穏乃「冬!」

玄「おこた!」

京太郎「鍋!」

「「「ヒャッホー!」」」

憧「いちいち叫ぶなおバカ!」

灼「騒々し…」

穏乃「いやー、ごめんごめん。皆で鍋を囲むってなんだかねー!テンション上がっちゃってさー!」

玄「男の子が一人だけだって言っても全部6人分ともなるとそれだけで具が壮観だからねー」

京太郎「そしてこの量の具材から流れ出るであろう旨味!締めの味を想像するだけでもう否が応にもね!ねっ!新子さん!ねっ!」

憧「『ね』って三回も言うんじゃないわよ!」スパコーン

京太郎「ぐっへぇ!?」

宥「ゎゎゎゎ」プルプル

玄「おねーちゃん大丈夫?おこた付ける?」

宥「ま、まだ大丈夫…」

灼「はい湯たんぽ」スッ

穏乃「ほえ?」プラーン

玄「ちょっと小さくないかなぁ…?」

憧「突っ込みどころはそこじゃないわよ」

京太郎「あの、誰かこっちも構ってもらえませんかね…」プルプル

宥「えっと…痛いの飛んでけー?」

京太郎「ラッブリィィィエンジェェェェル宥さぁぁぁ!!」ガバァ

憧「せいっ!」ゲシッ

京太郎「ぁン゛ッ!?」ドサッ

穏乃「おー、いい蹴り…」

灼「うるさ…」

宥「ゎゎゎゎ」プルプル

玄「だいじょーぶ?お茶飲む?」

宥「あ、ありがと玄ちゃん…はふー…」

京太郎「ま、またこうなるのか……あ、白」

憧「!?……ふ、きゅっ!!」ダンッ

京太郎「ごちそうさまですっ!」ベチッ

玄「決まり手は憧ちゃんの全体重が乗った踏みつけ!……大体どれぐらいなの?」

穏乃「京太郎が抱えられるぐらい?」

灼「それなりにあると思わせつつぼかしていく…」

収拾がつカンッ