ハギヨシ「御待たせしました。こちらへどうぞ」

京太郎「うっひょー!でっけー!」

咲「もう、京ちゃんそんなにはしゃがないでよ!恥ずかしい…」

優希「全く落ち着きのない犬だじぇ」

京太郎「へへへ、悪ぃ、でもやっぱり凄いな流石龍門渕」

まこ「まさかわしらまで誕生会に呼んでもらえるとはのう」

久「咲と和に感謝しなくちゃね!」

和「そんな、感謝だなんて…」

透華「お待ちしておりましたわ!」

一「いらっしゃーい」

智紀「ウェルカム…」

純「これで大体揃ったか?」



ゆみ「やはり久達も招待されていたか」

久「あら、ゆみもきてたのね」

桃「……私も居るっすよ」

智美「私もいるぞー」ワハハ

京太郎「あ!妹尾先輩チィーッス!」

佳織「う、うん、こんにちは京太郎君」

睦月「すっかり懐かれてるね…」

佳織「あはは…どうしよう…」

智美「ワハハ、佳織ー後輩は大事にするものだぞ」ワハハ

華奈「華奈ちゃん達も居るし!」

優希「お前は風越の池田ァー!」

華奈「だからさんをつけろって!」

美穂子「ふふっ、華奈にも素敵な後輩が出来たわね」



和「なかなかの大人数ですね」

京太郎(やっぱり長野はレベル高ーなー色んな意味で)

優希「今日は食べるじぇー!」

京太郎「なんだかんだ言ってお前もはしゃいでるじゃねーか!」

純「盛り上がってるとこ悪いが、そろそろ主賓の登場だ」

咲「そろそろ始まるみたいだよ」

透華「今日は衣のために集まっていただき感謝致しますわ!」

衣「今日は衣のためにこんな…感慨無量だ!」

一「これを…」スッ

久「?何かしら……これは」

まこ「歌詞カード…じゃな、えらく少ない歌詞じゃが」

智紀「今日のために透華が創った」

一「あれ、一枚たりないや」

京太郎「あ、いいですよ皆のマネしますから」

智紀「ごめんね」

京太郎「しかし、自作のバースデーソングかあ、洒落てるなあ」




透華「今日は衣の為にバースデーソングをつくりましたのよ」

衣「本当か!」

純「やっぱり歌うのか、あれ」

透華「それでは皆様、ご唱和くださいまし!」

京太郎(龍門渕のバースデーソングかどんな曲なんだ…?」


『こ ろ た ん イ ェ イ ー♪』


京太郎 ズルッ

京太郎(なんだそりゃ!っていうか歌なのかこれ)

衣「おお!見事だ!」

京太郎「…主賓は喜んでるし、いいのか…しかし」

咲「ころたんイェイー♪」

和「ころたんイェイー♪」

まこ「ころたんイェイー♪」

優希「ころたんイェイー♪」

久「ころたんイェイー♪」

京太郎(ノリノリだぁーでも俺も歌わなきゃな)



京太郎「こ、ころたんイェ…恥ずい…」

京太郎「皆はよく歌えるな…なあ、咲」

咲「ころたんイェイー♪」

京太郎「?お、おい咲?」

咲「こ ろ た ん イェイー♪」

京太郎「さ、咲?部長、咲の様子が…」

久「ころたんイェイー♪」

京太郎「!?」

京太郎「ぶ、部長まで…」

京太郎「の、和!」

和優希まこ「ころたんイェイー♪」



京太郎「み、みんな……ほ、他の人は!?」

ゆみもも「ころたんイェイー♪」

睦月佳織智美「ころたんイェイー♪」ワハハ

京太郎「どうなってんだ…皆…」

美穂華奈「ころたんイェイー♪」

未春純代星夏「ころたんイェイー♪」

京太郎「皆目がまともじゃない…!」

衣「み、皆どうしたんだ?」オロオロ

一「…ころたんイェイー♪」ふら…

純「ころたんイェイー♪」

智紀「ころたんイェイー♪」



京太郎「ひっ!こっちに来た!」

ハギヨシ「京太郎、衣様!こちらです!」

京太郎衣「「ハギヨシ!(さん!)」」

ハギヨシ「御無事ですか衣様」

衣「衣は大事無い…」

京太郎「助かりましたよハギヨシさん…でも一体何が起ってるんですか?皆ゾンビみたいに」

ハギヨシ「申し訳ありません…詳しいことは全く…」

京太郎「そうですか…でもまあ、この頑丈そうな扉ならしばらくは…」ガン!

衣「な、なんだ…」ガン!ガン!

ハギヨシ「……京太郎」ガン!ガン!

京太郎「な、なんです?」ガンガンガン!「ころたんイェイー♪ですわ!」

ハギヨシ「衣様をお願いします…!」ダッ

衣「ハギヨシ!?外に出てはダメだ!」

京太郎「は、ハギヨシさああああああん!」




京太郎「俺たちを逃がすために囮に…!」

衣「ハギヨシぃ…」

京太郎「…行きましょう…ハギヨシさんのためにも」

衣「グスッ…ヒッグ……うん」





衣「なあ、京太郎」

京太郎「何ですか?」

衣「衣のせいなのかなあ…」

衣「衣が悪い子だから…だからこんなことに…」

京太郎「…そんなことありませんよ」

京太郎「多分、皆衣さんの事が好きすぎてこんなことになったんです!」

衣「好きすぎて?」

京太郎「そうですよ!身に余る好意が暴走したんですよ!そう、考えましょう」

衣「そうだな…自分を責めても仕方がない…ありがとう京太郎!少し元気がでた!」




京太郎「それはよかったです」パリーン!ころたんイェイー♪

京太郎「!!囲まれたか…」ころたんイェイー♪

衣「な、なあ京太郎」ころたんイェイー♪

京太郎「なんですか?」

衣「か、仮に皆が衣が好きでこうなったということなら…」

衣「捕まったら衣はどうなるんだ…」

京太郎「わかりません…俺もどうなるか…ただ捕まる前にこれだけは言っておきますね」ころたんイェイー♪

衣「?」





京太郎「衣さん、お誕生日おめでとうございます!」

衣「うん!ありがとう京太郎!」



カン!