21世紀……若き(?)天才瑞原はやり博士による革新的な発明により、ロボット技術が急激に大きく発達した。
いまや世界のヒューマノイドの人口は数億人を超え、ロボット時代と呼んで差し支えない。
既に人々の輪に日常的に、ヒューマノイドたちが馴染みだしていたそんな時……スポーツ協会から突然の発表があった。

『ヒューマノイドたちの人権を尊重し、今後は正式に彼らの公式スポーツ競技を執り行う事とする』

仕事ばかりで娯楽を興じることがほぼなかったヒューマノイドたちにとって、この発表は非常に喜ばしいことだった。
そうして次第にスポーツ向けのヒューマノイドも誕生するようになり、さらに技術は発展していった。


京太郎「(……参ったなぁ……)」

前置きが長くなってしまったが、物語は一人の青年から始まる。

京太郎「(父さんも母さんも旅行でしばらく家出ていくし、完全に暇だ……道端に女の子落ちてないかなぁ、なんてな。そんなことあるわけがない)」

彼の名は須賀京太郎、両親が裕福な家庭であり、体格や容姿にも恵まれているが……人並み以上に女性に興味がある思春期真っ只中のDTボーイである、なお15歳。
そんな彼が両親不在の中、暇だからと散歩に出ていたある日曜日……転機が訪れた。

京太郎「……えっ」

咲「……」

一人の少女が、ゴミ捨て場付近の電柱の横で膝を抱えていたのだ。
首から下げられたボードに張られた紙には、『拾ってください』と書かれていた。
それなりに人通りのある場所にも関わらず、通りすがる人は彼女に見向きもせずに通り過ぎていく。

京太郎「(……あの肩に書いてある型番、旧式のヒューマノイドみたいだな……どうしてあんなところに?)」

大衆にとって、既にお払い箱になっている型の旧式ヒューマノイド……それゆえに見向きもされないのかと、京太郎は理解した。
しかし……。

京太郎「よっ、お前さ……俺に家に来るか?」

咲「……え?」

そんなことは京太郎には関係なかった、女の子が膝を抱えて寂しそうにしている……彼には放っておけなかった。
これが彼と彼女の運命の出会いだった……。

咲「家事なら任せて、前のマスターに仕込まれてて一通りできるから!」グッ

京太郎「じゃあ……任せていいか?」

女の子に優しい青年とひたむきに尽くすヒューマノイドの少女。

和「貴女では、私には勝てませんよ」

咲「そんなこと……やってみなきゃ分からないもんっ!」グッ

京太郎「おう、そのとおりだ!」ジーッ

咲「……もう!京ちゃんは何あの子の胸を凝視してるの!」ムカッ

和「……これだから人間なんて……」

二人が目指すのは、世界スポーツとして認知された競技『ランガール』の頂点であるセンターレースで優勝すること。

淡「言っちゃなんだけど……あんた達全員、相手になんないから!」ズオッ!

穏乃「やっぱり凄い、センターレースに出場する人たち皆……でも、私は諦めたりしない!」ボォッ!

ネリー「ネリーはお金が必要……勝たなきゃお金がもらえない……だから、絶対勝つんだ」キィィンッ!

咲「京ちゃん、見てて……私の走りを……」

京太郎「さ、咲……」

咲「全部……倒す!」ゴッ!!

二人に待ち受ける運命とは?

京太郎「貴女が……先代センターレースの覇者!」

咲「……お姉ちゃん」

照「私に……妹はいません」

※なおこれはイメージです、本編と展開が大きく異なる可能性があります。

京太郎「さきいろランガールズ!!」

……という妄想、元はアプリゲームのなないろランガールズ(ただし一部設定のみ)