なんぽ「ふう、暑い…何か飲み物を買おう」

京太郎「あ」バッタリ

なんぽ「ん?ああ、先にどうぞ」

京太郎「あ、あなたは…」ワナワナ

なんぽ「?…何か?」

なんぽ(私を知っている…?)

京太郎「あ、あなたは確か…!」

なんぽ(嗚呼成程、そういうことか)

なんぽ(私とお祖父様の麻雀も皆に認められつつある、ということか!)ムフー

なんぽ(無名の弱小校で打ち続けた甲斐もあった…)ジーン

京太郎「○んぽさんですよね!」

なんぽ「!?」


京太郎「いやあー、感激っすよ!まさか生○んぽさんをこの目で拝めるなんて!」

なんぽ「な、な、な」

なんぽ「な、何を言っているんだ君は!?」

京太郎「え?○んぽさんですよね?」

なんぽ「違う!私の名前は南浦数絵!断じてち、○んぽ何かではない!」

京太郎「?」キョトン

なんぽ「キョトンとするなあ!」

咲「京ちゃーん、一体どうした、の…」

なんぽ「この男は貴方の知り合いか?早く引き取ってk 咲「○んぽさん!」……え゛」




咲「凄い!生○んぽさんだ!凄いよ京ちゃん!」

京太郎「だろ!今バッタリあったんだよ!まさか○んぽさんに会えるなんて…!」

なんぽ「な、何なんだ貴方達は…」

咲「ラッキーだね!○んぽさんに会えるなんて!」

京太郎「○んぽさんチィーっす!」

優希「○んぽだじぇー!」

なんぽ「やめろ…」

久「あら、○んぽさんじゃない!」

まこ「おお!○んぽじゃあ!」

なんぽ「やめて…!」

ゆみ「○んぽ!呼ばずにはいられないな!○んぽ!」

桃「立派な○んぽさんっすね!」

なんぽ「いやあ…」ヘタリ

エイスリン「○ンポスタンダップ!○ンポスタンダーップ!」

「「「「「○んぽさん!○んぽ!○んぽさんチィーッス!」」」」」

○んぽ「いやあああああああああああああ!」




なんぽ「…ッハ!?」




なんぽ「……夢、か…」


カン!