小ネタ【京ちゃんのお誕生日】




京太郎「さーて。今日も掃除掃除っと…」ガチャ


パーン!


須賀君誕生日おめでとう!


京太郎「……え?」

セーラ「ビックリやろー?皆で準備したんやで!」

京太郎「…え…?…え?」

竜華「部員全員でクラッカー…割とうるさいんやな…知らんかった」

京太郎「…あ…俺…誕生日…か…」

船久保「忘れとったんかい」

京太郎「あはは…。…でもいきなり大きな音がしたんでビックリしましたよ…。全員でクラッカーって…」

怜「………………………………」

泉「あれ?園城寺先輩どうしま…」

怜「…………………………」←紐が抜けただけで上手く鳴らなかったクラッカー

怜「……………………………」

泉「……………………………」

怜「……………………………」

怜 (´;ω;`)ブワッ

泉「だ…大丈夫ですから!予備がたしかこの辺に…!」

セーラ「ヒャッホー!連発やー!」パパパパパーン!

怜「…………………………………」

泉「…………………………………」

怜 (´;ω;`)ブワッ

泉「須賀君!ヘルプです!ウチじゃフォロー出来ひん!」アワワワ


………
……

京太郎「………………」ナデナデ

怜「えへー」ニパー

竜華「…なんか不公平」

泉「ま…まぁまぁ…気を取り直してプレゼントでも渡しましょ」

京太郎「え?くれんの?」

怜「大変やったんやでー」

竜華「例えば……」ホワホワ





怜「りゅーかー。どれにしよう…?」

竜華「うーん…よう考えたら須賀君の好きなものとか知らへんなぁ…」

怜「前にお餅が好きって言っとった気がする」

竜華「お餅?…正月終わったんやからぎょーさん食べたやろ。別のもんやな」

怜「うーん…となると無難に…」

竜華「あ。ケーキ買わずにウチらで作る?」

怜「…!それや!」

………
……

竜華「まずはスポンジを作ります」

竜華「スポンジに入れる砂糖の量は生クリームの甘さと相談します」

竜華「出来たら生クリームと苺の準備をします」

竜華「少し酸味のある苺なら生クリームの甘さに埋れません」

竜華「綺麗に生クリームを塗ります。間には苺を」

竜華「なお、予め上に乗せる苺の位置を大体決め、大体の切る場所を決めてから苺の配置をすると断面が綺麗になります」

怜「最後に形が綺麗な苺を上に乗せます」

竜華「出来上がりー!」

怜「いえーい!」






怜「というわけで二人で作ったケーキがあれや」

竜華「なかなか上手く出来た思ってん」

京太郎「す…すげぇ…」

怜「えっへん」

竜華「えっへん」

セーラ「…なぁ怜の仕事って苺乗せただ…」モゴモゴ

船久保「言うたらアカン」

セーラ「もご!もご!」コクコク


セーラ「オレと泉からはこれや」スッ

京太郎「これは…?」

泉「男の子が喜ぶものがわからなくって…」

泉「一応参考になるかと思って先輩と買い物に言ったんですけど…」

セーラ「…そういう理由でオレを誘ったんか…?」

泉「あっ…い…いやそういう訳じゃ…」

セーラ「………ていやっ!」グリグリグリ

泉「痛たたたたたた!頭!頭割れる!痛いぃぃぃ!ごめんなさいぃぃぃ!」

セーラ「…全く」プンスカ

泉「け…結局上手くいかず…」ホワホワ






泉「あっ先輩!これなんてどうでしょう?」

こつぜん

泉「…いない」

泉「先輩ー?どこですかー?」

セーラ「はっ!ほっ!せいっ!」パコーン

テニスラケット試し打ちできます!

泉「……………先輩」

セーラ「いやー。良い汗かいたわー」

泉「…はぁ。本題に戻りますよ」

セーラ「これやろ!男子は喜ぶ!」

泉「サッカーボール……本音は?」

セーラ「サッカーしたい!」b グッ

泉「………………………」

セーラ「じゃあこっちや!」

泉「…本音は」

セーラ「オレがキャッチボールしたい!」

泉「先輩…須賀君へのプレゼントなんですよ?」

セーラ「ボーリング!バスケ!バレーにテニス!あと卓球!」

泉「~~~~!」






泉「と言った感じに…」アハハ…

京太郎「あー。だからスポーツウェアなのか…」

セーラ「おっしゃ京太郎!サッカーしよーぜ!」

泉「…はぁ」

京太郎「後でみんなでフットサルでもやりましょうか」ニコッ



船久保「…ウチはウチで苦労したんや」

京太郎「船久保先輩も…ですか?」

船久保「あれはプレゼントのために須賀君のデータをまとめてた時のことや…」

京太郎「なんか気恥ずかしいですね…」ポリポリ





船久保「…ふー。これでデータは完璧や…!須賀君の欲しいものを網羅した感じやな」

船久保「あとはここから厳選するだけ…お?」prrr!



船久保「もしもし?」ピッ

雅枝「ひ…浩子…?」

船久保「おばちゃん。どうしました?」

雅枝「あー。そのなー。あのー」

船久保「?」

雅枝「県予選近いやろ?…そのー…須賀のデータあるかなー…思て…」

船久保「部員の麻雀データなら送ってますよ?」

雅枝「あー…うん。それはわかっとるんやけど…そのー…」

船久保「?」

雅枝「あのーオーダーの関係もあるし…麻雀データ以外に…そのー…」

船久保「男子は個人やからオーダー関係ないやろ?」

雅枝「はうっ…。あー…せ…せやなぁ…」

船久保「??」

洋榎「あー…じれったいわオカン!借りるで!もしもし?」

船久保「もしもし?」

洋榎「愛宕洋榎や!姫松の生きる伝説とはウチのことや!」ババーン!

洋榎「でな。オカンはつまり「須賀が誕生日もうすぐやから、普段何かと世話になっとるし何かプレゼントしたいんやけど、須賀の欲しいもんとかわからへんのや…何かデータとかない?」って言っとるんや」

船久保「…さっきのでどう理解しろと…」

船久保「とりあえず趣味は……」

………
……

船久保「…ですね」

洋榎「ほうほう。…オカンわかったー?」

雅枝「絹恵…ウチ…なんて弱いんや…」グズグズ

絹恵「あーはいはい。大丈夫やから。…お姉ちゃんメモはとったからバッチリや」

洋榎「おおきにー浩子ー。お礼はオカンから貰ってなー」ピッ





船久保「といった具合に…」

京太郎「あはは…監督は贈り物とかそういうの弱いなぁ…」

雅枝「だって…準備したら、洋榎が「これはアカン」絹恵が「オカン…これはない」の連続や…どうしたらええねん…ってなるやろ…」

京太郎(一体何を準備したんだ…)

