久「須賀君の膝枕、気持ちいいわねー」

京太郎「部長、それは良いですけど何故膝枕ですか」

久「何時もは腕枕でしょう?」

京太郎「昨日もそうでしたね」

久「たまには見上げるのも良いかなーって」

京太郎「じゃあ次は俺が見上げる番ってことで」

久「もう少し、あなたの膝を堪能したらねー」




まこ「位やっとってもええんじゃないか?」

久「な、ななな無いわよ!?」

京太郎「ぶ、ぶ、ぶ、部長!?」

久「こーら、まだその呼び方直ってないの?まこが聞いたら悲しむわよ?」

京太郎「今はそんなことどうでもよくてですね!」

久「そんなことで片付けちゃうなんて…私はそんな後輩に育てた覚えは…」

京太郎「話を逸らすなァ!」

久「もう、耳元で叫ばないでよ。びっくりして落ちちゃうかと思ったじゃない」

京太郎「じゃあ逆に聞きますけどなんでそんな位置が近いんですか。そもそもアンタ一体なんで…」


   「俺 に 添 い 寝 し て る ん で す か ッ!!!」


久「てへぺろっ☆」

京太郎「無駄に可愛いのがムカつくっ…!」

久「ただのジョークでしょうに、そうカッカしなーいの」

京太郎「…そもそも俺ベッドで寝た覚え無いんですけど…」

久「そこはアレよ、火事場の馬鹿力ってヤツ?」

京太郎「真面目に答える気が無いってのはハッキリわかりました」

久「あら、私は何時だって真面目よ?」

京太郎「真面目にふざけてるとでも言うつもりですか?」

久「ノーコメント♪」

京太郎「はぁ…もういいです。とりあえず外暗いっすけど今何時か分かります?」ムクリ

久「んー、最終下校時間の…1時間前ぐらい?」

京太郎「うわ、結構寝落ちてたなぁ…とっとと作業やっちまわないと…「終わったわよ?」…え?」

久「だから、終わったわよ?作業」

京太郎「え、嘘…マジだ」

久「ふふーん、どうよこの仕事ぶり。伊達に議会長やってないわよ?」

京太郎「なんかすんません…お手を煩わせちゃったみたいで」

久「いーのいーの。…本当だったら、私がやってなくちゃいけない物なんだから」

京太郎「竹井先輩…」

久「私、あなたにひどい事したわよね。自分の目的を優先してあなたをずっとないがしろにしてた」

京太郎「それは必要なことだったからで…」

久「いくら必要だったとしてもね、やっちゃいけないことはいくらでもあるの。私はその中で最善かつ最低の下策を取ったわ」

京太郎「そんなこと…」

久「無いって言ってくれるだろうし、本当にそう思ってるんでしょうね。須賀くんは優しいもの…」

京太郎「竹井先輩…」

久「でもね、その優しさはかえって残酷よ?…私が、あなたの優しさに縋る醜い人間だって…自覚しちゃう」

京太郎「…なら、俺は一体どうすれば…」

久「…お礼。受け取ってもらえるかしら」

京太郎「お礼、ですか?」

久「謝罪はきっと受け取ってもらえないでしょう?だから、お礼」

京太郎「…何度も言ってますけど、そういうのを貰う筋合いは…」

久「これはあなたの為のお礼じゃないわ。私の為のものよ」

京太郎「竹井先輩の…?」

久「そ。謝罪にしろお礼にしろ結局は私の自己満足。あなたの為にしたってことが私の罪悪感を軽くしてくれるの」

京太郎「……」

久「…こう言えば、優しいあなたは受け取ってくれるでしょう?」

京太郎「…全く、敵わないなぁ」

久「ふふふ、私は2年もお姉さんなんだもの」

京太郎「で、俺はどうすればいいんです?」

久「そうねぇ…とりあえず、目でも瞑ってもらおうかしら」

京太郎「ん、わかりました」

久「……」スッ…

京太郎「? せんぱ…」



ちゅっ…



京太郎「……なっ!?」

久「ふふっ…初めて、捧げちゃった♪」

京太郎「なっ……!?なななななっ、いきなり何をっ……!?」

久「何って、キスよ。接吻とも言うわね」

京太郎「だ、だからそういうことを言ってるわけじゃ…!しかも、初めてって…!?」

久「私とは嫌だったかしら?」

京太郎「べ、別にそんなことは…って何を言わせるんですか!」

久「ふふふふふ…ねぇ、須賀くん」

京太郎「…なんですか、もう」

久「私ね、悪待ちが好きなの」

京太郎「知ってますよ、そんくらい」

久「だから2年間だって待てたし…本来なら嫌われてるだろうあなたに恋だってするのよ」

京太郎「…それって」

久「ねぇ、須賀くん。私、あなたの事好きよ」

京太郎「…そっすか」

久「いつからかはわからない。入部した時からだったかもしれないし、今この瞬間からかもしれないわ」

京太郎「………」

久「返事は今すぐは要らないわ。…そうねぇ、あなたがここを卒業する2年後でどうかしら?その間にもしあなたに気になる子や好きな子が出来たらそれでもいいわ」

京太郎「そりゃまた何でですか?」

久「悪待ちが好きだから♪…うそうそ、冗談だからそんな顔しないで…チャンスは、平等にあるべきだと思うから」

京太郎「はぁ…今いち何のことだか…」

久「それでいいのよ、今はね」

京太郎「…つっても、そうそう出来そうにないですけどね。…不意打ちでキスまでされたし」

久「ふふっ。須賀くん、一つ教えておいてあげる」

京太郎「何をですか?」



久「恋する女の子ってね、ずるいのよ♪」






優希「とか、やらかしそうだじぇ」

久「一度あなたの私に対するイメージを聞いてみたいところね」


カンッ