優希「おい、京太郎~」

京太郎「なんだー?」

優希「今日が何の日かわかってるかー?」

京太郎「ん?んん?」

優希「おいおい、坊主~本当にわかんないのかー?」

京太郎「う~ん?」

優希「……本当にわかんないのか?」

京太郎「……?」

優希「じ、冗談きついじぇ~」

京太郎「ふーむ…」

優希「き、京太郎!」

京太郎「うむむむ…」

優希「お、おい……」




優希「…………グスッ」


京太郎「そうか、わかったぞ!」

優希「!!」

優希「き、京太r「メキシコの独立記念日だな!」

優希「へ?」

優希「う、うう……」

優希「こ、この……ば、バカ」



京太郎「なーんてな」

優希「え?」

京太郎「わーかってるよ冗談だ、冗談」

優希「じ、じぇ…」

京太郎「普段からやられっぱなしだからな、これくらいはいいだろ」ガサゴソ

優希「お、おお?」

京太郎「ほれ、誕生日おめでとう優希」




優希「た、タコス…!」パクッ

京太郎「どうだ?結構自信作なんだが」

優希「……うまいじぇ、今までに食べたどれよりも」あむあむ

京太郎「その割には不満そうだな」

優希「…本当に忘れられてたのかと思ったじぇ…グスッ…」

京太郎「な、泣くことないだろ!……ちょっと悪ノリしたのは謝るけどよ…」

優希「許さんじぇ…」

京太郎「おいおい…」




優希「これから毎日タコスを作ってくれるなら許してやる」

京太郎「そんなんでいいいのか?」

優希「いいのか!?」

京太郎「別にいいぞそのくらい」

優希「確かだな!?言質とったじょ!?約束だぞ!?」

京太郎「わかった、わーったって」

優希「……おじいさんとおばあさんになってもだじぇ?」

京太郎「え、それって……」

優希「…言わせんな恥ずかしい///」










京太郎「じゃあパスで」

優希「そこはわかったっていうとこだじぇ!!」


カン!