雅枝「…ところで浩子。…その話は恥ずかしいからするな言うたよな?」ギギギ…

浩子「あっ」


………
……

船久保「ぐすっ…」タンコブ

京太郎「…よしよし」ナデナデ

船久保「痛かった…」エグエグ




モブ2「………………………」

モブ2「監督!ウチにもゲンコツお願いします!」

雅枝「なんでやねん」



モブ2「というわけで須賀君。ウチからはこれ」

京太郎「おうサンキュー」

モブ2「あとは…絶世の美少女モブ2ちゃんがケーキを食べさせてあげる。はいどーぞ」

京太郎「自分で絶世の美少女とか言うなよ…。…あむっ」

モブ2「はい須賀君あーん」

京太郎「おう」



怜「させへん!ぱくっ」モキュモキュ

モブ2「あっ!」

怜「はい須賀君。あーん」

竜華「怜の手を掴んでそのままウチの方へー。もぐもぐ」

怜「竜華…!」

竜華「そしてウチが…」

泉「フォークは全てウチが回収しました…部長といえど…情けは無用です…!」

竜華「くっ!?」

船久保「それを読んで一つ確保しておきました」

泉「何やて!」



京太郎(…結局俺食えねーじゃん…)

セーラ「きょーたろー。キャッチボールしよーぜ!」

京太郎「あー。そうですね。やりましょうか」スタスタ

セーラ「おーし!」スタスタ

みんな「!!」



fin!



【カピバラとエトペンが戯れてほのぼの(意味深)】~和side~



~長野~

京太郎母「」

「エトペン着ぐるみ」

京太郎母「…息子よ…」ホロリ

………
……


京太郎「母さんなんか届いてないか?」

京太郎母「あ。これ?」つ着ぐるみ

京太郎「おぉ!?凄え!」

京太郎「もしもし和?」prrr!

京太郎「当たったぞエトペン着ぐるみ!」

和『え!?ほ…本当ですか須賀君!?』

京太郎「良かったな」

和「…す…須賀君!私今から取りに行きます!」

京太郎(いやぁ…限定品欲しさに和から「須賀君もハガキを送ってくれませんか!?」なんて…当たるわけないっ思ったけど…)


ピンポーン!


京太郎「はやっ!?」


和「ぜーはー…お…お邪魔します…ぜー…はー…」

京太郎「お…おい…大丈夫か和…」

和「…っ!だいっ…じょうぶ…!です…!」ハァハァ

京太郎「とりあえず麦茶でも飲んでけ」

和「す…すみません…」

京太郎母「あらあら…あらあらあらあら」

京太郎「どうした母さん」

京太郎母「京太郎…この子…サイズ合わないかもよ?」

京太郎「あー…まぁ応募ものだしな。仕方ないだろ」

京太郎母「えっと…のどかちゃん?」

和「あ…はいっ」

京太郎母「着てみなさい」

和「え?」

京太郎母「着てみなさい」ニッコリ



京太郎「おい母さん…面白そうだからって和に無理を言うなよ…」

京太郎母「あんたはこっち」つカピバラの着ぐるみ

京太郎「おいなんだこれ」

京太郎母「あの着ぐるみ届いた時、面白そうだからドン○で買ってきた」

京太郎「」


………
……


和「………………………」エトペンー

京太郎「………………………」カピバラー

京太郎母「買い物行って来まーす」

京太郎「あっ!おい!」

京太郎母「動物同士仲良くねー」バタン


………
……


和「す…須賀君…どこですか?」

京太郎「いやー…視界が悪くてよくわかんねー」

和「えーっと…」テクテク

京太郎「うわっ」ボムン

和「あうっ」ボヨンッ

和「すみません…当たってしまいました…」

京太郎「許さんぞエトペン!食らえ!カピバラカジカジ!」カジカジ

和「むっ…応戦です!エトペンペシペシ!」ペシペシ


カジカジカジカジペシペシペシペシ…


………
……


京太郎「…あつい…」ボーッ

和「なんか…意味もなく…はしゃいでしまいました…」ボーッ

京太郎「あ。そうだのど…」

和「はい?」

京太郎(あ…汗で服が張り付いて…!身体のラインが…っ!)

京太郎(なんだあのおもちは…!けしからん!)

和「須賀君?」ズイッ

京太郎「」

京太郎(谷間が見えた…!すばら…!)

和「大丈夫ですか?ぼーっとしてますけど…」ズズイッ

京太郎「…すばらっ!」ブハッ

和「す…須賀君が鼻血を!?」アワアワアワ




fin!



【カピバラとエトペンが戯れてほのぼの(意味深)】



和「お邪魔します…」

京太郎「おう。和いらっしゃい」

カピバラ(なにー?お客さん?)テクテク

和「す…須賀君…その子は…?」

京太郎「ん?ああ。俺カピバラ飼ってるって言わなかったか?」

和「か…可愛いですね…」

カピバラ(モフモフされる前に…逃げるー!)キュー!


………
……



京太郎「どこかその辺座ってくれー」

和「はい」

京太郎「ん?エトペン持って来たのか?」

和「えぇ…まぁ…。そういう特訓らしいですし…部長が…」ポスッ

京太郎「…あ!悪い和!ちょっと来てくれ!」

和「どうしました?」タタタ…



カピバラ(……家の中歩くのも退屈ー)キュー

エトペン「」

カピバラ(…?なにこれ?)キュ?

カピバラ(…えい)タイアタリ!

エトペン「」ポヨン

カピバラ(柔らかい…面白い!)モフモフ ハグハグ

カピバラ(キュー!)キュー!

カピバラ(こやつ…動じてない…!)プヨプヨ




………
……


和「…あれ?エトペンがいません…」

京太郎「えっ?」

カピバラ(すぴー…)zzz

エトペン「」

京太郎「あ、日向でカピーと一緒に寝てる…なんかエトペンがクッション代りだな…」

和「ほっ…。無事でした…」

京太郎「あー…なんかカピー見てたら俺も眠くなったわ…ちょっと俺も日向ぼっこしようかな…」

京太郎「…すー…すー…」zzz

和(寝るの早いですね…)

和「…もうっ…須賀君?こんなところで寝たら風邪を引いてしまいますよ?」

京太郎「んー…」zzz

和「…はぁ。全く…」モゾモゾ

和「ひ…膝枕なんてするの…今だけですからね…!」///

京太郎「すぴー…」zzz

和「……うふふ。お休みなさい須賀君」ナデナデ

カピバラ(すー…ぴー…)zzz

エトペン「」



飼い主に似る…?fin!



