まこ「ふむ、まあ流石になれたようじゃな」

京太郎「タコスに続いて広島のお好み焼きを焼かされることになるとは」

まこ「すまんすまん、今度ウチに来たときに色々サービスしちゃるけぇ」

京太郎「い、色々ッスか?」

まこ「おう、色々……な?」

京太郎「染谷……先輩」

まこ「まこでええ、もう何回言うたかのぅ?」

京太郎「でしたね」

まこ「んむ、さてそろそろ部室閉めて帰るとするか、お好み焼きは家で食うわ」

京太郎「ウッス、お疲れっした」