絹恵「ほら・・・京太郎のココ、もうこんなに大きくなったで」

京太郎「き、絹恵さん・・・」

絹恵「ん?どうしたん?」

京太郎「やっぱり止めましょうよ・・・ここ、女子トイレですし・・・」

絹恵「その割りには有り得ないくらい勃起してるんやけど。こういうシチュエーションが好きなんかな、京太郎は」

京太郎「そんなこと・・・くぁっ!」

絹恵「相変わらず敏感やね・・・まだ大きくなるん?ホント、はしたない」

京太郎「うっ・・・くっ・・・」

絹恵「あっ・・・先っぽから出てきたで・・・そんなに気持ちええの?」

京太郎「・・・うっ・・・」

絹恵「京太郎聞こえる?京太郎のココ、クチュクチュいっとるよ?」

京太郎「・・・絹恵・・・さん・・・」

絹恵「ん?何や?」

京太郎「オレ・・・今日・・・な、何か悪いこと・・・し、しましたか」

絹恵「・・・うん、したで」

京太郎「いや、でも・・・麻雀部以外の女子とは喋ってないし・・・」

絹恵「・・・本当に分からへんの?」

京太郎「はい・・・」

絹恵「・・・そうなんや・・・」

京太郎「・・・ぐぁっ!?」

絹恵「ああ、ゴメンなぁ。強くしちゃったみたいや・・・もう少しゆっくりしてあげるで」

京太郎「うぅ・・・くっ・・・ふっ・・・」

絹恵「・・・今日指導に来てくれた瑞原プロと・・・練習が終わった後に・・・何だか、楽しそうやったなぁ」

京太郎「うっ・・・でも、あれ・・・・はぁっ・・・荷物を運ぶの手伝った・・・だけです」

絹恵「断ればよかったやないか・・・瑞原プロ、勘違いするかもしれへんで・・・」

京太郎「い、いや・・・あの人だってもう大人ですし・・・そんなことはないと・・・うぅっ・・・」

絹恵「そういう問題やない。分からへんのか・・・ああいうタイプの女は色々な若い男をつまみ食いしとるに決まってるんやで・・・」

京太郎「くっ、あっ・・・はぁ、はぁ・・・」

絹恵「京太郎って、結構カッコええから・・・食べちゃおかなって・・・うちが瑞原プロやったら、そう思ってしまうで・・・」

京太郎「・・・は、はやりさんは・・・そんな人じゃ・・・ないですよ・・・」

絹恵「ふーん・・・あの女のことかばうんか・・・!」

京太郎「・・・いだっ!?い、痛いですよ絹恵さんっ!?」

絹恵「ほら・・・そんなに大きな声出したら外に聞こえちゃうで、ええの?」

京太郎「・・・ぐっ・・・んぐっ・・・」

絹恵「うんうん、ええ子やなぁ、京太郎は」

京太郎「ぐぁ・・・もう、止めて下さい・・・痛いですっ・・・」

絹恵「・・・ココを擦るの止めてほしいんか?」

京太郎「いやっ・・・ぐっ・・・そうじゃなくて・・・」

絹恵「・・・じゃあ、もっと優しいのがええんか?」

京太郎「・・・はい・・・」

絹恵「何だかんだ言って、やっぱり興奮してるんやねぇ。・・・これぐらいがええ?」

京太郎「うっ、うん・・・」

絹恵「ゴメンなぁ京太郎、痛くして・・・なぁ、気持ちええか?」

京太郎「うん・・・くっ・・・気持ち、良いですよ・・・」

絹恵「うちは京太郎の気持ち良いところ・・・全部知ってるんやから・・・こことか・・・」

京太郎「あっ!?くはっ・・・うぅっ・・・」

絹恵「ここも・・・」

京太郎「はぁっ、くぅっ・・・」

絹恵「・・・あ、膨らんできた・・・もうイキそうなん?」

京太郎「・・・はいっ・・・」

絹恵「・・・いつもより早い・・・でも」

京太郎「・・・えっ、ちょ、ちょっと!?」

絹恵「京太郎、勘違いしとる・・・これは罰なんやで?赤の他人の女と仲良くした罰・・・」

京太郎「きっ、絹恵さん・・・」

絹恵「うち、凄く怒ってるんやから・・・このまま止めちゃってええ?」

京太郎「そ、そんな・・・酷いですよ・・・」

絹恵「・・・最後までしてほしいんか?」

京太郎「はい・・・してほしいです」

絹恵「じゃあ、約束してや・・・今後一切、他の女と仲良くしないって」

京太郎「約束します・・・」

絹恵「本当に?」

京太郎「本当です・・・だから、早く・・・」

絹恵「うち、忘れへんからね・・・」

※※※

京太郎「絹恵さん・・もう・・・止めて・・・」

絹恵「えっ?だって、して欲しいって言ったやないか」

京太郎「もう・・・9回目です・・・ああっ・・・これ以上は出ませんよ・・・ううっ・・」

絹恵「駄目やで?全部出すまで止めへんから」

京太郎「・・・もう、ゆ、許してっ・・・」

絹恵「ダメダメっ。もっと擦ってあげるからなぁ」

京太郎「うぅ・・・ぐっ・・・はぁっ・・・あっ・・・」

絹恵「グチュグチュって、本当にいやらしい男やなぁ・・・うちの手がふやけちゃってるで」

京太郎「ふぁっ・・・うぐっ・・・」

絹恵「匂いもすごい・・・誰か入って来たら、一発でばれるやろうな」

京太郎「止めて・・・うっ・・・もう止めてっ・・・

絹恵「そんなこと言って・・・ああ、また膨らんできたで・・・イっちゃう?」

京太郎「・・・や、止めて・・・」

絹恵「ほら、ほらっ・・・また・・・いっぱい出して・・・」

京太郎「うぁっ・・・!」

絹恵「あはっ・・・見て、京太郎。出とるよっ・・・また出とる・・・」

京太郎「うっ・・・あ・・・も、もう・・・」

絹恵「・・・京太郎・・・前も同じ約束したの、覚えとる?」

京太郎「・・・えっ・・・」

絹恵「前も約束したやないか、他の女と仲良くしないって・・・」

京太郎「・・・あ・・・」

絹恵「でもまた破った・・・だから今回は、キツくしたんや・・・」

京太郎「・・・・・・」

絹恵「京太郎がどれだけうちに対して悪いことしたか・・・分かるか?」

京太郎「あ・・・ご・・・ごめん・・・なさい・・・」

絹恵「・・・ホントに悪いと思っとる?」

京太郎「はい・・・悪いことして・・・ごめんなさい・・・約束を破ってごめんなさい・・・・」

絹恵「もう、約束・・・破らへん?」

京太郎「もう・・・破りません・・・」

絹恵「・・・じゃあ、今回は許してあげる」

京太郎「ありがとう・・・ございま・・・す・・・」

絹恵「京太郎・・・うちの気持ち、分かってな。京太郎を誰よりも愛してるのは・・・うちなんだから」

京太郎「はい・・・絹恵・・・さん・・・」

絹恵「今度破ったら・・・うちもどうなるか・・・ワカラナイカラ」

カン