【悔しかった。反省はしている】



淡「もうじきバレンタインだねー」

照「…チョコレート…」

尭深「…チョコレートに合うお茶買おうかな」

淡「じゃあ2/14はチョコレートパーティーしよう!」

菫「部室は使えないぞ」

淡「けちんぼー」ブーブー

照「ぶーぶー」

菫「照までか…」

誠子(チョコレート目当てだな…)

淡「ふんふふーん。バレンタインデイキッスちゃちゃんちゃん♪バレンタインデイキッスたんたん♪バレンタインデイキッス♪」

淡「たたんたん♪」ステップ

淡「リボンをかけーて♪」フフフーン

菫「…大星。少し静かにしろ」

淡「はーい。ちぇー」

菫「…全く。部活やるぞ部活」


………
……


照「…菫。私はこの本読んでから帰る。鍵は私が閉めておくから…」

菫「ああ…わかった」

淡「バイバーイ!テル!」ブンブン

照「……」フリフリ

照「………………………」ペラッ

照「………………………」ペラッ



照「…ためになった。…鍵閉めて帰ろう」

照「…バレンタイン…」

照「…シャララララ♪すーてきにキーッス♪」

照「シャララララ♪すーなおにキーッス♪」クルッ

淡「あ」

照「え」

淡「…テールー?」ニヤニヤ

照「」

照「……か…帰るっ!」///

淡「あっ!待ってよテル!」タタタ

照(うわあああぁぁぁぁん!)///



fin!



【竜華にドッキリを仕掛けて泣かれてめっちゃ怒られる】



竜華「おはよー!」ガチャ

京太郎「…部長」

竜華「あれ?元気無い?どないしたん?」

京太郎「……部長にだけ…言います…だから…誰にも言わないで下さい…」

竜華「えっ…?」

京太郎「俺…俺…長野に…戻ることに…なりました…」

竜華「………え」

京太郎「大阪には…千里山には…もう…居られなく…」

竜華「そ…そんな…!?」

京太郎「…すみません」

竜華「えっ…えっ…?」

竜華(じゃ…じゃあ…もう会えなく…!?ま…待って待って待って!?)

竜華(ま…まだしてないこと沢山ある!みんなで一緒に行きたい場所もあるし…!な…なにより…)

竜華(…ま…まだ…好きって…言ってない…言ってないよ…)

京太郎「…すみません…今日は…失礼します…」

竜華(…じゃ…じゃあ今言うしか…!?…あ…でも…今言っても…悔いしか残らへん…?)

竜華(そんな…こんなのって…ないよ…。…神様…お願いやから…一生に一度のお願い使ったってええから…)

竜華「す…が…くん…ま…待って…」

竜華(声が…出ない…)

京太郎「……部長に。渡さないといけないものがあったんでした」

竜華「え…?」

京太郎「はい。どうぞ」

竜華「て…手紙…?」ペラッ

『ドッキリ大成功! ごめんね☆テヘペロ』

竜華「………………………………」

京太郎「というわけで」

竜華「……………ぅ」

京太郎「いやぁ大成功大成功」

竜華「………ぅ………ぅぅぅ…!」

京太郎「…す…すみません部長…」

竜華「……………………………」

京太郎「部長?」

竜華「………………う…」

竜華「うわあああああぁぁぁぁぁぁん!!」ビエー!


………
……


京太郎「」セイザー

竜華「大体冗談の度を越しとるやろ!?ウチがどんな気になったかわかる!?」ガミガミガミ

竜華「人の気持ちなんかわからんやろ!バーカバーカ!須賀君のドアホォー!」

京太郎「はい…バカですみません…ドアホです…ごめんなさい…」

竜華「何がしたかったん!?」ガミガミガミ

京太郎「つい…出来心で…」

竜華「ついじゃない!」ガミガミガミ

竜華「須賀君はいつもいつもいつも!なんなん一体!?」ガミガミガミ

京太郎「…はい…すみません…はい…」

竜華「いーやわかってない!そもそも…」ガミガミガミ

京太郎「あ…あの…部長…足が痺れて…」

竜華「……………………」

竜華「…ふんっ!」フミッ!

京太郎「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!?」

竜華「罰や!」

京太郎「はい!すみませんでしたっ!」

竜華「それからこれも罰や!」

京太郎「なんですか!」









ぎゅっ


竜華「…今日一日…こうしてること…」ギュッ

京太郎「え…?」

竜華「…須賀君が何処か遠くに行っちゃうって思ったら…嫌…やったし…」ギュゥゥ

京太郎「…………………ありがとうございます」ポンポン

竜華「…ふーんだ…」///

京太郎「…ごめんなさい…。俺は…勝手に遠くには行きませんから…」

竜華「…別にそんなん聞いてへんし」ギュッ





竜華「須賀君の…ばーか」ニコッ



fin!



【愛宕さん「「「バレンタイン!」」」】




雅枝「突然なんやけど」

絹恵「はい?」

雅枝「チョコを作ります」

洋榎「わーい!」

雅枝「ウチらが」

洋榎「…………………んっ?」


………
……


雅枝「愛宕家クッキングー。今日はチョコムースケーキを作るー」

絹恵「わー」

洋榎「あらかじめ用意したものがこちら」

絹恵「ないで」

雅枝「ほな始めよか」

洋榎「チョコを湯煎するんやで!」

絹恵「お姉ちゃんが湯煎…!?」

雅枝「なん…やて…!?」

洋榎「湯煎するんは基本やろ!」ヘヘーン

雅枝「でもチョコまだやで」

洋榎 (´・ω・`)




絹恵「牛乳とバターをチン。冷やしておくんや!」

雅枝「その間に卵黄とグラニュー糖を湯煎してかき混ぜて泡立てるんや」

洋榎「えーんやこらえーんやこら」ポリポリ

絹恵「…あれ?オカン、チョコ減っとる」

雅枝「ホンマや…」チラッ




洋榎「…洋榎ちゃんの仕事代や!」ババーン!



洋榎「…しっかりと混ぜるんや…マヨネーズみたいになるまで…」タンコブ

雅枝「オーブンを余熱始めよかー」

絹恵「オカンー。ココアとホットケーキミックスをふるって、さっきの牛乳とバターを用意。お姉ちゃんの作ったこれに混ぜてかき混ぜまーす」

雅枝「焼くんや」

洋榎「ふぁいあー!」ボッ

絹恵「あ…熱い…!お姉ちゃんの熱意が…情熱が…!炎となって…!」

洋榎「食らえー!この欠けたチョコの恨みやー!」ゴーッ!

