まこ「おーこりゃなかなじゃ」

京太郎「そうッスか?」

まこ「んむ、このまま少し寝かせて貰うわ……」

京太郎「わかりました」

まこ「……」

京太郎「……」

まこ「……」スリッ

京太郎「」

まこ「……」スリスリ

京太郎(き、気持ちいぞ……)

まこ「……」ゴロン

京太郎(う、うつ伏せぇぇぇ!?)

まこ「……」スリスリ

京太郎(よし、落ち着くんだ、京ちゃんから京太郎になってはいけない)

まこ「……」ホムホム

京太郎(口そんなとこでモゴモゴしちゃらめぇぇぇっ)

まこ(……まだ堪えるんか……)



優希「とかあったり?」

まこ「わしゃ痴女か」

優希「京太郎、私が勝ったんだから約束通りしろー」

京太郎「へーへー、でもタコスを買ってこいって言われるかと思ってたんだが、膝枕とは変化球だなおい……ほれ」

優希「お、おう……」

京太郎「お、どうした?」

優希「な、何でもないじぇ、とうっ」

京太郎「ぐへっ、バカ飛び込むんじゃねぇよ!」

優希「うるさい犬だじぇ」

京太郎「そのうるさい犬に飛び込んでくるのはどこのタコス娘だ」

優希「へへーん」グリグリ

京太郎「頭ぐりぐりすんな、髪留めが地味にいてぇんだよ」

優希「じゃあ止めてやるじぇ」

京太郎「ったく……」

優希「……」

京太郎「何だよ?」

優希「こうやって、何時もと違う視線で見上げると、なんか新鮮だなーってな」

京太郎「あー確かに、何時もと違う視線で見下げてるから気持ちはわかる」

優希「……」

京太郎「……」



咲「で、こう、ちゅっと」

優希「あるわけねーじぇ」

咲(それにしても……)

和(どうして……)

久(こう、見ていたかのように……)

まこ(知っとるんじゃ……)

優希(京太郎に膝枕してもらった状況を……)

京太郎「ういーっす」

久「さ、須賀君も戻ってきたし休憩終わり、コクマまで後少し、インターハイ優勝校として恥ずかしくない麻雀打つために頑張りましょう!」

一同『はい!』

カン!