――インターハイ決勝大将戦――

京太郎「泣いても笑ってもこれで最後か…
    麻雀、楽しんでこいよ」

咲「うん!京ちゃんも対局室まで送ってくれてありがとう」

京太郎「最後の最後で迷子になって遅刻したんじゃ、咲が可哀想だからな」

咲「も~…、京ちゃんの意地悪…」

淡「彼氏が同伴なんて、テルーの妹は余裕だね」

咲「か、彼氏///」

穏乃「こんな所まで着いてきてくれるなんて、宮永さんが羨ましいな」

ネリー「それに、お金持ちの匂いがする」

京太郎「盛り上がってるところ申し訳ないが、咲とは幼馴染みで仲は良いけど付き合ってるわけじゃないんだ
    あと、お金持ちかどうかはわからんが、カピバラ飼ってるくらいだから割りと裕福なのか?」

咲「京ちゃん…」ブスー

淡「へぇ~、そうなんだ…
  だったら、私が付き合ってあげようか?結構、顔も良さそうだし」

京太郎「はぁ!?」

咲「えぇっ!?」

淡「付き合ってないんだったら、構わないでしょ?」ダキツキ

咲「だ、ダメ!!」

ネリー「お金持ちなら、ネリーが付き合ってあげてもいいよ」ダキツキ

穏乃「大星さんもヴィルサラーゼさんも何言ってるの!?」

淡「だったら、この大将戦で勝った人が、え~っと、京ちゃん?と付き合うって事で」

ネリー「ネリーはそれで構わないよ」

穏乃「勝ったら…付き合う…///」

淡「何もう勝った気でいるの!?準決勝の雪辱を晴らす為、100回倒す!!」

咲「京ちゃんと付き合うとか、ダメー!!」ダキツキ

ワイワイガヤガヤ

京太郎(幼馴染みを対局室に送っていったら、女子四人に抱き付かれたり囲まれたりして、俺と付き合うとか付き合わないとかの話になってる件について…

    それにしてもコイツら胸無いなぁ…
    俺は胸の大きな子が好みなのに…

    それでも、女子特有の柔らかさというのか、この柔っこい感じはヤバイな…
    それに何だか良い匂いもするし…)ムクムク

咲「も~、京ちゃんも何か言っt
  ん?お腹に何か固いモノが… って///」

淡「何?どうかしたの?
  って、ふえぇぇぇ///」

穏乃「お、大きい…///」

ネリー「女性にアソコを擦り付けるなんて、慰謝料ものだよ///」

京太郎「わ、わざとじゃないんだ!うわーん!!」トウソウ

―――
――

その後、大将戦は対局者がモジモジしながら行われたそうな

槓!!