絹恵「待って!チョコをかじったのはお姉ちゃんや!」





雅枝「洋榎。チョコ湯煎担当大臣の出番や」

洋榎「よし来た!洋榎ちゃんの時代来た!」

絹恵「お姉ちゃんゼラチンも入れて!」

洋榎「そんなん知らんわ!チョコ担当や!」

絹恵「そんなっ!?」

洋榎「うおおぉぉぉ!洋榎湯煎秘技!………湯煎!」

絹恵「す…凄い…!普通の湯煎や…!」

雅枝「まだまだやな絹恵」

絹恵「オ…オカン!」

雅枝「あれはただの湯煎とちゃう…。…板チョコ砕かなかったからちょっとめんどくさい湯煎や…!」

洋榎「あっ」



雅枝「泡立てた生クリームとグラニュー糖を加えた卵白を混ぜるんや」

絹恵「まーぜてまーぜてまぜまぜミックス♪」

洋榎「げへへー。絹の混ぜたこれにチョコを入れて台無しにしたるわー!」

絹恵「きゃー!鬼畜ー!助けて愛宕レンジャー!」

雅枝「とうっ!」

洋榎(今日のオカンはノリがいい…)

雅枝「やめるんや!絹恵!」

絹恵「あれ?お姉ちゃんじゃなくて?」

雅枝「洋榎の行動が正しいんや!チョコを混ぜるんや!」

洋榎「洋榎ちゃん神時代や!」ドバドバー

雅枝「…ちょっとずつ…やったんやけど…」

洋榎「…………………………」

洋榎(アカン)ダラダラ



雅枝「あとはさっきのケーキに冷やしたこれを乗せれば…!」

洋榎「星っ…三つや!」

絹恵「トラブルがありつつも完成やな」

洋榎「…堪忍やで」

雅枝「とりあえずカットした一つはオトンに供えます」

絹恵「あとは須賀君呼べばええんやな」

洋榎「もしもし?絹が「須賀君のためにチョコ作ったよ?」ってセクシーなポーズで…」

絹恵「お姉ちゃん!?」///

京太郎『今すぐ行きます!』ガチャッ

絹恵「す…須賀君!?」///


………
……

京太郎「チョコケーキですか。凄い美味しそうです」

絹恵「す…須賀君のために作ったわけやないで!あ…あとセクシーポーズもしてへんから!」///

京太郎「騙された!?」

京太郎「まあわかってましたが」

洋榎「食べよ!食べよ!ケーキ食べよ!」

京太郎「俺に謝ってください!」

洋榎「ごめ…食べよ!」

京太郎「謝る気ないな!?」

………
……


京太郎「美味しいです!」

洋榎「洋榎さん力作…その名も「阿修羅」や!」

京太郎「今まででこれほど名前を聞いて食欲の失せる料理があっただろうか!」

絹恵「…にしてもホンマ美味しい」モグモグ

雅枝「洋榎と絹恵のおかげやな」ニコッ

洋榎「オカン…」

絹恵「オカン…」

京太郎(監督かっこいいわ…)


………
……


京太郎「………………………」

洋榎「絹!くらいーや!」

絹恵「あっ!?赤甲羅!?アカン!」

洋榎「そして洋榎ちゃんぶっちぎりや!」

絹恵「うう…四位転落…」

雅枝「この雲かわええな」

洋榎「オカン。雲みたさに落ちるゲームちゃうでこれ」

絹恵「オカンのキャラがいないと思ったら…」

京太郎「………………………」

京太郎(…なんか…)

京太郎(彼女もいないしバレンタインなんてクソくらえ!…とまではいかないけど、虚しいなー…とは思ってたんだけど)

京太郎(…こうやってほのぼのするのも幸せ…だよな…)

京太郎「ハッピーバレンタイン…かな…」





fin!



【おーっと!泉が病んでしまったー!】

※なおバレンタインとは別物です。









泉「…す…須賀君…呼び出してごめんなさい…」

京太郎「いやいや。…で?どうした?」

泉「そ…その…!」///


泉「こ…これっ!受け取って…下さい…」///

京太郎「…チョコ…?…サンキュ」

泉「…い…一応…その…本命…です…っ」///

泉「…っ!」ダッ ///

京太郎「あっ…に…二条…!?」

京太郎「…マジか…」


………
……


京太郎「…食べるか…」

京太郎(告白…されたんだよな…。…うわ…ヤバいな…凄い…恥ずかしいな…)カァァ

京太郎「ん?…なんか紙が入ってる…?」


「義理じゃないですから。」


京太郎「…うわ…なんつーか…照れる…な…」カァァ

京太郎「ん?裏にも何か…」ペラッ














大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き大好き








京太郎「…………………………………」

京太郎「…………え…?」


京太郎「お…おい…なんだよこれ…」

京太郎「に…二枚目!そうだ!二枚目にドッキリって書いてあったり…!」





他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないで他の子を見ないでウチだけを見て




京太郎「……お…おいおい…」

京太郎「ど…どうしちまったんだよ…二条…」

prrr!

京太郎「うわっ!?…け…携帯か…二条から…」

京太郎「で…出ないぞ!俺は!」

prrrr!

京太郎「ひっ!?こ…この音は家の電話…!?」

prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!prrr!prrrr!

京太郎「い…いやだ…!いやだ…!だれか…!止めてくれ…!」

京太郎「うわああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」











京太郎「って夢でさ」

泉「ウチそんなことしませんよ…」

京太郎「電話の音も鳴っててさ。恐る恐るでたら宗教勧誘」

泉「災難でしたね…」

京太郎「もー…いいことねーよ…」

泉「いいことない……か…」

泉「…じゃあ…須賀君…」

京太郎「ん?今の俺はテンション最低ラインだぜ?どうしたよ」

泉「…そのっ…」




泉「これ…!受け取ってください…!本命…です!」///



fin!



【洋榎ちゃんと胡桃ちゃん】





洋榎「久々やな!覚えとる!?姫松の愛宕洋榎やで!最強の大阪娘麻雀天使洋榎ちゃんとはウチのことや!」ババーン

胡桃「うるさい!」

洋榎「…あ…相変わらずやな…」

胡桃「忘れるわけない…あんなにマナー違反しといて…!」

洋榎「あ…そういう方面で覚えとるんや…。…まあまあ、気を取り直して洋榎ちゃん大阪案内始まり始まりー!」

胡桃「ちゃんとガイドも買ったから問題ない!」

洋榎「ちっちっちー。大阪の名店はそんなガイドには載ってないんや!」

胡桃「だったら早く案内する!」

洋榎「結構ノリノリやね」



洋榎「どー!?ええとこやろ大阪!」

胡桃「それ昨日私が言うた!」

洋榎「やっぱりノリノリやね」

胡桃「ノリも大事!」




………
……




洋榎「たこ焼きうまー!」モグモグ

胡桃「そこ!食べたまま喋らない!」

洋榎「…えーやん別にー。なんちゅーか喋りで旨さも引き立つっていうあれや!」

胡桃(…そんなのありえない…!)

洋榎「まーまー。名店のたこ焼きを食べたら世界も変わるって!」

胡桃「…たこ焼き…」

胡桃「ふー…ふー…ふー」

洋榎「ふーふーしてる姿無茶苦茶可愛いやん。愛くるしいわー」

胡桃「う…うるさい!」///

洋榎「顔真っ赤にして…ホンマ可愛いわー妹にしたい。彼女でもええなあ…」

胡桃「う…うるさい…ってば…」///


fin!



