• 放課後-

京太郎(はあ…今日もまったく勝てなかったな…)

京太郎(周りが強いのはわかってる。でも勝ちたいなあ…)

京太郎「ん?」

?「…」

京太郎(こんなところに占いの店なんてあったっけ)

京太郎(なんでも占います、か。よし)

京太郎「すいません。占ってほしいんですけど」

?「いらっしゃい。何を占ってほしいんでしょうか?」

京太郎「俺すごく麻雀が好きなんです。でも全然勝てなくて…」

京太郎「麻雀に関する運…俺にあるかどうか、なんてわかりますかね?」

?「任せてください。…」

京太郎「…」

?「結果が出たようです」

京太郎「本当ですか。それで…どうなんでしょう?」

?「あなたは…牌に…「あっ!京ちゃん!」…愛される」

京太郎「今の…本当ですか!?」

咲「京ちゃんどうしたの?」

京太郎「おう咲、ちょっと占いをしてもらっててな」

咲「占い?誰に?」

京太郎「そこの人に…あれ?」

咲「?」

京太郎(消えた…?いつの間にかいなくなってる)

咲「もー!京ちゃん何言ってるの!」

京太郎「あ、ああ…そういや咲は今日は部活後もちょっと作業してたよな。お疲れさん」

咲「ありがとね!さて、一緒に帰ろうよ」

京太郎「そうだな」

京太郎(いきなりいなくなったのはともかく…俺は牌に愛されると言われた)

京太郎(きっといつか…麻雀の神が俺に降りてくるんだ!)

咲「ふー…ふー…」

京太郎「なんだ咲?寒いのか?」

咲「う、うん。手袋持って来ればよかったよ…」

京太郎「じゃあ荷物持ってない片手だけでも繋ぐか?」

咲「う、うん///」ギュッ

咲(京ちゃん優しいな…)

京太郎「明日も麻雀頑張ろうぜ!」

咲「うん!」







  • 翌日- -龍門渕高校-

透華「ようこそおいで下さいました!」

まこ「今日は龍門渕と白糸台と永水女子との交流試合じゃ」

京太郎(全国大会が終わってから、他校と交流戦をする日々が続いているよなあ…)

京太郎「にしても西から東から長野までやって来てくれるとは…」

優希「私たちは優勝したからな。交流戦となればどこからでも来てくれるじぇ」

和「今日の相手は以前にも増してハイレベルですね」

優希「うおお…燃えてきたじぇぇぇ!!あ、京太郎タコス頼むな」

京太郎「ったく…わかった「きょうたろー!」ダキッ うおっ!?」

衣「きょうたろー久しいな。今日は衣の活躍を充分みててくれ!」

京太郎「衣…相変わらずだな。よーし活躍をみるために一緒に打つか!」

衣「うん!」

純「相変わらず仲がいいよなあ」

一「衣が今日ソワソワしてたのは、
  そのほとんどが須賀君と会いたかったからかもね」

咲「の前に…衣ちゃんは京ちゃんから離れようか…?」ゴゴゴ…

衣「む…咲か。断る。せっかくきょうたろーと会えたんだ。
  とことん甘える所存だ」ゴゴゴ…

京太郎「おいおい…二人ともやめ…」ムギュッ

京太郎(ん…?なんだこの感触は…)

小蒔「京太郎様…お会いしたかったです」ダキッ

京太郎「こ、小蒔さん…(ってことはこれはまさか…)」

京太郎「お…おもt」

咲、衣「」バチーン!

京太郎「いってえ!」

小蒔「ああ…京太郎様になんてことをするのです!」

咲「それはこっちの台詞ですよ!いきなりその…京ちゃんに抱きつくなんて…!
  私でも…そんなにやってないのに…」

霞(何回かはやってるのね)

初美(説得力の欠片もないのですよー)

巴「にしても、姫様って本当に須賀君がお気に入りですよね」

春「大会の時に倒れてるのを助けられたのが発端。姫様は寝てただけだけど」

京太郎「ま、まあ咲打とうぜ!この4人でな!」

咲「う、うん」








  • 対局後-

京太郎「…しゅ…瞬殺…」

衣「きょうたろー。いくらなんでも早く飛びすぎだ!」←1位

咲「衣ちゃん強いな…」←2位

小蒔「京太郎様…」←3位

京太郎「くっそー!俺は牌に愛されし者のはずなのにー!」←4位

衣「何を言っている。牌に愛されずとも麻雀は勝てるぞ!衣のようにな!」

咲「そ、そうだよ…牌に愛されるだなんて…和ちゃんじゃないけど
  そんなオカルトありえないよ!」

小蒔「そうですね」

まこ(おんしらのことを言っているんじゃ。おんしらのことを)

京太郎「くっそー…」

??「京ちゃん次変わってくれない?」

京太郎「いいですよ…ってあなたは!」

衣「ム…お前は…」

小蒔「あなたは…」

照「京ちゃんの敵は私がとる」

京太郎「て、照さん…!」

咲「お姉ちゃん…!あれ?でもどうして」

尭深「OGも歓迎されていて…参加は自由なんです」

淡「テルーがどうしても着いて来るってきかなく…「淡」…はい」

照「…という訳で私に任せて」

京太郎「お、お願いします!この人たちを止めてください」

照「任された」

衣「舐められたものだな衣も」

小蒔「私だって負けませんよ」

咲「そう簡単に勝たせないよお姉ちゃん…!」


衣「そ…んな…」←4位

小蒔「また3位ですか…」←3位

咲(お姉ちゃん…やっぱりやばいよ)←2位

照「まあこんなとこかな」←1位

京太郎「照さん…!凄いですね」

照「ありがとう京ちゃん。もっと褒めて」

京太郎「照さんは凄い!まさに牌に愛されし者ですよ!」

照「照れるな…///京ちゃんなでなでして…?」

京太郎「じゃあ失礼して…」ナデナデ

照「///」

咲(お姉ちゃん…普段会えないからって京ちゃんに甘えてる…)

衣(ずるいぞ…宮永照!)

小蒔(私も…されたいです…!)

?(ふむ…やはり彼は『牌に愛された子に愛される運命』のようですね)

優希「京太郎…タコスまだ…?」

?「タコスですか…?でしたらこちらにございますよ」

優希「おお…!ありがとうだじぇ、龍門渕の執事さん!」

カンッ