霞「なんやかんやあって京太郎さんの家に居着いて早半年」

霞「なんとか長野の気候や文化、なにより須賀家のあれやこれやにも馴れてきました」

霞「そうなると今度は京太郎さんの私への過剰とも言える気の遣い方がもどかしくなり」

霞『私は貴方の石戸霞なのですからもっと近づかせてください』

霞「と涙ながらに訴えたらそれ以降はお気遣いをいただくこともなく、私もある胸を張ってお慕い申し上げることと相成りました」

霞「なのですが今度は」

霞「京太郎さんが私をあまりに可愛がってくださるから、私も常の正気を保つこと能わず」

霞「ついつい甘えて頼って依存して、あの方の、京太郎くんの傍から離れられなくなってしまうことになりまして」

霞「とっても困りました」ニコニコ

咲「もうかえっていいですか?」ゴッ

カン