【京太郎「どうせもらえねーし、自分用でも買っておくか…」】




京太郎「こんちはー」ガチャ

竜華「い…いいいいらっしゃい」

京太郎「あれ?皆さん早いですね?」

竜華「そ…そそそそ…そうなんや!」

京太郎(なんで挙動不審なんだ…?)

セーラ「おー。京太郎」

京太郎「おはようございます」

セーラ「いやー。2/14やしチョコレートパーティーやろかー…と思て」

京太郎「なるほど。納得です」

船久保(ホンマは渡す口実なんですけどね)

泉(にしても清水谷部長は態度に出過ぎですよ…)

京太郎「あ。パーティー…か…。じゃあ途中で買ったポッ○ー置いておきますね」

船久保(こいつ…!)

泉(買ってきた…だと…!?)

怜(食べます!)

セーラ(おい)


竜華「チョ…チョコケーキ焼いたでー…」

京太郎「な…なんかホントにパーティーっぽいっすね!」

怜「ほな。とりあえず…ハッピーバレンタインー」

セーラ「いえーい!」

京太郎「やっほーい!」

………
……


京太郎「チョコケーキうまー」モグモグ

怜「うまー」モグモグ

竜華「つ…作ったかいあったわー…」メセン オヨギオヨギ



泉「…須賀君」

京太郎「ん?」

みんな(まさか…!?)

泉「これっ!…どうぞっ!」

京太郎「これは…」

船久保「ウ…ウチからも!甘さ控えめにして…ビターチョコや!」

竜華「あのっそのっこのっ…あわわわ…」

怜「…竜華…」

怜「これはウチから…須賀君へ」

京太郎「ありがとうございます」

竜華「…!」スッ

京太郎「…貰っていいんですか?」

竜華「…!…!」コクン コクン

セーラ「オ…オレからも…一応…これな…」

京太郎「な…なんかこんないっぺんに沢山貰ったことないから照れますね…」

京太郎「ありがとうございます。嬉しいです…」





京太郎「例え義理だとしても!」








みんな「「「「「…んっ?」」」」」



京太郎「いやー。ありがとうございますホントに」

怜「い…いやいやいや!ちょっと待って!待って!須賀君!」

京太郎「はい?」

セーラ「タ…タイム!ターイム!」

京太郎「はあ…わかりました」

セーラ「集合っ!」




船久保「負けじと我先に!…で同時に渡したのが裏目に出てます!」

怜「ど…どーする!?今告白する!?」

竜華「そ…そもそも!みんないる場所で告白…できへんて…」

泉「そうですね…」

セーラ「こ…この後一人ずつ…!」

船久保「須賀君の中では全部義理チョコとして処理されてるんですよ?」

セーラ「うぐっ…」

竜華「むむむ…」

怜「はっ!?みんな!あれ!」

泉「?」





モブ2「す…須賀君っ!これ!…ほ…本命…チョコ…」カァァ

京太郎「…………………………」

京太郎「…すまんモブ2…昨日掃除の時放置されてた「ドッキリ大成功!」の看板捨てちまったよ…」

モブ2「へ?」

京太郎「悪い…せっかくのドッキリを失敗させて…」

モブ2「」






怜「アカン…須賀君はアカン…」

泉「あそこまで鈍感とは…」

竜華「…!みんなチョコに手紙いれたりした!?」

セーラ「し…してない…」

船久保「ウチもです…」

怜「八方塞がりや…」


泉「いや…でも…言うしか!」

怜「泉っ!?」

泉(モブ2ちゃんやって言うてた…!ウチだって…!)

泉「須賀君!」

京太郎「ん?」

泉「ウチ…本命っ!本命ですからっ!」///

京太郎「あー…悪い…ドッキリの看板は…」

泉「ドッキリとかじゃないんです!」ウルウル

京太郎(…涙目…。…はっ!?)ピキューン

京太郎「ちょっと先輩!」ガタッ

竜華「え?こっち?」

怜「なんで?」

セーラ「?」

船久保「なんです?」

京太郎「二条に無理矢理言わせたりしないでください!かわいそうです!」

泉「」

セーラ「」

船久保「」

竜華「」

怜「」

京太郎「…もう平気だぞ二条」

泉「…の…!」

京太郎「ん?」

泉「この…!バカァァァ!」バチーン!

京太郎「痛っ!?」

竜華「須賀君のアホォォォ!」バチーン!

怜「頭冷やせぇぇ!」バチーン!

セーラ「なんでやねぇぇぇん!」バチーン!

船久保「女心を知れぇぇぇ!」バチーン!

モブ2「勇気出したのにぃぃぃ!」バチーン!

京太郎「」チーン


京太郎(な…なんなんだ…女心って…わっかんねー…ガクッ)




fin!



【京太郎「一度でいいから本命チョコが貰いたい」】



怜「す…須賀君?そのー…甘いものとか食べたくない?」

京太郎「あー。いいですねー」

怜「! じゃ…じゃあこれ!そ…その…!」

京太郎「ま…まさか…本命…とか…」

怜「そ…そそそそんなわけ…!」カァァ

京太郎「…そうですよねー」

怜「あう…」




竜華「須賀君…これ…」

京太郎「チョコレート…ですか」

竜華「その…ほ…ほん…ほん…!」

京太郎「?」

竜華「ほ…ほ…!」///

竜華「ううぅぅぅ!」/// ダッ!

京太郎「ぶ…部長ー!?」



セーラ「きょーたろー」

京太郎「セーラ先輩」

セーラ「これ!チョコや!やる!」

京太郎「ありがとうございます」

セーラ「おう!」

セーラ「その…その…な?…その…」カァァ

京太郎「?」

セーラ「な…な…なんでもない!」///

京太郎「?」


船久保「須賀君。これ」

京太郎「バレンタインデーのチョコレートですか?」

船久保「せ…せや」

京太郎「ありがとうございます」

船久保「ぎ…義理や…」

京太郎「わかってますよ。でもありがとうございます」ニコッ

船久保(違う違う違う!義理とちゃう!)

船久保(言え!言うんや船久保浩子!)

船久保(義理とちゃう!義理とちゃう!義理とちゃうんや!)

船久保「ぎり…ぎり…」カァァ

京太郎「な…何度も言わなくても…」

船久保「その…ぎり…ぎり…」

船久保「ギリギリで義理や!」///

船久保(あああああ!!だから義理とちゃうんやって!なんでやねん!)///





泉「す…須賀君…これっ!」

京太郎「ん?サンキュ」

泉「そ…それじゃっ!」/// タッタッタ

泉(わ…渡せた!ちゃんとメモも入れたハズ…!…せ…せ…成功や!)

