――とある日の部活動中@京太郎買い出し中

久「思ったんだけど、須賀くんって頼めば何でもしてくれそうよね…」

まこ「おんしには後輩に対する感謝ってもんがないんか」

和「でも確かに文句も言わずに買い出しに行ってくれてますし、とても従順ですよね」

優希「冗談とはいえ犬呼ばわりしても怒らないしな―」

咲「京ちゃん人がいいから」

久「それで、どこまでだったら須賀くんが言う事聞いてくれるか、試したいと思わない?」

和「今でも何かと頼っちゃってるのに、それはどうかと…」

優希「とりあえずタコスなら作ってきてくれるのは確定だじぇ」

まこ「ちゅーか、そんなんじゃけぇ腹黒とか悪女とかロッカーとか言われるんじゃろ…」

久「ロッカーは関係ないでしょ!? とにかく反対されても私だけで試すわよ!」

和「やめたほうがいいと思いますけどね」


京太郎「(ガチャ)只今戻りましたー」

久「ナイスタイミング!」

京太郎「あれ、そんな時間かかっちゃいました?」

咲「そうじゃ無いんだけど…」



久「いやー須賀くん、実は私って学生議会長なのよ」

京太郎「まあ知ってますけど」

まこ「本当にやるんか!?」

久「部長も議会長もやってると肩こっちゃってね~」

京太郎(あー、肩揉みとかやれってのかな)

久「ねえ須賀くん」

京太郎「はあ、なんでしょう」




久「私のおもち揉んでくれない?」

京太郎「是非に!」



まこ「さて申し開きがありゃぁ聞いちゃろうか」

久「須賀くん的にOKか知りたかったんだから仕方ないじゃない」

和「弁解は罪悪と知りたまえ!」

咲「と言うか弁解とか申し開きじゃなくて開き直りだよね」

優希「食い気味に乗っかる京太郎も京太郎だじぇ!」

京太郎「俺体育会系だから! 先輩の言うことは絶対だから!」

まこ「じゃあわしが揉めゆうたらわしのも揉むんか!」

京太郎「そりゃあ揉ませて頂きますよ」

まこ「そ、それならまあええが」

咲「何も良くないですよ!」

優希「京太郎、ここは公平に私のも揉むべきだじぇ」

京太郎「え、やだよ。同級生だし」

和「同級生じゃダメなら私もダメですか…?」

京太郎「むしろこちらからお願いします!」

優希「扱いの差ぁ!」

久「みんなが騒がしいみたいだし、おもちマッサージは私の家で、ね?」

咲「絶対行かせないよ!」

和「これは私のおもちを使ってでも食い止めないといけませんね」

まこ「おう抜け駆けゃぁ許さんぞ」

結局その後全員のおもちを揉んで事なきを得た。

カン