照「京ちゃんのポッキー……!」アムアム

淡「ふ、太いね……!」モグモグ

京太郎「ふふふ……ポッキーミディ、好評発売中!」キリッ

尭深「宣伝……?」ズズッ

誠子「いやいや、何処に!?」

菫「完全に餌付けられてるな……」パキッ モグモグ

照・淡「美味しいから仕方ない!」コクッ

京太郎「まだまだありますよ~、ドンドン食べましょう!」ドサドサ

キョーチャンダイスキー! ガサガサ

キョータローアイシテルー! ガサガサ

菫「そう言えば京太郎、そんなに大量の菓子類……いったいどこから調達した?」

京太郎「あー、それはですね……買いました」

照・淡「!」ピクッ

尭深「!……怪しい」

菫「……確保」

京太郎「お、落ち着いてください……!」

誠子「京太郎、悪いね……」ダキッ

照「……京ちゃん?」ダキッ

淡「疚しいことがなければ本当の事言えるよね~?」ダキッ

京太郎「……UFOキャッチャーで取りました……」

菫「一人でか……?」

京太郎「……」

菫「照」

照「……」ギュルルルルル!!

京太郎「ひ、ひえっ!スミマセン!買い出し途中で会ったお姉さんと一緒にゲーセンに寄って取りましたぁ!」ビクッ

尭深「……アドレス、交換した?」

京太郎「……」 

尭深「淡ちゃん」

淡「はいはい~」ヒョイッ

京太郎「あっ」

淡「……削除……削除削除削除削除!削除ー!!」カチカチカチカチッ

京太郎「ノオオオオオオオ!!」血涙

菫「……お姉さん『達』だったようだな……」

照「京ちゃんが他所へ浮気することは許さない」

淡「キョータローはすぐ浮気するから、プンプンだよ」

尭深「……いやらしい、よ」ジッ

誠子「ごめん、これは擁護不可能だなぁ……」フゥ…

菫「この場にいる全員をそれぞれ一度は食っておいて逃げられると思うなよ?」ギュッ

京太郎「(み、皆は……特別な日だからって、雰囲気や流れで迂闊な事はするなよぉ!!)」

グイッ ドサッ アーッ!

カンッ!