一「今日は純君の誕生日だー」

衣「おおー!」

智紀「そういえば…」

一「がんばって盛り上げるぞー」

衣「おおおー!」

智紀「おー…」

透華「元気がないですわね一?」

一「うーん、こう何度も短いスパンで誕生日がくるとね…」

透華「?」

一「ネタがね……なくなるんだよ…」

透華「ああ…」

智紀「どうしよう…」

衣「衣は祝ってくれるのなら何でもうれしいぞ!」

一「純君だからなあー多少大雑把でもいいんじゃない?」

透華「そうですわね純ですし」

智紀「そうだね…」

衣「そうだな!」

純「おい」



一「あれ?純くんいたんだ」

純「初めからな、ていうか気づいてたろ?」

透華「サプライズ失敗ですわね…」

智紀「残念…」

衣「はあ……」ガックリ

純「何で俺のせいみたいな空気になってんだ!」

一「じゃあ、純君も手伝ってね」

純「え!?」



純「なあ、こういうのって本人がやるもんなのか?」

一「文句言ってないでそっちのワカメもって!」

純「おかしいだろ…何かが変だ…」ブツブツ

「ありがとうございましたー!」

「ふふ、お役に立てたのなら光栄です」

純「お、この声は…」

一「今日も来てたみたいだね」




京太郎「いやあ、これで一段とうまくなった気がしますよ!」

ハギヨシ「京太郎はまだまだ伸びしろがあります、これからも精進してくださいそれでは…」シュッ!

京太郎「消えた…やっぱスゲー人だな…」

一「おーい須賀くーん!」

純「よっ、須賀また来てたんだな」

京太郎「あ、国広さんと井上さんこんにちは」

一「また萩原さんに指導受けてたの?熱心だね」

純「いっそのこと本格的に執事目指してみたらどうだ?結構いけると思うぜ」

京太郎「ハハハ…それで皆さんはどうしたんです?何かの準備みたいですけど」

一「純君の誕生日会の準備だよ」

京太郎「そうだったんすか、あれ?じゃあ、何で井上さんが準備を……」

純「俺もわからん」



一「せっかく来てるんだから須賀君も手伝ってよー」

京太郎「え゛!ええーと今日は用事が……」

一「へえ……断っちゃうの?」

純「おいおい須賀ァ?そんな訳ないよなぁ?」

透華「ないですわよね?」

智紀「ないない……」

衣「ないな!」

ハギヨシ「ないですね」

京太郎「……ないです、はい」

そんなこんなで



全員『純たんイェイー♪』

純「バースデーソングは使い回しなんだな」

透華「これからのグローバルスタンダードですわ!」

一「須賀君ありがとね、おかげで予定の半分の時間で準備出来たよ!」

智紀「感謝感激…」

京太郎「まさか買出し、飾りつけ、料理の仕込み全部任せてもらえるなんて予想外でしたよ、ええ」

衣「衣は手伝ったぞ!」ムー

ハギヨシ「ええ、衣様の立てた蝋燭は綺麗ですね」

衣「だろう!?」ムフー


純「しかし、あれだな」

透華「どうなさいましたの純?」

純「誕生日会ていってもやることが思いつかないな」

ハギヨシ「ふむ…」

一「大体やり尽くしたね…」

智紀「UNOやる…?」

京太郎「……皆さん麻雀部なんですから麻雀しません?」



純一透華智紀ハギ衣「!!」

衣「おお…」

純「た、確かに…」

一「当たり前すぎて気がつかない…正しく」

智紀「盲点…!」

ハギヨシ「やりますね京太郎…」

京太郎「あ、ありがとうございます」



一「これは……通る!」タンッ!

純「悪いな、そいつだ!」

一「ぐえー」

透華「また純がトップですの!?」

京太郎「すげえ」

純「今日は流れが来てるな」

京太郎「流れ?」

衣「純は対局中の相手の手の大きさ、進みが感じ取れる…らしい!」

京太郎「はへー…」

純「まあ、何となくなんだけどな、よっと」

京太郎「なんですかそれ?」

智紀「座禅…」

純「こうすると集中力が増す…気がする!」


京太郎「マジすか」

純「やってみるか?」

京太郎「ええっと、こうして、こうで、こうか!」

透華「…何か違いますわね」

一「歪だね」

京太郎「ええ!?ううーむ何が違うんだ…」

純「仕方ねえな、俺がやってやるよ」

京太郎「え?わ、ちょっ」

透華(こ、これは!)ピーン!

一(純君が須賀君を後ろから抱きかかえて…!)

純「足を…こう、交差させて…」

京太郎「ちょっ、井上さん、マズイですって…」

智紀(あたかも下半身を撫で回すように……!)ハアハア

ハギヨシ「衣様はこちらへ」

衣「ん?もうお開きか?」

純「暴れんな、暴れんなよ…(迫真)」

京太郎「先輩、本当にもう…!(せ、背中におもちが…!)」


ゴキッ


純「あっ」



京太郎「ぎゃあああああああああ!!」

一「ああ!須賀君がやられた!救急箱もってこなきゃ!」

智紀「衛生兵!衛生へーい!!」

透華「はあ、氷を持ってきますわね…」


純「いやあ、悪かったすまん」

京太郎「いえ、別にいいっすよ痛みもひきましたし!」

純「そうか、でもよお、お前も悪いんだぜ?」

純「いきなり暴れだすから手元が滑ってあんなことになっちまって」

京太郎「いや、それは、その…」

純「ん?なんだよ?」

京太郎「おもちが……」

純「うん?」

京太郎「い、井上さんのおもちがですね…」

純「おう、はやくしろよ」

京太郎「井上さんの凛々しくて意外に大きくてその男らしい立ち振る舞いからのギャップがたまらないおもちが背中に当たってました!」

純「……へ?」


純「はああああああああああ!?」

京太郎「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!」

純「いや、ごめんなさいっていうか、えと、ええ!?」

京太郎「すみませんでした!」ドゲザー

純「まあ、ええっとそのアレか?」

京太郎「あれと言いますと?」

純「お、俺で…興奮……したのか?」

京太郎「しました(即答)」

純「お、おう、そうか…そうか…俺で興奮したか…へへっそうか……ふへへ…」(ニヤケ顔)

京太郎(なにやら様子が変だ…どうしたんだ?とにかく許してもらわなけりゃ…!)

京太郎「すみません!許してください、何でもしますから!」



純「ん?今何でもするって言ったよな?」


純「そうだな…取り敢えず俺の部屋こいよ罰(意味深)はそこで決める」

京太郎「わかりました…よっと」

純「お、大丈夫か?大丈夫か?肩貸してやるよ」

京太郎「あ、ありがとうございます」

純「ふふ、ふへへ…じゃあ、部屋にいこうぜ」ガチャ


透華「部屋に戻ったら純が凄い顔して須賀君に肩を貸して出ていきましたわ」

透華「男同士(違)で何か感じることがあったのかしら」

透華「若い男女二人きりだなんて危ない気もしますけれど……」

透華「まあ、純なら心配ないですわね!」


カン!