咲「京ちゃん!どうして衣ちゃんと神代さんを誘拐したの!?もうこんな事をするのは止めて!」

京太郎「咲か……二人を拐った理由はただひとつ。みなもを再びこの世に甦らせるためさ」

照「……!」

咲「みなもちゃんを…!?」

京太郎「そうだ…アイツがいなくなってから俺達の時は止まってしまった……だからもう失ってしまったものを取り戻すんだ」

照「…………」

咲「…………」

京太郎「天江衣も神代小蒔もみなもを甦らせる為の生贄さ…人外の力を持つ少女達を使った禁術であいつをこの世に連れ戻す。そしてその禁術にはもう一つ、必要なものがある…」

咲「必要なもの…?」

京太郎「禁術の使用者自身の命………つまり俺の命さ」

照「――――!?」

咲「そんな…まさか京ちゃんは!」

京太郎「……俺はみなもが生き返ればそれでいい。例え悪党として歴史に名を刻んでも、みなもが甦った後の世界に俺がいなくても……それが俺の覚悟だ」

照「京ちゃんや他の二人を犠牲にして、みなもが甦っても……あの子は絶対に喜ばない」

咲「そうだよ京ちゃん!こんなの間違ってる!」

京太郎「咲、照さん……俺はもう止まれない。衣さんや神代の命を救いたかったら―――俺を殺せ!」

咲「京ちゃん!」

照「京ちゃん…!」

京太郎「俺はみなものいない世界に…未練はない!さあ、こいよ!」