京太郎「ぐがあ~!雑用…!俺は雑用をしなければならない…!じゃないと俺の存在する意味が…!」

霞「……!なんて事かしら、京太郎君はすでに悪意に魂を蝕まれているわ…!」

和「須賀君!しっかりして下さい須賀君!」

絹恵「どうしてこんな事になってしまったんや…!」ポロポロ…

京太郎「雑用がしたい!雑用がしたい!雑用がしたい!」ガルルル…

美穂子「大丈夫よ京太郎…!あなたには私達がついているわ…!」

春「こうなったら…方法は一つしかない…」

霞「ええ……私達の力で京太郎君に愛情を注入してあげましょう」

桃子「愛情………なるほど、理解したっすよ!」

白望「…京太郎を救うためならダルくない…」

漫「愛情注入……つまりそれは!」

玄「私達のおもちで京太郎君に愛情注入ですのだ!」

宥「皆であったかくなろ…?」

竜華「ほな…いくで!」

おもち少女達「悪魂退散!悪魂退散!きれいな魂もどってこい!」ムニュムニュムニュムニュムニュムニュ…

京太郎「うぷぷぷぷぷ…!」ギュウ~

淡「まだまだいくよキョータロー!」

おもち少女達「素直になぁれ!素直になぁれ!素直に素直に、素直になぁれ!」ムニュムニュムニュムニュムニュムニュ…

京太郎「ぐおおおお……!」ガクガク…

小蒔「京太郎様、私達が必ず京太郎様を治してあげます…!」ムニュムニュムニュ…

こうしておもち持ちの少女達による京太郎への愛情注入は一時間にも続き、彼は無事に正気を取り戻したという

カンッ