注:京太郎は灼と幼馴染で奈良出身 麻雀もそれなりにできます


憧「そういえばさ」

他「?」

憧「京太郎と灼さんって打ち方がどことなく似てるよね」

穏乃「そういえば」

玄「筒子がよく集まっているのです!」

宥「後、ダメそうだったらすぐ別の待ちに切り替えられる適応力があるよね」

憧「で、そこん所どうなのよ京太郎」

京太郎「えぇ・・・う~ん、どうなんだろう灼ならわかる?」

灼「多分...」

穏乃「なぜなんです?」

灼「ヒントはやっていたスポーツ」

玄「ボウリングと」

宥「ハンドボール?」

灼「そ、そのへんの想いが麻雀にも通じてるんだと思...」

穏乃「確かに二つとも球技だね」

憧「そんなオカルト・・・」

灼「後は多分ハルちゃんのせい」

京太郎「あぁそれはあるかも」

穏乃「?」

灼「私達の麻雀の基礎はハルちゃんだから」

京太郎「灼を麻雀教室に連れて行くのは苦労したよ、「あんなのレジェンドじゃない」ってね」

灼「そ、それは忘れ///」

穏乃「先生がどうかしたの?」

京太郎「はは、ごめんな灼の名誉の為にこれ以上は秘密ってことでな」

灼「うぅ///」ポカポカ

憧「(なんとなく解った気がするわ)」

京太郎「コホン まぁそれに加えて今まで暇な時はほとんど灼と打ってたからなぁ、似てもしょうがないよな」

灼「そのおかげでコンビ戦は無敗」ブイ

穏乃「確かに二人で筒子集めまくって上がるって単純だけど強そうだね」

憧「ドラが集まる宥さんと玄のコンビ打ちとどっちが強いんだろう」

灼「やってみる?」

玄「面白そうですのだ!」ガタッ

宥「ふふ、頑張ろうね玄ちゃん」

京太郎「へへ、久々の灼とコンビ打ちか」

灼「友情パワーみせてあげ・・・」

穏乃「おぉ楽しみ」

憧「なんか急に決まったけど、まぁ面白そうだしまいっか」



玄宥「「それじゃあ」」

京灼「「よろしくお願いします」」

カン