ハギヨシ「……」

京太郎「ゴクリ…」

ハギヨシ「…見事です」

京太郎「!」

ハギヨシ「よくぞここまで…もう、私から貴方へ教えられることはありません」

京太郎「じゃあ…!」

ハギヨシ「免許皆伝…合格です」ニコッ

京太郎「いよっしゃああああああ!」

ハギヨシ「しかし、この短期間でここまでのタコスを作れるようになるとは…」

京太郎「ハギヨシさんの指導のおかげっすよ!朝早くからほんっとうにありがとうございました!」

ハギヨシ「約束していましたからね、それに私はほんのコツをお教えしたまで、ここまでのタコスを作れたのは京太郎、貴方の実力です」

京太郎「ハギヨシさん……へへっ!このタコスを食ったらあいつ、白目むいて失神すると思いますよ!」

ハギヨシ「ふふっそれは何よりです」ドタンバタン

京太郎「ん?」

「純君早くそっちもって!」 「へいへい」

「智紀、この飾りはここでいいのか?」 「いいと思う」

ハギヨシ「…何やら」

京太郎「騒がしいですね…」


純「やっぱりハギヨシにも手伝ってもらおうぜ?」

一「ダメだよ!ハギヨシさんも昨日の透華の誕生パーティーの送り迎えで疲れてるんだから!ボクたちだけで何としても…!」

純「そう言ってもよ~」

智紀「正直キツイ…」

衣「衣はまだまだ大丈夫だぞ!」ピョン!ピョン!

一「ケーキも買わなきゃいけないし、飾りもまだ欲しいし…う~ん」

純「大体、お前が『ボクたちだけの透華の誕生日会をやろう!』なんて言い出したくせに寝坊するから…」

一「構想!構想を練ってたの!」

智紀「急がないと透華が起きてくる…」

衣「衣は?衣は何をすればいい?」ピョン!ピョン!

一「どうすれば…」

衣「おーい!」ピョン!ピョン!

ハギヨシ「どうしたのですか国広さん」

一「は、ハギヨシさん!?何で…」

純「ほらな、大体ハギヨシが疲れてダウンしてるとこなんて見たことないだろ?ってお前は…」

京太郎「あ、どうも」

智紀「あなたは…」

衣「衣は知っているぞ!清澄の者だ!名前は……すまない、思い出せない…」シュン

京太郎「須賀 京太郎です、いえ、覚えてもらってただけでもありがたいっすよ!」


衣「そうか、須賀 京太郎だな!よし、覚えたぞ!」

智紀「須賀君はどうしてここに…?」

京太郎「朝からハギヨシさんに料理を教わってて、それで皆さんはどうしたんですか?何か大変みたいですけど…」

純「もうこうなったら手伝ってもらおうぜ?時間も押してるし」

一「ふう、そうだね構想は完璧だったけどアクシデントが多すぎたからね、仕方ないね」

純「……まあ、いいけどよそれに…」チラッ

京太郎「?」

一「予想外の人手が増えたからね」ニヤッ

一「実は……」



ハギヨシ「成程、つまり儀礼的な誕生日会でお疲れになった透華お嬢様の為に気心の知れた者のみの誕生日会を開催したい、と」

一「そういうことです、それで人手が足りなくて困ってたんですよ」

純「ま、どっかの主催者が寝坊しなけりゃここまで切羽詰ったことにはならなかったんだろうけど」

一「ギロッ」

純「♪~」

智紀「このままじゃ間に合わない…」

ハギヨシ「ふむ、それならばもう一人は欲しいですね…」

京太郎(何やら大変そうだなあ、ま、部外者の俺が居てもしゃーないし)

京太郎「じゃあ、俺はこのへんで…」ガシッ

純「まあ、待てよ須賀」

京太郎「え?」

純「お前…もしかしてこのまま帰るつもりかよ?」

京太郎「いや、でも俺部外者…」

一「須賀君はハギヨシさんに料理を教えてもらったんだよね?」

京太郎「え、ええ…」

智紀「萩原さんは透華の使用人…」

一「つまり、ハギヨシさんに料理を教えてもらうってことは、透華に料理を教わったも同然なんだよ!羨ましい!」

純「お前、自分の恩師の誕生日を蔑ろにする気かよ須賀ァ?」

京太郎「え、えええ…?そ、そうなるんですか?」


衣「私達を見捨てていくのかきょーたろー?」ウルウル…

京太郎「うっ!」

京太郎(こんな目で見られたら…)チラッ

ハギヨシ「困りましたねぇ」チラッチラッ

京太郎(ハ、ハギヨシさん…!なにその露骨なアイサイン!)

