奈良 新子神社

咲「……何故、ここに呼ばれたか……」

憧「……お分かりですね?」 

京太郎「い、いえ……何が何やら……」壁に追い詰められている

咲「鷺森さんが証言してくれたの、山頂で和ちゃんと穏乃ちゃんに抱きつかれて鼻の下を伸ばしてたと!」

憧「語ってる時の灼の目はマジだったし、和もシズも帰ってから挙動不審だった。何か申し開きないわけ?」

京太郎「の、和が風邪をひかないように暖めるのは必要だった!」

憧「シズは必要無かったでしょう!?」カベドンッ!!

京太郎「ヒッ! だ、だけど仲間外れが嫌だったっぽくてよ!」

咲「何で穏乃ちゃんの時は反応して、私の時は何も反応無いの!?あんまりだよ!」カベドンッ!!

京太郎「ヒエッ! ……ってか、お前とはそんなの日常茶飯事だろ!十分じゃねぇか!?」

憧「……そうなの?」チラッ

咲「……たまに察してくれないもん……」ムスッ

京太郎「そう言うときは此方も色々忙しかったりだなぁ……」

憧「京太郎」

京太郎「な、何だよ……もう慣れたからそんな簡単にビビったりはーーーー」

ギュッ

憧「……ん……」

咲「憧ちゃん!?」

京太郎「ちょっ!憧、おま……!?」

憧「皆ズルい……それこそ、私だけ仲間外れじゃん(何だろ……落ち着く匂い……安心する)」クンクン スリスリ

京太郎「……////(き、気安く接する事が出来る一年仲間だったはずの憧がこんな……発展途上の程よいおもちが、俺の身体に当たって……た、たまらない!)」ビビクンッ

憧「私だって、京太郎と仲良くしたいんだから……察してよね(変だな、私……こんなつもりじゃ無かったのになぁ、皆が京太郎に抱きついた事あるって知った途端にモヤモヤしてまるで……)」スリスリスリスリ

咲「京ちゃんは……京ちゃんは!」

ギュッ!

京太郎「咲!?」

咲「私の京ちゃんなんだもん!」スリスリスリスリ

京太郎「お、落ち着け!」

咲「皆がどんどん京ちゃんと仲良くなって、いつか私から離れていっちゃうんじゃないかって怖いんだよ!うわぁーん!」スリスリスリスリ

京太郎「お、お前……!////(なんつーこっ恥ずかしい事を!離すに離しづらいだろこれは!)」

憧「京太郎……////(好き、なのかな?)」ドキドキ

咲「京ちゃん……!////(好きだよぉ!)」

京太郎「(れれれ冷静になれ!とりあえずこのままだと昨日の二の舞な気がする!なんとか離れられないと!……あっ、そうだ!二人を持ち上げて、驚いた拍子なら行けるかもしれん!ぬん!)」

グイッ!

咲「ひゃわっ!?」

憧「へっ!?」

ズキンッ  

京太郎「(ガッ!?昨日の筋肉痛ガァッ!)」

グラッ ドサッ

トントンッ スーッ

望「何やら騒がしいけどどうし……」

咲「きょ、京ちゃん……////」ベッドに押し倒されている

憧「京、太郎……////」同上

京太郎「あっ」二人をベッドに押し倒している

灼「(ちくわ大明神)」

望「……お、お邪魔しました~」スーッ

京太郎「ご、誤解ですぅ!!」

その後しばらくこのネタで弄られたそうな。

カンッ!!