爽「有珠山高校麻雀部、ゲーム化計画!」キュッキュ

京太郎「……」

爽「お?何か言いたそうな目線だな少年」クルッ

京太郎「いや、相変わらず意味がわからないんですけど」

爽「文字通りの意味だぞ?」キョトン

由暉子「新品のホワイトボードが使いたいからって、わざわざ文字に起こさなくても」

爽「今年の一年生はクールだな!それに比べてチカが一年生の頃なんて……」

誓子「い、言わなくていいってば!」

揺杏「ゲームって誰が作るの?」

爽「ん?あー……今はゲームの内容だけでいいや、計画段階だから」

京太郎(つまり暇つぶしの妄想に付き合えってことか)ジーッ

由暉子(早くも麻雀の練習に飽きたんでしょうか)ジーッ

爽(今年の一年生達から冷ややかな視線を感じる!)

成香「内容って何でもいいんですか?」

爽「いや、私達6人が出てくるゲームを」

京太郎「例えば?」

爽「レースゲーム!」ドヤッ

京太郎(そのチョイスはどうだろう)

誓子「RPGとか?でも6人パーティは多すぎ?男の須賀くんが一人だけ……ラスボス?」

京太郎「俺は倒される側ですか、一緒に冒険させてくださいよ」

成香「パズルはどうですか?京太郎くんが縦に入ると4列消えたり、4人集まって連鎖して消えるんです!」パァッ

京太郎「……悪意ないですか?本内先輩に限ってないですよね?」

揺杏「格ゲーは京太郎が暴力的っぽいし、変なところ触られそうで何かヤだ」ジトー

京太郎「たった今、格闘してやろうか!?」クワッ

爽「うーむ、ここへきて我が麻雀部のお荷物と化しているな京太郎」

京太郎「普通に麻雀ゲームでいいでしょ?これなら俺も平等に……」

爽「あぁ確かにそれは盲点だった!私は弱キャラを使って優越感に浸りたいタイプだしな!」ズバァッ

京太郎「畜生ッ!この世に救いなんかねぇ!」ダンッ

揺杏(京太郎が一番盛り上がってるじゃん)

成香「ゲームになっても爽さんが一番強そうです」

誓子「確かに……わ、私は3番目だよねっ?実績もあるんだし、伊達市の小学生大会d

由暉子「それはもういいです」

誓子「……スイマセン」ショボーン

京太郎「ユキも何かアイデアないのか?俺も活躍できるようなジャンルで」

由暉子「はぁ、じゃあ恋愛ゲームはどうでしょう?」ズバァッ

一同「「「「「恋愛!?」」」」」

由暉子「主人公が須賀くんで、私達の中から相手を決めて、恋をするという風に」

京太郎「いやいや、それはわかるんだがな」チラッ

爽「れっ恋愛かー!いやーどうだろう、あー……ぅうー……///」モジモジ

成香「私と、京太郎くんが……恋人……///」ポー

由暉子「明るい元気系ヒロインに、一途で純情ヒロイン」

揺杏「あ、ありえないって!京太郎が恋び、とっ……いやいや絶対ないキモい!///」プイッ

誓子「そっそうよ!いやキモくはないけど、そんな、私が……む、無理無理!絶対に無理!///」カァァッ

由暉子「フレンドリーだけど悪口暴力系のツンデレ、後者は奥手で今の距離を保つ系?ツンデレとは違いますか」

京太郎「この二人に関してはデレが全くないだろ!?キモいとか絶対無理とか言われてるんですけど!」

爽「ちょっ、ちょっと待った!その言い方は私と成香は多少の可能性があることになるぞ!?///」

成香「わっ私も、その、急には、そんな……///」アタフタ

京太郎「………………まっ、現実はこんなもんだな!あーっはっはっ!ハハ……」ズーン

揺杏(目に見えて落ち込んでる)

誓子(空元気、全然続かなかったわね……)

京太郎「そういうユキはどうなんだよ?唯一の同学年でもあるわけだし」

由暉子「……不思議ちゃん?」

京太郎「自分で言うなよ!」

由暉子「それと……須賀くんはバカで、鈍感で罪な男です」ボソッ

京太郎「そうなのか!?あ、バカは認めるけど」

誓子「認めるの!?」

京太郎「……ていうかコレ、ゲームの話でしょ?もうちょっと俺の性格を矯正させて頂けません?」

爽「そ、そうだ!ゲームなら私達の関係とかも自由にできるって事だ!」

誓子「は、はいはい!私は幼馴染のお姉さんね!」バッ

揺杏「挙手制!?チカセンずるい!じゃあ私は義理の姉取ったからね!」

京太郎(え゙、その二人は逆がいいな……)

成香「わ、私は義理の妹がいいですっ!///」

京太郎「年上ですよね!?いや、義理だからいいのか!?」

爽「うーん、私は可愛くて身長高くて巨乳で賢くて家事もできる理想の許嫁で!」

京太郎「アンタだけ欲張りすぎだろ!それに、可愛いのはみんな共通でしょう」ズバァッ

誓子「ッ、須賀くんはまたそういうことを言う……!///」カァァッ

成香「罪な男っていうのも、あながち間違っていないかもですね……///」

京太郎「何の罪ッスか!っていうか、なんで俺とみんなの距離が近い設定なんスか?」ポカーン

揺杏「そりゃだって好……って言えるか!!///」クワッ

爽「貫禄の鈍感っぷりだな……ゆっ、ユキは意見ないのか?///」

京太郎「どの立場に居ても変わらないと思いますけど、なぁユキ?」

由暉子「…………ば、バカ……///」ボソッ

カンッ