京太郎「おーい二条ー」

泉「はっ…はいっ!」ドキッ

京太郎「なんか挟まってた紙落ちたぞ?見てないから大丈夫だ」

泉「ああ…うん…おおきに…」

………
……


京太郎母「今年貰った?」

京太郎「義理しかないけど5個だな」

京太郎母「レギュラーの子達?」

京太郎「うん」

京太郎母「………あちゃー」

京太郎「?」



fin!



【姫様のバレンタイン】



小蒔「霞ちゃん…2/14はバレンタインデーらしいです!」

霞「そうねぇ…」

小蒔「好きな人に!チョコレートをあげる日らしいです!」

春「…でも…」

霞「まあ細かいことはいいんじゃないかしら。私たち花の女子高生なんだし」

小蒔「京太郎さんに!チョコレートを渡します!」フンス!

霞「じゃあ作りましょうか」

小蒔「うん!」


………
……


小蒔「なんだか…いつも見るのと違う…ような…」

霞「これは生チョコよ小蒔ちゃん」

小蒔「生チョコ…?」

霞「えーとね…うーん。一個食べてみて」

小蒔「もぐもぐ…」

小蒔「美味しー!」パァァァ

霞「さ。練習は終わりにして須賀君用に作りましょ」

小蒔「ふぁい!」モキュモキュ

霞「うん。食べ過ぎないようにね小蒔ちゃん」


………
……


京太郎「で」

京太郎「薄墨さんから「姫様が!姫様が!姫様がぁぁぁぁ!ひぃめぇさぁまぁがぁぁぁぁぁ!」って電話が来てとんできたんですけど…」

初美「姫様がぁぁぁ…頑張ってるのですよー」ノホホン

京太郎「おいこら」

巴「ごめんねー須賀君…」

京太郎「まあ…無事ならなによりですけど…」





小蒔「お…お待たせしました…京太郎さん…」モジモジ

京太郎「いえ。…で…何かあったんですか?わざわざ俺が呼ばれたってことは…」

小蒔「きょっ…きょう…!」カァァ

京太郎「?」

小蒔「きょう……きょう…たろう…さん!」

京太郎「はい」

小蒔「そのっ…!きょう…きょう…京太郎さん…」

京太郎「ループしてますよ」

小蒔「今日は…!バレンタインデーなんです!」

京太郎「そうですね」

小蒔「だ…だから…!これ!一生懸命作りました!京太郎さんのために!」///

京太郎「…ありがとうございます。…食べてもいいですか?」

小蒔「…だ…ダメです!」

京太郎「え」

小蒔「その…!京太郎さん!」

京太郎「は…はい…」

小蒔「その…あ…あ…あ…!」///



小蒔「あ……あーん…してください…」///



京太郎「………あ…あーん…」カァァ

小蒔「ど…どう…ですか…?」

京太郎「美味しいです。とっても」ニコッ

小蒔「よ…よかった…」

京太郎「…でも」

小蒔「で…でも…?」

京太郎「……神代さん」ギュッ

小蒔「ひゃっ!?」///

京太郎「…ちょっと。甘過ぎですかね」ギュッ

京太郎「…ハッピーバレンタイン。神代さん」




fin!



【灯台下暗し?】



山口「………先輩」

西田「どうしたのよ?」

山口「バレンタインデー…ですよ…」

西田「あー…言わないでよ…。こんな日すら特ダネ求めて取材に来てるのが現実…。夜中まで仕事…はぁぁぁ…」

山口「先輩はそういうお相手、いないんですか?」

西田「…そっちこそ」

山口「いやー…カメラマンって言うと聞こえはいいんですけど…WEEKLY麻雀TODAYだって言うと…」

西田「…やっぱり麻雀って言うのがネックなのかしら」

山口「そうですね…。というと先輩も…」

西田「大体同じね…。記者とかジャーナリストならともかく…ね。…仕事が忙しいって言うのもあるけど。来る日も来る日も取材取材。…好きな仕事とはいえ…」

山口「お互い…苦労しますね…。独り身…」

西田「…そうね。…あとこれ」スッ

山口「これは…」

西田「買ったもので悪いんだけど…義理チョコ…いやちょっと違うか…」

西田「友チョコ…でもないし…。「仕事お疲れ様チョコ」ってところ?」

山口「先輩…ありがとうございます」

西田「さ。次の取材先へ移動しましょうか…」

山口「はい先輩」

西田「…話戻すけど、相手に求める条件とかあるわけ?あまり限定してると相手いなくなるわよ。なんたってWEEKLY麻雀TODAYだもの…」

山口「いやー…やっぱりこの仕事に理解のある人…って言うのが何よりの条件ですねぇ…。WEEKLY麻雀TODAYですから…」

西田「やっぱりそうなるわよねぇ。私も」

山口「はぁ…何処かに良い人」

西田「いないかなぁ…」

山口「この仕事に理解があって…」

西田「支えてくれるような人…」

二人「「そうそう居ないですよねぇ(居ないわよねぇ)」」

二人「「…はぁ……」」



fin!



【咲ちゃんのバレンタイン】



咲「もしもし京ちゃん?」

京太郎『おうどうした咲?』

咲「今日はバレンタイン、だよ」

京太郎『そうだな』

咲「…貰ったの?」

京太郎『…義理を幾つか。だな』

咲「…よかった」

京太郎『おい。全然よくねーよ』

咲「いいんですー。京ちゃんは京ちゃんだから」

京太郎『何が言いたいのかサッパリだ…』

咲(…京ちゃんを取られたくない…って思っちゃうのは…京ちゃんにとってはいいことじゃないよね…)

咲「ごめんね。京ちゃん」

京太郎『は?どうした咲?いきなり謝り出して…』

咲「…ううん。なんでもない」

咲「…京ちゃん」

京太郎『ん?』

咲「…なんでもない。あーあ、残念だねー。咲ちゃん特製のとっても美味しいバレンタインチョコが食べられないなんて」

京太郎『今頃…和とか腹壊してないか?』

咲「もー!酷いよ京ちゃん!私だってバレンタインチョコぐらいちゃんと作れるよ!」

京太郎『どーだかなー。咲のことだし溶かして固めるのが限界じゃないかー?』

咲「…京ちゃんのばか。ちゃんと出来るよ!」

京太郎『悪い悪い』

咲「ふーんだっ。京ちゃんにはもう二度とバレンタインチョコはあげませーん」

京太郎『…さ…咲に貰わなくても?俺は沢山貰えるし?』(震え声)

咲「それは義理チョコでしょ?」

京太郎『…そうだけど…咲だと違うのか?』

咲「!?」

咲「じゃ…!じゃあね京ちゃん!バイバイまた今度さようなら!」カァァ

京太郎『お…おいっ咲…』ツーツーツー


咲「…はぁ」

咲(…京ちゃんの…ばか…)


fin!



