アンタいつの間にそんな大きくなったんや…?」

怜「せ…成長期…とか…」

怜(流石に須賀君が中にいますとは言えへん…)

京太郎(…ま…マズイって!?ここにいたら…その…オモチ…が丸見え…じゃ…)カァァ

京太郎(いや願ってもないことだけど!すばらだけど!流石にマズイって!)モゾモゾ

怜「んっ!」ピクッ

怜ママ「…どないしたん?」

怜「…さ…寒くて…震えた…とか…」///

怜「と…とりあえず移ったらアカンからリビングでゆっくりしとって!」

怜ママ「はーい」ガチャ


怜「…ふ…ふぅー…脅威は去った…」

京太郎「……………………」

怜「もうええで須賀君」バサー

怜「ってなんでそんな目を瞑って…」

怜「………ってウチはだ……!?」///

京太郎「な…何も…見てません!見てませんから!」///

怜「~~~!?」///


………
……

怜「…………………」プクーッ

京太郎「…すみません…」

怜「……………まぁ…悪いのウチやし…」

京太郎「………掛け布団のなかで思ったんですけど」

怜「?」

京太郎「園城寺先輩…肌柔らかいですね。…ちょっとぷにぷにしていいですか。二の腕とか」

怜「え」

京太郎「冗談です」

怜「………そういや…前に「長年連れ添った妻が亡くなるのを看取る寸劇」やったなぁ」

京太郎「あー…そうですね」

怜「なんか今と似とらへん?」

京太郎「縁起でもない…」

怜「…看病してくれてありがとう…」

京太郎「…怜が辛い思いしてるんだ…そばにいるよ」

怜「…大好きやで」

京太郎「…俺もだ…怜」

怜「……………………」

京太郎「………………………」

怜・京太郎(…ノリでやってみたけど…恥ずかしい…!)///


怜ママ「怜ー。そういや昨日の…」ガチャ

怜「あ」

京太郎「え?」

怜ママ「」

怜ママ(……男子。…見つめあってる…。…風邪…看病…)

怜ママ(……………………)

怜ママ「………………」ニコッ

怜ママ「お邪魔しました…ごゆっくり。…赤飯赤飯…」ソソソ

怜「ちゃ…ちゃう!何勘違いしとんねん!」///


fin!
ちなみにその日の夕飯を京太郎はご馳走になりましたとさ。



【怜の体拭き】【布団に潜った所からエロ展開になるif】

怜「……ふぅー…脅威は去ったわ…須賀君?もう大丈夫やで」

京太郎「………………園城寺先輩」ギュッ

怜「えっ!?ちょっ…何!?」

京太郎「…俺…もう我慢出来ませんよ」

怜「え…な…何が…んむっ…ん…ちゅ…」

怜「…ぷはっ…い…いきなり…な…何を…!?」///

京太郎「園城寺先輩……いや…怜…」

怜「す…すがく…?」

京太郎「…ちょっとでも俺のことが好きなら…このままじっとしててください」

怜「す…好きって…そ…そんな…」///

京太郎「んっ…ちゅっ」

怜「…ん…む…ちゅ…はっ…ちゅ…んんっ…」///

怜「ぷはっ…はぁ…はぁ…はぁ…。…ファ…ファーストキス…なんやで…?」///

京太郎「俺だってそうですよ」

怜「…ぅ…」///

京太郎「……怜。…大好きだ…」チュッ

怜「ん………。…ウ…ウチも…須賀君のことが…」///

京太郎「怜……いいか…?」

怜「須賀く……ううん…京ちゃん……きて…」///


京太郎「………怜…凄く綺麗だ…」

怜「あ…あんま…見んといて…は…恥ずかしい…から…」///

京太郎「……いくぞ…?」

怜「いいよ…ウチの全部…京ちゃんに…あげる…からっ…」///

京太郎「……!怜っ!」






和「そ…そういうエッチなのは…い…いけないと…思います!」///

和「き…きんぐ…くりむぞん…です…!」







怜「はぁー…はぁー…はぁー…」

京太郎「と…怜…」ギュッ

怜「…ウチ…今………すっごく…幸せや…」ギュッ

京太郎「………俺も…」スッ


ちゅっ

fin!