京太郎「照さん」

照「はい」

京太郎「何で正座させられてるかわかりますか?」

照「はい」

京太郎「では何故?」

照「……お菓子を買ったからです」

京太郎「そうですね」

照「……」

京太郎「買うだけなら問題無いんじゃないかと思いました?」

照「そんなことは……」

京太郎「正直に」

照「思いました……」

京太郎「確かに、買うだけで怒るというのはやりすぎでしょうね」

照「じゃあ……!」ガタッ

京太郎「座れ」

照「はい」ストン

京太郎「ええ、もちろんしょうがないなぁって思う気持ちはありますよ?確かに。でもなぁ……!」スッ

お菓子「」ドサドサー

京太郎「こんだけ買って怒られないわけ無いだろ!」

照「ごめんなさい」ペッコリン

京太郎「食える食えないはまぁいいよ!でもコレェ!」スッ

照「それが…?」

京太郎「商品名言ってみろぉ!」

照「ココナッツサブレ…」

京太郎「何で買ったの」

照「え…なんだか懐かしかったから…」

京太郎「ほう。もうひとつ聞きますが数日前に買ったのは?」

照「…ココナッツサブレ」

京太郎「何が?」

照「え?」

京太郎「何が懐かしいの?」

照「何がって…」

京太郎「数日前に食べたのに何が懐かしいの?」

照「それは……レイアウト、とか?」

京太郎「ふーん。で、次これです」スッ

照「…ボンタンアメ?」

京太郎「何で買ったの?」

照「懐かしかったから」

京太郎「でもこれも食ったよね。数日前に」

照「まあ…うん…」

京太郎「そんでこれもですよね。これも。これも、これも、これも、これもこれもこれもこれもこれもこれもこれもォォォ!!!」

照「…」

京太郎「いくつですか」

照「……」

京太郎「被ってないのいくつですかって聞いてんですよ!」

照「…ひとつ、ふたつ?」

京太郎「何が懐かしいんだよ!」

照「ごめんなさい」ペッコリン

京太郎「謝ってもお菓子は減らないんだよ!」

照「じゃあ食べて減ら」スッ

京太郎「止めろよ晩御飯食べられなくなるだろ!」ペシッ

照「あう」

京太郎「本当にさぁ…どれだけ買ってんすかもうマジで…」

照「これだけ?」

京太郎「知ってるよ!」

照「ごめんなさい」ペッコリン

京太郎「…本当に反省してます?」

照「うん」

京太郎「本当の本当に?」

照「してる」

京太郎「本当の本当の本当に?」

照「京ちゃんしつこい…」

京太郎「何度目だ」

照「…」フイッ

京太郎「今月何度このやり取りやったと思ってんだよぉ!」

照「ごめんなさい」ペッコリン

京太郎「もう聞き飽きました。照さんの財布は俺が預かります」

照「そんな殺生な」

京太郎「やかましい!」




菫「そう言って結局折れることこそ何度目なんだろうな…」サクサク

淡「百回は越えてんじゃないです?あ、亦野先輩、そこのヤツ取ってください」もっちもっち

誠子「いいよ、さすがのお前も食い飽きてるだろ。こっちはやるからこれ食べて口直ししときな」

尭深「お茶は最高の友…この状況だと余計に」ズズズ

カンッ