透華「今日は一の誕生日…」

透華「日頃からメイドとして、一人の友人として尽くしてくれている一の為に何をプレゼントしようかしら…」

純「国広君なら透華がハグしてやれば満足だろ」

透華「それでは目立ちませんわ!もっと何か独創的なプレゼントはないかしら」

智紀「透華の下着…」

透華「却下!大体、下着だなんて…欲しがる方なんて居るわけがありませんでしょう!」

透華「他に何かありませんの!?」

純「じゃあ、首輪?」

智紀「鞭と蝋燭…」

衣「三角木馬ー!」

透華「貴方達、一をどういう目で見ているの…」

純「だってよ、鎖つけられて悦んでるし…」

透華「よ、悦んでなんていませんわ!ああもう!誰かまともな案はありませんの!?」


「お呼びでしょうか、透華お嬢様」


透華「そ、その声はハギ…!」

京太郎「話は聞かせてもらいましたよ!」

純「お、須賀じゃん」

透華「ヨシ…ではなく須賀君!?なぜここに…?」

京太郎「そんなは今はどうだっていいんですよ、重要じゃないそんなことよりプレゼントですよ!」

透華「え、ええ、なら何かいい案がありますの?」

京太郎「皆さん、プレゼントは必ずしも形があるものじゃないといけない、何て思っているんじゃないですか?」

透華「?どういう意味ですの?」

衣「??」

京太郎「一さんの私服は皆さんご存知ですよね?」

透華「一の?」

純「あの服がどうかしたのか?」

智紀「クール…」

衣「涼しそうだな!」

京太郎「……説明するより、体験したほうが早いですね」ゴソゴソ



京太郎「この!恥女(はじめ)スタイルを!」

透華「こ、これは一の…!」

純「お、おい須賀…これどうしたんだよ?まさか盗んで…」

京太郎「ハギヨシさんと一緒に徹夜して作りました」

透華「ハギヨシ…あなた」

衣「おお…!一だ!一の服だ!」

智紀「これを着るの?私たちが?」

京太郎「お願いします!そうすれば俺が言いたいことがわかってもらえると思います!」

透華「わ、わかりましたわ…」



京太郎「もういいですかー?」

透華「い、いいですわ」

純「お、おい!ちょっと待て!」

京太郎「お邪魔しまー…す…!」ガチャ




京太郎「おおお!すごい!すごいぞ…!」

透華「ど、どうかしら?」

京太郎「まず、透華さんはエロイ!適度な羞恥を感じつつも堂々と振舞おうとする姿がエロイ!王道だな!」

透華「そんなにジロジロ見られると…少し恥ずかしいですわ///」

京太郎「智紀さんは何ていうか…その…」

智紀「変…かな…?」

京太郎「色々はみ出しそうですばらで俺が変になっちゃいそうですよ!」

衣「衣はどうだ!?似合うか?」

京太郎「もちろん似合ってますよ、あ、でもお腹冷やさないようにしないと…」

衣「む、何か子供扱いされている気がする…」

純「おい」

京太郎「な、なんです?」

純「俺についてのコメントはどうしたよ」

京太郎「純さんはなんつーか…壊滅的に似合ってないって言うかアッ、首は勘弁、痛ッ、ちょっとタンマ!ごめんなさっ…」






京太郎「まあ、色々有りましたが大体わかってもらえたかと…」

透華「そうですわね、確かにこれはまずいですわ」

純「今まで気にしてなかったが、すげえ格好してたんだな…」

智紀「何かに目覚めそう…」ハアハア

衣「衣には違いがわからない…」

透華「須賀君、貴方が言いたいことはつまり…」

京太郎「そうです、俺たちが一さんが失った羞恥心と常識をプレゼントするんですよ!」

純「ふっ、そういうことか…いいぜ乗った!」

智紀「わかった…」ハアハア

衣「なんだがよくわからないが、とにかくよし!」

透華「そうですわね、一人の友人としてこの龍門渕透華が一を真っ当な道に戻して見せますわ!」

京太郎「そうと決まれば…!」バッ

純「それは…!」

京太郎「当然、自分のぶんもつくってありますよ!」




透華「ふふっ、全く…長野にこんなとんでもない男がいたなんて…」

純「作戦はどうする?」

透華「一のことだから一筋縄ではいかないのは確かですわ」

智紀「何だか気持ちよくなってきた…」ハアハア

衣「ハギヨシ、お腹が寒くなってきた」

ハギヨシ「ホッカカイロでございます」

ワイワイガヤガヤ…









一「誕生日なのに誰もお祝いしてくれないと思ったら…」

一「人が居ないと思って皆して好き勝手言って…なんだよ恥女スタイルって…」







一「…………そんなに変かな、これ?」

カン!