京太郎「マホちゃんどうしたのその格好」

マホ「魔法使いです!」

京太郎「あー、ハロウィンだっけ」

マホ「はい!なので須賀先輩、トリックオアトリート!」

京太郎「ちょっとまってな、確か昨日買った飴が……有った、ほら」

マホ「わっ!マホもこの飴好きなんです!」

京太郎「おっ、それじゃあ可愛い魔女っ娘のマホちゃんにはたくさん飴をあげよう」

マホ「可愛いってそんな」カァッ

京太郎「ほら、早く行かないとハロウィン終わっちゃうぞ」

マホ「はっ、そうでした!それでは須賀先輩飴ありがとうございましたー!」

京太郎「じゃあなー」









京太郎「何してんですか」

塞「……ハロウィン、かな」

京太郎「……ミイラですか」

塞「うん、ミイラ」

京太郎「なんかその衣装体のラインが強調されてエr」

塞「言わないでっ!」

京太郎「なんでまたそんな」

塞「豊音が持ってきて、ね」

京太郎「ああ……」

塞「あ、そうだ一応言っとくね。トリックオアトリート」

京太郎「飴どうぞ」

塞「ありがと」

京太郎「……」

塞「わ、私そろそろ行くね。恥ずかしいし」

京太郎「あ、でも俺塞さんのその衣装好みです」グッ

塞「ふえっ!?」

京太郎「それじゃ俺も行くんでまた」

塞「えっ、ちょっと待っ……」












京太郎「そうかー、ハロウィンかー」

淡(フフ、隙だらけだよキョータロー!)

淡「ていっ!」

京太郎「うおっ!?」

カプッ

京太郎「いてててっ、あ、淡!?首筋に噛みつくなっ!!」

淡「どうだ、ヴァンパイア淡ちゃんの吸血攻撃は!」

京太郎「はいはいすごいすごい」

淡「ああっ、全然凄いと思ってないでしょ!こうなったらもう一回吸血攻撃を」

京太郎「ほい」

淡「あわ?なにこれ、飴?」

京太郎「お菓子渡したからもう悪戯はナシな」

淡「ええ!?」

京太郎「そう言うことだから悪戯は他の人にするんだな」

淡「そんな……ハロウィンはコスプレすれば悪戯し放題ってテルーが言ってたのに……」ガクッ

京太郎(あの人の悪戯って人のお菓子勝手に食べたりとかだからなあ……)








もこ「……」ブツブツ

京太郎「おっすもこ」

もこ「……」フリフリ

京太郎「お前はいつでもハロウィンみたいだよな」

もこ「……?」クビカシゲ

京太郎「いやいやこっちの話。せっかくだからお前にも飴やるよ」

もこ「……」キラキラ

京太郎「おおう、嬉しそうだな」

もこ「……もっと」

京太郎「そんなに気に入ったのか、じゃあ残ってる分持ってけ」

もこ「……京太郎、好き」

京太郎「可愛いなあお前は」ナデナデ








京太郎「さて、そろそろ帰るか」

咲「京ちゃん!」バーン

京太郎「魔女っ娘ってマホちゃんと被ってるぞ」

咲「ええ!?」

京太郎「そんじゃそういうことだから」

咲「ま、待って!そういうことじゃないから!」

京太郎「なんだよ」

京太郎(やべ、さっきもこに全部あげちゃったからもうお菓子ねえぞ)

咲「ふふん、京ちゃんにはお菓子を貰わないとね」

京太郎「お、おう」

咲「トリックオアトリート!」

京太郎「……」

咲「ほら早くお菓子ちょーだい」

京太郎「いやさっきお菓子全部渡し終わっちゃって」

咲「へ?」

京太郎「だからお菓子は無いんだ」

咲「ちなみにお菓子を渡したのって女の子?」

京太郎「……はい」

咲「へぇ……これはイタズラしないといけないね」ゴッ

京太郎「ひえっ」

咲「それじゃあ京ちゃん、目を閉じて」

京太郎「はい」

咲「動かないでね……」

チュッ

京太郎「……!?」

京太郎(唇に柔らかい感触……これはっ)

咲「えへへっ、ハッピーハロウィーン♪」


カンッ!