【咲がチョコ渡しに大阪に来たものの迷子になっちゃう】



咲『京ちゃん…』

京太郎「おう咲。どうした?」

咲『ここどこぉ…?』

京太郎「知るかよ…大体どの辺なんだよ」

咲『お…大阪…』

京太郎「…は?」

咲『京ちゃんにチョコ…渡したくて…』

京太郎「…アホ咲。場所の特徴言え。…すぐ行くから待ってろ!」


………
……


咲「京ちゃーん…」オロオロ

京太郎「咲ー!」

咲「きょ…京ちゃん!」

京太郎「このっ…!アホ咲!心配かけんな!」

咲「うぅ…ご…ごめんなさい…」

咲「しかも…迷子になったせいで…チョコもちょっと溶けたりして変になっちゃったし…」グスッ

京太郎「…貸せ。アホ咲」バッ

咲「きょ…京ちゃん…何して…!?」

京太郎「いただきます」パクッ

咲「うわあああああ!ダメ!ダメだよ!形が変になっちゃったって言ったのに!京ちゃんのバカ!」

京太郎「うっせ。アホ咲。…お前が俺のために作ったんだから食うだろ」

京太郎「美味かったぞ。咲」

咲「…でも形が…」

京太郎「いーんだよ。その方が咲っぽいし」

咲「ちょっ…ちょっと京ちゃん!それどういうこと!?」

京太郎「さ。帰って昼飯作るかな」

咲「京ちゃん!待ってよ!京ちゃんってばぁ!」



fin!



【お前のバレンタインねーから!】



小蒔「霞ちゃん!明日はバレンタインデーって言うんですよ!」

霞「そうね…」

小蒔「大好きな人にチョコレートを贈るらしいです!」

霞「そうね…」

小蒔「京太郎さんにチョコレートを…」

霞「よく聞いて小蒔ちゃん」

小蒔「?」

霞「宗教とかそういう理由で私達はバレンタインデーは出来ないのよ」

小蒔「…え…?」

霞「ごめんね小蒔ちゃん…」

小蒔 (´;ω;`)ブワッ

霞「……………………………」

小蒔「…仕方…ないよね…。私が…そういう家に生まれたから…」

霞「…彼もわかってくれるわ」ナデナデ

………
……

次の日。


霞「話があるのよ小蒔ちゃん」

小蒔「どうしたの?霞ちゃん」

霞「…バレンタインの話だけどね」

小蒔「……うん」

霞「外国だと男の子が女の子に贈るって所もあるのよ」

小蒔「…そうなんだ…でも…」

霞「でね?小蒔ちゃんはつい最近までバレンタインデー知らなかったでしょ?」

小蒔「うん……」

霞「…同じようにね。『私達がバレンタインデーを出来ないこと』を知らなかった人もいるのよ」

小蒔「…?」

霞「…それだけ。後は任せるわ」スタスタ





小蒔「…え…?…え…?…どうして…?」





京太郎「本当。知らずに来ちゃいましたよ…。…ハッピーバレンタイン。神代さん」ニコッ


fin!



【憧れのチョコレート】※個人戦前でお願いします。




美穂子「…あ…あのっ…!」

久「ん?」

美穂子「あの…上埜さん!」

久「……よく知ってるわね。私の名前」

美穂子「その…これ…受け取ってください…」カァァ

久「これは…ひょっとしてバレンタイン?」

美穂子「はい…。…へ…変な意味じゃないです!」

久(うーん…。知らない子に校門で出待ちされるなんて…変な意味があるとしか思えないわ…)

美穂子「上埜さんは…前から私の憧れで…!ずっと…ずっと…!話がしたくて…」

久「………………………」

美穂子「私は…あなたに…っ…あなたに…救われたから…」ポロポロ

久「ちょ…ちょっと…泣かれても…って…あら…?」

久(この瞳…何処かで…)

久(……あ…!そうだわ…この人…!)

美穂子「あの時からっ…あなたに一言お礼を…したくて…。上埜さんが覚えていなくても…私にとっては…!」ポロポロ

久「…ねえ。ちょっと」

美穂子「はい…むぐっ!?」

久「…このチョコレート美味しいわね。…気分が沈んだ時は甘いものがいいんですって」ニコッ

美穂子「上埜…さ…」

久「…ここじゃなんだし。何処かで話しましょ?…あなたがくれた美味しいお菓子もあることだしね」ニコッ

美穂子「…は…はいっ!」パァァ



fin!



【ヘタレだけど新婚ごっこさえあれば関係ないよねっ】



怜「…須賀君」

京太郎「はい?」

怜「ここが部屋」

京太郎「へ?」

怜「その扉の先が別室」

京太郎「あのー…?」

怜「……………………………」

怜「…京ちゃん!」

京太郎(京ちゃん!?)

京太郎「…あ。新婚ごっこか…」




京太郎「ただいま。怜」

怜「待ってましたー」ルンルン

怜「…ん…?」クンクン

怜「…甘い匂いがする」

京太郎「ん?…ああ。チョコレートだな。同僚の子に貰ったんだ」

怜「……むっ」プクーッ

京太郎「心配ないよ。義理だ義理」

怜「京ちゃんの言う義理は信用ならないんですー」プクーッ

京太郎「??」

怜「…はぁ…」

京太郎「なんかよくわかんねーけど、俺が愛してるのは怜だけだぞ」

怜「…あ…当たり前や…」カァァ



………
……


怜「時に京太郎さんや」

京太郎「なんじゃ怜さん」

怜「私からのチョコレートです」

京太郎「おー!ありがとう!」

京太郎「開けていいか?」

怜「どうぞどうぞ」

京太郎「よっと」パカッ


「残念!食べちゃいました☆」


京太郎「…………と…怜…?」

怜「てへ。……というのは冗談で」

怜「食後に二人で食べるためにチョコケーキや。冷蔵庫にあるので取ってきます」スタスタ

京太郎「この下りは必要だったのか?」

怜「…だって…こういうことしないと他の人と一緒やし…」ボソッ



怜「はい。チョコケーキ!」

京太郎「おお…凄いな…作ったのか…」

怜「えへへ。切り分けるね」

京太郎「…待ってくれ」

怜「ん?」

京太郎「俺も一緒に切るよ。ケーキ入刀しよう」

怜「け…結婚式でやったばっかりやん」

京太郎「怜となら何度でもやりたい」ニコッ

怜「…私だって…そりゃ…京ちゃんなら…」///

京太郎「……怜」ギュッ

怜「…ん」








京太郎「って!だから!…危ねー危ねー。キスするところだった…」

京太郎「演技上手いですね本当…」

怜「ふふーん」

怜(いつもなら拗ねるところやけど…)

怜(…け…ケーキ入刀…出来たし…)///

怜(ハ…ハッピーバレンタイン…)///


fin!