京太郎(……)

京太郎「わかりました!お世話になっている透華さんのためお手伝いさせてください!」

一(計画通り…!)

純(楽勝だな…!)

智紀(ちょろい…!)

衣(甘いな…!)

ハギヨシ(ちょろ甘ですね…!)



ハギヨシ「それでは役割を分担しましょう」

ハギヨシ「井上さんと国広さんは飾り付けをお願いします」

一「お任せあれ!」純「おう」

ハギヨシ「衣様と沢村さんは買出しを」

衣「智美に車を頼んだ!問題無い!」智紀「えっ」

ハギヨシ「京太郎と私は料理をします」

京太郎「了解です」

ハギヨシ「では皆様、迅速な行動をお願いします」

全員「おおー!」


純「っとこんなもんかな」

一「適度に派手な感じになったね」

京太郎「料理もこんなもんですね」

ハギヨシ「後は買出し組の到着を待つだけですね」

衣「おーい!ケーキを買ってきたぞー」パタパタ

智紀「…はあ、はあ、ま…待って…」ヨロヨロ

一「到着だね……ともきーが瀕死だけど」

純「何とか透華が起きるまでに間に合ったか…」

京太郎(…何か嫌な予感が…ん?あれは…)

一「ああ!?衣の足元に飾り付けに使ったワカメが!」

衣「わっ!」ズルッ

ハギヨシ「衣様!」ガシッ

ハギヨシ「衣様、御怪我は?」

衣「こ、衣は大丈夫だ…しかし、ケーキが…」

ケーキ「グシャ…」

一「うわあ…」

純「ミンチよりひでえや…」


衣「グスッ…」プルプル

京太郎「衣さん泣かないで!衣さんは悪くありませんよ!」

一「ボク達が気付かなかったのが悪かったんだ」

純「自分を責めるなよ衣」

智紀「全部ワカメが悪い…」

ハギヨシ「しかし、今からではケーキを用意できませんね」

一「透華ももう起きてくるだろうし…」

純「こればっかりは仕方ないぜ」

智紀「おのれワカメ…」

京太郎(恐らくケーキ自体は車の中の時点でグシャグシャなんだよなあ)

京太郎(しかし、何かないのか…!ケーキの代わりになる何か……そうだ!)

透華「おはよーございますですわ…ふわあ…」

一「透華が来た!」

純「やるしかねえ!」



全員「透華(お嬢様・さん)お誕生日おめでとう!(ございます)」パン!パン!


透華「!?!?」

一「透華お誕生日おめでとう!」

透華「は、一?」

純「おめでとう!」

透華「純も…」

衣「透華ー!おめでとー!」

智紀「おめでとう…」

透華「衣、智紀…」

ハギヨシ「おめでとうございます透華お嬢様」

透華「ハギヨシまで…!皆…!」

京太郎「お、おめでとうございまーす」

透華「あ、貴方は…!…………誰ですの?」

京太郎「アハハハ…」



透華「そういうことでしたの、全く驚かせて…」

一「喜んでくれたようでよかったよ透華」

純「サプライズってのはこういうもんだろ」

智紀「なかなかのレア顔だった…」

衣「驚いたか!」

透華「ええ、とっても驚きましたわ、それと…」

京太郎「あ、須賀 京太郎です」

透華「須賀君もありがとうございますですわ…」

京太郎「ハハハ、ハギヨシさんにはお世話になってますしこのくらいは当然ですよ!」

透華「ふふっ、ところで…ケーキはありませんの?」

一「…」

純「それは…」

衣「うう…」

智紀「……」

ハギヨシ「……透華お嬢様、ケーk「ケーキは用意できませんでしたけど」!」

透華「?なんですの?」

京太郎「代わりにこんなものを用意しました!」



一「こ、これは!?」

純「タコス!」

智紀「タコス…!圧倒的…タコス…!」

衣「?」

透華「た、タコスですの?」

京太郎「そうです!バースデータコスです!」

透華「バースデータコス…い、いただきますわ!」パクッ

ハギヨシ「…よかったのですか京太郎?あのタコスは…」

京太郎「いいんです、タコスは何時でも作れますけど…」

透華「こ、これは…!」

透華「お、美味しい!美味しいですわ!」ブンブンブン!

一「透華アンテナが!」

純「ここまで激しい動きははじめてだ…」

智紀「暴れ鰻…」

衣「おおー!」






京太郎「この笑顔は今しか作れません…!」キリッ

ハギヨシ「ふふ、少々くさいセリフですが……合格です京太郎…!」


カン!