• 全国大会Bブロック2回戦組宴会会場-

久「えー清澄高校の竹井久です。勝った負けたありますけど、昨日の敵は今日の友、ということで親睦を深めましょう」

久「では乾杯!」

その他「「「カンパーイ!」」」

京太郎「まさか俺も誘われるなんて…」

まこ「ワレは確かに試合には出てないが清澄の一員じゃ。会に出るのは当然じゃと思うが」

京太郎「そういって貰えると嬉しいですね…」

久「いやー楽しそうでなによりだわ」

まこ「おう、挨拶ご苦労さん。ところで咲はどこじゃ?」

久「あれ?さっきトイレに行くとか言ってたけど…やけに遅いわね」

和「まさか…」

優希「間違いないじぇ」

京太郎「まったく…俺が探してきますよ。では」 タッタッタ…

まこ「相変わらずじゃな京太郎も…」

白望「…いいな…」

胡桃「え?シロどーしたの?」

白望「ああいう人に世話してもらいたい…」

塞「なるほど須賀君か。確かに良い人だよね」

洋榎「せやな!ガースーとは知り合って間もないけど、ええ奴や!」

由子「彼氏にしたいのよー」

洋榎「せやな!…って!由子なんちゅうことを言わせんねん///」

絹恵「お姉ちゃん顔真っ赤やで」

霞「ああいう子…欲しいわね」

巴「ええ。是非来てほしいですね」

初美「じゅるり。なのですよー」

久「ちょ…ちょっと…あなたたち何言ってるの…!須賀君は誰にも渡さないわよ」

エイスリン「ジェラシー?」

久「ち、違うわよ…///須賀君は清澄の生徒なのよ!他の高校には渡さないって意味よ!」

まこ(顔赤うして否定されてものう…)

和(説得力に欠けますね)

優希(バレバレだじぇ)

京太郎「ただいま戻りましたー」

咲「うう…」

まこ「おうお疲れさん。」

優希「咲ちゃんはまた迷子だったじぇ」

和「ゆーき。オブラートに包んでください」

咲「ま、迷子じゃないもん…」

京太郎「はあ…まったく」

由子「なあ須賀君」

京太郎「あ、はい!由子さんなんでしょう?」

由子「須賀君って彼女とかおるん?」

その他「「「!?」」」

洋榎「由子!何を聞いとるんや!」

由子「別にええやん。気になるのよー」

久(えええ!?さっきの彼氏にしたい発言は冗談じゃなかったの…!?)

京太郎「そ、そうですね…」

その他「「「…」」」ゴクリ

京太郎「彼女はいませんよ」

その他「「「!」」」

由子「!それを聞いて安心したのよー」

京太郎「でも俺には…」

由子「須賀君、よかったら私をかn…」ゴン!

洋榎「ストップ!ストップや由子!それ以上は許さんで!」

白望「ダル…ダルすぎる…」

初美「唐突すぎるのですよー」

久「好き勝手やってくれちゃって…!どうしてくれようあの女…!」ギリギリ

まこ「おーい、声に出とるぞ」

和「ところで須賀君は、何を言おうとしたんですか?」

優希「俺には…何だじぇ?」

京太郎「あ、ああ。俺には好きな人がいるんだよ。彼女にしたい人はいるってことだ」

咲「な…」

久「なんですっ…」

洋榎「なんやてーー!!ガースー!!誰や!どこの誰なんや!」

絹恵「お姉ちゃんも大概やな」

京太郎「えーと…言わなきゃだめですか?」

咲「えっ?ってことは私たちが知ってる人?」

京太郎「ああ。ここにいるし…あっ」

その他「「「!?」」」

洋榎「なんやと!誰や!誰や!」

塞「思わぬ展開だね」

洋榎「言えやーーー!ガースーゥゥゥ!!!」

京太郎「ひ、洋榎さん、揺さぶるのやめてください…言いますから!」

洋榎「あ、ああ…すまん///」

京太郎「ただ、ストレートに言うと恥ずかしいので…暗号風にいっていいですか?」

由子「いいのよー」

恭子(復活しとる)

京太郎「4位の高校と3位の高校の頭。その人が好きです」

京太郎「…ちょっと用があるので席を外しますね。では」 バタン

洋榎「な…」

久「3位と4位だった高校と言えば…」

小蒔「?」

白望「…!」

和「頭というのは…何なのでしょうか」

恭子「せやなあ…頭…最初…つまり先鋒ってことやないやろか?」

久(あの二人ってこと…!?そんなぁ…)

霞「あらあら。これは思わぬ情報ね」

巴「姫様は気づいてないみたいですけどね」

白望「ダ…ダルくない…ダ…ダルく…な…」

胡桃「あーシロが沸騰しそうだよ」

優希「やっぱり犬は犬だったじぇ。おもち星人だじぇ」

久「はぁ…」

咲「でもおかしいですよ。京ちゃんは彼女にしたい人を言ったんですよね?なんで2人なんですか?」

和「1人じゃものたりな…」

咲「和ちゃん!京ちゃんはそんな人じゃないよ!」

久「確かに…ちょっと不自然ね」

まこ「やれやれ。わかっとらんのか」

久「なによ…まこはわかってるっていうの?」

まこ「そうじゃな。京太郎は3位と4位じゃのうて、4位と3位と言わんかったか?」

久「まあ確かにそうだったけど…その順番に何か意味があるの?」

まこ「そうじゃな。つまり…」






  • 白糸台高校控室-

照「ヘクシュン!」

菫「なんだ、風邪か?」

照「違う。誰かが私の噂をした」

淡「まあテルーは有名人だからねー噂されてもしょうがないよねー」

  • 宴会会場-

久「なるほどね…」

久(どの道私に勝ち目は無し、か…。でももう仕方ないわね)

初美「どうやって姫様に振り向かせましょうかー?」

春「姫様の魅力ならイチコロ」

小蒔「?」

豊音「シロ、ど、どうするの…?」

エイスリン「アタック!」

シロ「…がんばろ」

洋榎「」

漫「主将が息してないです…」

由子「はあ…私だってつらいのよー…」

久「ちょっとあなたたち!好き勝手言ってるようだけど、無駄よ無駄!」

恭子「どうしたんや?」

胡桃「また嫉妬?」

久「何とでも言いなさい…でもね!」

久「あなたたちに私の後輩たちの恋路を邪魔させたりしないわ!」

カンッ