【もいっこ、新婚ごっこ!】



怜「けほっ…けほっ…」

京太郎「大丈夫か?怜…」

怜「だいっ…けほっ…けほっ…じょぶ!」b

京太郎「いやダメだろ」

怜「………はい」

京太郎「とりあえずお粥でも作ってくるな」ガチャ

怜「……………………………」

怜「…しっかし…暇やなー」

怜「この歳になると体調悪くなるぐらい慣れたもんやし…」

怜「寝てるだけやし…暇や…」

怜「…はぁ。寝てるんて辛いなぁ…」

怜「…………………あ」

………
……


京太郎「怜?お粥、出来たぞ」ガチャ

怜「イギリスフランスらんらんらん♪」

怜「ニュージーランドにデンマーク~ドイツアメリカイッタリアー♪」クルクルー

京太郎「…………………………」ジーッ

怜「はっ!?」

怜「………………」ササーッ

怜「…よいしょ」フトン モグリモグリ

怜「…………………………」

京太郎「………………………」

怜「…けほ」

京太郎「何をやってるんだあんたはー!!」ウガー!

怜「ご…ごめんなさーい!」



………
……

京太郎「…ったく…こっちは心配してるのに…」

怜「…心配おかけしました」

京太郎「本当…学生時代から変わりませんねー。そういうところ…」フーフー

怜「…京ちゃんも。変わってへんよ」アーン パクッ

京太郎「そうか?俺は大人になって成長してると思うんだけどなぁ…」フーフー

怜「むしろあの頃より私に甘いし…」アーン モグモグ

京太郎「そりゃ愛だろ。愛」フーフー

怜「…やっぱり変わらんね」モキュモキュ

京太郎「?」

京太郎「…で?さっきは何を楽しげに踊ってたんだよ?」

怜「あー。いや…体調落ち着いたら何処か旅行にでも…って」

京太郎「なるほどな。でもちゃんと寝てなさいね?」

怜「…はい」

京太郎「まあでも旅行か。いいかもな。…そうだ!たまには千里山レギュラーみんなで行くとか!」

怜「…やっぱ変わらんわー」

京太郎「?」

怜(二人っきりが良いのに…)プクーッ

京太郎「?」



fin!



【プロデューサーさん!ごっこですよ!ごっこ!(戒め)】



怜「ところで須賀君」

京太郎「はい?」

怜「さっき旅行云々って話をやったやん」

京太郎「そうですね」

怜「…というわけで旅行に行こ」

京太郎「良いですけど…何処に行く話ですか?海外とかわかりませんよ?」

怜「…………………長野?」

京太郎「アバウトですねー。温泉とかですか」





怜「しっかし…雪凄いなぁ…」ズボッ

京太郎「もう少し歩きますよー」

怜「さむっ…さむぅ…」

京太郎「ほら。つきましたよ。温泉です」

怜「はよ…はよぅ…」

京太郎「あはは…」

「客がこなすぎてメゲるわ…。貸切状態や…」

京太郎「…ですって」

怜「二人っきりやし、京ちゃん女湯くる?」

京太郎「だ…だれか来たら俺人生終わっちゃいますよ!」

「どうせ来ないし平気や…」

怜「だって」

京太郎「だからって…」

怜「…じゃあ私が男湯いく?」

京太郎「…俺が行きます」




※客が来な過ぎるのは現実の温泉とは関係ありません。








………
……

怜「…………………………」///

京太郎「………………………」///

怜「は…恥ずかしいね…」///

京太郎「そ…そうですね…」///

京太郎(恥ずかしくて背中合わせになったはいいけど…これはこれで恥ずかしい…)

怜(えっと…何か…話題が…)

怜「あ…あったかい…ね…」///

京太郎「そ…そうですね…」///

怜(…………………………)

怜(いや…!ここは大胆に…!)

怜「きょ…京ちゃん!」///

京太郎「はい…?」

怜「お背中お流しいたします!」///

京太郎(なぜ敬語…)

怜「…えと…そっちに…」

猿「キー…」カポーン

怜「お…おさる…!」

京太郎「え?ああ…ここはたまに猿が温泉に入るんですよ」

怜「す…凄い凄い!おさる!おさる!」

猿「ウキ?」

怜「おーさーるー!」

京太郎「あまりはしゃいで転ばないでくださいよ?」

怜「目の前におさるが…!感動や…!」

猿「…キ?」

怜「…………………………」

怜「……京ちゃん…」

京太郎「はい?」

怜「…飼おう。おさる…!」

京太郎「ダメです」

怜「えー、なんでー?おさるーおさるー!」

京太郎「…俺は…もう少し二人きりで居たいなぁ」ボソッ

怜「へ?なんて?」

京太郎「な…なんでもないです!」



fin!



【怜デレのつもりですよ!怜デレ!】


怜「須賀君ちょっとええかな」

京太郎「はい?」

怜「ペット飼いたい」

京太郎「はぁ。俺はカピバラ飼ってますけど…」

怜「それや」キュピーン!


京太郎「よーしよしよし」

カピバラ(遊んで遊んでー)キュー!

京太郎「わしゃしゃー。よしよし」モフモフ

怜「……………………」ムスーッ

京太郎「よしよしよ…ん?どうした怜?」

怜「ぶぇっつぅにぃ~?」ムスーッ

京太郎「な…なんか怒ってるのか?」

怜「ふーんだ」プイッ

京太郎「?」

怜「……………………………」

京太郎「あ、わかった。俺がカピーに構ってばかりだから妬いてるんだろ?」ニヤニヤ

怜「なっ…!そ…そんなこと…!」カァァ

怜「そんな…こと…ある…かも…」///

京太郎(やっぱ怜可愛い)

怜「な…なんやその目!しゃ…しゃーないやん…カピバラばっかり構って…」

京太郎「…いやでもさ?俺が怜を わしゃしゃーもふもふー! ってやると色々マズい」

怜「な…なんや色々って…」

京太郎「いや理性とかさ」

怜「…ええやん…結婚しとるんやし…」ボソッ ///

怜「む…むむむしろたまにはそういうのがあっても…」ボソッ ///

京太郎「…だー!可愛いな畜生!」ガバッ

怜「きゃっ!」

京太郎「…さっきの言葉…後悔しないでくださいね?」ニコッ

怜「…せ…せえへんよ…。京ちゃんなら…」///





京太郎「ってー!だから!実際やったら確実にお縄についちゃうんだって!耐えろ俺!」

怜「…むー」

京太郎「…実際これ心臓に悪いですよね」ゲッソリ

怜「…せやったら実行すればええのに」ボソッ

京太郎「3.141592…あれ?今何か言いました?」

怜「なーんでも」

京太郎「?」

fin!