「一日遅れのプレゼント」


~夜・ベランダ~

透華「はぁ…」

一「透華…」

透華「はじめ…?」

一「どうしたの?今日ずっとそんな感じじゃない?」

透華「な、なんでもありませんわ!」

一(誕生日パーティが終わってから、ずっと落ち込んでるじゃないか…)

一「そう…早く寝なよ?」スタスタ

……

透華「はぁ…」

透華(どうして…)

透華(どうして来て下さらなかったんでしょう…)

透華「京太郎さん…」ボソッ

一(透華…)コソッ



透華「はぁ…」

「…ン!」

一「?」

「…カサーン!」

一「!」

一「って、透華!あれ!あれ!」

透華「えっ?はじめ?って、えっえっ?」

「トーカサーン!」

透華「きょ、京太郎さん!?」

京太郎「これ、投げるんで受け取ってくださーい!」ポイッ

透華「あっわっわっ」パシッ

透華「ふぅ…」

京太郎「やっと渡せた…!」

透華「な、なんですの今更…」ツン

京太郎「昨日も来たんですけど、招待状がないからって、入れてもらえなくて」

透華「招待状?送りましたわよ?」

京太郎「へ?届いてないですよ?」

透華「…」

透華(お父様ですわ…!絶対に、お父様の仕業ですわ!)ブルブル

京太郎「でも」

透華「?」

京太郎「パーティだと、きっと直接渡せないから、これはこれで良かったかも」ニコッ

透華「///」カァァァ

京太郎「ちょっと遅れましたけど、お誕生日おめでとうございます!透華さん!」

透華「ありがとう…お礼は言わせていただきますわ///」モジモジ

透華「で、でも、遅すぎますわ!今までいったい何をしていらして?」ツーン

京太郎「いやあ、今日の昼間も来たんですけど、やっぱり門前払いされちゃって…」

透華「ええっ、聞いてませんわよ?」



京太郎「だから、今こっそりと侵入してきちゃいました」テヘペロッ

透華「…」

京太郎「…」

警備員A「…」

警備員B「…」

警備員C「…」

透華「」

京太郎「」

京太郎「じゃ、じゃあ、そういうことで…」ソローリ


「マタオマエカー!」

「ツカマエロー!」

「ヒィィィ ゴメンナサーイ!」

「イケー! イカシテカエスナー!」

「グルルルル…バウッバウッ!」

「イヌハ ヤバイデスッテー!」

ワーワー


一(あれ…ほっといていいのかなぁ…?)

透華「はじめ、どうかしら?」

一「あ、ペンダント?」

透華「ふふっ、似合いまして?」

一「うーん、透華にしてはちょっと地味かなぁ」

透華「そ、そうかしら…?」

一「でも、似合ってると思うよ」

透華「そうですわよね!そうですわよね!」

一(ちょっと悔しいけどさ…)

一「良かったね、透華!」

透華「はい!」

おわり