怜「んー……竜華のんは至高やから?比べるべくもないんやけど、京太郎のんは究極やなー」

京太郎「究極っすか」

怜「そうやー気持ちええ……」スリスr

怜「……なんやろね、このテントは」

京太郎「スミマセンキモチイイノハオレモナンデス」

怜「もー……究極から格下げや、精々星半分やな、これは」

京太郎「うう……俺の体は正直なんです……」

怜「アホ、そんなん口にしたらあかんで?うち以外が訊いてたらドン引きや、NGKから叩き出されてまう位やわ」

京太郎「すみません……怜さん以外?」

怜「うちは……そんな悪い気しーへんもん……うちで気持ちええからこないなってんねやろうし……嬉しい……ゆーたら変態みたいやけどって、なに言わすんや」

京太郎「あはは、じゃあ……もっと気持ち良くなりますか?」

怜「わかってると思うけど、うち病弱やから、激しいのはあかんで?」

京太郎「わかってますよ」



この後あさちゅん、カン