京太郎「キャラソート?」

咲「うん、やってみて!」

京太郎「………えっと、人気高校雀士……なるほど」

咲「うん!やって!」

京太郎「判った、判った」


……少年選択中……


和(どうせ胸の大きな人になりますね)

優希「判りきってるじぇ」

久「ですよねー」

まこ「だろうなぁ」

京太郎「出来たぞー!」

咲(幾ら京ちゃんでも幼馴染の私は入る筈!)

1 怜 1 姫子 3 桃子 4 照 

全員「………」

京太郎「こんなもんかな」

咲「なんで!?なんで!!お姉ちゃんが!?」

京太郎「あっちに行った時に会ってな、頼れるお姉さんって感じで……こう惹かれてな」

照『京太郎……?なら京ちゃんだね』

咲「………そんな」

和「意外に胸が大きな子居ないですね……といっても1人居ましたけど」

京太郎「モモは、姿より声に惹かれたんだよなー」

和「声に?」

京太郎「そそ、あいつ歌ったり踊ったりとか好きな奴でさ。思わず見とれたんだ」

和「姿は見えなくても声が届いたんですね」

桃子『京ちゃんさん!』


優希「次は……鶴姫とか、何時の間に?」

京太郎「お前が新道寺の先輩に渡したタコスが原因だ」

優希「あーあれなー」

京太郎「お前、俺が作ったのをあげただろ」

優希「どうりで無いわけだじぇ」

京太郎「気にいったらしくてな、お礼にこっちに来た時に教えてって……」

姫子『君が作ったと?ありがとう、美味しかったよ』

京太郎「その時の笑顔が綺麗でさ……」

優希「私に感謝だな!」


まこ「最後は………園城寺怜、千里山のエースじゃな」

京太郎「怜さんは、大会の時に倒れた俺を助けてくれて」

まこ「おんしがか?」

京太郎「あははは……初めての東京で舞い上がっていて」

怜『あっ……気がついた?まさか私が看病する側になるとは思わなかったわ』

京太郎「目が覚めると怜さんが儚げに微笑んでいて……膝枕も良かったです!」

まこ「惚れたか」

京太郎「あははははは……」

久「なるほど……このソートも納得ね」

京太郎「いい出会いでした。また会いたいな~」


怜「京君に会いたいなー」姫子「京太郎……元気かな」桃子「むむむ……時間をかければいけるっすよね」照「今度里帰りしよう」

全員『また会いに!!』

カンッ