小蒔「京太郎様、気分はいかがですか?」

京太郎「最高ですよ姫様…やはり姫様の膝枕はとても心地よいです」

小蒔「ふふ、京太郎様に喜んでもらえて私はとても幸せです」

京太郎「俺も姫様と一緒にいられて幸せですよ」

小蒔「そうですか……」

京太郎「あれ………でも何か忘れているような」

小蒔「………」

良子「姫様……」

小蒔「………今日もお願いします」

良子「オーケー……京太郎。幸せな一時を邪魔するようで悪いですがお祓いの時間ですよ」

京太郎「ああ、もうそんな時間ですか……よいしょっと」スッ

小蒔「京太郎様、私はここであなたの帰りをお待ちしております」

京太郎「すいません、姫様…」

良子「では行きましょうか京太郎。全てを私に委ねて下さい」

京太郎「良子さん…なんかさっきから頭の中がモヤモヤしてて……」

良子「大丈夫ですよ京太郎。……いつも通り私の【お祓い】を受ければそんなモヤモヤなんて消え去ります」

京太郎「…………はい」

タッタッタッ……

小蒔「………後少しですね。後少しで京太郎様はあの忌まわしき場所から完全に……くすっ」

霞「……京太郎はもう【お祓い】の時間かしらね」

春「うん……さっき二人が例の部屋に入って行くのを見た」

初美「きっと良子さんなら上手くやってくれるですよー」

霞「そうねぇ………本当、京太郎と私達の『新しい幸せ』の為に尽力して下さるあの人には感謝の気持ちで一杯だわ」

巴「霞さん………また清澄からお手紙が…」

霞「………ちょっと見せてもらえるかしら」

ピラッ

霞「ふんふむ……」

初美「また京太郎を返せというお手紙ですかー?」

春「本当にしつこい………」

霞「ええ、そうよ。いい加減、意味のない事だって理解すればいいのに」

ビリッ ビリビリビリビリビリビリ・・・

霞「…………散々、あの子に冷たい扱いしておいて何を今更って感じよね」

春「京太郎を泣かせた事は今でも許す事は出来ない……」

初美「京太郎はもう私達の大切な仲間なのですよー」

巴「姫様も京太郎君の事をとても気に入ってますし、余計な邪魔立ては止めて欲しいんですけどね」

春「………でも清澄の連中が幾ら悪あがきした所で何も変わらない」

霞「ええ、春ちゃんの言う通り……良子さんの【お祓い】によって京太郎の頭の中から徐々に"清澄にいた頃"の記憶が消えつつあるわ…」

初美「後二、三回お祓いすれば宮永咲をはじめとする彼女達の存在なんて京太郎の記憶から綺麗サッパリ無くなるのですー」

春「清澄にいた頃の辛い記憶なんか京太郎の新しい幸せにはいらない……」

霞「そうね……【その時】が来たら私達で京太郎をたっぷりと甘やかしてあげましょう」

巴「楽しみで仕方ありませんね…」

良子「ルーラー、ルーラー、ルーラー、ルーラー………」ビビビビビビビビビビ…

京太郎「うーん……」グルグルグル…

カンッ!