久「須賀君…悪いんだけど買い出しに行ってくれないかしら?」

京太郎「ま、またですか?分かりましたよ行って来ます」

優希「ついでにタコスも買ってこい、犬!」

京太郎「はーいはい分かった分かった!」

バタンッ

京太郎「やれやれ…部長といいタコスといい、皆俺の事をパシリにしやがって…ん?携帯に着信が来てる…誰からだろう?」

ピッ

京太郎「もしもし、どちら様でしょうか?」

いちご「もしもーし、ワシじゃ…ちゃちゃのんじゃー」

京太郎「い、いちごさん!?ど、どうしたんですかいちごさんの方から電話してくるなんて」

いちご「何でもなにも最近京ちゃんの方から電話しないからこうしてワシが電話しとるんじゃろうが……もう」プンスコ

京太郎「す、すいませんいちごさん!連絡いれようとは思ってはいたんですがどうも最近忙しくて…」

いちご「むー、まぁええ……それで京ちゃんは何をしとるんじゃ?」

京太郎「え、ええ…ちょっと部活の方で買い出しを頼まれまして」

いちご「あー、また清澄の部員達にパシられとるんか京ちゃん!仮にもワシの恋人である男が情けないのぉよいよ…」

京太郎「す、すいません…」

いちご「えーか、京ちゃん…嫌なら嫌ってはっきり言わないといけんよ?京ちゃんにはちゃちゃのんがいるって事……忘れちゃいけんからね……」

京太郎「…分かっていますよいちごさん。だからこそ俺は、いちごさんに会う為に麻雀部に入ったんですから」

いちご「嬉しい事言ってくれるのう京ちゃん…ちゃちゃのん大感激じゃ♪今日、仕事の合間をぬって会いに行くから絶対に来てや?……久しぶりに京ちゃんに会えるんやから」

京太郎「ええ、分かりましたいちごさん。じゃ、また後で……」

ピッ

京太郎「……ふぅ…さてと、色々と準備しないといけないな」

京太郎「部長、買い出しから帰って来ました」

久「お疲れ様須賀君、荷物はそこに置いておいてね」

優希「おい、犬!タコスはちゃんと買って来たんだろうな!」

京太郎「あーもう、耳元で叫ぶな鬱陶しい。ちゃんと買ってあるよ、ほら」

優希「よしよし、よくやった京太郎!誉めてつかわす!」

京太郎「はいはい、お前に誉められても嬉しくねーての!」

優希「何だと!犬の分際でご主人様に楯突くのか!?」

京太郎「だーれがご主人さまだ。全くバカな事言ってんじゃねーよ」

優希「何おぅ!?犬の癖に生意気だじょ!」

和「もう…優希ったら…」

久「あっ、そうだ須賀君。これから用事はあるかしら?」

京太郎「えっ…何がですか?」

まこ「実はのう、これから麻雀部の皆でワシの所で食事でもしようと部長が言い出しての…一応、お前以外の皆は行くって決めとるんじゃが…」

優希「今日はタコスを食べまくるじぇ~!」

久「今日は私の奢りだから遠慮しなくてもいいわよ!」

まこ「……奢りちゅーても、ワシの店じゃろうが……で、お前はどうするんじゃ京太郎?」

咲「もちろん京ちゃんも一緒に行くよね…?」

京太郎「あの……すいません!今日はちょっと外せない用事がありまして…」

優希「なんだと!?私のタコスが食えないって言うのか!」

久「あら、私の誘いを断るなんて一体どんな用事なのかしらね」

京太郎「そ…それはその…す、すいません!とにかく行けないんです!」

まこ「ほほう……さては女じゃな?」

咲「!!?」

和「えっ……!?」

京太郎「ち、違いますよ染谷先輩!なにを言っているんですか」

咲「それ……本当なの京ちゃん?」

京太郎「だーかーら、違うって言ってるだろ!染谷先輩の冗談を真に受けるなよ咲」

まこ「その慌てよう……いよいよもって怪しいのぉ」ニヤリ

京太郎「やめてくださいよ先輩!これ以上茶化さないでください」

咲「やっぱり京ちゃん、女の人と……」

京太郎「いい加減にしてくれ!だからそんなんじゃねーって言ってるだろ!しつこいぞ!」

咲「!?」ビクッ

和「須賀君!少し言い過ぎではないんですか!?」

まこ「そ、そーじゃぞ京太郎。ただの冗談にそう怒らんでも…」

京太郎「……すいません、ちょっとムキになってしまいました。今日はもう帰ります」

バタンッ

一同「…………」

まこ「な…なんか嫌な空気にしてしまったのぅ…」

優希「と、とにかく皆…早く食事に行こうじぇ!京太郎だって明日になれば頭が冷えると思うんだじょ!」

久「そうね…須賀君がいないのは残念だけど……さぁ、行きましょう」

咲「京ちゃん……」

和(咲さん…あんなに落ち込んで…やっぱり咲さんも須賀君の事が…)









京太郎「ハァ……」

いちご「どうしたんじゃ京ちゃん?…久しぶりに二人で食事をしとるのに溜め息なんか吐いて」

京太郎「あ、いえ!すいませんいちごさん…。ちょっと咲の奴と…」

いちご「京ちゃん!」

京太郎「はいっ!?」

いちご「京ちゃんの恋人は誰じゃ!?」

京太郎「はい…佐々野いちごさんです」

いちご「そう…ちゃちゃのんじゃろ?だから…」スッ

チュッ…

京太郎「んむっ!?」

いちご「…せめて二人きりの時だけは清澄の話はやめて欲しいんよ…」

京太郎「ごめんなさい…俺、無神経過ぎました。折角、遠い所から会いに来てくれたのに…」

いちご「そうじゃよ京ちゃん。やっとこうして二人になれたんじゃから、会えなくて寂しかった分、京ちゃんに思いっきり甘えるけぇ覚悟してな♪」ギュッ

京太郎「……もちろんですよ!俺だっていちごさんに会えなくて寂しかったんですから!」ギュッ

いちご「ふわぁ……この京ちゃんの温もりも匂いも……やっぱり凄くええよ……大好きじゃ…京ちゃん……」スリスリ

京太郎「俺もいちごさんの事が大好きです……」ナデナデ

いちご「ひうっ♪そんな優しく頭を撫でるなんて…反則じゃあ……♪」ゴロゴロ…

京太郎「あはは、くすぐったいですよいちごさん」ニコニコ

咲「……………」ジー…

和「……………」ジー…

(イ)カンッ!